ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3D-Tri Gate」最新記事一覧

11.6型で7ミリボディの2in1を:
Intel、「Core M」シリーズを正式発表
14ナノメートルプロセスルールを採用したCore Mシリーズとして「Core M-5Y70」「Core M-5Y10a」「Core M-5Y10」が登場。IFAでも採用製品を多数発表している。(2014/9/6)

「3年先を行く」製造技術:
タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。(2013/12/5)

市場投入迫る:
次世代タブレットは「Bay Trail-T」でどう変わる?
Silvermontマイクロアーキテクチャを採用したタブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズを解説。(2013/9/27)

22ナノ初の6コアCPU:
Ivy Bridge-Eの最上位「Core i7-4960X Extreme Edition」を徹底検証
ソケットLGA 2011に対応するハイエンドCPUとして、22ナノメートルプロセスルールのIvy Bridge-Eが登場した。最上位モデルの性能は?(2013/9/3)

自作派必読:
第4世代Coreの性能は? 「Core i7-4770K」で速攻検証!!
“Haswell”こと第4世代Coreプロセッサーで自作マシンを組むなら、まず気になるのがその性能だ。見せてみろ新世代CPUの実力とやらを!(2013/6/2)

HaswellでUltrabookはファンレスに:
有言実行だった2012年のインテルと、熱いパッションで挑戦する2013年のインテル
インテルが、2012年の実績を振り返り2013年の目標を掲げる説明会において、Haswellの登場で大きく飛躍するPCやUltrabookへの期待を示した。(2013/1/18)

より薄くて軽いタブレットPCやハイブリッド型Ultrabookが可能に:
Intel、7ワット動作のIvy Bridgeを出荷開始
Intelは、第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに、TDP 13ワットを実現した従来よりさらに低電圧なモデルを追加した。SDPという新しい指標では、7ワットの低消費電力で動作する。(2013/1/8)

TDP 6.1ワットのサーバ向け「Atom S1200」シリーズ
インテルは、Atom S1200シリーズを発表した。TDP 6ワット台の省電力モデルを用意し、マイクロサーバやストレージネットワークシステムの組み込みを想定する。(2012/12/12)

古田雄介の週末アキバPickUp!:
本気の全部入りマザー「P8Z77-V PREMIUM」が登場!
4万円台後半の高級Z77マザー「P8Z77-V PREMIUM」が複数のショップで話題を集めている。Thunderboltも32GバイトSSDもオンボードで備えた全部入りモデルだ。(2012/7/2)

週末アキバ特価リポート:
これぞお宝!――C1ステップの「Core i7-3960X」が放出特価で6万円切り
ワケあり放出特価品の“ワケ”が自分の使い方と無関係だったとき、それはお宝に変化する。なかでもCore i7 Extreme Edition 3960Xのお宝度が高かった。(2012/6/30)

来場2万人:
「今年は新しいやつ、持ってこれましたよ」――2012 AKIBA PC-DIY EXPO 〜夏の陣〜リポート
これからのアキバのトレンドを思い描きつつ、6月23日と24日に開催された自作パーツイベント「2012 AKIBA PC-DIY EXPO 〜夏の陣〜」の見どころを一挙にリポートしたい。(2012/6/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
20万円で買える近未来――立像モニター「Vixtoria Lite」現る!
ホログラムでも専用メガネを使った立体視でもない、浮かび上がる立像が楽しめる新型ディスプレイ「HoloAD Vixtoria Lite」が登場。すごく未来チックな製品ながら、手持ちのマシンですぐに使える可能性が高い。(2012/6/25)

週末アキバ特価リポート:
「多少無理しつつがんばります」――1万2000円以下でしのぎを削る3TバイトHDD
大容量HDDの激しい低価格化はもう1年も前の話……だったが、ここ最近はじわじわと値を下げて、SSDとともに週末特価の花に戻りつつある。そろそろストレージ容量をガツンと増強するのはいかが?(2012/6/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「もっと存在感を!」――省エネ8コアのOpteronにかけられる期待
TDP 65ワットで動作するAMDの8コアCPU「Opteron 3280」がデビューした。アキバ全体でみるとまずまずの初動のようだが、店員さんからは「もっと存在感を出してほしい」との願いも。(2012/6/18)

週末アキバ特価リポート:
「小出しモードなのでチェックして」――PT3が入荷した電気街
人気のチューナーカード「PT3」の発売が始まったアキバ。潤沢に入荷したという情報がある一方で、簡単には買えない歯がゆい状況が続いている。(2012/6/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「改造前後じゃ全然違う」――“カラ割りIvy Bridge”が売り出される
“カラ割り”により冷却性能を高めた改造版の「Core i5-3570K」がPC DIY SHOP FreeTで販売されている。リテールクーラーで4.8GHzか……。(2012/6/11)

週末アキバ特価リポート:
それから半年後――“最強8コア”は潤沢かつお買い得に
半年前はあまりの供給不足っぷりから「しばらく忘れましょう」とさえ言われたAMDの最上位CPU「FX-8150」。今週末から3000円引きキャンペーンが始まっている。(2012/6/9)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイエンドが攻めた5月のアキバ
Ivy Bridgeが一瞬で定番となった5月のアキバ。GeForce GTX 690やGTX 670といった、ハイエンド系GPUの話題作も多数デビューしており、4月以前と売れ筋の顔ぶれが大きく変わっている。(2012/6/7)

インテル、モバイル向け“IvyBridge”など第3世代Coreのラインアップを拡充
第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに、TDP(熱設計電力)が17ワットのモバイル向けモデルを含む計13製品が加わった。省電力性能が求められるUltrabookやモバイルPC、液晶一体型PCに向けて投入される。(2012/6/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
何となく待ってた感じの「Thunderbolt」搭載Z77マザーが登場
新しいインタフェース「Thunderbolt」ポートを備えたZ77マザーや、ビジネス向けのQ77マザーなど、インテルから目新しいマザーボードが登場した。(2012/6/4)

週末アキバ特価リポート:
SSD一斉値下げ、120Gバイトクラスは1万円切り
6月に入り、複数のショップがいろいろなブランドのSSDを一斉に値下げした。きっかけは諸説あるが、いくつかの120Gバイトクラスが1万円切りしているのは確かだ。(2012/6/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「レア化の要素、そろいすぎ」――GTX 680最速モデルがASUSTeKから登場!
GeForce GTX 680カードにOC版が各社から登場する中、ASUSTeKから最強クロックの「GTX680-DC2T-2GD5」がデビュー。が、店員さんの「そりゃレア化しますわ」の声とともに、まもなく激レアに。(2012/5/28)

週末アキバ特価リポート:
上位モデルなのに下位より安い? Z77マザー&Radeon HD 7970カードに注目!
キャンペーンの組み合わせやジャンル全体の価格変動などで、一時的に上位モデルが下位モデルと同等かそれ以下の値段になる場合がある。今週末はZ77マザーとRadeon HD 7970カードに注目してみよう。(2012/5/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
「アキバはこーゆーのが売れないとね」――Ivy Bridge版Xeonが一斉デビュー!
Core iシリーズに続いて、サーバ/ワークステーション向けCPUのXeonにもIvy Bridge世代のモデルが登場した。動作環境に不確定要素が多いが、アキバの店員氏は「だからこそココで売るべき」と語る。(2012/5/21)

週末アキバ特価リポート:
型落ちってすばらしい――納得&安心で激烈に安いパーツたち
特価品は“ワケあり”のワケが理解できないとリスキーに感じるが、ワケが自分のニーズと相反しないものと分かると、ものすごくお得に感じるもの。最新でなくてもいい人にパラダイスな型落ち特価を集めてみた。(2012/5/19)

なるほど、こういうことか!:
PR:“3000”から“4000”へ進化した新世代Intel HD Graphicsの秘密!
第3世代Core iシリーズで最も性能が向上した統合グラフィックスコア。だが、動作クロックは従来から抑えて消費電力を削減。省電力と性能を両立する秘策とは!(2012/5/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2GPUカードの中でも歴代のヒット作になりそう」――GeForce 690&670発進!
連休明けのアキバで主役を張ったのは、最強の2GPUと名高いGeForce GTX 690カードだ。そして、GeForce GTX 670カードもすでに潤沢に出回っている。(2012/5/14)

週末アキバ特価リポート:
ガリガリ君に自転車部品!――アキバはすでに夏模様
大型連休が過ぎ去り、アキバの各ショップには夏を感じさせるアイテムが多数並ぶようになった。特価品とともに、夏らしい「○○はじめました」をチェックしてみよう。(2012/5/12)

5分で分かった気になるアキバまとめ:
ひさしぶりの“お祭り”に沸いた4月のアキバ
満を持してIvy BridgeとZ77/H77/B75マザーが登場した4月のアキバ。街を盛り上げる起爆剤を求めていたPCパーツショップにとっても、待望にして優良なトピックとなった。(2012/5/10)

長く使える高性能と安心感を:
“Ivy Bridge”なプレミアムCore i7ノート、新デザイン+新CPUの「LaVie L」実力チェック
NEC「LaVie L」シリーズの2012年夏モデルは、コードネーム:Ivy Bridgeと呼ばれる第3世代のCore iシリーズと、高級感のある新デザインのボディでフルモデルチェンジした。Core i7-3610QM搭載の新モデルを早速検証する。(2012/5/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
“VRAM青天井”の人たちに――4Gバイトメモリ搭載のGeForce GTX 680カードが登場
大型連休中も大容量メモリ版のGeForce GTX 680カードが登場するなど、大物新製品が途切れないアキバ。気になるIvy Bridgeの売れ筋も聞いて回った。(2012/5/7)

週末アキバ特価リポート:
フルハイ液晶が1万円!――連休後期も狙い目特価多し!
大型連休の後半は、特価品の在庫状況に不安が残る。そこで「たぶん連休明けまで残ってそう」な特価品と、「もうすぐなくなるかも」な特価品に分けてピックアップしてみた。(2012/5/5)

オーバークロックも手軽にできる:
“第3世代Core i7”搭載の「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」を徹底チェック
“Ivy Bridge世代”に進化した日本HPのハイエンドミニタワーPCを速攻かつ詳細にレビュー。Core i7-3770Kを同2600Kに載せ換えて、性能、発熱、消費電力の比較もしてみた。(2012/5/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ivy Bridgeが大型連休に滑り込みデビュー! 「Sandy Bridgeのときよりは潤沢」
先週は29日0時にIvy Bridgeが発売され、PCパーツショップの売れ筋も新世代に移り変わった。そのほかにも、個性的な小型ケースやキーボードなど、連休前に滑り込みで登場した新製品も多い。(2012/5/1)

吉田社長も自分の足で楽しみました:
“Ivy Bridge”搭載PCに純正マザーが集結!──「Intel Technology Day in Akiba 2012」
深夜販売の興奮が残る秋葉原で、インテルが大規模イベントを行った。昼間の主役はインテル純正マザーにショップブランドPC、そして……、そう! 吉田社長だ! (2012/4/29)

深夜販売:
“Ivy Bridge”販売解禁! 最新CPUを求めてアキバに400人
4月29日0時、インテルの第3世代Coreプロセッサー・ファミリーが発売された。アキバのPCパーツショップ通りでは、4店舗が深夜販売に臨んで最新CPUの登場を歓迎。400人近くの自作ユーザーがつめかけた。(2012/4/29)

これがTick“+”だ!:
PR:「22ナノ」と「3Dトライゲート」が僕たちを幸せにする理由
インテルがアピールし続けてきた第3世代インテル Coreプロセッサー・ファミリーがついに登場。「ただのTickじゃない! Tick+だ!」とインテルが訴える3Dトライゲートがユーザーにもたらすメリットを分かりやすく紹介する。(2012/4/27)

第3世代Core iのアレコレをギリギリまで:
大解説! Ivy Bridgeの新技術と対応インタフェースの謎
Ivy Bridge世代が大型連休から出荷を開始。深夜販売も予定されて盛り上がる“第3世代”CPUに導入した新技術と、ハイエンドマザーのちょっと困った事情を解説。(2012/4/27)

第3世代のメリットを自ら体験:
吉田社長、「Ivy Bridge」で自作する
“Ivy Bridge”こと第3世代Coreプロセッサー・ファミリーが発表になった4月24日に、インテルは“Ivy Bridge”世代のメリットを訴求する説明会を行った。(2012/4/24)

第3世代がやってきたぞー!:
インテル、“Ivy Bridge”こと「第3世代Core」を正式発表
22ナノメートルプロセスルールと3Dトライゲートトランジスタ技術を導入した、インテルの新世代CPUが登場する。デスクトップPC向けモデルのTDPは最高で77ワットとなった。(2012/4/24)

イマドキのイタモノ:
Ivy Bridgeの「Tick+!」な性能を試す
Intel HD Graphics 4000に3Dトライゲートと、ただ22ナノにシュリンクしただけでないIvy Bridge。その実力とメリットを「Core i7-3770K」で確かめてみた!(2012/4/24)

CeBIT 2012:
Ivy BridgeはZ68、P67、H67などでも使えます
インテルは、CeBIT 2012で行った説明会で、Ivy BridgeとIntel 7シリーズチップセットの概要を説明。チップセットにUSB 3.0を統合することを公式に認めた。(2012/3/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2012年のPC業界を占う
激動の2111年が終わり、2012年が始まった。今年のPC業界における大きなトピックはIntelの次世代CPU(Ivy Bridge)とWindows 8だが、この2つはPCの何を変えるのだろうか。(2012/1/1)

Sandy Bridgeは“12畳半”のはずだった:
マルチコアから高性能コアで進化を目指すインテルのCPU
i4004が登場してから40年。プロセスルールは微細化し、CPUは単体コアの性能強化からマルチコアで進化するようになった。この先の進化をラトナー氏に聞く。(2011/11/29)

IDF 2011:
“Ivy Bridge”でUltrabookは美しくなる
Intelは、“Ultrabook”でノートPCを再定義するだけでなく、モバイル向けCPUの戦略も大きく見直している。ムーリー・エデン氏がその詳細を語った。(2011/9/16)

IDF 2011:
GoogleはIntel Architectureで最適化を進めていく
“ARMでWindows 8が動くかも”と盛り上がる米国西海岸。その近くのIDF基調講演で、Googleの幹部が、Intel ArchitectureでAndroidが“よく動くようにする”と宣言した。(2011/9/14)

Intelの研究成果が集結!──「Research@Intel Day June 2011」
自作PCユーザーが注目するインテルのロードマップ。そのロードマップの先を進むのがインテルの研究機関だ。彼らの成果が集合するイベントで「その先」が見えるか?(2011/6/9)

22ナノプロセスCPUが動いたー:
米Intel、“Ivy Bridge”で「3D-Tri Gate」を採用
米Intelは、Sandy Bridgeの後継となる“Ivy Bridge”において、3D-Tri Gateが採用されることを明らかにし、動作する“Ivy Bridge搭載PC”も公開した。(2011/5/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。