ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Media Center」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows Media Center」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
無料アップグレードは来月終了 Windows 10の導入を迷っている人へ
来月に迫ったWindows 10無料アップグレード期限。無料のうちにWindows 10にアップグレードすべきなのか。まだ導入していないユーザー向けに注意点をまとめた。(2016/6/5)

山市良のうぃんどうず日記(60):
Windows 10のトラブルシューティング事例――壊れたタスクを復元する/削除する
日常的なタスクの自動実行のために、Windowsの「タスクスケジューラ」は便利です。Windows 7/8.1をWindows 10にアップグレードしたことで、以前は動いていたはずのタスクの登録がエラーになっていませんか? 特に、Windows 7からのアップグレードの場合は、タスクスケジューラの仕様変更が影響しているかもしれません。(2016/3/14)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 うち8件は「緊急」
最大深刻度は12件のうち8件が「緊急」。Officeなどの脆弱性では悪用の事実も確認されている。(2015/12/9)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 攻撃発生の脆弱性あり
12件が公開され、内訳は最大深刻度「緊急」が5件、「重要」が7件。一部の脆弱性については攻撃の発生が確認されている。(2015/9/9)

山市良のうぃんどうず日記(45):
“Windows 10へのアップグレード:失敗”はエラーではなかった――アップグレードインストールの簡単まとめ
“Windows 10 Proにアップグレード:失敗”エラーが記録されていた筆者のノートPCに、ようやく無償アップグレードの通知が来ました。このノートPCのアップグレードとアップグレード後のちょっとしたトラブルをリポートします。(2015/8/18)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

そのPC/タブレットで動作する?:
「Windows 10」無料アップグレード前に確認したい5つのポイント
Windows 10の最小システム要件は? 対象デバイスの互換性は? アップグレード予約はすべき? など、導入前に確認しておきたいポイントをまとめた。(2015/7/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10」は“非推奨”ながら手動アップグレードも可能へ
「7月29日にすべての対象ユーザーがWindows 10に無料アップグレードできるわけではない」――Microsoftはそう告知していたが、どうやら追加の施策もあるようだ。(2015/7/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
今から予約しないと公開日に更新できない?――「Windows 10」アップグレードの手順と注意点
いよいよ7月29日に「Windows 10」が公開されるが、今からオンラインで予約しておかないと、最速のタイミングで無料アップグレードは行えないかもしれない。(2015/7/6)

Microsoft、「Windows 10」のシステム要件や“アップグレード先”を発表
Microsoftが「Windows 10」の7月29日の無償アップグレード開始に向けて、エディション別のアップグレード先やアップグレードで削除されるアプリなどについての説明ページを開設した。(2015/6/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(30):
Windows 8の初回ログオンは、なぜ、あんなに時間がかかるのか?――ローカルログオンとリモートログオンの微妙な関係
Windows 8/8.1にユーザーが始めてログオンすると、何やらアニメーションが表示され、長々と待たされます。これは、Windows 7までにはなかったこと。Windows 10の最新プレビュー版でも同じように待たされます。あれ、どうにかならないのでしょうか。(2015/4/27)

見せてもらおうか、最新SSDの性能とやらを:
「Crucial MX200/Crucial BX100」の実力を徹底検証
MicronのCrucialブランドから、最新のコンシューマーSSD「Crucial MX200」および「Crucial BX100」が登場した。早速性能をチェックしてみた。(2015/2/17)

先代の840 EVOとじっくり比較:
「Samsung SSD 850 EVO」徹底検証――“3D V-NAND”搭載で5年保証の主力モデルは買いか?
2014夏に個人向けハイエンドSSDで初めて採用した3次元NANDフラッシュメモリが、早くも普及価格帯の主力モデルに入ってきた。先代モデルと比較しながら、その実力に迫る。(2014/12/16)

個人ユーザーも参加できる:
「Windows 10 Technical Preview」提供開始
予告通り、米国時間10月1日に「Windows 10」のテクニカルプレビューが公開された。案内ページはほとんど日本語化されているが、利用可能な言語は、英語、簡体字中国語、ポルトガル語に限られる。(2014/10/2)

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報を公開 IEに「限定的な攻撃」
9件のセキュリティ情報のうち2件が「緊急」レベル。IEの脆弱性は「限定的な攻撃」が確認されているという。(2014/8/13)

SATA 6Gbps SSDの限界へ:
「Samsung SSD 850 PRO」徹底検証――“3D V-NAND”で10年保証を実現した先進SSDの実力は?
コンシューマー向けSSDに初めて3次元NANDフラッシュメモリを採り入れた「Samsung SSD 850 PRO」が登場。先代モデルと同条件でテストし、その実力を明らかにする。(2014/7/4)

NUCやUltrabookをもっと速く:
アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。(2013/12/12)

Windows 8.1クロスロード:
第1回 Windows 8.1のエディション構成と機能改善点
タブレットPCやタッチ操作デバイス向けに開発されたWindows 8の登場から1年、もう次のバージョンがリリースされようとしている。Windows 8.1ではGUIの改善だけではなく、内部的にもさまざまな機能強化や改善が行われている。今回はWindows 8.1の機能を一覧する。(2013/9/19)

もはや普及モデルのSSDではない:
「Samsung SSD 840 EVO」徹底検証――“TurboWrite”で下克上の性能を発揮か?
価格性能比に定評がある2.5インチSSD「Samsung SSD 840」がモデルチェンジ。課題だった書き込み速度を独自のバッファ技術で克服し、上位機「840 PRO」に肉薄する性能を得た。その実力をさまざまなテストで明らかにしていく。(2013/7/26)

VAIO Duo 11ロードテスト(3):
「VAIO Duo 11」を静かな場所で快適に使うテクニック
タブレットとモバイルノートの魅力をスライドボディにギュッと凝縮した「VAIO Duo 11」。薄型の本体に高性能を詰め込んだため、高負荷時はファンの回転音もそれなりに大きくなるが、静かな場所でスマートに使うための設定も用意されている。(2013/3/12)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:
「これから買うもん!」というあなたのために──「もう一度確認するエディション」編
“Vista”で複雑怪奇だったエディション構成も“7”でシンプルになり、“8”では4種類に集約した。「いまさら聞けない」エディションの違いを確認しておこう。(2013/2/13)

NASに新たな可能性:
QNAP「HD Station」徹底活用
前回お伝えしたように、QNAP「TurboNAS」のファームウェア3.81は、サーバ機能のみならずメディアプレーヤー機能までサポートした革新的なバージョンアップだ。今回はその新機能「HD Station」を掘り下げて解説していく。(2013/2/6)

PC USER 週間ベスト10:
AndroidからWindows 8に乗り換えた「ThinkPad Tablet 2」の実力は?(2013年1月21日〜1月27日)
先週のアクセスランキングでは、タブレットの注目モデル、PC周辺機器メーカーの裏話、アキバのPCショップ情報、NASの導入リポートなどがランクインしました。(2013/1/28)

Windows 8アップグレード版は1万3800円で発売:
Windows 8 Proアップグレード版の優待価格が1月31日で終了――実売価格は5800円から2万5800円へ
日本マイクロソフトはWindows 8 Proアップグレード版の優待価格販売を1月31日で終了する。これにより、実売価格は5800円前後から2万5800円前後に変更される見込み。(2013/1/21)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第9回 R632をProにアップグレード 「Windows 8 Pro Pack」を導入してみた
一般ユーザーが導入できるWindows 8は、その多くが無印の標準エディションか“Pro”である。今回は無印→Proへのアップグレードをサクッと行ってみる。(2013/1/16)

Windowsのアクティベーションに抜け穴? 海賊版インストールに悪用との報告
ソーシャルニュースサイトへの投稿によれば、海賊版のWindows 8を無料でアクティベートできてしまう方法が存在するという。(2012/11/22)

Tech TIPS:
Windows 8にDVD再生機能を追加する
Windows 8には、DVDの再生機能が搭載されていない。Windows 8 Media Center Packを追加することで、MPEG2デコーダなどの機能が利用できるようになる。(2012/11/9)

Serial ATA 6Gbpsの限界へ:
SSD市場の主役へと躍り出るか?――「Samsung SSD 840 PRO/840」徹底検証
「SSD 830」が好評のSamsungから、後継となる「SSD 840 PRO」と「SSD 840」が登場した。それぞれ250Gバイトクラスのモデルを入手したので、性能と消費電力を検証しよう。(2012/11/6)

Windows 8 ProにDVD-Video再生機能を追加:
「Windows 8 Media Center Pack」は2013年1月31日まで無料
Windows 8 ProにWindows Media Centerの機能を追加するアドオンソフトが2013年1月31日まで無料で入手できる。適用すれば、DVD-Video再生が可能だ。(2012/10/29)

2012年PC秋冬モデル:
ノート×タブレットの使い勝手を目指した「STYLISTIC」や、女性向けUltrabookも登場――富士通「FMV」秋冬モデル
富士通が「FMV」の2012年秋冬モデルを発表、10月26日より順次発売する。Windows 8の全面採用とともに、タッチ機能に特化した新シリーズや女性向けデザインのUltrabookに注目だ。(2012/10/19)

2012年PC秋冬モデル:
録画機能を強化した低価格地デジPC――「FMV ESPRIMO EH」
シングル地デジチューナーを搭載する、低価格な液晶一体型PC「FMV ESPRIMO EH」の新モデルは、USB 3.0やBluetoothに対応したほか、テレビ視聴ソフトが変わり、録画機能が強化された。付属するオフィスソフトもグレードアップしている。(2012/10/19)

NEC、「Windows 8アップグレード」サポート対象モデル情報を公開
既存NEC製PCのWindows 8アップグレード情報が公開された。LaVie Zのほか、基本は2012年9月以降発売の各シリーズが対象。1200円でWindows 8 Proアップグレード版を購入できる優待プログラムも実施する。(2012/8/31)

「Windows Home Server」は終了:
Microsoft、「Windows Server 2012」のエディションを発表
次期サーバOSの「Windows Server 2012」は全4エディション。家庭用サーバOSとして提供してきた「Windows Home Server」は終了し、DLNA対応などの機能は425ドルのEsssentialsエディションに統合される。(2012/7/6)

この価格にして、この性能あり:
OCZ「Z-Drive R4」で究極のSSD性能を知る
いま、秋葉原で購入可能なSSDで最も高性能と思われるのが、PCI Express x8接続対応のOCZ「Z-Drive R4」だ。突出した価格のSSDで突出した性能を体感する! (2012/7/3)

Windows XPからも可能:
「Windows 8 Pro」へのアップグレードは39.99ドル(期間限定)
Microsoftが「Windows 8 Pro」のアップグレード版を2013年1月末までオンラインで39.99ドルで販売する。Windows XP SP3からもアップグレードできる。(2012/7/3)

登場当初からさらにパワーアップしたという:
新ファームウェアで向上した「OCZ Vertex 4」の性能をチェック!
OCZ Technologyの最新SSDは、新しいコントローラを搭載しただけでなく、新ファームウェアによって性能がさらに向上したという。で、どの程度向上したのかな?(2012/5/22)

ZOTAC、AMD E-450搭載の超小型PC「ZOTAC nano XS AD11 Plus」
アスクは、ZOTAC製となる超小型PC「ZOTAC nano XS AD11 Plus」の取り扱いを開始する。(2012/5/11)

2012年PC夏モデル:
強化した独自テレビ機能、もちろん“Ivy Bridge”モデルも多数──NEC「VALUESTAR/LaVie」新モデル
NECが夏商戦向けの個人向けPC新モデルを発表。新CPUの採用、ロンドン五輪をふまえたテレビ機能の強化、スマホ&タブレット連携機能、“でんき予報”と連携した節電対策機能など、3シリーズのデザインチェンジを含む7シリーズ全45モデルを投入する。(2012/5/8)

IntelやPLEXTORのライバル機と比較:
日本で本格展開を開始した「Samsung SSD830」の実力に迫る
大手メーカー製PCに幅広く採用されているSamsung SSDだが、PCパーツとしては並行輸入品が出回る程度で、いまひとつ盛り上がりに欠けていた感がある。しかし、2012年3月に日本の正規代理店ができたことで、今後は存在感が増していくかもしれない。(2012/4/5)

信頼はSSDでもゆるぎないか:
PLEXTORの最新SSD「M3 Pro」で遊ぶ
高品質SSDのブランドとして、足場を固めつつある「PLEXTOR」ブランド。その最新モデル「M3 Pro」シリーズも、高品質たるのか調べてみた。(2012/3/27)

新居が1部屋なら1台どう?:
テレビと間違えるほどの使い勝手──「Inspiron One 2320」
評価用というのにすっかり自宅のリビングになじんでしまったInspiron One 2320は、名実ともに“PC機能付き”テレビとして活躍している。いや、極楽極楽。(2012/2/23)

SandForceブランドコントローラを搭載:
ライト性能が大幅強化!──Intel SSD 520シリーズの性能を探る
インテルから「SSD 520」シリーズが登場した。Serial ATA 6Gbpsに対応した前モデルSSD 510シリーズとの違いはどこにあるのか? その性能をチェックしてみる。(2012/2/16)

信頼の“出雲”モデル:
国産オールインワンノートは高い? いや、そうでもない――「FMV LIFEBOOK AH77/E」という選択
国内大手メーカーのオールインワンノートPCと聞くと、「Officeとか、いろいろ付いているぶん、ちょっと高いよね」という認識かもしれない。が、年末に向けて買い得感はグッと増している。(2011/11/25)

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、IEとSilverlightの深刻な脆弱性に対処
8件のセキュリティ情報のうち、IEおよび.NET Framework/Silverlightの脆弱性に対処した2件が「緊急」レベルとなっている。(2011/10/12)

サンコー、1980円のマウス機能付きMCE対応リモコン
サンコーは、Windows Media Center対応のPC用リモコン「PCリモコン3」を発売した。(2011/8/22)

インテルSSD×2で異次元の速さ:
PR:オレもこんなスゲーPCがほしいっ──「Endeavor Pro5000」を夢の構成でかっ飛ばす
どうせなら思いっきりハイスペックで──。しかも静かで、拡張性や整備性に優れているならうれしい。Endeavor Pro5000は、そんなワガママなニーズもきっちり満たしてくれる最新設計のミドルタワー型デスクトップPCだ。(2011/6/13)

CMスキップ機能も搭載:
家庭用テレビで十分? それは食わず嫌いかも──「VALUESTAR W」のテレビ機能をねっちり検証
地デジPCはどうか。確かに単体価格は少し高額だが、AV機器を個別購入するシーンを考えると“ほぼ全部入り”の点は少し考えると意外にアリだ。今回は“ややプレミアム”な仕様の新型「VALUESTAR W」を検証する。(2011/6/10)

2011年PC夏モデル:
“スグつくTV”とPS3連携の3D対応、24型大型画面の高性能地デジPC──「VAIO L」
ソニーの「VAIO L」は、大画面+薄型ボディ+テレビ機能“ほぼ全部入り”を特徴とする高性能志向の液晶一体型デスクトップPCだ。PC起動なしに地デジがすぐ起動する「スグつくTV」機能を備える。(2011/6/7)

GoogleのWeb向け画像フォーマット「WebP」、ChromeやGmailがサポート
Googleが、Web画像の読み込み高速化を目指すオープンソースのフォーマット「WebP」のアルゴリズムを改良した。また、Chrome、Opera、Gmail、Picasa Web AlbumsでWebP画像の表示が可能になった。(2011/5/23)

25ナノプロセスでいいことあった?:
“C300”の後継モデル「Crucial Real SSD C400」でキュンキュン遊ぶ
Real SSD C300は、Serial ATA 6Gbpsに初めて登場したSSDとして注目された。その後継となるReal SSD C400が登場。“25ナノ”が導く性能とは!(2011/5/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。