これが、デルの新しい液晶一体型PCだ――「Inspiron One 2310」検証マルチタッチ+23型フルHD液晶+地デジ+HDMI入力(2/3 ページ)

» 2010年11月18日 12時00分 公開
[小川夏樹(撮影:矢野渉),ITmedia]

23型フルHD液晶はタッチパネルのオプションに注目

 液晶ディスプレイは1920×1080ドット(フルHD)表示の23型ワイドパネルに白色LEDのバックライトを組み合わせている。画面サイズと解像度のバランスが保たれており、フルHDの表示が細かすぎる印象はなく、適度な精細感がある。

 輝度やコントラスト、発色などの表示性能は最近の低価格フルHD液晶ディスプレイと同程度で、特に画質にこだわる向きでなければ不満は出ないレベルだ。ただ、グレアパネルなので照明や周囲の風景が結構映り込むことに加えて、TN方式の液晶パネルということで上下の視野角は少し狭い。ここはユーザーの姿勢や設置場所に応じて、チルト角度の調整でカバーしたいところだ。

 なお、BTOオプションのタッチパネル付き液晶ディスプレイを選択することで、Inspiron One 2310を大柄のタブレットPC(ブックレット型)ライクに使うことが可能になるのは見逃せない。タッチパネル液晶への変更は1万5750円と手ごろに設定されているので、タッチパネル式を選んでおくことを強くおすすめしたい。

1920×1080ドット表示の23型ワイド液晶ディスプレイを採用。バックライトは白色LED、表面処理はグレアタイプだ
液晶ディスプレイ上部には、200万画素のWebカメラとマイクが内蔵されている
マルチタッチ対応のタッチパネル付き液晶ディスプレイも選択可能。独自のタッチ用ツールも用意されている

 実際、液晶をタッチパネル方式に変更することで、Inspiron One 2310の魅力はよりアップする。タッチパネルにするとWindows 7 Home Premiumのマルチタッチ対応タブレット機能が有効になるのに加えて、タッチパネル操作を効果的に利用可能なガジェット「Dell Stage」もプリインストールされる。このDell Stageにはタッチパネルを便利に使うツールが含まれており、画面を指で触って操作できる。

 Dell Stageに含まれるタッチ操作向けのツールとWindows 7のマルチタッチ機能は、一度作法を覚えてしまうと楽しく、かつ効率的に操作を行える。付せんツールの「StickyNotes」は直観的な操作で手書きのメッセージも加えられるので、非常にアナログっぽい味のあるメッセージを残せたりする。各種楽器をタッチ操作で演奏する「タッチ楽器」など、タッチ操作を盛り上げてくれるツール類も豊富だ。

デスクトップのガジェット兼ランチャーアプリである「Dell Stage」。タッチパネルを選択すると、このツールがプリインストールされる
指で触れやすいようにアイコンが大きめに設定されていたり、選択した部分がポップアップするなど、マルチタッチ操作が前提になっている

付せんツールの「StickyNotes」は、立ち上げておけばメッセージボードのように利用できる便利なツールだ
タッチパネルによる直観的な操作に加えて、手書きのメッセージも残せる。ファミリー向けの機能だ

タッチパネル機能を楽しむツールとして用意されている「タッチ楽器」。両手の指でドラムを叩いたりピアノの鍵盤に切り替えて演奏してみたりといったことが可能だ。マルチタッチ機能の楽しさが理解できるほか、タッチ操作に慣れるのに役立つ
Webカメラを使って動画や静止画をキャプチャし、それにタッチ操作で効果を付けることができるツールの「Dell TouchCam」。そのままYouTubeに動画をアップロードすることも可能だ

地デジチューナーを標準装備

地デジチューナー用の小型B-CASカードはボディの下にスロットが用意されている

 BTOによるオプションではなく、標準構成で最初から地デジチューナーを搭載しているのは、デルとしては意外なことに本機が初めてだ。地デジチューナーは、ほかのメーカーでも多く採用されているAVerMedia A320Nが搭載されている。

 地デジ番組の視聴や録画などはOS標準のWindows Media Center機能を使う。別途視聴ソフトが搭載されているわけでもないため、機能は至ってシンプルだ。Windows Media Center標準の番組表経由で録画予約をして、録画した番組の視聴やDVDメディアへの書き出しなどもWindows Media Centerで行う。

 地デジの画質については、23型フルHD液晶ディスプレイを搭載するため、精細さがあり、ノイズや変なザラツキもなく、カジュアルな視聴なら十分なクオリティといえる。付属のリモコンで手軽に操作でき、レスポンスも問題ない。

THX TruStudio PCオーディオテクノロジーを搭載

サウンド再生の幅を広げる「THX TruStudio PC」に対応

 液晶ディスプレイの下にはステレオスピーカーを内蔵しているが、さらにサウンド面でのこだわり機能も搭載している。ダイナミックレンジを補間してより臨場感を高め、高品位なサウンドを再現する「THX TruStudio PC」オーディオテクノロジーに対応しているのだ。

 MP3やAACで音声を圧縮すると、どうしても音域が間引かれてしまうが、THX TruStudio PCはそれを自然に聞こえるように補間してくれる。実際に聴いてみると、確かに低音域から高音域まで、幅が広がった再生となるので、音楽コンテンツを楽しみたい人や映像コンテンツで臨場感あるサウンドが欲しい人にとってはうれしい機能だろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー