ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アサヒビール」最新記事一覧

アサヒ「もぎたて」新フレーバー発売 販売目標も再び上方修正
アサヒビールは新ブランド「もぎたて」の新フレーバーを8月30日から販売する。同ブランドは販売好調で、年間販売目標も再び上方修正する。(2016/7/20)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第3回:
アサヒビールの事例に学ぶ――社内を巻き込むオウンドメディアが引き出す想定以上のメリットとは?
社員が人ごとだと思っているコンテンツを、ユーザーが読んでくれるはずがありません。まず作り手自身がコンテンツを楽しみたいもの。そのためには社員の協力が欠かせません。(2016/7/19)

「クリアアサヒ」に関西限定バージョン 「お好み焼き」「たこ焼き」との相性を追求
缶のデザインにも「お好み焼き」「たこ焼き」の写真が。(2016/6/6)

なぜ飲酒後すぐの入浴はいけないのか? ヒントは“血行”
飲んで帰ってきた後、お風呂に入ってゆっくりしたい……。実はこれ、大きな危険があります。(2016/5/24)

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):
重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー
野球場などでキャストと呼ばれている“売り子”が生ビールを販売している。彼女たちが背負っているサーバーは重いので、アサヒビールとデサントは共同で新しいモノを開発。さざかし「軽く」なったんだろうと思っていたら、実は「重く」なっていた。えっ、どうして……?(2016/4/20)

星7つ! アサヒビール「ザ・ドリーム」をレビュー!
今回選んだのはアサヒビールの「ザ・ドリーム」(203円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/19)

「アサヒもぎたて」好調、1週間で70万ケースを突破
アサヒビールが4月5日に発売した缶酎ハイ「アサヒもぎたて」が好調な滑り出しを見せている。(2016/4/11)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

クリアアサヒが家で冷えてなかったらどうする? 常温のクリアアサヒをすぐにキンキンにする最適な冷やし方を検証してみた【PR】
冷蔵庫の位置? 氷につける? それとも回転させる? 最適な冷やし方はどれなのか実際にやって調べてみました。(2016/3/23)

食品各社、イースターに熱視線 バレンタインやハロウィーンに続け
27日の「イースター(復活祭)」に向けて、食品・小売り各社が店頭に広告などを飾り付けたり、期間限定商品を投入するなど販促活動を強化している。バレンタインやハロウィーンに続くイベントとして期待している。(2016/3/8)

約3300億円で買収:
アサヒHDによる欧州ビール4社買収は高値づかみなのか?
アサヒグループホールディングスが2月10日、イタリア「ペローニ」、オランダ「グロールシュ」など欧州のビール4社を25億5000万ユーロ(約3300億円)で買収すると発表した。(2016/3/3)

エネルギー管理:
節約を意識する人は「節電」を最重視、75%が対策を実施
アサヒビールの持株会社が全国の約1000人を対象に節約に関する意識調査を実施した。回答者の9割以上が節約を意識した生活を続け、中でも「節電」を最も重視している。節電対策を実行している割合は75%にのぼり、東日本大震災から5年近くが経過しても節電の重要度は低下していない。(2016/2/18)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

えっ節分には大豆じゃないの?地方によって差がある理由
節分といえば「豆まき」ですが、地方によって種類が異なります。(2016/2/3)

自然エネルギー:
洋上風力発電の実用化を着床式で加速、国の助成先が4地域の港に
未来に向けて期待がかかる洋上風力発電のうち、実用化が早い着床式の開発プロジェクトを国が支援する。新たに北海道と秋田県の港で進行中のプロジェクトに助成金を交付することが決まった。すでに確定している青森県と茨城県の案件に加えて4地域で開発を促進していく。(2016/1/22)

「金のオブジェビル」がなくなる? アサヒ・アートスクエア閉館でビル取り壊しの噂が流れるも公式が否定
大丈夫、水洗されませんよ。(2015/11/6)

アサヒビール、巨大な金色オブジェで東京五輪のカウントダウン開始 あの形は五輪と深い関わりが
いろんな形を想像させる金色オブジェですが……。(2015/11/4)

星7つ! アサヒ「スタイルバランス レモンサワーテイスト」をレビュー!
今回選んだのはアサヒビールの「スタイルバランス レモンサワーテイスト」(113円/税込み、店頭価格)だ。(2015/7/8)

アサヒビールからのお中元にTwitter企業アカがノリノリで受け取り
違うものがいいと言う企業も。(2015/7/3)

自然エネルギー:
自然エネルギーで作ったビールの製造数が80億本を突破
アサヒビールは2015年6月4日、自然エネルギーによる電力で製造した「アサヒスーパードライ」の製造本数が80億本を突破したと発表した。(2015/6/5)

4月も好調:
『マッサン』終了後、ウイスキーは売れている?
2014年9月から2015年3月まで放送された、NHK連続テレビ小説『マッサン』。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝をモデルにしたこともあって、ウイスキーの販売数は大幅に伸びていた。しかし、ドラマは3月末に終了。その後はどうなった……?(2015/5/26)

リアルとネットを組み合わせたデジタルマーケティング:
ソフトバンク、アサヒビールのO2O施策を支援
ソフトバンクモバイルは2015年4月16日、アサヒビールと同社のO2O分野の強化において、ディー・フォー・ディー・アールとジェネレイトと共同で支援することについて合意した。(2015/4/17)

拡大戦略:
『マッサン』ブームに終わらせない! ニッカウヰスキー、“強気”の背景
アサヒビールは4月7日に、ニッカウヰスキーブランドから缶ハイボール3製品を発売する。また、飲食店向けのサーバの目標設置店数を上方修正、数量限定の復刻版の発売も合わせて、ブランドイメージをさらに強化したい考えだ。(2015/3/13)

NECと富士通、五輪組織委員会と「ゴールドパートナー」を締結
2020年の東京五輪に向けて2社が組織委員会と「ゴールドパートナー」契約を締結し、ネットワークやデータセンターなどの支援を行う。(2015/2/19)

ワイン事業拡大に弾み:
アサヒビール、ワイン販売のエノテカを買収
ワイン販売大手のエノテカをアサヒビールが買収すると発表。好調なワイン事業をさらに成長させたい考えだ。(2015/2/13)

3分で分かるビジネス戦略:
最大の強みはビール。「スーパードライ」をさらに進化させる、アサヒビール
経済成長や値上げ予測などを背景に、お客さんの“商品選択眼”がより厳しくなっています。そうした環境の中で、アサヒビールはどのような戦略で挑むのでしょうか。(2015/2/13)

元アメフトプレイヤー・有馬隼人さんに聞く:
NFLから学ぶ人材スカウト術
なぜ米国でアメフトは人気が高いのか。その大きな理由の1つに「ドラフト会議」の面白さがあるのだという。元アメフトプレイヤーの有馬隼人さんに詳しく聞いた。(2015/2/5)

マッサンの遺言:
「ワシは自分の顔をラベルに使うほど厚かましくないぞ」
ニッカウヰスキーが独自のブレンデッドウイスキーをつくりはじめた「原点」ともいえる『ブラックニッカ』。現在も黒い瓶だが、バーなどのボトル棚でも目立つ存在であることに変わりはない。(2014/12/31)

爆速導入の“裏ワザ”を情シスが解説:
ニッカのアサヒ、年間5億円のコスト削減――トップダウンで在庫最適化に挑んだ理由とは?
メーカーのコストカットというと、原材料費などが浮かぶかもしれないが、ITコストの削減も大きな効果を生む。飲料、食品メーカー大手のアサヒグループも基幹システムの統一で大幅なコスト削減を目指している。厳しい時間制約のなか、導入を成功させた裏側に迫る。(2014/12/2)

仕事をしたら“ウイスキー”が売れた:
輸出量7年で42倍! ニッカウヰスキーが海外で売れている&売ることができるワケ
ニッカウヰスキーの商品が売れている。「NHKのドラマ『マッサン』効果があって売れているんでしょう?」と思われるかもしれないが、日本だけでなく、海外でも売れているのだ。その理由は……。(2014/11/26)

フランスからやってきたデザイナーズBluetoothヘッドフォン「Zik2.0」の多機能っぷり
Blueotoothヘッドフォン(ヘッドセット)は数あれど、クールな外観と多機能を両立させたものは少ない。仏Parrotの「Zik2.0」は、そうした珍しい製品の1つ。著名デザイナーによるクールな外観に多くの機能を詰め込んだ。(2014/11/17)

なぜサイボウズは赤字になっても「kintone」に投資するのか?
簡単に業務アプリが作れるプラットフォーム「kintone」は約1700社が利用している。9月のアップデートでは、案件管理機能とグループウエアのスケジュール機能の連携が可能になる。(2014/9/10)

1年間スーパードライが飲み放題!「スーパードライ年間パスポート」登場
東京・新橋のビール専門店が「スーパードライ年間パスポート」を発売した。1年間2万9800円で、つぎたてのスーパードライ3種を好きなだけ楽しめるという、ビール好きには夢のようなチケットだ。(2014/9/9)

“ゼロ発泡酒”が続々登場:
プリン体0.00×糖質0、キリン「淡麗プラチナダブル」注目の理由
9月2日、ビール大手4社から「プリン体ゼロ&糖質ゼロ」な発泡酒が出そろう。プリン体や糖質を減らした商品はこれまでもあったが、なぜ今「ゼロ」な発泡酒なのか? キリンビールに取材した。(2014/9/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功者になれる人にしか理解できない!? プラスの現実逃避
現実逃避とは「やけ酒」や「ギャンブル」のようにマイナスのものではない。あらゆるストレスや苦悩を吹き飛ばす強力なパワーをもつ、常識を超えたプラスの現実逃避術とは。(2014/7/31)

ビッグデータを利活用し、経営のスピードを上げる:
PR:アサヒグループにおけるビッグデータへの取り組み――アサヒグループホールディングス株式会社
アサヒグループでは、「Oracle Endeca Information Discovery」を活用したビッグデータの取り組みを開始。従来のSNSの情報量の増大やスマートフォンの急速な普及に伴うデータ種別の多様化、急増に対しても対応可能な情報分析基盤を迅速に構築。[ビッグデータ][Oracle Endeca Information Discovery](2014/6/16)

アサヒグループHDが役員会議システム導入、年4万枚の紙削減など見込む
タブレット端末からも利用できるペーパーレス会議システムをグローバルで利用する。(2014/6/10)

導入事例:
「一斉配布しなかったからうまくいった」 iPadを武器にしたアサヒビール
営業担当者の生産性向上を図るべく、アサヒビールが選んだツールがiPadだった。単に社員に配布するだけで終わってしまう企業が少なくない中、アサヒビールでは現場での活用をいかに進めていったのか。(2014/5/30)

伝説のクリエイターが語る“理想的な部下”とは?
博報堂にその名を知らない社員はいないという、「生きる伝説」小沢正光氏。彼の至言・名言・暴言を集めた書籍『おざわせんせい』から、理想的な部下について語った部分を紹介します。(2014/5/13)

意思決定の迅速化へ:
アサヒグループホールディングス、オラクルのビッグデータアナリティクス製品を導入
日本オラクルは4月24日、アサヒビールを中核とするアサヒグループホールディングスに、ビッグデータアナリティクス製品「Oracle Endeca Information Discovery(オラクル・エンデカ・インフォメーション・ディスカバリー)」を導入したことを発表した。(2014/4/25)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
東急リバブルとアサヒビールの事例に学ぶ スマートデバイスで営業改革を!
このたびITmedia エンタープライズ編集部は「スマートデバイス活用セミナー」を開催。具体的な企業事例や最新ソリューションが紹介された。(2014/1/15)

100店舗以上でビール1杯無料:
「21歳」の“ビール党”を増やしたい――企画「ビアマジ!21」とは
ビール好きの若者を増やすために、アサヒビールとリクルートライフスタイルがタッグを組み、新たな試みをスタートさせる。全く違う業界の会社が一緒になって、どんなことを行うのだろうか。(2013/12/16)

2013国際ロボット展:
「かぼちゃんが24時間見守ります!」――「エレキバン」のピップが手掛けるエージェント型見守りロボット
ピップは「2013国際ロボット展」の経済産業省ブースにおいて、「2013年度 ロボット介護機器開発・導入促進事業」の採択テーマ「認知症の方の見守りエージェント型ネットワークロボット研究開発プロジェクト」に関する展示を行った。(2013/11/7)

2013国際ロボット展:
ヒトとロボットの共生のカタチ――トヨタが目指した自立生活支援ロボ「HSR」
トヨタ自動車は「2013国際ロボット展」において、生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)」の実演デモを披露。手足の不自由な人や高齢者のために開発されたロボットで、家庭内における自立生活の支援や見守り、介護支援などを実現する。(2013/11/7)

2013国際ロボット展:
チンカチンカのルービーを注いでくれる――アサヒビール、「サイバー樽生」初公開
アサヒビールは、国内外の民生用/産業用ロボットが一堂に集まる「2013国際ロボット展」において、センサー技術、ロボット制御技術を駆使した近未来型樽(たる)生ビールディスペンサーロボット「サイバー樽生」を初公開した。(2013/11/6)

週末散歩:
川越シェフが川越を盛りあげる! 川越でオクトーバーフェスト開催
10月5〜6日、蔵の街・川越で各国のビールが楽しめるビアフェスタが開催される。西武鉄道はビールが飲める臨時特急を運行し、5日は川越達也シェフが乗車。川越シェフが川越を盛りあげる週末になりそうだ。(2013/10/4)

ホワイトペーパー:
事例:アサヒビールの営業スタイル改革を支えるiPadの認証強化
スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスが、多くの企業で利用され始めている。真の業務効率を実現するには、セキュリティの強化とユーザの利便性の確保が必須。最新のスマートデバイスセキュリティについてアサヒビールの最新事例を紹介する。(2013/9/9)

“吞んべえ”ユーザーの評価は?:
ビールメーカー各社のスマホサイトを評価――最も訴求力が強いのはサントリー
ウェブレッジは、同社が運営するスマートフォンサービス評価サービス「ポストコ」にて実施した大手ビール会社のスマートフォンサイトの評価結果を発表した。(2013/8/16)

タップでプレゼントをゲット? テレビ東京が隅田川花火大会の中継でセカンドスクリーン企画
テレビ東京とテレビ東京コミュニケーションズは、「アサヒビールスペシャル 独占生中継 第36回隅田川花火大会」において、スマートフォンとデータ放送で楽しめるセカンドスクリーン企画「一尺玉さん打ち上げ祭り」を実施する。(2013/7/25)

ハイレゾ音源も:
五感に訴える空間作り、「KANSEI Projects Committee」設立
ビクターエンタテインメントなど5社が「KANSEI Projects Committee」を設立した。人間の五感に関係する事業を持つ企業がノウハウを持ち寄り、総合的に“空間の質”を上げるという。(2013/7/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。