「LaVie Hybrid ZERO」の実機を持って軽さに驚く実機を持って最初の一言は?(2/2 ページ)

» 2015年01月21日 11時23分 公開
[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ライジングキーボードの動きをチェック「LaVie Hybrid Advance」

 LaVie Hybrid Advanceは、15.6型ディスプレイを搭載した大画面ノートPCながら、ディスプレイを最大360度開くことができて、「ノート」「フラット」「スタンド」「テント」「タブレット」とユーザーの利用目的と使う状況に合わせて使いやすい形を選べる「マルチモード」2in1PCとして企画したモデルだ。

 ディスプレイを開いて“変形”するため、キーボード面が外側に露出することになるが、このとき、キーボードを保護するために、LaVie Hybrid Advanceでは、「ライジングキーボード」機構を導入した。これは、ディスプレイを180度以上開いたときに、キーボードの周囲とラバー製のキーボードガードがせりあがってきて、キートップを保護する仕組みだ。

LaVie Hybrid Advance。15.6型ディスプレイを搭載する大型ノートPCだが、光学ドライブは本体に内蔵せず、外付けのBDXL対応Blu-ray Discドライブが標準で付属する

テントモード(写真=左)に、タブレットモードと、ユーザーの利用状況に合わせて形を変える“マルチモード”PCだ

ライジングキーボードでは、ディスプレイを180度以上開くとキーボードの周囲とラバー製のキーボードガードがせりあがってきて、キートップを保護する

使う場所を選ばないL字ボディ「LaVie Hybrid Frista」

 LaVie Hybrid Fristaは、一見すると15.6型ディスプレイを搭載する液晶一体型PCに見えるが、NECは、「まったく新しいカテゴリーのフリースタイルPC」と訴求する。L字型を採用して奥行き16センチのボディによって、設置する場所を選ばず、「人がPCのいる場所に移動するのではなく、人にいる場所にPCを設置する」というNECの考えを実現する。

ノートPCでもディスプレイ一体型PCでもない、フリースタイルPC「LaVie Hybrid Frista」

普段は本体にキーボードを収納しておき、使うときには本体背面のレバーを引いてキーボードを出して利用する

左側面には光学ドライブを内蔵し、右側面にはSDメモリーカードスロットと2基のUSB 3.0を備える

背面にはHDMI出力と有線LANを搭載する

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー