「PowerColor」グラボはどのような環境で生まれる? 台湾TULの工場を見学してみたCOMPUTEX TAIPEI 2024(4/4 ページ)

» 2024年06月07日 12時45分 公開
[モリケンITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

COMPUTEX TAIPEI 2024におけるPowerColorブースの様子

 PowerColorブースの入り口には、同ブランドのサブブランド「Hellhound(ヘルハウンド)」のキャラクターをあしらったMOD PCが飾られていました。タイ在住のクリエイターであるジャグパット・ソングル氏が製作したものだそうです。

Hellhound PowerColorブースの入り口に飾られたHellhoundのMOD PC。PCっぽい形状には見えませんが、実際に稼働しているPCです
中身 胸元には、PowerColorのグラフィックスカード「Hellhound Spectral White AMD Radeon RX 7800 XT 16GB GDDR6」が搭載されています

 ブースの展示は既存製品が中心で、最近日本でも人気を集めている「Sakura Edition」の製品もいくつか展示されていました。

Red Devil こちらは、Red Devilブランドの製品を並べたコーナー
Hellhound こちらはHellhoundブランドとFighterブランドの製品のコーナー
Sakura Edition HellhoundのSakura Editionは、別コーナーで展示されていました

 少し面白かったのが、NPU(ニューラルプロセッサ)を使ってグラフィックスカードの消費電力を調整するデモンストレーション。「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARC」で実際に消費電力が抑えられていることが確認できました……が、その分としてフレームレート(とテストスコア)も少し落ち込んでいました。

 ゲーミングPCの消費電力の最適化もAIで――そんな時代になってきているのかもしれません。今後に期待です。

NPU NPUを使ってグラフィックスカードの消費電力を抑えようというデモンストレーション。左がNPUなし、右がNPUありの構成で、NPUの有無以外のハードウェア仕様は同一だそうです
NPUを使うとどうなる NPUを使うことで、一層の消費電力抑制効果が得られるそうです
NPU デモシステムでは、NPUは外付けされていた
NPUなし NPU無しのシステムでは、118fpsで338Wの消費電力だったものが……
NPUあり NPUありのシステムでは107fpsに落ち込むものの、消費電力は261Wにまで抑えられている
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  8. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  9. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  10. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー