ニュース
» 2015年01月21日 11時23分 公開

実機を持って最初の一言は?:「LaVie Hybrid ZERO」の実機を持って軽さに驚く (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ライジングキーボードの動きをチェック「LaVie Hybrid Advance」

 LaVie Hybrid Advanceは、15.6型ディスプレイを搭載した大画面ノートPCながら、ディスプレイを最大360度開くことができて、「ノート」「フラット」「スタンド」「テント」「タブレット」とユーザーの利用目的と使う状況に合わせて使いやすい形を選べる「マルチモード」2in1PCとして企画したモデルだ。

 ディスプレイを開いて“変形”するため、キーボード面が外側に露出することになるが、このとき、キーボードを保護するために、LaVie Hybrid Advanceでは、「ライジングキーボード」機構を導入した。これは、ディスプレイを180度以上開いたときに、キーボードの周囲とラバー製のキーボードガードがせりあがってきて、キートップを保護する仕組みだ。

LaVie Hybrid Advance。15.6型ディスプレイを搭載する大型ノートPCだが、光学ドライブは本体に内蔵せず、外付けのBDXL対応Blu-ray Discドライブが標準で付属する

テントモード(写真=左)に、タブレットモードと、ユーザーの利用状況に合わせて形を変える“マルチモード”PCだ

ライジングキーボードでは、ディスプレイを180度以上開くとキーボードの周囲とラバー製のキーボードガードがせりあがってきて、キートップを保護する

使う場所を選ばないL字ボディ「LaVie Hybrid Frista」

 LaVie Hybrid Fristaは、一見すると15.6型ディスプレイを搭載する液晶一体型PCに見えるが、NECは、「まったく新しいカテゴリーのフリースタイルPC」と訴求する。L字型を採用して奥行き16センチのボディによって、設置する場所を選ばず、「人がPCのいる場所に移動するのではなく、人にいる場所にPCを設置する」というNECの考えを実現する。

ノートPCでもディスプレイ一体型PCでもない、フリースタイルPC「LaVie Hybrid Frista」

普段は本体にキーボードを収納しておき、使うときには本体背面のレバーを引いてキーボードを出して利用する

左側面には光学ドライブを内蔵し、右側面にはSDメモリーカードスロットと2基のUSB 3.0を備える

背面にはHDMI出力と有線LANを搭載する

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう