ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国立」最新記事一覧

「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの? 国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった
ヤバイとしか言いようがない宇宙のヤバさ。(2017/10/14)

医療技術ニュース:
黄砂が急性心筋梗塞のきっかけに、慢性腎臓病があると特に発症しやすく
熊本大学は、国立環境研究所、京都大学らと共同で、急性心筋梗塞登録事業のデータを利用した環境疫学研究を行い、アジア大陸の砂漠域に由来する黄砂が心筋梗塞の発症と関連していることを明らかにした。(2017/10/2)

ある美術館の試み:
ヒット漫画の原画に巨額相続税!? ベテラン漫画家たちの悩み
ベテラン漫画家の間に、原画を保存・展示する国立美術館の設立を求める声が高まっている。(2017/9/25)

ヒット漫画の原画に巨額相続税!? ベテラン漫画家たちの悩み
ベテラン漫画家の間に、原画を保存・展示する国立美術館の設立を求める声が高まっている。原画の相続にかかる相続税を心配する漫画家からニーズが高い。(2017/9/25)

「出世払い型拠出金制度」:
自民選挙公約に教育機会均等、国立大授業料ゼロ構想も
自民党は衆院選の公約に「教育の機会均等」を盛り込む方針だ。国公立大授業料分を一律無償化し私立大の学生にも追加的に負担軽減を図るため、「出世払い型拠出金制度」を有力案として検討中。(2017/9/20)

動物たちの「剥製3Dデータ」をグリグリ閲覧できる資料的価値の高いサイトが登場 国立科学博物館が公開
ずっと見ていられる。(2017/9/15)

サイバーダイン HAL-HN01:
下肢装着型補助ロボットによる治療実用化で再委託研究開発契約を締結
サイバーダインは、希少難治性脊髄疾患への適応拡大承認を目的とした多施設共同医師主導治験に関して、国立病院機構新潟病院と再委託研究開発契約を締結することを決定した。(2017/9/15)

少ないメモリ容量で高速処理:
ビッグデータのクラスタリング処理を汎用PCで実行
一般的な処理能力のPCで、ビッグデータのクラスタリング処理を高速に実行できる手法を、情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)の松井勇佑氏らが開発した。(2017/9/14)

「新海誠展」が国立新美術館で11月から 「ほしのこえ」から大ヒット作「君の名は。」まで完全網羅
東京会場では初公開の資料も展示予定。(2017/8/28)

米国立研究所が試作機を作成:
新開発の加速器で、がん治療装置の小型化に期待
米国立研究所が、新しい加速器の開発に成功した。この加速器を使うと、がんの粒子線治療用装置のガントリーの重さを、現在の約50トンから1トンにまで小型化できるとの期待が高まっている。(2017/8/23)

がん治療と仕事を両立 伊藤忠商事が支援施策
伊藤忠商事が、がん治療と仕事を両立する支援施策を導入すると発表。国立がん研究センターと提携し、定期検診で早期発見につなげるほか、社内に相談窓口を設ける。(2017/8/22)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ファイアウォール管理の悩み
ファイアウォールルールを手作業で管理するのは困難だ。そこでルール変更のリスク評価を自動的に行っている事例を紹介する。他に、スウェーデン国立図書館CIOインタビュー、ハイブリッドクラウド環境に適したストレージの実装方法を解説する。(2017/8/14)

人工知能ニュース:
大腸がんなどの病変をAIで98%検知するリアルタイム内視鏡診断サポートシステム
国立がん研究センターとNECは、AIを用いて大腸がんや前がん病変を内視鏡検査時にリアルタイムに発見するシステムを開発した。大腸がんなどの病変を98%の発見率で自動検知し、病変見逃しの改善が期待される。(2017/8/2)

国立民族学博物館がビーズバッグ寄贈希望者に入手時期、入手場所なども情報提供するよう呼びかけ
研究資料になるかどうかの検討材料になるそうです。(2017/7/11)

NEC開発、発見率は98%:
内視鏡診断にAIを活用、大腸がんの即時発見へ
NECと国立がん研究センターが、大腸がんや前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで発見できるAI(人工知能)を開発した。大腸がん発生の原因となる大腸腫瘍性ポリープの見逃し率を減らすことが期待できる。(2017/7/11)

AIで大腸がんの予兆を検知 国立がんセンターとNECが開発
AIが医師の視覚をサポートすることで、大腸がんの予防、早期発見を支援する。(2017/7/11)

AIで大腸がん見つけるシステム、国立がんセンターとNECが開発
内視鏡検査時に撮影する画像から自動検知する。(2017/7/10)

「Apple Watch」、7月15日に5.6キロ歩くと特別バッジがもらえるキャンペーン
7月15日(土)にApple Watchをして5.6キロ歩くかランニングするか車イスで移動すると、米国立公園支援の特別バッジとメッセージステッカーがもらえる。(2017/7/3)

コンテンツ東京2017 VR・ARワールド:
ティラノサウルスの内側に入れるVR!? 国立科学博物館「おウチで科博」がすごい
恐竜の剥製を内側からのぞき見る――そんな体験ができるVR(仮想現実)ゴーグル「おウチで科博」。国立科学博物館と「ハコスコ」がコラボしたものだ。(2017/6/28)

江戸時代のパンはまんじゅうだった!? 国立国会図書館ホームページでミニ展示「あれもこれも和菓子」が公開中!
「本の万華鏡」、永遠に見ていられる……。(2017/6/19)

ITライフch:
登山愛好者必見!スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」で尾瀬散策スタンプラリーを実施!
登頂記念スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」は、10月22日まで尾瀬の人気スポットをめぐる「尾瀬散策スタンプラリー」を実施する。条件クリアで「尾瀬国立公園10周年記念」特製ピンズや尾瀬の特産品の抽選に応募できる。(2017/6/13)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

極地研が異議申し立て:
地質年代の提案名称「チバニアン」早くも商標登録
日本の研究チームが地質年代の名称として国際機関に提案する「チバニアン」が商標登録されていることが分かり、国立極地研究所などが特許庁に異議を申し立てた。(2017/6/8)

早くも「チバニアン」を商標登録……国立極地研が異議申し立て 印刷物の除外求める
日本の研究チームが地質年代の名称として国際機関に提案する「チバニアン」が商標登録され、国立極地研究所などが特許庁に異議を申し立てた。(2017/6/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
頻発する建設プロジェクト問題――解決の鍵は「コンストラクション・マネジメント」
豊洲新市場への移転や新国立競技場の建設など、最近問題 が頻発している。こうした問題の発生を防ぐには、コンストラクション・マネジメントによる「発注者主導型」のプロジェクト支援が不可欠になる。(2017/5/31)

“危ないIoTデバイス”一掃への第一歩?
NISTの「IoTセキュリティガイドライン」には何が書かれているのか
米国土安全保障省(DHS)と米国立標準技術研究所(NIST)がリリースしたIoTセキュリティのガイドラインは、企業がセキュアなIoT開発を進めるのに役立つ。(2017/5/30)

人工知能ニュース:
真横や顔の一部が隠れていても判別可能な高精度の顔照合技術を開発
パナソニックは、シンガポール国立大学と共同で精度の高い顔照合技術を開発した。顔の向きが真横あるいは顔の一部が隠れていても個人を判別でき、従来の技術と比較して顔照合性能が最大5倍改善している。(2017/5/24)

「この先注意!」 交通安全情報などを自販機がつぶやくIoT対応「見守り自販機」
国立研究開発法人情報通信研究機構とアサヒ飲料が共同で、IoT対応「見守り自販機」の実証実験を発表した。(2017/5/23)

VR対応でバーチャルダイビングが楽しめそう! 米国、360度海中写真ギャラリーを公開 フロリダキーズなど
国立海洋保護区をダイバーが撮影。(2017/5/16)

グランドキャニオンで行方不明者捜索にドローン部隊出動
ドローン捜索隊は他の国立公園にも設立される見込みだ。(2017/4/25)

1枚の牛革で仕立てたiPhone 7/7 Plus用手帳型フラップカバーケース 国立商店から
国立商店は、厚めの牛革を1枚革で仕立てたiPhone 7/7 Plus用手帳型フラップカバーケースを発売。固定用ケースにはパワーサポート社製のエアージャケットを組み合わせ、カラーバリエーションは5タイプを用意する。(2017/4/21)

エネルギー管理:
2015年度のCO2排出量は2.9%減、再エネ普及や原発の再稼働が後押しか
環境省と国立環境研究所は、2015年度における日本の温室効果ガス排出量の確報値を発表した。それによると、総排出量はCO2換算で前年度比2.9%減となる13億2500万トンとなった。(2017/4/20)

蓄電・発電機器:
世界記録の効率16.2%、太陽光で水素製造
太陽光を利用して水素を製造できるデバイスの研究開発が進んでいる。米NREL(国立再生可能エネルギー研究所)の研究グループは、これまでの世界記録を2.2ポイント上回る効率16.2%のデバイスを開発した。(2017/4/17)

「標準化された環境を採用する方が簡単だ。だが」
職員が使いたいIT環境をサポートするスウェーデン国立図書館
スウェーデン国立図書館は、職員のIT環境を統一した方が容易であるにもかかわらず、職員が使いたい環境をサポートすることにした。この決断を下したCIOは、他に数々の重要なプロジェクトを推進している。(2017/4/14)

高齢化率は38.4%:
2065年、日本の総人口は8808万人
2065年の日本の総人口は、1億2709万人から減少し8808万人へ。老年人口割合(高齢化率)は、15年の26.6%から、38.4%へと上昇する――国立社会保障・人口問題研究所調べ。(2017/4/10)

国立がん研究センター、治験業務を効率化する「リモートSDVシステム」を構築
国立がん研究センターは、治験結果の信頼性を確保する「SDV」を遠隔で行えるシステムをMicrosoft Azureを基盤として構築し、治験業務の効率化とコスト削減を実現。医薬品開発コストの削減や医薬品開発の促進につなげる。(2017/4/6)

CeBIT 2017:
世界一の実力を動画でも証明、NECが顔認証技術をアピール
NECは、「CeBIT 2017」において、動画に対してリアルタイムで高精度に顔認証できる技術を披露した。米国国立標準技術研究所(NIST)の動画顔認証技術のベンチマークテスト(FIVE)で第1位を獲得した技術である。(2017/4/6)

「ほしのこえ」から15年 新海誠監督の作品と軌跡をたどる「新海誠展」が全国で開催
長野・小海町高原美術館と東京・国立新美術館での開催が決定しています。(2017/3/24)

JAXA、Office 365を活用した職員のコミュニケーション基盤を構築
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、職員向けのコミュニケーション基盤「JAXA Sphere」を構築。場所に依存しない柔軟な働き方で業務や研究開発の効率化、スピード向上を支援する。(2017/3/24)

「写真から指紋を盗撮」防ぐシートが進化 見た目を“指紋っぽく”改良
写真から指紋の読み取りを防ぐシート「BiometricJammer」の改良版を、国立情報学研究所が公開。指紋に似せた模様を採用し、見た目の違和感を軽減したという。(2017/3/21)

反射神経良すぎィ! ヒョウVSヤマアラシ、勝つのはどっち!?
南アフリカ・クルーガー国立公園内で撮影。(2017/3/6)

新種の海藻「ウミタンポポ」、小笠原諸島海底で発見 調査の子細を国立科学博物館に聞いてみた
2016年7月、定期調査時の底びき採集で発見されたとのこと。(2017/3/2)

国立情報学研究所、水中で2年以上安定動作する「水没コンピュータ」実現へ マザーボードを水槽や海に沈めて直接水冷
同研究チームはこれまでにも、最長で40日間海中でマザーボードを動作させることに成功している。(2017/2/27)

100年前のアニメ無料公開 東京国立近代美術館、所蔵フィルムをデジタル化
古いアニメを公開するサイト「日本アニメーション映画クラシックス」を国立近代美術館がオープンした。100年前のアニメなどが見られる。(2017/2/23)

エル・キャピタンから注ぐ「火の滝」、観光客を魅了
macOSのバージョン名でも知られる米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園のエル・キャピタン東端に位置する滝が光り輝く時を捉えた。(2017/2/16)

もふきゃわ! 米スミソニアン国立動物園に「ハイイロアザラシ」の赤ちゃんが誕生
ぬいぐるみみたい!(2017/1/29)

人工知能:
AIは開いた世界で力を失う、弱点を補う人間の存在
2017年1月18〜20日に開催された「AIカンファレンス2017」の基調講演に日本のAI研究の第一人者といわれる国立情報学研究所の山田誠二氏(人工知能学会会長)が登壇。人とAIの望ましい関係性について語った。(2017/1/24)

国立西洋美術館で「アルチンボルド展」開催 代表作品「春」「夏」「秋」「冬」4点が国内初展示
シュルレアリスム以後のアーティストたちに大きな影響を与えた画家アルチンボルド。(2017/1/22)

国立劇場版「PPAP」動画を出演の演奏家本人が解説 見せ場やフレーズ、さらに「ヅラ疑惑」についても
動画に込められた願いについても述べています。(2017/1/18)

国立劇場がまさかの「PPAP」演奏動画を公開 笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線・唄によるガチな邦楽アレンジがかっこいい
「ペンヌリサンポーサンポーペン!」(2017/1/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。