未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2021年01月19日 12時22分 公開

アイロボット、教育市場向けのプログラミングロボット「Root」 小学校向けの無償配布も

アイロボットジャパンは、プログラミングに対応した教育市場向けロボット「Root」を発売する。

[ITmedia]

 アイロボットジャパンは1月19日、プログラミングに対応した教育市場向けロボット「Root」を発表、2月19日に販売を開始する。同社Web直販価格は2万9800円。

photo Root

 プログラミング技術の習得を目的としたロボットで、専用アプリ「iRobot Coding」を用いたプログラムで動作のコントロールを行うことができる。

 プログラムは学習レベルに応じ、イラストで描かれたブロックを組み立ててコーディングの基礎を学べる“LEVEL1”から、テキストコートで本格的なプログラミングを行える“LEVEL3”まで3段階のレベルを利用可能だ。

photo iRobot Codingでのプログラミングのイメージ

 動作は本体の移動に加え、本体中央に付属のペンを挿し込んでの“お絵かき”を行ったり、音/光を出したりすることが可能。壁に当たると跳ね返るバンパートリガーを利用して、障害物に当たりながら進むといったこともできる。

 内蔵バッテリー稼働時間は最大約5時間だ。本体サイズは134(幅)×149(奥行き)×45(高さ)mm、重量は約0.49kg。

photophoto 底面にマグネットを備えておりホワイトボード上を動かすことも可能


 また、全国の小学校を対象に本製品を無償で配布する「みんなで Root!プロジェクト」も実施される。配布台数は1校につき6台、合計1000台で、応募は先着順となる。詳細はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう