ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アドバイザリー」最新記事一覧

国連機関ITUへの功績が認められ小尾氏に総務大臣賞
国連機関ITU(国際電気通信連合)への功績が認められ、小尾敏夫教授に総務大臣賞が贈られることになった。小尾教授は、ITmediaエグゼクティブのアドバイザリーを務めている。(2015/5/14)

各業界から英知を結集:
エスタイル、コンテンツマーケティングに専門家の知見を生かしたサービスを提供
エスタイルは4月9日、キャリアコーディネーターや不動産投資アドバイザリーなど専門家の顧問派遣を行っている企業と提携し、専門家の知見を生かしたコンテンツマーケティングを支援する「コンテンツマーケティングPRO」の提供を開始した。(2015/4/9)

山市良のうぃんどうず日記(27):
システム監査対決! Windowsコマンドライン監査 vs. Sysmon
2015年2月の定例のWindows Updateと同時に公開された二つのマイクロソフトセキュリティアドバイザリに関して、筆者からもアドバイスを。(2015/2/20)

IE 6〜11に未解決のゼロデイ脆弱性、Microsoftがアドバイザリ公開
MicrosoftのInternet Explorer 6〜11に未解決の脆弱性が見つかった。FireEyeはゼロデイ攻撃を確認しており、注意を呼び掛けている。MicrosoftはWindows XPのサポートを終了しているため、アドバイザリはWindows Vista以降が対象だ。(2014/4/28)

CIO人材モデルの標準化に取り組む小尾氏に総務大臣賞
国際CIO学会の学会長としてCIO人材モデルの標準化に取り組んでいる小尾敏夫教授に総務大臣賞が贈られることになった。小尾教授は、ITmediaエグゼクティブのアドバイザリーを務めている。(2013/10/1)

ホワイトペーパー:
三木式 企業ITの傾向と対策 2013年版 前編
企業ITを取り巻く環境はどう変化してきたか。企業のIT担当者はどう行動すべきなのか。「自ら考え、行動する企業IT担当者のためのアドバイザリ情報」提供を目的にスタートしたIT INSIDERシリーズの第1弾として、独自の視点から2013年の企業ITを展望した記事の前篇をお届けする。(2013/6/13)

自ら考え、行動する企業IT担当者のためのアドバイザリ情報『IT INSIDER』
(2013/3/23)

Shockwave Playerに脆弱性、米機関が3件のアドバイザリー公開
脆弱性はいずれも、細工を施したShockwaveコンテンツを閲覧させるなどの方法で、任意のコード実行に利用される恐れがある。Adobeのパッチは現時点で公開されていない。(2012/12/20)

Microsoft、IEの脆弱性に関するアドバイザリ公開 回避策の適用を
脆弱性はIE 7/8/9に存在し、標的型攻撃も発生。Microsoftは回避策として「Enhanced Mitigation Experience Toolkit」(EMET)というツールを紹介している。(2012/9/19)

認証プロトコルに脆弱性、MSがアドバイザリを公開
リモートアクセスでの認証プロトコル「MS-CHAP v2」をカプセル化しないで使用している場合に、情報が漏えいする恐れがある。(2012/8/21)

Exchange ServerなどにOracleライブラリ起因の脆弱性、Microsoftがアドバイザリ公開
MicrosoftのExchange Serverなどに同梱されているOracleの「Outside In」に脆弱性があり、リモートで任意のコードを実行される恐れがある。(2012/7/26)

買収によるアドバイザリー業務の拡充も
E&Yアドバイザリー、連結処理を請け負う「連結BPO」開始へ
同社は「連結決算ができる優秀な社員を新規で雇うよりもコストを抑えることができる」と訴えている。(2012/1/18)

Microsoft、「Duqu」に悪用された未解決の脆弱性を確認
Microsoftは、WindowsのTrueTypeフォントに存在する未解決の脆弱性について解説したアドバイザリーを公開。「Duqu」に関連してこの脆弱性の悪用を試みる攻撃が起きていることも確認した。(2011/11/7)

SSL/TLSの脆弱性突く攻撃方法が発覚、MSやMozillaが対応表明
米Microsoftはセキュリティアドバイザリーを公開、MozillaはFirefoxブラウザの対応についてブログで説明した。(2011/9/28)

Googleユーザー狙う攻撃発生、Windowsの未解決の脆弱性を悪用
Microsoftは1月に出したアドバイザリーを改訂し、「限定的な標的型攻撃」が発生していると伝えた。(2011/3/15)

IEに未修正の脆弱性、Microsoftがアドバイザリー公開
悪質なコードを仕込んだWebサイトを閲覧すると、リモートでコードを実行される恐れがある。Microsoftのパッチは準備中だ。(2010/12/24)

Microsoftの「ASP.NET」に情報流出の脆弱性
Webサービスの開発や運用に使われる「ASP.NET」に未解決の脆弱性が見つかったとして、Microsoftがアドバイザリーを公表した。(2010/9/20)

WindowsのDLL読み込みの脆弱性発覚、Microsoftがアドバイザリー公開
相当数のアプリケーションに影響が及ぶとされる問題で、Microsoftは攻撃を防ぐためのツールや開発者向けの技術文書を公開した。(2010/8/25)

Ciscoのファイアウォールモジュールに複数の脆弱性、アドバイザリーを公開
「Catalyst 6500」シリーズスイッチや「Cisco 7600」シリーズに搭載されるFWSMにDoS状態を誘発される脆弱性が見つかった。(2010/8/6)

AppleのQuickTimeに未解決の脆弱性、Secuniaがアドバイザリー公開
Secuniaによると、Windows向けQuickTimeの最新版であるバージョン7.6.6で脆弱性が確認された。(2010/7/27)

Ciscoのコンテンツ配信システムに脆弱性、アドバイザリーが公開
「Content Delivery System」の脆弱性を突かれると、パスワードやシステムのログ記録といった情報を取得される恐れがある。(2010/7/23)

Windowsに新たな脆弱性、Microsoftがアドバイザリーを公開
Windows 7 x64、Windows Server 2008 R2 x64、Windows Server 2008 R2 for Itaniumが影響を受ける。(2010/5/19)

MS、SharePointの脆弱性問題でアドバイザリー公開
この脆弱性を突かれた場合、SharePointサイト内部で権限を昇格されてしまう恐れがある。(2010/4/30)

Cisco、「Unified Communications Manager」などの脆弱性に対処
Ciscoは「Unified Communications Manager」「Digital Media Manager」「Digital Media Manager」の脆弱性についてアドバイザリーを公開した。(2010/3/8)

MicrosoftのVBScriptに未修正の脆弱性、アドバイザリーが公開
IEにおけるVBScriptとWindows Helpファイルの相互利用に関して脆弱性が存在するという。(2010/3/2)

Ciscoが3件のアドバイザリー公開、セキュリティ製品の脆弱性に対処
脆弱性が存在するのは、Catalyst 6500 Seriesスイッチ/7600 Seriesルータ向けFirewall Services Module、ASA 5500 Series Adaptive Security Appliance、Cisco Security Agentの各製品となる。(2010/2/18)

IEに情報流出の脆弱性、Microsoftがアドバイザリー公開
ユーザーがWindows XPを使っているか、IEの保護モードを無効にしている場合、ファイルにアクセスされてしまう恐れがある。(2010/2/4)

Windowsの脆弱性は32ビット版のみに影響、MSがアドバイザリー公開
マイクロソフトはWindowsに存在する未修正の脆弱性に対するアドバイザリーを公開。回避策などを紹介している。(2010/1/21)

MS月例パッチ1件を公開、Flash Playerの更新情報も
MicrosoftはWindows 2000に深刻な影響を与える脆弱性1件を修正した。併せてFlash Playerに関するアドバイザリーを公開している。(2010/1/13)

MSがIndeoコーデックの攻撃防止策、脆弱性は修正せず
月例パッチと同時公開したIndeoのアドバイザリーで、「脆弱性を修正する代わりに多層防御の機能を追加した」とMicrosoftは説明している。(2009/12/14)

MSがアドバイザリー公開、IE 6と7の脆弱性で回避策
IE 6と7に未修正の脆弱性があることをMicrosoftが確認し、アドバイザリーで回避策などを紹介している。(2009/11/25)

Microsoft、SMBの脆弱性でアドバイザリーを公開
当初はWindows 7全般に影響するとの情報もあったが、Microsoftの調べによると、正式版のWindows 7は影響を受けないことが分かったという。(2009/9/10)

IIS狙いのゼロデイ攻撃発生、MSがアドバイザリー更新
IISの未解決の脆弱性を突く「限定的な攻撃」が発生した。(2009/9/7)

Microsoft、IISの脆弱性に対するアドバイザリーを公開
MicrosoftはIISの未解決の脆弱性に関するアドバイザリーを公開して、回避策の実施を呼び掛けている。(2009/9/2)

iPhoneに過熱の問題 Appleも認める
ユーザーからの過熱の報告に応え、Appleは、iPhoneを暑い場所に置かないよう注意するアドバイザリーを公開した。(2009/7/6)

アドバイザリーが複数公開:
QuickTimeに未パッチの脆弱性が存在か
SecuniaとVUPENは、QuickTimeの脆弱性情報に関するアドバイザリーを公開した。(2009/5/26)

WebDAVに存在:
MicrosoftがIISの脆弱性を確認、権限昇格の恐れ
MicrosoftがIISの脆弱性についてアドバイザリーを出した。影響を受けるのはバージョン5.0、5.1、6.0。(2009/5/20)

ホスト上でコード実行の恐れ:
VMware製品に新たな脆弱性
VMwareは3日にもアドバイザリーを公開したが、これとは別の脆弱性に対処するパッチを10日付けでリリースした。(2009/4/13)

未パッチの脆弱性を報告:
PowerPointの脆弱性情報でMicrosoftがアドバイザリー公開
Microsoft Office PowerPointに、リモートでコードが実行される恐れのある脆弱性が報告された。パッチはまだリリースされていない。(2009/4/3)

DoSや権限昇格の脆弱性:
Cisco、IOSのセキュリティアップデートを公開
IOSの脆弱性に関するアドバイザリー8件がまとめて公開された。(2009/3/26)

本社破産を受けて分離独立:
ベリングポイント日本法人がPwCアドバイザリーと統合へ
(2009/3/24)

不正アクセスやDoS攻撃などの恐れ:
Cisco、ACE製品の深刻な脆弱性に対処
アドバイザリーに記載された6件の脆弱性のうち2件が、CVSSの深刻度評価で最大値の10となっている。(2009/3/2)

SQLインジェクション攻撃も発生:
MSがIE 7の脆弱性を確認、アドバイザリーを公開
IE 7の脆弱性問題でMicrosoftがアドバイザリーを公開した。SANSによれば、サイトに不正コードを仕掛けるSQLインジェクション攻撃も発生している。(2008/12/12)

極めて限定的な攻撃:
WordPadコンバーターに未解決の脆弱性、MSがアドバイザリー公開
脆弱性の悪用を狙った「極めて限定的なターゲット型攻撃」も報告されているという。(2008/12/10)

Mac OS Xにも影響か:
DNS脆弱性の悪用コードでMSが注意喚起
悪用コードの出現を受けMSが新たなアドバイザリーを公開した。セキュリティ研究者らはAppleにも対処を求めている。(2008/7/28)

アップデートされない事象:
MSの月例パッチ適用で一部に問題、アドバイザリーが公開
影響を受けるのは「System Center Configuration Manager(ConfigMgr) 2007」を使っている場合のみ。(2008/6/16)

IOS SSHなどの脆弱性を修正:
Ciscoが3件のアドバイザリーを公開
CiscoはIOS Secure Shell(SSH)、Service Control Engine(SCE)、Cisco Voice Portal(CVP)の脆弱性に対処した。(2008/5/22)

Cisco、IOSの定例セキュリティ情報公開
Ciscoは毎年3月と9月にIOSのアドバイザリーを公開するというスケジュールに従って、脆弱性に対処した。(2008/3/27)

Cisco、IOSの脆弱性情報公開スケジュールを変更
今後、IOSのセキュリティアドバイザリーは毎年3月と9月の第4水曜日に公開する。(2008/3/7)

キヤノンの複合機に脆弱性、米研究者がアドバイザリー公開
キヤノンの「imageRUNNER」などにFTPバウンス攻撃の脆弱性が報告された。ただし、リスクが高い脆弱性ではないという。(2008/3/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。