ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アサヒビール」最新記事一覧

時間かかる?:
サントリー、“大政奉還”まだ早い? 創業家出身の51歳副社長に課されたハードルとは
サントリーのトップ人事で“大政奉還”はあるのか。(2018/2/1)

高アルコールが人気:
キリン「のどごし STRONG」 1週間で2000万本販売
キリンビールの「キリン のどごし STRONG」が発売から1週間で2000万本を販売。好調の理由は?(2018/1/30)

値上げの影響は?:
アサヒのワイン事業、18年売上高目標は424億円
アサヒビールはワイン事業の戦略説明会を開き、2018年の売り上げ目標は前年比3%増の424億円だと発表した。4月に実施するワインの値上げで、売れ筋のチリワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」の目標出荷数量は前年実績と同じに。(2018/1/24)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

肯定的だが……:
日本企業は今年の賃上げに前向きか 各社首脳に聞く
今年の賃上げに言及した各社首脳のコメントは。(2018/1/9)

2度目の「お色直し」終える:
アサヒビール“金のオブジェ”復活 鮮やかな色よみがえる
東京・浅草のシンボルとして親しまれている“金のオブジェ”の塗り替え工事がほぼ完了。鮮やかな金色に生まれ変わった姿が見られるようになった。(2017/12/13)

「アルパカ」など15ブランド:
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で(2017/12/6)

日本ワイン 140年の真価:
造り手の情熱は等しく 進化続ける日本ワインの未来
日本のワイン業界が活性化している。個人事業主など新規参入が相次ぐ一方で、大手メーカーも積極的な投資を行なっている。日本ワインの未来に向かって――。(2017/12/4)

安売り規制対応:
サッポロも4月から業務用ビール類など値上げ 大手4社がそろう
サッポロビールは、業務用を中心に販売しているビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)などについて、2018年4月1日出荷分から値上げする。(2017/11/29)

18年4月から:
サントリー、業務用ビール類を10年ぶりに値上げ
サントリーは、業務用のビール類やチューハイの一部を2018年4月1日から値上げする。(2017/11/21)

プリッツ先輩のことも忘れないで!!! 2017年「ポッキー&プリッツの日」総まとめ
シェアハピ?(2017/11/11)

スーパードライホール上の金色オブジェが無くなる? SNSで報告相次ぐ → アサヒビール「塗替え中です」
よかった、金色オブジェはなくならないんだ。(2017/11/7)

飲料・小売りで広がる共同輸送 ビール4社、北海道できょう開始
食料品・日用品メーカーや流通大手が手を組み、物流を効率化する動きが広がってきた。(2017/9/12)

スピン経済の歩き方:
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/9/5)

アサヒグループHD、AI分析を人事に活用、従業員のキャリアパスや人材育成計画を最適化
アサヒグループホールディングスが、AIを活用し、人材活用の分析と後継者育成の管理を行う「コーナーストーン・インサイト」と「コーナーストーン・サクセッション」を導入した。(2017/9/4)

12業界260の有力企業・ブランドを調査:
ANAのWebサイト価値は1000億円超――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、日本の有力企業・ブランドのWebサイトの価値を算出する「Web Equity」の2017年版の調査結果を発表した。(2017/8/28)

カクテルの新商品投入:
テキーラを気軽に飲みやすく サントリーが提案強化
サントリースピリッツは、テキーラの飲み方提案を強化。「ショットグラスで飲む」「飲みにくい」という印象から、日常的に飲みやすいイメージに転換を狙う。9月26日にテキーラベースのカクテルの新商品「サウザクーラー」を発売する。(2017/7/21)

5〜6月は前年並み:
上半期ビール類課税出荷は過去最低更新、安売り規制の影響軽微
ビール類の出荷は5〜6月はほぼ前年並み。6月1日からの安売り規制導入は大きな影響は見られなかった。(2017/7/12)

Advertising Week Asia 2007レポート:
日本における動画マーケティングのトレンドと成功法則
動画マーケティングで成功するにはどうすればいいのか。本稿ではFacebookで反響を呼んた動画広告コンテンツ上位5000件の分析結果から得られた知見を紹介する。(2017/7/5)

“フレッシュ”にこだわり:
「もぎたて」大ヒットまでの道のりとは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」。第2回目は、アサヒビールの缶酎ハイ「もぎたて」の開発プロジェクトリーダー、宮广(みやま)朋美さんが登壇。ヒット商品誕生までの取り組みを語った。(2017/6/7)

自然エネルギー:
自然エネルギーで製造したビール、累計100億本を超える
アサヒビールは、バイオマス発電や風力発電といった自然エネルギーを活用して製造した「アサヒスーパードライ」の累計製造本数が、2016年末時点で100億本を超えたと発表した。(2017/6/6)

アサヒ、クラウド型ビッグデータ分析基盤を導入 営業が購買動向を分析
アサヒグループHDがクラウドベースのビッグデータ分析基盤を導入。営業担当者自らが鮮度の高いデータ分析を行える環境を整え、営業活動の高度化を図る。(2017/6/2)

マイナビ/日本経済新聞社 就職企業人気ランキング:
理系学生の就職先1番人気はソニー、8年ぶりに首位
マイナビは、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。(2017/5/17)

キャリアニュース:
2018年卒大学生就職企業人気ランキング、理系はソニーが1位
マイナビが、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。理系総合ではソニーが8年ぶりの首位に。文系総合の1位は「全日本空輸(ANA)」だった。(2017/5/1)

プライベートクラウド基盤の「統合ストレージ」刷新
アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減
HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイを採用し消費電力を36分の1に削減し、データセンターコストも半減させたアサヒビールの事例を紹介する。(2017/4/28)

発売から1年:
「どうせ売れない」を覆した「もぎたて」大ヒットの理由
2016年に706万ケースを販売したアサヒビールの缶酎ハイ「もぎたて」。これまで、売れる酎ハイをなかなか生み出すことができなかった同社が、なぜ大ヒット商品を生み出せたのか。(2017/4/3)

4月27日開催決定:
なぜ売れた? 「もぎたて」大ヒットの舞台裏
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する次世代リーダーに向けた勉強会「アクションリーダー学」第2弾が、4月27日(木)に開催決定! 今回はアサヒビールのマーケティング本部で缶酎ハイ「もきたて」の開発プロジェクトリーダーを務めている宮广朋美さんをお招きします。(2017/3/29)

エネルギー列島2016年版(38)愛媛:
いちご栽培に水素を活用、工場の廃熱や廃液もエネルギー
愛媛県の西条市では8年前から水素エネルギーを農業に利用してきた。工場の排熱と地下水の温度差で水素を放出・吸収しながら、電力を使わずに冷水を製造していちごの栽培などに生かす。県内の沿岸部には風力発電と太陽光発電が広がり、製紙工場では廃液を利用したバイオマス発電が拡大中だ。(2017/1/17)

「ザ・ドリーム」テコ入れ:
アサヒ、ビール類0.4%増 17年計画
アサヒビールは2017年のビール類の販売目標を前年比0.4%増の1億6200万ケースとする計画を発表。16年に苦戦したビールの新ブランド「ザ・ドリーム」を大幅にリニューアルするほか、好調なブランドにも磨きをかける。(2017/1/6)

発売30周年の2017年:
アサヒ、スーパードライの再成長狙う
アサヒビールは、2017年に発売30周年を迎える主力商品「スーパードライ」の飲用機会を増やす取り組みを強化する。限定商品などを投入し、縮小傾向にある国内ビール市場の活性化を狙う。(2016/12/21)

おまえら仲いいな! 「いい肉の日」にちなんでエバラとアサヒビールがイチャつく事案が発生
企業アカウントの中の人、めっちゃ楽しんでる……。(2016/11/29)

「行ってよかった!無料観光スポット2016」発表! 1位は「JAL工場見学 Sky Museum」
社会見学や試飲ができるスポットが人気です。(2016/11/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“超長寿業態” 日本初のビヤホール「銀座ライオン」の歴史をひも解く
首都圏に38店、全国に63店を展開している老舗ビアホール「銀座ライオン」。流行(はや)り廃りが激しい外食業界の中で世代を越えて愛好される、超長寿業態となっているその秘訣、歴史をひも解く。(2016/11/9)

HPEのストレージがもたらした、ビジネスインパクトとは:
PR:アサヒグループとヤフーはストレージ基盤の刷新で「何」を得たのか
アイデアをいち早く価値に変えた企業だけが生き残れるとされる、「アイデアエコノミー時代」が訪れている。2016年10月に行われた、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」で示された、「既に対策を進めている企業」の事例から、この時代を勝ち抜いていく「術」のヒントを探ろう。(2016/11/9)

企業の「デジタル変革」を導く2つのカギーー人工知能、そして“共創”
NECの年次カンファレンス「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」が開幕。ビジネスのデジタル化をどのように実現するか、をテーマに社長の新野氏が講演を行った。そのカギとなるのはAI、そして他社との共創なのだという。(2016/11/2)

Xiaomi、“縁無し”6.4型ハイエンド端末「Mi MIX」を約5万4000円で発売へ
Xiaomiが、ベゼル幅がほとんどない画面占有率91.3%の6.4型ファブレット「Mi MIX」を11月に中国で発売する。Snapdragon 821登載でRAMは4GBなどのハイスペックで、価格は3499元(約5万4000円)。(2016/10/26)

海外にも販路拡大:
業績回復に導いた、オリオンビールの徹底したブランド戦略とは?
今年に入って初の海外拠点を設立するなど、今では沖縄以外でも手軽に飲めるようになったオリオンビール。売り上げを伸ばし続ける裏側には徹底的なブランド戦略があった。(2016/8/19)

物流分野で協業強化:
アサヒビールとキリンビールが鉄道共同輸送を開始 金沢に配送センター開設
アサヒビールとキリンビールは物流分野での協業を強化し、金沢市に共同配送センターを開設した。鉄道コンテナによる共同輸送を始める。(2016/7/27)

アサヒ「もぎたて」新フレーバー発売 販売目標も再び上方修正
アサヒビールは新ブランド「もぎたて」の新フレーバーを8月30日から販売する。同ブランドは販売好調で、年間販売目標も再び上方修正する。(2016/7/20)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第3回:
アサヒビールの事例に学ぶ――社内を巻き込むオウンドメディアが引き出す想定以上のメリットとは?
社員が人ごとだと思っているコンテンツを、ユーザーが読んでくれるはずがありません。まず作り手自身がコンテンツを楽しみたいもの。そのためには社員の協力が欠かせません。(2016/7/19)

「クリアアサヒ」に関西限定バージョン 「お好み焼き」「たこ焼き」との相性を追求
缶のデザインにも「お好み焼き」「たこ焼き」の写真が。(2016/6/6)

なぜ飲酒後すぐの入浴はいけないのか? ヒントは“血行”
飲んで帰ってきた後、お風呂に入ってゆっくりしたい……。実はこれ、大きな危険があります。(2016/5/24)

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):
重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー
野球場などでキャストと呼ばれている“売り子”が生ビールを販売している。彼女たちが背負っているサーバーは重いので、アサヒビールとデサントは共同で新しいモノを開発。さざかし「軽く」なったんだろうと思っていたら、実は「重く」なっていた。えっ、どうして……?(2016/4/20)

星7つ! アサヒビール「ザ・ドリーム」をレビュー!
今回選んだのはアサヒビールの「ザ・ドリーム」(203円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/19)

「アサヒもぎたて」好調、1週間で70万ケースを突破
アサヒビールが4月5日に発売した缶酎ハイ「アサヒもぎたて」が好調な滑り出しを見せている。(2016/4/11)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

クリアアサヒが家で冷えてなかったらどうする? 常温のクリアアサヒをすぐにキンキンにする最適な冷やし方を検証してみた【PR】
冷蔵庫の位置? 氷につける? それとも回転させる? 最適な冷やし方はどれなのか実際にやって調べてみました。(2016/3/23)

エネルギー管理:
節約を意識する人は「節電」を最重視、75%が対策を実施
アサヒビールの持株会社が全国の約1000人を対象に節約に関する意識調査を実施した。回答者の9割以上が節約を意識した生活を続け、中でも「節電」を最も重視している。節電対策を実行している割合は75%にのぼり、東日本大震災から5年近くが経過しても節電の重要度は低下していない。(2016/2/18)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

えっ節分には大豆じゃないの?地方によって差がある理由
節分といえば「豆まき」ですが、地方によって種類が異なります。(2016/2/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。