「Sandy Bridgeの“出し惜しみ”が全部出た」――Z68マザー&Core i7-2600Sが登場!古田雄介のアキバPickUp!(1/4 ページ)

» 2011年05月16日 19時09分 公開
[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「P67マザーと替える人が多いですよ」――上々の注目を集めるZ68マザー

Z68マザー発売を知らせるソフマップ秋葉原本館のポスター

 先週、Sandy Bridge用の上位チップセット「Intel Z68 Express」を搭載するマザーボードが複数のメーカーから発売された。価格は1万4000円前後から3万4000円前後で、Z68マザー全体の在庫は潤沢だ。

 Z68は、Sandy Bridgeのオーバークロック機能と内蔵GPUに対応する、いわばP67とH67の特徴を併せ持ったチップセットだ。さらに、SSDをHDDのキャッシュとして利用できる「Intel Smart Response Technology」をサポートするといった独自の特徴も備える。なお、ギガバイトの上位マザー「GA-Z68X-UD7-B3」(3万4000円前後)や「GA-Z68X-UD5-B3」(2万6000円前後)、「GA-Z68X-UD4-B3」(2万1000円前後)のように、オンボード映像出力を備えていないモデルも存在する。

 多くのショップが週末にかけて好調な出足を記録しており、ソフマップ秋葉原本館は「CPUの売れ行きにそれほど変化はないので、マザーを乗り換える人が多いんじゃないかと思います。特に対象になるのはP67系でしょうね。P67の機能に加えて、H67で使える内蔵GPUによる動画トランスコードを使いたいという人が多そうです。SSDのキャッシュ化に関しては、まだ様子見中という人も少なくないですね」と話していた。

パソコンショップ・アークに並ぶZ68マザー(写真=左)。各ショップで特に人気の高かったASRocK「X68 Extreme 4」。価格は2万1000円前後で、在庫は少数だ(写真=中央)。ASUSTeK製マザーは「P8Z68-V PRO」のみ入荷を確認。価格は2万4000円弱だ(写真=右)

 Intel Smart Response Technologyに関しては、複数のショップが「BIOSのアップデートが必要」と話しており、検証を急いでいる様子だった。その中で、ドスパラ パーツ館は「この機能はBIOSのバージョンと専用ドライバのバージョンがそろっていないとうまく動作しないようです。つまり、旧BIOSなら古いドライバ、新BIOSなら新しいドライバという組み合わせですね。ASRock製品はその組み合わせで動作しましたが、ほかのメーカーも似たような感じだと思います」と語る。

 ASRockの「X68 Extreme 4」とCore i7-2600KでIntel Smart Response Technologyのデモを行っているPC DIY SHOP FreeTは「ウチはBIOSアップデート済みでZ68マザーを並べていますが、デモを組んだ際の最新ドライバ『10.5.0.1026』で動作しました。SSDキャッシュを通常モードにすると、Cドライブのリード速度が向上し、高速モードにするとライト速度も高くなりましたね。体感で段違いの速さが体感できるのでオススメですよ」とプッシュしていた。

 また、別の方向から新チップセットの魅力を伝えるショップもあった。ツートップ秋葉原本店は、ギガバイトの「GA-Z68MX-UD2H-B3」(1万6000円弱)にグラフィックスカードを挿して、5画面出力デモを実施している。「最近のグラフィックスカードはDisplayPortをあわせて、1枚で3画面出力が可能なモデルがミドルクラスから選べます。加えて、映像出力付きのZ68マザーならオンボードで2系統。合計5系統出力が可能なんですよ。まあ、H67マザーでも可能なんですけど、Z68マザーのほうが構成の選択肢が広いですし、より多くの人が満足できるマシンが構築できると思います」と話していた。

PC DIY SHOP FreeTのIntel Smart Response Technologyデモ。HDDにウェスタンデジタルのCavierGreen 2Tバイト、SSDにインテル510 120Gバイトを使って、パフォーマンスアップの度合いを検証している(写真=左)。ツートップ秋葉原本店の5画面出力デモ(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月14日 更新
  1. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  2. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  3. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  4. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  5. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
  8. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  9. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー