Amazonのスマートディスプレイ「Echo Show 5」が第3世代に 処理性能2割増し+スピーカー音質改善で9980円

» 2023年07月21日 10時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 アマゾンジャパン(Amazon)は8月8日、5.5型スマートディスプレイ「Amazon Echo Show 5 (第3世代)」を発売する。Amazon.co.jpにおける販売価格は9980円(税込み)で、7月21日から販売予約を受け付けている。主要な家電量販店でも、8月8日から順次販売を開始する予定だ。

Amazon Echo Show 5 Amazon Echo Show 5(第3世代)は、第2世代までの製品からボディーデザインを刷新した

Echo Show 5(第3世代)の概要

 Echo Show 5(第3世代)は、第2世代からボディーと内部設計を刷新し、丸みをやや強めたデザインとなっている。ボディーカラーはグレイシャーホワイト、チャコールとクラウドブルー(新色)の3つから選べるようになっている。

色は3つ 第2世代と比べると、ボディーはより丸みのあるデザインとなった。カラーは定番のグレイシャーホワイト(左)とチャコール(中央)に加えて新色となるクラウドブルーが用意されている

 メインのSoCはMediaTekの「MT8169B」で、Amazon独自の推論プロセッサ「Amazon AZ2 Neural Edge」も併載している。Amazonによると、Echo Showの第2世代と比べると処理速度は20%向上したという。AIエージェント「Amazon Alexa」の反応感度を向上すべく、マイクも2基から3基に増やしている。

 スピーカーは新型の44mmフルレンジに変更され、第2世代と比べると特に低音域の再生能力が高まったという。Bluetoothオーディオ(A2DP)対応デバイスのスピーカーとして利用することも可能だ。AVRCP対応デバイスであれば、ボイスントロールで再生/停止/音量調整の制御も行える。逆に、Bluetoothオーディオ対応デバイスに本体の音声を流すことも可能だ。

 なお、本機はPINコードが必須なBluetoothデバイスとの接続には対応していないので注意しよう。

 ディスプレイの右上には、約200万画素のカメラを搭載している。使わない時はシャッターでふたをしておけるので、プライバシー面も安心だ。

ポート類 本体のポート類や機能

 ワイヤレス通信は、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)とBluetoothに対応している。スマートホーム製品の標準規格「Matter」のコントローラーとしても利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー