キーワードを探す
検索

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

アドビがモバイル/Webブラウザ向けに提供しているコンテンツ制作ツールが「Creative Cloud Express」としてリブランドされることになった。AI技術「Adobe Sensei」などを活用した機能強化も図られており、誰でも簡単にプロ並みのコンテンツを制作できることがポイントだ。

()

2021年1月に大規模なオペレーションでテイクダウンされたマルウェア「Emotet」が復活し、新たな手法による感染拡大が観測された。偽のAdobeアプリケーションをインストールさせる巧妙な手段を採るため注意してほしい。

()

アドビは、「Adobe Fonts」において、毛筆フォントメーカー「昭和書体」のフォント「黒龍爽」などを新たに追加したと発表。黒龍爽は、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「胡蝶しのぶ」に使われているフォント「黒龍」のカスレを少なくしたもの。

()

Adobeがイベント「Adobe MAX 2021」に合わせて新サービス「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βを開始した。クラウドを介してコンテンツ制作のコラボレーションを円滑化することを目的としており、一般ユーザーには2022年から順次正式なサービスとしてリリースしていく予定だ。

()

コロナ禍でリアル店舗の売り上げが減る中、シークレットセールをオンライン化して成功を収めた「アンダーアーマー」で知られるドーム社。「やりたいと思ったことが全て実現できた」と担当者はうれしそうに振り返る。同社のデジタルシフトを成功に導いたのは「Adobe Experience Cloud」だ。

()

アドビは、7カ国を対象に実施した未来の働き方に関する調査の結果を発表した。日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多数を占めた。日本は、全体の業務時間の中で雑務にかける時間が長いことも分かった。

()

WalmartはAdobeと協業し、小売事業者向けにオンラインと実店舗の両方を使って商品をスムーズに配送できるサービス群を提供すると発表した。開始時期は2022年を予定している。クラウドを通して使え、Walmartの配送ノウハウとAdobeの技術を生かしたという内容とは。

()

デジタル上で新規見込み客を獲得し、コンバージョン率、営業効率を最大化するために不可欠なのがマーケティングオートメーション(MA)ツール。前月度と比較し、「BowNow」や「Salesforce Pardot」「Adobe Marketo Engage」などが顧客ドメイン数を伸ばしました。

()

NECが、中堅・中小企業の脱ハンコやペーパーレス、そしてDX促進のため、新たにアドビ社が認定するAdobe Signのソリューション販売パートナーとなり製品提供を開始した。同社の担当者は、「中堅・中小企業において今こそペーパーレスに取り組むべきだ」という。その理由や、中堅・中小企業に同サービスが適した理由について話を聞いた。

()

AdobeのAcrobatとAcrobat Readerに緊急の脆弱性が発見された。この脆弱性を突かれると任意のコードが実行される危険性がある。すでに悪用が確認されていることから、該当する製品を使用している場合には直ちにアップデートを適用してほしい。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る