仮想通貨マイニング需要が減速 「成熟期に移行した感じ」古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

» 2017年07月24日 12時26分 公開
前のページへ 1|2|3|4       

Synologyのハイエンドルーター「RT2600ac」がデビュー!

 ネットワーク関連で話題を集めていたのは、Synologyの無線LANルーター「RT2600ac」だ。IEEE802.11ac(wave2)に対応しており、2.4GHz帯と5GHz帯で最大800Mbpsと1733Mbpsの高速通信ができる。税込み価格は3万2000円前後。

 入荷したTSUKUMO eX.は「国内では初めてのSynology製ルーターですね。海外ではすでに話題になっている製品ですが、強力ゆえに国内流通までに少し手間どったようで、ようやくに登場しました。高速なだけでなく、接続設定のやりやすさや高度なカスタマイズ性にも注目が集まっています」という。

Synology「RT2600ac」

 また、同コーナーにはTP-LinkのWi-Fi中継機「RE650」も並べられていた。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応するモデルで、5GHz帯なら最大1733Mbps、2.4GHz帯なら同800Mbpsの通信が可能。税込み価格は1万3000円前後だ。「中継機で4本アンテナ、そしてこの速度というのは初めてだと思います。高速な環境をキープして広げたいという人には強力な味方になるでしょう」(同店)

TP-Link「RE650」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー