ニュース
» 2010年03月23日 16時53分 公開

KDDI America、プリペイドケータイ間で国際通話度数を分け合う「国際通話度数シェア」

KDDI Americaが、米国で提供中のプリペイドケータイサービス向けに、国際電話の通話度数を分け合うサービスを4月1日から開始する。

[ITmedia]

 KDDI Americaは4月1日から、米国で提供するプリペイドケータイサービスで、米国外のプリペイドケータイと、国際電話の通話度数を分け合える「国際通話度数シェア」サービスを開始する。米国に居ながら、母国の家族等のプリペイドケータイと、簡単に国際通話度数を分け合えるしくみとして、特に在米移民向けに提供する。

 KDDI Americaが米国で提供するプリペイドケータイに、プリペイドカードを購入して国際通話度数をチャージすると、KDDI Americaの国際通話度数シェア取次センターを経由して、度数の一部を米国外のプリペイドケータイに送る(チャージする)ことができるというもの。チャージの完了はSMSで連絡される。通常は3分以内に手続きが完了するという。

 当初このサービスが利用できるのは、宛先国がドミニカ共和国、エジプト、ハイチ、メキシコ、ブラジル、ボリビア、インドネシア、フィリピン、ロシア、ベトナム、中国、トルコ、インド、パキスタン、スリランカの15カ国の場合のみだが、順次提供範囲を拡大する計画だ。

関連キーワード

KDDI | 国際電話 | 移民 | MVNO | 携帯電話 | 家族 | プリペイド


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう