ニュース
» 2010年06月02日 10時00分 公開

15倍“ダブル”AVC録画対応:(その気になれば)“2週間8chまるごと”録画──アイ・オー、ハイエンド仕様のデジタルTVチューナー投入 (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

複数枚差しで「8番組まるごとAVC録画」も可能

 放送の視聴・録画・番組の管理は、従来製品と同様に同社独自の「mAgicTV Digital」で行う。キーワードによる「自動おまかせ録画機能」、番組延長対応「番組追従録画機能」、録画番組の画質を補正する「Super Live Creationエンジン2」搭載、録画番組をLAN内のDLNA対応テレビや別のPCで視聴できる「DLNA準拠のDMS(Digital Media Server)機能」、録画番組をLAN DISK AVシリーズなどにコピーして共有できる「DTCP-IPによるダビング機能」などを設ける。

photophoto テレビ系機能の統合ソフト「mAgicTV Digital」が付属。番組表チェックやキーワードによる自動録画、BD書き出しなども行える

 AVC録画した番組は、家庭用Blu-rayレコーダーと同様にBlu-rayメディアにも記録可能。HR15モードで最大65時間ぶん記録(2層Blu-rayメディアの場合)できるため、連続ドラマや複数のバラエティ番組を1枚にまとめて保存する──といったニーズを持つ層にも訴求できるとする。同じく、2TバイトのHDDを用いると2800時間以上録画できる。

photo 複数枚差しに対応。2TバイトのHDDと組み合わせて、“約2週間、8チャンネルまるごと全録り”も可能だ

 なお、複数の製品を組み合わせることで最大8チューナー分認識する多チャンネル録画に対応。例えば、GV-MVP/XSWを4枚実装+2TバイトのHDDを用意することで、“約2週間(約2800時間分)、8チャンネルまるごと全録り”を可能とし、ハードウェアトランスコード非対応の「GV-MVP/VS」「GV-MVP/VZ」(レビュー「1万円台の自動CMカット対応3波デジタルチューナーカード――「GV-MVP/VS」を試す」参照)なども追加できる。“まるごとAVCで全録り”となるとPCの必要スペックはそれなりに高くなると思われるが、AVC録画用のハードウェアトランスコードチップを備えることもあり、同社テストによるとCore iシリーズ+Intel H57クラスのシステムであればそこそこ大丈夫だという。

 AVC録画した番組の編集機能は、2010年8月予定のmAgicTVソフトウェア更新で実装する予定(無償の予定とする)。自動シーン判別機能を設けたCMカット編集などが行えるようになる。また、PC内蔵型以外(USB接続型など)の製品展開も計画中としている。

 接続インタフェースはPCI Express x1。カードサイズは103.68(幅)×139(奥行き)ミリ。B-CASカードは通常のクレジットカードサイズのものを用い、製品に衛星・地上デジタル放送用B-CASカードが1枚付属する。対応OSは32/64ビット版Windows 7/32ビット版Vista(SP1以降)/32ビット版XP(SP2以降、SP3推奨)。GV-MVP/XSWの主な仕様は以下の通り。

GV-MVP/XSW
受信可能チャンネル 地上デジタル000〜999ch(CATVパススルー対応)、BSデジタル、110度CSデジタル放送方式
映像方式 MPEG-2、MPEG-4 AVC/H.264
トランスコードチップ 富士通セミコンダクタ「MB86H58」×2
音声形式 MPEG-2 AAC
アンテナ入力 F型コネクタ×2(うち1つは、BS・110度CSアンテナ電源供給対応)
管理可能ファイル数 最大1万ファイル(同時に管理できる録画ファイル数)
付属ソフト mAgicTV Digital
最大連続録画時間 24時間
接続インタフェース PCI Express x1(1スロット)
B-CASカード 通常サイズ(衛星・地上デジタル放送用B-CASカードが1枚付属)
本体サイズ 幅103.68(幅)×139(奥行き)ミリ(ロープロファイル非対応)
重量 約100グラム
電源 +3.3ボルト・+12ボルト
消費電流(最大) +3.3ボルト:2アンペア・+12ボルト:0.5アンペア
photo DTCP-IP対応HDDコーダー「RECBOX HVL-AVシリーズ」

 あわせて、“スカパー!HD録画”が行えるDTCP-IP対応HDDコーダー「RECBOX HVL-AVシリーズ」も投入する。ラインアップは1TバイトHDD、1.5TバイトHDD、2TバイトHDD搭載の3モデル。2010年6月中旬より順次発売する。価格は1TバイトモデルのHVL-AV1.0が2万6400円。

 RECBOXシリーズは、DTCP-IPに対応する家庭用テレビやハイビジョンレコーダー、PC用地デジチューナー機器などと連携し、デジタル放送の録画番組をホームネットワーク内のテレビやPCなどで共有できるレコーダー機器。スカパー!HDのハイビジョン番組や東芝「レグザ」シリーズからの録画、同社製デジタル放送チューナーを搭載したPCからの番組ダビングなどに対応する。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう