PC USER Pro
連載
» 2017年02月08日 06時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:米国でWindows 10のシェアが7を上回る 日本はどうだ? (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

ワールドワイドではまだまだWindows 7のシェアが高い

 このようにWindows 10とWindows 7のシェア逆転は少なくない地域でみられる一方で、StatCounterによる世界全体での集計結果は2016年12月時点でWindows 7が40.23%、Windows 10が27.15%と大きく開いている。同様に、NetMarketShareによる2016年12月の集計結果でもWindows 7が48.34%、Windows 10が24.36%とやはり倍近い差がある。

StatCounter 6 2015年12月〜2016年12月の世界におけるデスクトップOS(タブレットを含まない)シェアの推移(出典:StatCounter)
NetMarketShare 1 2016年12月の世界におけるデスクトップOSシェア(出典:NetMarketShare)

 この違いはどこで生まれているのか。その答えはStatCounterで中国のシェアを調べればすぐに分かる。同国ではWindows 7のシェアがいまだ5割近くあり、なんとサポートがとっくに終わったWindows XPのシェアも2割近いのだ。Windows 10も伸びており、2016年12月にはWindows XPを抜いてシェア2位となったものの、他の地域とはトレンドが大きく異なる。

StatCounter 7 2015年12月〜2016年12月の中国におけるデスクトップOS(タブレットを含まない)シェアの推移(出典:StatCounter)

 全体的な国の数やユーザーの数としては、前述のような先進国よりも新興国の方が多く、それらは中国に近いシェアの推移だと推察される。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう