ITmedia NEWS >

ウィズコロナ時代のテクノロジー

「ウィズコロナ」時代の到来が現実味を帯びてきている。こうした状況において、テクノロジーはどのように活用され、また世界を変えていくのか。この連載では具体的な取り組みを探る。

新型コロナウイルスの影響で普及が進んだテクノロジーの1つが「ヘルスパスポート」だ。経済活動再開のためには非常に有効な技術である一方、市民の監視や移動の制限に悪用されるリスクもあるとされている。その懸念は、中国において現実になろうとしている。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

世界各国での新型コロナウイルスの新規感染者がじわじわと増え続けている。しかし従業員に対してオフィス出社を求める企業は増えており、またテレワーク社員を監視するため技術としてメタバースに注目が集まっているという。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ禍は食糧供給にも大きな影響を与えている。そこで期待されているのが、AIによる農業の後押しが期待されている。農作物収穫の効率化を目指す一方、サイバー攻撃などによる新たなリスクが発生すると指摘する声もある。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

新型コロナウイルスによるパンデミックは当初、パニックと呼べるほどの反応が人々の間で見られた。その代表的な例に「パニック買い」と呼ばれる、買いだめや買い占めが起きる現象がある。これに対して、AIを使ってを抑制しようとする動きが、世界中で進んでいる。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

パンデミックが発生している現在の「記憶」を留めるためのデジタル技術が台頭している。次のパンデミックに備えるために役に立つのはもちろん、自分の体験や感情、故人との思い出などをデジタル基盤上に集めて保管する試みが世界中で行われている。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

世界各地と経済的に結びついている現代社会では、一国がコロナ禍になった際に生じる影響は各国へ及ぶ。中でも国際物流が受ける影響はひと際大きい。コロナ禍を経験し、物流業界にテクノロジーを導入する動きが各国で生まれている。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ過でAIの導入が進む一方で、低品質なAIによるミスも増えている。自動車において車検制度が生まれたように、AIの品質を保証するためのルールの策定が各国で進んでいる。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

パンデミック下のソーシャルメディアでは、デマやフェイクニュースなどが拡散し問題となった。その一方で、科学的な最新情報を自身のSNSで発信する専門家や、それらの情報を積極的にシェアする若者など、コロナ対策に利用する人々もいる。コロナ禍における、SNSの功罪を論じる。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

COVID-19のパンデミックが契機になり、医療機関は遠隔医療などデジタル技術の導入を進めた。その結果、医療機関もサイバー攻撃を受けるケースが増えているという。それは、企業に対する攻撃と同じか、それ以上に深刻な問題を生み出している。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ禍によって、移動手段に求められるものも大きく変わった。英国で開催された、未来の鉄道のアイデアを募集するコンテストの結果から、パンデミック後の移動手段を考える。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

このコロナ禍はまだしばらく続きそうだが、テレワークで重要なのが、プレゼンスと監視の問題だ。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

オフィス再開に関連した人事系ソリューションについて。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

次のCESはリアルイベントになるそうだが、バーチャル展示会は今後も続くのだろうか?

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

日本はコロナ禍の中でのテクノロジー利用で遅れている?

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ禍も、遠いトンネルの先にかすかな光が見えてきた。もしもトンネルを抜けたら日本企業はテレワークをどうするのか?

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

「ワクチンを受けました」を証明する技術は新たな通行手形になるのか、そこに問題はないのか。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ禍はAI利用を促進する側面があるが、その一方でデジタルシフトによるブラックな仕事も生まれている。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

新型コロナウイルス感染症のためのワクチンを効果的に配布するために、AI技術が使われているのだが……。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

コロナ禍で企業はどうやって生き残るのか。成功している例を取り上げてみる。

【小林啓倫 , ITmedia】()
ウィズコロナ時代のテクノロジー:

新型コロナウイルス感染症の広がりを防ぐためにAIを用いることが多くなってきているが、AIならではの危険性も指摘されている。

【小林啓倫 , ITmedia】()
新連載「ウィズコロナ時代のテクノロジー」:

小林啓倫さんによる、コロナ禍におけるテクノロジー解説連載、スタートです。

【小林啓倫 , ITmedia】()