Mostly Harmless

「Mostly Harmless」の連載記事一覧です。

Mostly Harmless:

日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進まない原因について、経済産業省はブラックボックス化したレガシーシステムにあるとし、このままでは膨大な経済損失が生じると警鐘を鳴らす。果たして、あと7年で日本企業のデジタル改革は間に合うのか?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

技術の成熟度や普及度などを分析したガートナーのハイプサイクルを眺めると、テクノロジーの栄枯盛衰が見えてきます。2018年のトレンドテクノロジーとその影にあるドラマとは?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

「Microsoft Edge」をリリースして以来、「Internet Explorer」からの移行を呼びかけているMicrosoftですが、IEを完全にサポート外にはできない事情があるようです。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Microsoftがポケットサイズのモバイルデバイス「Surface Andromeda」を開発中とのウワサに新たな動きが? 古くからのWindowsユーザーには、「もしやWin32が動くスマホか!?」と“オタク的”期待さえも高まるMicrosoftのまだ見ぬ新デバイスに思いをはせてみた。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Microsoftならではの知見が詰まったIoTセキュリティを提供する「Azure Sphere」は、LinuxベースのセキュアOSを採用している。そこに見る、Microsoftのプラットフォーム戦略とは?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

コンビニの商品仕入れの“ノウハウ”には、データサイエンスを考える上で重要なヒントがありました。データの利活用を成功に導くために必要なものとは。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、これまでの仕事のやり方をいったん破壊して、「IT/デジタル技術が存在しているという前提で新たに構築し直す」ということ。それを体現し、成功したのがAmazonなのではないでしょうか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Appleのクレイグ・フェデリギ氏は、「WWDC 2018」で、iPhoneとMacのOSの統合について“NO”と宣言。「MacはiPhoneのような動作はしない」からだといいます。その真意を探ってみると……?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

GoogleとMicrosoftが、相次いでAI処理用の新たなプロセッサを発表。その違いから見えてくる、両者の戦略とは?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

2020年にAR/VRヘッドセットの発売が噂されているApple。自社開発にこだわるAppleは、全てのコンポーネントを含めて自社で完結できるのでしょうか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

ブロックチェーンには、さまざまな期待が寄せられる一方、一部にはその効果を疑問視する声も挙がっています。果たしてその有用性は? ブロックチェーンを巡る最近の動向を交えて考察します。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

「何が何でもWindows」から「できればWindowsも」という姿勢に転じたともいえそうです。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

木曜日に指示を受けて、土日に休日返上で資料を作り、月曜日に最終版を持って行く――というのは、“ウオーターフォール的”な仕事の進め方です。それに対して、“イテレーション方式”で進めると、より効率的な結果が得られるはずです。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

正月の“おとそ気分”を吹き飛ばした「プロセッサの脆弱(ぜいじゃく)性問題」。なぜ起こったのか、仕組みを図解することで読み解きます。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

ここへきて、AppleがMacintoshのCPUをIntelからArmに変更しようとしている、という話がまたささやかれ始めました。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

AppleがiOS/macOSのPWA対応に動き出し、Google、Microsoft、Appleの足並みがそろったことで、今後PWAが標準技術になっていくことがほぼ確実となった。ただ、Appleのこれまでの収益モデルはPWAによって変化を余儀なくされる。Appleの戦略転換の狙いとは?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

やりたいことを指示するだけで、AIが自動で最適な形に進化し、必要なものを作り出す――。そんな時代がもうすぐそこに来ているようです。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Webサイトの認証などで、人間かAIかの判定に使われている「CAPTCHA」と呼ばれる“グニャグニャ文字”。これをGoogleが使わなくなった理由とは。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

仮想通貨の高騰などもあり、注目を集めているコインチェックの流出事件。この事件を語るときに注意すべきは、取引所と通貨システムを分けて考えることです。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Intelが発表したプロセッサの脆弱性問題で見えてきたIoT機器のセキュリティリスクとは。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

AIについてまわるシンギュラリティ(技術的特異点)の議論。でも、そもそもシンギュラリティの定義とは何なのでしょうか?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

RPAの導入で単純作業を自動化するのは効果的だが、非効率なシステムを温存することにならないよう、業務プロセスそのものやワークフローの見直しから取り組むべきケースも少なくない。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

人々がAIの進化に恐れを抱くのは、AI関連企業がその未来や可能性についてのアピールを急ぎ過ぎたことが原因かもしれません。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

クリエイティブな仕事はAIに取って代わられないといわれているが、果たして本当なのだろうか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Amazonの次はFacebookと――。Microsoftが相次いで“競合と協業”する狙いは。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

AmazonとMicrosoftが、AI音声アシスタント同士の提携を発表。いったいどんな狙いがあるのか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

IT巨人3社は、HTML5とどう関わってきたのか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Flashがなくなることが決まった今、それを置き換える技術はどのような進展を見せているのか。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

最新技術が浸透するまでの過程を分析した「ハイプ・サイクル」の2017年版が発表された。2017年版の注目ポイントとは。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

かつてPC用Webブラウザの97%以上にインストールされていたFlashの栄枯盛衰を、その運命に決定打を与えたiPhoneの登場とともに振り返ってみます。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Microsoftが提唱する「インテリジェントクラウド」と「インテリジェントエッジ」について、コンピューティングの進化を踏まえつつ、用途や可能性を考察します。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

あれ? UIが変わった? いつものツールはどこ?――Windowsユーザーなら、きっとそんな戸惑いを持ったことがあるはず。そこで、あえて言わせてもらいます。Microsoftの“UI/UX音痴”について。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

AIやHPC(高性能計算)の分野で注目されているGPU。そのアーキテクチャの特徴や用途をまとめてみます。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

将棋で人間を打ち負したAIには、技術者の間では“黒魔術”と呼ばれている部分があるとか。そう聞くと不安になるかもしれませんが、よく考えてみると、実はそんな必要はないのかもしれません。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Googleが発表した「Cloud Spanner」は、どのような仕組みでトランザクション処理の大規模分散処理を実現したのでしょうか?

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Amazon Echo、Google Homeに続き、AppleがSiri搭載のホームスピーカー、「HomePod」を発表したことでさらなる注目が集まっている“音声認識AIデバイス”市場。その動向をまとめてみると……。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

IoTやAIなど、次世代テクノロジーにフォーカスして進化を続けるARM。昨今の気になる動きをまとめた。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

Microsoftが“究極のモバイル端末”として2017年に投入すると噂される「Surface Phone」とは、一体どんなデバイスなのか。予測してみよう。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

アジャイル開発の手法には、ものづくりの現場に取り入れられているTPS(トヨタ生産方式)のアプローチが使われているようです。アジャイルとTPSの関係について、具体的に考察してみます。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

実用化に向けた取り組みが進み、導入分野に広がりが見えてきたブロックチェーン技術。従来の価値取引における“仲介役”が不要になるというその仕組みは、何をもたらすのか? 気になる動向を探ります。

【大越章司 , ITmedia】()
Mostly Harmless:

医療機関での医療情報共有などに活用する取り組みが出始めているブロックチェーン技術。患者の個人情報を守る仕組みはどのように実現されるのか? Googleの人工知能部門DeepMindの取り組みを例に、考察します。

【大越章司 , ITmedia】()

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -