ニュース
» 2020年05月25日 11時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:10コア20スレッドの第10世代Core iシリーズがデビュー (3/4)

[古田雄介,ITmedia]

Ryzen 5 1600AFに続き、Ryzen 3 3300X/3100がデビュー

 対するAMDは、エントリークラスのCPUを拡充している。5月半ばに登場した「Ryzen 5 1600AF」に続き、先週は「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」がデビューした。価格は順に1万5000円強と1万3000円強だ。

 3000番台のRyzen 3は2019年7月登場の「Ryzen 3 3200G」(1万3000円前後)があるが、こちらは第2世代Ryzen(2000番台)と同じZen+アーキテクチャを採用している。Ryzen 3 3300X/3100は3000番台で上位と同じZen 2アーキテクチャで作られている。ともに4コア8スレッド構成で、グラフィックスチップは非搭載となる。TDPも65Wで共通しており、クロック数は3.8GHz〜4.3GHz、3.6GHz〜3.9GHzだ。

Ryzen 3 3300X/3100 AMD「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」
Ryzen 3 3300X/3100 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の価格表

 Ryzen 5 1600AFとともに、売れ行きはまずまず好調な様子だ。週末中に3300Xが売り切れたパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「好調なRyzenの低価格帯ということで、一定のニーズは約束されたような感じですね。ただ、Ryzen 5 1600AFとの兼ね合いで迷う人は出てくるかなと思います」と話していた。

 パソコンSHOPアークも似たコメントをしていた。「コア数でいうなら6コア12スレッドの1600AFが強いですが、最新のアーキテクチャが使えるという点では3300X/3100が頼もしいですしね。遊ぶゲームやマシンの使い道によって選ぶのがいいかなと思います」

パソコンSHOPアークのRyzen 5 1600AF価格表。週末前に売り切れとなっていた

 最後に、Webカメラの販売状況を見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう