夢の街で“ちょっと先”のVAIOをみた2012 International CES(2/2 ページ)

» 2012年01月12日 09時55分 公開
[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

VAIOの液晶一体型にX-Realityを実装する

 製品化を目指して開発を進めているコンセプトモデルでは、BRAVIAの映像エンジン「X-Reality」を搭載する液晶一体型PCを展示している。24型ワイドで1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイを搭載し、S-FORCE フロントサラウンド3Dや、Sony Tabletで採用したClear Phase、高音質システムのS-Masterを導入する。採用するプラットフォームについては、インテルともAMDとも明らかにしていないが、展示機材の本体に搭載するインタフェースには、USB 3.0、HDMI入出力、有線LANなどを備えている。

BRAVIAの映像エンジン「X-Reality」を実装する液晶一体型PCでは、X-Realityを有効にした状態と無効にした状態のそれぞれにおける画質を比較していた

左右側面に搭載したインタフェース

背面にはHDMI入出力を備える(写真=左)。BRAVIAの映像エンジンを搭載した液晶一体型PCだが、ブランド名にBRAVIAを掲げるのかについても「答えられない」という(写真=右)

VAIOのUltrabookは2012年中に登場予定

 コンセプトモデルの中で具体的に出荷時期を2012年と示していた2モデルがある。1つは本体に光学ドライブを内蔵しないUltrabookコンセプトを導入するVAIOの薄型ノートPCだ。13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載するし、ボディ形状は薄くフラットながら、通常のノートPCと同じ種類と数のインタフェースを搭載する。

 もう1つは15型ワイド液晶ディスプレイを搭載した2スピンドルノートPCで、デザインを重視した汎用ノートPCという位置づけを考えているという。

VAIOシリーズのUltrabookは、薄いデザインながら、前面と背面で厚さがほぼ変わらないフラットな形状を採用する

ユーザーの利用環境を損なわないため、通常のノートPCとほぼ同じ種類と数のインタフェースを本体に搭載する。左側面にはUSB 3.0とUSB 2.0を備え(写真=左)、右側面にはヘッドフォン端子、メディアカードリーダーとHDMI、アナログRGB、有線LANを用意する(写真=右)

2012年に登場するデザインコンセプトモデルでは、15型ワイド液晶ディスプレイを搭載する汎用の2スピンドルノートPCも展示されていた

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表 (2024年05月26日)
  6. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  7. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  8. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  9. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  10. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー