ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Amazon S3」最新記事一覧

Amazon Simple Storage Service

レノボのサービス「Lenovo StorSelect」の一環として実施:
クラウディアンの「CLOUDIAN HyperStore」、レノボのSDSソリューションプログラムで選択可能に
クラウディアンは、レノボ製のサーバに同社のSDSである「CLOUDIAN HyperStore」を搭載して提供すると発表した。(2016/7/1)

川田大輔のクラウド解体新書【第1回:サマリー版】
AWS圧勝とは限らない、クラウドシェア争いの現場で起きている“異次元成長”
「クラウドといえばAWS」と言う人がいるほど、AWSは実績・知名度ともに現在トップのクラウドプレイヤーだ。しかし、AWSよりも高い成長速度を見せるクラウドがある。それは――。(2016/6/28)

登場し出したユースケース
誰でも使える「機械学習」をAWSが実現? 有望市場への取り組みを見る
機械学習モデルを構築するのは複雑で、数学者に委ねるのがベストだった時代もある。だが、Amazon Web Serviceなどの数社が、企業が機械学習を利用しやすくなるよう取り組んでいる。(2016/6/6)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

Google Cloud Platform事例
音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎
約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?(2016/4/29)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【後編】
オンプレミスとの比較も忘れずに、クラウドアーカイブの4大“懸念事項”
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドアーカイブのデメリットや懸念事項はないだろうか。(2016/4/19)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【前編】
IT部門の救世主――データ移行先にクラウドアーカイブを検討すべき4つの理由
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドでアーカイブすべき理由とは何だろうか。(2016/4/18)

Microsoft、Googleが挑みかかる
10周年を迎えた「AWS」、ライバル急伸で本当の勝負が始まる
2016年3月で10周年を迎えた「Amazon Web Services」(AWS)は、市場で本当の競争が生じる可能性に初めて直面する。これからの10年間はこれまでと違うものになることが予想される。(2016/4/11)

SOHO/中小企業に効く「NASキット」の選び方(第2回):
担当者必見! 法人向けNAS製品で今抑えておくべきトレンド機能はこれだ
法人はもちろん、家庭でもネットワークストレージの「NAS」が普及する中で、近頃存在感を増しつつあるのがQNAPやSynology、ASUSTORなどの台湾メーカーが手掛ける「NASキット」だ。そんなNASキットの選び方を紹介する本連載の第2回目は、SOHOや中小企業に向くNAS製品において、今トレンドになっている機能を解説しよう。(2016/4/7)

ゲーム開発が変わる! Google Cloud Platform実践インフラ構築 第1章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの全体的な紹介部分を転載する。(2016/4/7)

S3 APIを使ったストレージのハイブリッド運用を後押し:
S3互換APIの接続検証環境を30日間無償提供、クラウディアン
クラウディアンは、同社のオブジェクトストレージ製品とAmazon S3 APIに対応するアプリケーションとの接続検証プログラムを開始する。(2016/3/29)

クラウドベンダーは監視してくれない
DropboxやGoogle、AWSを悪用する“クラウドマルウェア”、いつの間にか加害者に?
クラウドマルウェア攻撃が脚光を浴びる事例が増えてきた。企業は、その脅威について理解し、対策をする必要がある。(2016/3/24)

Synologyで始めるNAS生活:
NASを使ったほうがいい人、使わないほうがいい人
「最近NAS(ナス)ってよく聞くけど、そんなにイイモノなの?」と考えているNAS初心者に向けて、導入するメリットや、類似サービスとの比較、製品選びのポイントを紹介。(2016/3/18)

最新OS「DSM 6.0」でいち早く試す:
Synologyが放つ最新鋭NAS「DiskStation DS216+」実力診断
2015年に国内NAS市場へ本格参入して以来、着実にその存在感を増している新興メーカーのSynology。その最新モデル「DiskStation DS216+」と最新OS「DSM 6.0」をいち早くチェックした。(2016/3/16)

Dropbox、ユーザーデータの約90%をAWSから自社インフラに移行完了
500ペタバイト以上のユーザーデータを預かるクラウドサービスDropboxが、データの9割以上をAmazon S3から自社製インフラに、約2年かけて移行したと発表した。(2016/3/15)

PR:本格化する企業のデータ活用 AI時代のデータ分析に必要な武器とは?
データ活用を経営の武器として実業務に取り込む機運が本格的に盛り上がりはじめた。ただし、その具体的な道筋はいまだ明確にはなっていない。いま、どのような仕組みの整備が求められているのだろうか。IDC Japanが2016年2月10日に開催した「Japan Storage Vision 2016」では、その問いかけへの“解”ともいえる講演が行われた。(2016/2/29)

用途に合わせた選択のススメ
NAS vs. オブジェクトストレージ:大容量ストレージ選びのポイント
注目度上昇中のオブジェクトストレージと従来型のNAS、どちらを選ぶべきなのか。両者の特長から、NASを使うべき用途、オブジェクトストレージに向いている用途を紹介する。(2016/2/26)

Hitachi Data Systemsの著名CTOが解説
「管理者はすぐにいなくなる」、著名CTOが語るストレージの未来
技術の役割が変わりつつある中、ストレージ分野で競争していくにはどのようにビジネスを変革しなければならないか。業界大手ベンダーの最高技術責任者(CTO)が、業界およびユーザー動向を押さえながら展望を語る。(2016/2/5)

業界団体SNIA-Jの会長が詳細解説
よく分かる「コールドストレージ」入門
アクセス頻度の低い大量のデータを取り扱う「コールドストレージ」の市場が立ち上がり始めた。コールドストレージの種類や市場動向、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2016/1/29)

さくらインターネットも採用:
IoT通信のソラコムが新サービスを発表、「A」「B」に続く「C」「D」「E」「F」とは
IoT通信プラットフォームのスタートアップであるソラコムは2016年1月27日、同社初のプライベートカンファレンスを開催、同社サービスの用途をさらに広げる4つの新サービスと2つの新機能を発表した。さくらインターネットのIoTサービスにも採用されている。(2016/1/27)

コンテナー環境もサポート:
米アマゾン傘下のAnnapurna Labs、IoT/コネクテッドホーム用のチップを発売
米アマゾン傘下のAnnapurna Labsは2016年1月6日(米国時間)、ARMベースの統合チップ(SoC)にサブシステムを組み合わせた「Alpine」シリーズを、OEM/ODM、サービス事業者向けに販売開始したと発表した。すでに一部の製品は、限定的に提供を開始しているという。(2016/1/7)

Synologyで始めるNAS入門 第4回:
自宅のNASをDropboxやOneDriveと連携させる
データのバックアップは常日頃からおろそかになりがち。大容量のNASを入手したら、柔軟なスケジュール設定を生かして、バックアップ先および同期先としても活用したい。SynologyのNASなら、PCやスマホのデータ同期はもちろん、DropboxやOneDrive上のデータをPCなしでバックアップすることも可能だ。(2015/12/29)

Docker運用管理製品/サービス大全(6):
開発者も知っておきたいDocker管理ツールとしてのAWS Elastic Beanstalkの使い方
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、いまさら聞けないDockerとPaaSの関係、BeanstalkでDocker環境を作成した場合の構成や構築手順、運用テクニック、Amazon EC2 Container Serviceとの比較などについて。(2015/12/18)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(3):
知らないと大損する、Apache Sparkの基礎知識と3つのメリット
社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。今回は、IoTやビッグデータのキーテクノロジとして注目されている「Apache Spark」について、Sparkを製品に取り込んでいる日本IBMの土屋敦氏と、数多くの企業のデータ分析を担うブレインパッドの下田倫大氏に話をうかがった。(2015/11/30)

NEC、「NEC Cloud IaaS」を機能強化 データの秘密分散格納や他社クラウドへの接続に対応
NECがクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の機能を強化ハイブリッドクラウド/マルチクラウド運用性の向上、セキュリティ対策強化を実現する機能などを拡充する。(2015/11/10)

ニッチな技術とはもういわせない
AWSが本気を出した「AWS IoT」の実力とは
企業は「モノのインターネット(IoT)」の氷山の一角を見ているにすぎない。米Amazon Web Services(Amazon)は、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」という新しいクラウドサービスでIoTの潜在能力を引き出すことを計画している。(2015/11/4)

作業は簡単だけど……
AWSのサービスは本当に「シンプル」なのだろうか
米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」には「使い勝手のよさ」と「スピード」という2つのメリットがある。この2つの要素はクラウドの開発と管理を容易にするポイントだ。(2015/11/2)

いまさら聞けないDeep Learning超入門(1):
ニューラルネットワーク、Deep Learning、Convolutional Neural Netの基礎知識と活用例、主なDeep Learningフレームワーク6選
最近注目を浴びることが多くなった「Deep Learning」と、それを用いた画像に関する施策周りの実装・事例について、リクルートグループにおける実際の開発経験を基に解説していく連載。初回は、ニューラルネットワーク、Deep Learning、Convolutional Neural Netの基礎知識と活用例、主なDeep Learningフレームワーク6選を紹介する。(2015/10/27)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第4回 デジタルデータのコピーは「何個」必要か
デジタルデータは、コピーが簡単で、送受信も簡単、その場で加工もできます。しかし、便利な半面、消失してしまいやすいリスクもあります。今回は「では、何個コピーを残せばよいか」について改めて考えましょう。(2015/10/21)

データ管理の本質に迫る:
PR:「ビッグデータの正解」、日本発のストレージ製品が欧米で急速に普及し始めている理由
これまでのファイルサーバーではもう限界、増え続けるデータを何とかしたい――。そんな切実な悩みに応える、「目からうろこ」のストレージソフトウエアが、いま欧米で急速に普及しつつある。ハイブリッドクラウドを考える人々にもぴったりな、この製品の実力を探る。(2015/10/21)

クラウドとオンプレミスとの融合策とは?
大切なデータを失わない、AWSへのバックアップ/リカバリ必勝法
普及期に差し掛かっているクラウド。中でもデータの爆発的な増加を背景に利用が急増大しているのがクラウド型ストレージである。果たして、その賢い活用法とは。(2015/10/20)

クラウディアンの広域分散ストレージ、DESTCloudプロジェクトの評価検証製品に選定
広域分散ストレージ「CLOUDIAN HyperStore」が、DESTCloudプロジェクトの評価検証製品に選定された。(2015/10/9)

AWS re:Invent 2015:
[速報]AWSがBI、データベース、セキュリティなどの新サービスを一挙に発表
米Amazon Web Services(AWS)は2015年10月7日、同社の年次イベント「AWS re:Invent 2015」を開幕した。AWSシニアバイスプレジデントのアンディ・ジャシー(Andy Jassy)氏は同氏の基調講演で、セルフサービスBIツール、データベース移行を促進する各種サービス、セキュリティ強化のための「応用編」的サービスなどを一挙に発表した。(2015/10/8)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(終):
Zabbix+Pacemaker+Fluentd+Norikra+Jenkinsで監視、クラスタリング、ログ収集/解析、バックアップ
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。最終回は、監視、クラスタリング、ログ収集/解析、バックアップに使っているOSS技術と、その使いどころを紹介する。(2015/10/7)

AWSのIoT責任者に聞く(後編):
モバイルとセンサーの間に無限の可能性がある、AWSの語るIoT
Amazon Web Servicesでモバイル/IoTを担当するバイスプレジデントのマルコ・アルジェンティ氏に聞くIoT戦略。2回シリーズの後編として、機械学習とデバイスへのフィードバックの自動化について同氏が語った部分をお届けする。(2015/9/25)

マルチクラウドを検討するユーザーは必見
AWSとAzureの「クラウドデータベース」6種を比較、見えてきた最善の選択肢は?
AWSでは多様なデータベースサービスが提供されるが、Microsoft Azureには知識の豊富なマルチクラウドユーザーにとって検討に値する選択肢が幾つかある。(2015/9/9)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(3):
Hadoop+Embulk+Kibanaのデータ集計基盤によるデータ可視化と集計データを活用したキーワードサジェストの仕組み
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。今回は、ログデータの分析および可視化の基盤を構成する5つの主なOSSや集計データを活用したキーワードサジェストの事例を紹介します。(2015/8/21)

データセンター管理者が取り組むべき
もはや当然 ITコストを下げる“6つの新常識”
今はITコストの削減に再度取り組むのにうってつけの時期だろう。本稿では、データセンターの管理者がITコストを削減できる6つの分野を紹介する。(2015/7/15)

Amazon、Microsoft、Googleを検証
3大クラウドストレージ性能比較、“キングAWS”を突き放したのは?
Amazon、Microsoft、Googleでクラウドストレージのパフォーマンステストを実施したところ、「Microsoft Azure BLOB」が最も高い結果を示した。(2015/7/10)

スタバファンを支える、コーヒー業界“もう1つ”の第3の波
スターバックス コーヒーが、会員サービス「My StarBucks」のために構築したオンプレシステムのAWS移行を進めている。その背景と狙いとは。(2015/6/23)

どのようにして不安を解消していったのか
“LINE砲”を受けても落ちないWebサイトを構築 スタバが克服したAWS移行の8つの不安
スターバックスでは、オンラインサービスのシステム基盤をオンプレミスからAWSへ移行することで、急激なアクセス増にも耐え得る仕組みを構築した。しかし、AWSの導入に際しては、大きな不安があったという。(2015/6/19)

職場で役立つデジタル化レシピ:
不慮の事故でも安心 NASのデータを守る外部バックアップの種類と特徴
電源部などの故障で複数ドライブがまとめて損傷を受けた場合、災害で本体ごと破損・喪失してしまった場合などは、RAIDでデータを復旧させることはできない。こうした場合に有効な、外部ドライブへのバックアップ方法をまとめた。(2015/5/20)

無防備「内部犯行」:
マイナンバー対応ふまえた、日本企業「データ保護」の課題
Vometricが公開した内部犯行に関する調査リポートにより、改めて日本独特の課題が浮かび上がった。日本企業は、マイナンバー対応をふまえた「データ保護」のセキュリティをどんな観点で考えるべきか(2015/5/13)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第4回】
クラウドストレージを賢く選ぶための、ハイブリッドクラウド利用ガイド
Amazon S3に代表されるクラウドストレージの特性とハイブリッド利用について解説する。オンプレミスやプライベートとうまく連係することで、データの保管や利用コストを最適化できる。(2015/4/23)

アナリティクス トレンド ピックアップ:
機械学習技術を容易に活用できる、「Amazon Machine Learning」ってどんなもの?
Amazon Web Services(AWS)は2015年4月10日(日本時間)、機械学習技術を容易に使えるようにするサービス「Amazon Machine Learning」を発表した。これがどんなサービスなのかを簡潔に紹介する。(2015/4/13)

二者択一で悩む必要はない:
PR:クラウドを最大限に活用するためのデータ管理とは
クラウド的なデータ管理がしたいが、クラウドサービス事業者に、自社のデータのコントロールを奪われたくない。そう考えるIT担当者は、従来型のストレージ製品と、クラウドサービスの二者択一となっている現状に悩んでいる。だが、実はよく見ると、それ以外の選択肢はたくさん出てきている。(2015/4/13)

vCloud Air入門(3):
vCloud Air上の仮想マシン環境構築の手順――「vCloud Airカタログ」による新規調達
ヴイエムウェアが提供するパブリッククラウドサービスである「VMware vCloud Air」では、仮想マシンイメージのテンプレート集「vCloud Airカタログ」を使うことで簡単に新しい仮想マシンが作れます。今回は仮想マシンの作成やネットワーク設定が、vCloud Airでは簡単にできることを見てみましょう。(2015/4/6)

Q社と比較して……:
「ASUSTORなら、同じ性能・機能でもコスパは上」――ASUSTORビジネス活用セミナー
ASUSTOR製NASキットをビジネスで活用するための法人向けセミナーが行われ、その特徴やモデル選びのポイントが語られた。(2015/3/30)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(終):
24時間途切れないサービスで有効なImmutable Infrastructureの運用方法
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。今回は、Pusna-RSの運用面や発生した課題について、使用している技術やツール「AWS Elastic Beanstalk」「Jenkins」「Amazon CloudWatch」「GrowthForecast」「fluentd」「Elasticsearch」「Kibana」などの説明を交えながら紹介します。(2015/3/19)

仕事で使うNAS 第1回:
ビジネス向けNAS選びで注目したい8つのポイント
家庭やSOHOで使っても便利なNAS。数十人規模以上の中小企業で使えばより活用の場も広がる。しかし、規模が大きくなればその分、意識しなければならないことも多くなる。今回はビジネス向けNASを選ぶうえで注目すべきポイントを紹介していこう。(2015/2/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。