ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「研究会・勉強会」最新記事一覧

iOSとAndroidによる寡占が競争阻害か 経産・公取委の合同研究会、「厳しい対応」求める
経済産業省は、iOS・Androidによる寡占状態が競争環境に悪影響を与えていると指摘する報告書を公表。厳しい対応を求めている。(2016/9/16)

2時間で“IoTアプリ”を作る中高生向け授業を(ちょっとだけ)体験してみた
NPO法人の企業教育研究会と日本IBMが、中高生向けにIoTを体験してもらう授業プログラムを開発。実際にアプリを開発してもらうことで、自分のアイデアが社会を変える可能性があるというメッセージを伝える狙いがあるという。(2016/9/15)

中高生向けIoT授業プログラムを開発 日本IBMなど
日本IBMと企業教育研究会はIoTに関する授業プログラムを公立中学・高校向けに開発した。(2016/9/14)

SIM通:
MVNO 4社が話す 2016年上半期の振り返りと今後の動向
MMD研究所が、メディア向け勉強会を開催。MVNO事業者4社からゲストを招き、2016年上半期のMVNO市場の振り返りや、下半期に向けて各事業者の考え、今後の普及拡大へ何が必要かなどを語った。(2016/8/24)

「江戸川橋駅」はなぜ江戸川区にないのか? 地図から読み解く地理ミステリー「ジグソークーソー」の面白さ
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第72回は、ちょっと変わった“地図”ミステリー「ジグソークーソー 空想地図研究会」を紹介します。(2016/7/24)

キャリアニュース:
今年度の新入社員は「ドローン型」、変化にあおられながらも目標地点に着地
日本生産性本部「職業のあり方研究会」が「2016年度の新入社員の特徴」を発表。めまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた者が多かったことから「ドローン型」と評した。(2016/4/12)

製品ごとに全く異なるアプローチ:
多様化する「エンドポイントセキュリティ」、正解はどこにあるのか
本稿では、@IT編集部が2016年3月11日に開催した「失敗しないエンドポイントセキュリティ製品の選び方」勉強会のレポートをお届けする。(2016/4/6)

2016年度の新入社員は「ドローン型」、どういう意味?
日本生産性本部の「職業のあり方研究会」は3月23日、この春就職する新入社員の特徴を発表した。(2016/3/23)

SIM通:
MVNO3社に共通 女性ユーザが格安SIMを選ぶ「最後の一押し」
MMD研究所が、MVNO市場について議論する勉強会を開催。MVNO3社から登壇者を招き、最新調査データを基に、女性ユーザの獲得と課題について議論した。(2016/3/23)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
成功するITマネージャーの「人づきあい術」
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2016/3/1)

標的型攻撃やランサムウェアの手口をデモで紹介:
PR:サイバー攻撃の最前線、「エンドポイント」を守る術は?
標的型攻撃やランサムウェアなどの最近の脅威は、メールやWebといった経路を通じてエンドポイントをダイレクトに狙ってくる。こうした攻撃を全てを防ぎ切るのは困難だ。従って、速やかに脅威を検知し、情報漏えいなどの深刻な被害に至る前に食い止めることが重要となる。「攻撃者視点で明かす、エンドポイントの脆弱性」と題する勉強会では、その勘所が紹介された。(2016/3/1)

伊能忠敬の測量に協力した約1万2000人のデータを公開 子孫の名乗り出、史料発掘呼びかけ
伊能忠敬の測量に関する資料を発掘・保存する伊能忠敬研究会は2月15日、当時測量に携わった約1万2000人の人名データベースを公開した。関係者の子孫に対し、伝承されているエピソードや関連古文書などの提供を呼びかけている。(2016/2/16)

モバイルヘルスビジネスの成功プロセスを知る「モバイルヘルス勉強会」 2月18日開催
モバイルヘルスビジネスは、まだ収益化が難しいという声もありますが、成功している企業の原動力である「サービス視点」に着目し、その手法やキーワードを解説するセミナーが開催されます。(2016/2/10)

Web広告研究会が調査:
B2B企業の取引先変更、4割は企業Webサイトがきっかけ
日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は2015年12月17日、「企業顧客による取引先変更状況に関する調査」について発表した。(2015/12/18)

SEMICON Japan 2015会場レポート:
開催1週間前にQFN対応! ミニマルファブの進歩
産業技術総合研究所、ファブシステム研究会、ミニマルファブ技術研究組合は、2015年12月16日に開幕した展示会「SEMICON Japan 2015」で、開発を進めるミニマルファブの展示を行った。(2015/12/18)

車載半導体:
運転支援システムの開発、ASICにする? FPGAにする?
FPGA大手のザイリンクスが記者向けに勉強会を実施し、先進運転支援システム(ADAS)でFPGAを使うメリットを解説した。車両や歩行者、白線などを認識する処理は、FPGAの得意分野だという。コストや性能の面からも、FPGAはADASで強みを発揮しそうだ。(2015/12/15)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(3):
技術イベントを会社探しと自分磨きに――Git勉強会を仕切るmixiの若きリファクター
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、学生向けGit勉強会の開催に向け中心的な役割を担った国分佑樹氏に、就活生に向けたメッセージを伺った。(2015/12/10)

SIM通:
市場拡大の鍵は「リアル」−MVNO 3社、2016年に向けた戦略開示
MMD研究所は、MVNO事業を取り扱う3社とともに勉強会を開催。MVNOを取り巻く現状や課題について議論が行われた。(2015/11/11)

企業内Web閲覧環境に関する調査:
仕事の情報収集、約6割が個人のスマートフォンを使用――Web広告研究会が調査
日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会は2015年9月16日、「第6回 企業内Web閲覧環境に関する調査」の結果について発表した。(2015/9/17)

挑戦者求む! 京都大学クイズ研究会からの挑戦状がウルトラ級の難しさ
全く解けません……。(2015/8/27)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(6):
勉強会で明らかになった医療向けOSSの多様な活用法──電子カルテ、臨床試験データ解析、日本語医学用語プラットフォーム、画像DB
2015年7月4日に東京で開催された「第10回 医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー」の講演を基に、医療分野でOSSがどのように重要な役割を担いつつあるのかをリポートする。(2015/8/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
成功するITマネージャーの「人づきあい術」〜さまざまなステークホルダーと協働する時に使いたい7つの方法〜
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2015/8/26)

無駄なコストや手間を掛けないために
有償/無償? 「身の丈に合った」データベース製品の選定方法とは
2015年7月に@IT主催勉強会「『身の丈』『運用コスト』から考えるこれからのデータベース選定」が開催された。無駄なコストや手間が掛けず、かつ要件を満たすデータベースを選ぶコツについて紹介する。(2015/8/6)

サードウェーブデジノス、「東北ITコンセプト福島GameJam2015」参加に向けたUnreal Engine 4 “事前勉強会”をアキバで開催――8月11日/12日
サードウェーブデジノスは、8月に開催される「東北ITコンセプト福島GameJam2015」に参加するための基礎知識を得られるUnreal Engine 4 ハンズオンセミナーの開催を発表した。(2015/8/5)

アイストリーム、通信料で社会貢献できる「ファンダム支援SIM」発売、支援先NPOも追加
アイストリームは、サービス収益の一部をNPO法人に寄付する「ファンダム支援SIM」の販売を開始。新たに「ハロハロ」「TSUBASA」「防災のことば研究会」が追加が支援先として加わった。(2015/7/14)

PR:次世代ICTインフラの姿とは――ミャンマーの金融プロジェクトから学ぶ
大和総研のミャンマー金融ICTインフラ構築プロジェクトを率いた伊藤慶昭氏を講師に招き、「ミャンマープロジェクトに学ぶ、次世代ITインフラストラクチャーの条件」と題した勉強会が開催された。ミャンマーの特殊な環境下でのICTインフラ構築プロジェクトの過程で、次世代のICTインフラの姿が浮かび上がってきたという。(2015/6/22)

KDDI、産官学連携のケータイ教室を実施――兵庫県内4市で順次開催
KDDIとソーシャルメディア研究会 、兵庫県警察、兵庫県内4市の教育委員会と連携した地域一体の啓発活動を実施する。(2015/6/15)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
日本で最も美しい村連合54町村を巡って──田舎と都会が共生する新たなライフスタイルとは
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2015/6/8)

マイナンバーセミナー情報:
「マイナンバー対応の落とし穴とスマートな解決策」 6月15日実施
企業研究会が開催、MaaS提唱マイナンバー・アンバサダーの戸村智憲氏が講師。2015年6月15日に実施。(2015/5/27)

また偏差値の無駄遣いを! 灘校アニメ研究会が「黒子のバスケ」のOPを実写化してみた
これが“キセキの世代”の実力。(2015/5/18)

スマホの通信速度、実効速度も表示を――総務省が指針案
スマホなどのネット接続サービスで、事業者がうたう最大速度と実際の速度が乖離している問題を受け、総務省の研究会が事業者に対して、受信実効速度も表示させる指針案を策定・公表した。(2015/5/12)

@IT勉強会リポート「これまでの統合管理ツールでは解決できない悩みとは?」:
PR:迅速・確実なインシデント対応に必要な機能要件、非機能要件とは?〜サイバーエージェントと日本HPが語る大規模環境、安定運用の鉄則〜
@IT編集部は2015年4月23日、勉強会「サーバー100台からの悩みを解決! これまでの統合管理コンソールでは決して対応できない課題とは?」を開催した。大規模化・複雑化したインフラ安定運用の“要件”とは何か? サイバーエージェント 須藤涼介氏がその実装方法を語るとともに、そうした高度なスキルが求められる要件実装をパッケージで実現する方法を、日本HP 鉾木敦司氏が詳しく解説した。(2015/5/19)

セキュリティ強化、利便性向上、コスト削減をまとめて実現:
PR:企業のエグゼクティブたちが関心を寄せた「手のひら静脈認証」の有効性とは?
今や情報漏えい対策は、企業のIT部門だけではなく企業全体で取り組むべき重要な経営課題である。ひとたび漏えい事件を起こしてしまうと、事業の継続に影響するからだ。実際、2015年3月下旬に都内で開催されたITmedia エグゼクティブ勉強会には、年度末の平日夜にも関わらず、情報漏えい対策に関心を持つ、多くの大手企業情報システム部門の管理職などの経営幹部たちが集まった。(2015/4/22)

「岩手県庁ゲームノミクス研究会」発足 Ingress活用踏まえ「ゲームで観光振興」広く研究
岩手県は、「Ingress研究会」の活動成果を踏まえ、Ingressに限らず、広くゲームを地域活性化に採り入れることについて研究する「岩手県庁ゲームノミクス研究会」を発足させる。(2015/4/14)

疑問にも答えます!:
PR:企業が気になる基幹系システムのクラウド化、ハイブリッドモデルをこう使え!
クラウドの利用機運が高まる中、安定性やセキュリティなどを理由にクラウド化が困難なシステムは少なくない。その解決策として注目されるのがハイブリッドクラウドだ。ITmedia エンタープライズ主催の勉強会ではSDNを生かしたクラウドサービスを提供するNTTコミュニケーションズと、仮想化からクラウドへの移行を推進するVMwareが、ハイブリッドクラウドの導入・構築を成功につなげるための秘訣を紹介した。(2015/4/13)

ゲームと融合・新しい観光の可能性 岩手県の「Ingress」活用、その成果は
岩手県庁が職員有志による「Ingress活用研究会」の報告書を発表した。自治体が主体となって活用する際のポイントや課題をまとめている。(2015/3/27)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
IoT時代の人材育成と技術伝承――情報を使いこな人を増やすためには?
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2015/3/16)

プロのゲーム開発者が勉強会で伝授:
ディープだが覚えておきたいUnityゲーム開発の小テク16選まとめ
2015年2月24日、「日本Androidの会 Unity部」の主催による「Visual Studio Tools for Unity」の勉強会が開催された。日本マイクロソフトのエバンジェリストによるVSTUの紹介やQ&Aに加え、UnityやVisual Studioを使いこなすプロのゲーム開発者によるライトニングトークも行われ、盛り上がりを見せた。(2015/3/17)

小さな農家こそITを――ITで“農家特有の課題”が解決する理由
農業にITを取り入れると日々の作業はどう変わるのか――。小さい農家が抱えている課題を、ITがどう解決するかを検証する勉強会が発足した。IT化に踏み出した農家の声を聞いてみると……。(2015/3/12)

富士通「ETERNUS」が対応:
PR:仮想化環境のストレージ運用の課題を解決する「VVOL」とは何か?
多数の仮想サーバを運用する企業ではストレージの制約から、期待通りのパフォーマンスを得られない、あるいはバックアップなどの運用が煩雑だといった課題を抱えている。その解決として注目されるのが、ヴイエムウェアの「vSphere Virtual Volumes」(VVOL)だ。ITmedia エンタープライズ主催の勉強会ではVVOLへの対応をいち早く表明した富士通をはじめ、ストレージの最新動向やVVOLが提供する価値、ユーザーによる先行検証の結果などが紹介された。(2015/3/13)

望月社長が語るBCP:
あの日、三陸鉄道はどのように復旧に取り組んだか
東日本大震災で壊滅的な被害を受けた三陸鉄道は、どのように運行再開に取り組んできたのだろうか。NTT勉強会で三陸鉄道代表取締役社長、望月正彦氏が語った当時の模様からは、BCPの本質をうかがうことができる。(2015/3/11)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(2):
「楽しかった」だけでいいの?――勉強会という名の居酒屋
仕事の中でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載、第2回のテーマは「勉強会」です。「楽しいといえば楽しいけれど、最近は何となく参加している……」。もしあなたが「次の刺激が欲しい!」と思っているのなら、今必要なのは勉強会ではないかもしれません。(2015/2/18)

好天の中野でポータブルオーディオ研究会が開催――濃密な世界を展開
東京・中野サンプラザで「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2015冬」が開催され、多くのオーディオファンが集まった。展示会場から注目製品をピックアップしていこう。(2015/2/14)

インターネット文化の基本は「恩返し」ではなく「恩送り」
「IT 勉強会カレンダー」の定期更新が停止する。個人の趣味でやっていたとはいえ、他人の人生を変えることもあり、これは立派な仕事だった。この恩恵を受けた人は、今後、後輩に対して何ができるかを考えて欲しい。(2015/2/10)

ロボット開発ニュース:
きゅんくんも参加、ロボットスタートがラボ開設
ロボットスタートは家庭用ロボットを使ったビジネスやマーケティング、アプリについて、社内外からの参加を集う研究会「ロボットスタートラボ」を開始する。ロボティクスファッションクリエイタ―の松永夏紀氏(きゅんくん)も参加する。(2015/2/6)

第53回HTML5とか勉強会リポート:
インタラクティブな演出を極めし達人からデザインのヒントを探る
「第53回HTML5とか勉強会〜インタラクティブの世界から学ぶコンテンツ制作」で紹介された2人のクリエイターのコンテンツ制作事例講演「クリエイティブと人生」「“ヤフー トレンドコースター” のつくりかた。」から現在の“クリエイティブ”やWebデザインに役立つヒントを探ってみよう。(2015/1/26)

「サイバーエージェントが明かすサービスインフラ拡大の舞台裏」@IT勉強会リポート:
PR:ゲーム、SNS、金融、小売り――ITサービス拡大・発展のキモは「インフラ設計」にあり
ゲーム、SNS、金融など、ITサービスが収益を左右する重要な顧客接点となっている今、どうすればITサービスを安定的に発展、拡大させていくことができるのだろうか? @IT編集部はこうした問題意識を基に、サイバーエージェントとパンドウイットコーポレーションをゲストに招き、サービス開発とインフラ設計にフォーカスした勉強会を開催した。(2016/1/25)

あの脆弱性を覚えていますか:
IoT時代のセキュリティ、参照すべき“過去の教訓”
ウインドリバーが「IoTとセキュリティ」をテーマにした記者向け勉強会を開催。フリーランスライターの高橋睦美氏がIoT時代に行うべきセキュリティ対策について解説した。(2014/12/26)

教育ITニュースフラッシュ
“私物PC解禁”の神奈川工科大学が、据え置きPCをあえて残す理由
公文教育研究会が進める世界48カ国のデータベース統合プロジェクトから、人事給与システムを刷新した静岡大学の事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/12/12)

KUMON、全世界427万の学習者情報を分析するBIツール導入プロジェクト
日本を含め世界48の国と地域で学習塾を展開する公文教育研究会。異なるITシステムを構築された世界各地の拠点から学習者情報を統一データとして得るためのプロジェクトが始まっている。(2014/12/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。