キーワードを探す
検索

「音声通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

イオンモバイルは2月6日、独自のフィルタリングサービスや60歳以上限定の音声通話プランなどを発表し、親子スマホ勉強会を開催した。改正法により、端末のキャッシュバックが減った影響で、イオンモバイルの解約率は下がっているという。シニア向けの料金プランやキッズ向けのフィルタリングサービスで差別化を図っていく。

()

 楽天モバイルは10日、自社の通信網を活用した携帯電話サービスで3時間近く通信障害が発生したことを明らかにした。午前8時30分頃から11時15分頃までの間、通信障害が起こり、一部の利用者が音声通話とデータ通信を利用できなくなった。楽天の携帯事業をめぐっては問題が頻発しており、通信インフラを担う企業として信頼を失いかねない厳しい状況となっている。

()

シャープは、ミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3」のSIMロックフリーモデルとして「SH-M12」を発表した。想定価格は3万円台半ばで、11月27日から順次発売する。2つのSIMスロットを備え、どちらの回線でもLTEデータ通信とVoLTEによる音声通話が行える「DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)」に対応する。

()

UQ mobileが、音声通話にauの3Gネットワークを使うSIMカード(いわゆる「非VoLTE」のSIMカード)の新規発行の受け付けを終了する。既存契約についてはプラン変更を含め引き続きサービスを利用できる他、故障・紛失・盗難時の再発行も継続する。

()

東京工科大学は5月16日に新入生を対象にしたコミュニケーションツール実態調査の結果を発表。女子の約8割が「Instagram」を利用し、4年連続で拡大傾向に。連絡手段としては「LINE」が主流な一方、音声通話手段として「LINE通話」が「キャリア通話」を大きく上回った。

()

KDDIは、2月1日から船舶向け衛星通信サービス「Certus350」を提供開始。地球全域で高品質音声コーデックの採用によるクリアで安定した通話品質や、最大704kbpsに対応する快適なデータ通信を可能としている。音声通話は最大3回線で同時でき、提供プランは料金に含まれる無料データ量に応じて7プランを用意する。

()

エアトリは、9月28日に「海外でのスマートフォン・携帯電話の使用状況」に関するアンケート結果を発表。データ通信時には「Wi-Fiルーターのレンタル」がもっとも多く、「国際ローミング」「SIMフリー」の利用は女性よりも男性の割合が高い。主に利用する音声通話では、女性の半数以上が海外での音声通話に「LINE」を使用していることが分かった。

()

ビッグローブは、MVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「iPhone 6s」「iPhone SE」を販売開始。まずはau回線の「タイプA」で提供し、利用料金は音声通話付き6ギガバイトプラン/特典適用時で2800円(税別)から。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る