ニュース
» 2008年12月14日 14時30分 公開

「Core 2 Quadを買うよりCore i7です」――Intel in Akiba 2008 Winter古田雄介のアキバPickUp!(2/2 ページ)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“神様”がチラッと登場「本気を出すのは明日です」

昼下がりに行われたCore i7のセッション。沿道に聴衆が集まった

 デモ主体のIntel in Akiba 2008 Winterだったが、会場のフロントエリアを使ったミニセッションは行われた。梶原氏がマイクを握り、Core i7のパフォーマンスの高さと、2010年までのロードマップを解説している。

 セッションの中盤に公開された、Core i7 Extreme Edition 965とCore 2 Extreme QX9770搭載マシンによるベンチマーク結果では、動画編集やゲームなどのあらゆる処理において、Core i7 Extreme Edition 965が高い処理性能を持つことを示していた。梶原氏は「同じクアッドコアでもCore i7の性能は非常に高いです。今インテルのクアッドコアを買われるなら、Core 2 QuadよりもCore i7です」と明言している。

 また、現在Core i7を購入する利点について、こうも語っている。「Core i7から導入されたLGA1366ソケットは、2010年まではハイエンドマシン向けに採用する予定です。早くて2009年末には製造プロセス32ナノメートルのCPUを投入したいと考えておりますが、そうした新しいモデルにも今ある環境が使えるので、今X58マザーを購入すれば長く使えて狙い目なのです」

 ちなみに、ワンチップ構成を採用する新しいアーキテクチャについては、2009年中をめどにメインストリーム向けに投入する予定という。

Core 2 Extreme QX9770と比較したベンチマーク結果。あらゆる処理でCore i7 Extreme Edition 965が優位に立っている(写真=左/中央)。インテル製デスクトップ向けCPUのロードマップ(写真=右)

申し訳なさそうな顔でこっそり会場に現れた天野氏

 なお、当日は“神様”こと、インテルの天野氏がサプライズで登壇する予定もあったが、実現には至らなかった。夕方になって秋葉原を訪れた天野氏は「いや、申し訳ありません。プレゼン内容があまりに過激だったので、上のチェックが必要だろうということになりました。明日(12月14日)はしっかりお話ししようと思います」と、正直な理由を語った。

 その“過激な内容”については「Atomや他社のGPGPUに対して、思い切り持論を述べようと思っています。とにかく、Atomをメインにするのはちょっと待てと。NetbookなどのAtom搭載マシンが売れていることはいいことですが、それで“PCって遅い”と感じている人たちに、“違うんだよ”と言いたいんですよ」という。梶原氏の語る内容と重なる部分も多い。このイベントには「売れすぎたAtomへの対抗」という裏テーマが隠されているのかも。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう