ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シニア」最新記事一覧

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
高齢者事故を防止する人間工学
自動車の設計において人間工学は重視されているはずだ。しかし、もう何十年も言われ続けているにもかかわらず、改善できていない問題がある。それはペダルオフセットだ。(2017/4/24)

シニアモデルの写真素材を無料で提供するサイト「じぃばぁ」誕生
案外需要があるのかも。(2017/4/21)

沖縄モノづくり新時代(8):
沖縄の交通課題の救世主となるか!? 自動走行バスへの大きな期待と開発の現状
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第8回では、自動車を使えない高齢者や身体の不自由な方の移動手段として、その可能性が注目されるバスの「自動走行化」に向けた取り組みを、試乗体験の感想を交えて紹介する。(2017/4/20)

Facebook、“射殺動画”削除に2時間かかったプロセスを説明
高齢者を射殺する動画が約2時間にわたってサービス上で視聴できてしまった問題について、Facebookが削除までのプロセスを説明し、レビュー体制の強化を約束した。(2017/4/18)

Facebookで高齢者を射殺するライブ動画配信
Facebookのユーザーが男性を射殺する様子を動画で配信し、Facebookが削除するまで数時間にわたって視聴された。投稿した男は指名手配中だ。(2017/4/17)

生活音で異常を検知――シンガポールの高齢者ケアサービス、富士通のIoTソリューションを採用
高齢者の自立した生活を支援するクラウドサービスを展開するシンガポールのウェルネス・ヘルスケア企業ConnectedLifeが、クラウドベースのIoT高齢者ケアサービスに富士通の「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」を採用。サービス強化を図り、グローバル展開を目指す。(2017/4/13)

シニアデビューから引退まで ファンが描いた浅田真央さんの歴代衣装イラストがキラキラの愛にあふれている
ハンカチ必須。(2017/4/12)

月額2900円から:
見守りサービスも ホームセキュリティ契約急増
高齢者の見守りサービスや防犯センサーの数を減らして価格を抑えたものなど、ホームセキュリティのサービスが多様化してきた。家を留守にしがちな共働き世帯や高齢者世帯は今後も増えるとみられ、普及を後押ししそうだ。(2017/4/12)

アクティブシニア社員:
65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル
ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。(2017/4/11)

迷走する日本郵便……楽観的なはがき値上げ 「タブレットで高齢者見守り」も疑問
郵便はがきが「62円」に値上げされる。日本郵便は値上げで年300億円程度の増益効果があると予測するが、いささか楽観的過ぎないか。(2017/4/11)

CeBIT 2017:
“オールドタウン”化するニュータウン、高齢者の移動の自由を「Ha:mo」が支援
トヨタ自動車は、「CeBIT 2017」において、モビリティサービス「Ha:mo」のカバー範囲を拡大させていく方針を示した。高齢化社会に向けて、「自宅からバス停といった小さな移動単位でも移動の自由を確保できるようにしたい」(同社)という。(2017/4/10)

医療機器ニュース:
認知症予防の脳トレサービス開発に日立が協力
日立ハイテクノロジーズと日立製作所は、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力し、Brain Scienceマークを付与した。(2017/3/28)

意外とイケる:
「らくらくスマートフォン4 F-04J」を30代男性が使ってみた
ドコモの「らくらくスマートフォン」といえば、どちらかというと「中高年」「初心者」向けという印象が強い。しかし、2月に発売された「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、比較的幅広いユーザーを受け入れる素地のあるスマホに進化している。実際に、30代である筆者が使って検証してみた。(2017/3/27)

1食当たり347円:
“介護食”のヨシギュウを食べてみた!
牛丼チェーン「吉野家」は高齢者向け「吉野家のやさしいごはん」を開発した。東京ビッグサイトで開かれた介護用品などの展示会「CareTEX 2017」での試食会で、早速、記者も食べてみた。(2017/3/17)

ライフネット生命の出口治明会長、6月に退任 立ち食いそば屋で語った「高齢者の生きる価値は若い世代の育成」
ご縁で一緒に立ち食いそばを食べに行ったので、代表取締役会長の退任理由や今後について聞きました。(2017/3/17)

暗闇の中、跳びはねる:
「楽しく痩せたい」狙え 広がる「暗闇フィットネス」
民間のフィットネスクラブの市場が好調だ。業界のトレンドは新興プレイヤーの急成長。「女性」や「高齢者」などターゲットを絞った小規模業態が増加し成長を見せている。3月13日に2号店がオープンする「jump one」(ベンチャーバンク)が売りにする「暗闇フィットネス」とは?(2017/3/10)

プロエンジニアインタビュー(3):
教えて! キラキラお姉さん「仕事がワクワクしないときは、どうしたら良いですか?」
ブライダルにまつわるさまざまな情報を提供しているウエディングパークのシニアエンジニア/データサイエンティスト 菅沼幸子さんは、先輩女性エンジニアというロールモデルが身近にいない中で、幅広い経験を糧に現在の仕事に就いている。その歩みと原動力を尋ねた。(2017/2/27)

危険行動をリアルタイム通知:
高齢ドライバーの運転「見える化」 オリックスが新サービス
オリックス自動車は、高齢者の運転を見守るサービスの提供を開始。テレマティクスで運転行動を「見える化」することで、事故リスクの低減につなげる。(2017/2/24)

23兆円の巨大市場を狙うには
アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く
今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。(2017/2/17)

「Facebookはおじさんだらけ」は本当か? 日本法人トップが言及「われわれが把握しているデータと大きく異なる」
「Facebookは中高年ばかりが利用しているのでは」といった論調もあるが、実際のところはどうなのか。日本法人のトップに8つの質問をぶつけた。(2017/2/13)

いまが分かるビジネス塾:
間もなく直面する「2025年問題」を考える
介護福祉士を養成する大学や専門学校は以前から定員割れが続いてきたが、2016年度はとうとう50%を割り込んだ。そのような中、日本は団塊世代が後期高齢者となる「2025年問題」に間もなく直面する。これまで介護の問題を先送りしてきたが、介護政策を根本的にどのように位置付けるのか、決断すべきときが近づいている。(2017/2/9)

IIJのモバイル回線数は171万 全国の郵便局でシニアユーザーを取り込む
IIJが2016年度第3四半期の決算を発表。2016年12月時点で、モバイル回線の総計約数は171万となった。個人向け格安SIMを全国の郵便局で販売することで、裾野の拡大を目指す。(2017/2/8)

MONOist IoT Forum 大阪(後編):
製造業IoTの本命は5Gなのか、それともLPWA含む非免許通信か
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum大阪 IoTがもたらす製造業の革新 〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜」を開催。後編では、ノキアソリューションズ&ネットワークス テクノロジー・ビジネス・ディベロップメント シニアマネージャー小島浩氏の特別講演と、その他の講演についてお伝えする。(2017/2/3)

医療機器ニュース:
デバイスコネクトWebAPI活用の「未病改善サポートシステム」の実証事業
NTTドコモとSOMPOケアネクスト、神奈川県は「未病改善サポートシステム」の実用化に向けた実証事業を開始した。介護付有料老人ホームの入居者から生活関連データなどを自動的に収集して蓄積・分析。介護職員が未病改善の提案をしていく。(2017/2/1)

65歳以降も働きたい人は7割弱:
高齢者の定義とは 65、70それとも75歳?
高齢者の定義を現状の「65歳以上」から引き上げようという提案に注目が集まっている。定義の見直しは、高齢者を取り巻く年金制度や労働環境にどのような影響があるのだろうか。(2017/1/30)

ドコモの「はじめてスマホ割」に60歳以上が対象の「シニア特割」追加
ドコモがFOMA(3G)からXi(LTE)への契約変更時に適用している「はじめてスマホ割」に「シニア特割」が登場する。60歳以上のユーザーが一定条件のもと「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」を契約すると割引額が増額され、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」と同額の割引が受けられる。(2017/1/27)

2月の携帯販売新指針に備え:
「ガラケー→スマホ」で顧客争奪戦が激化
NTTドコモのシニア向けと個人向けの新たな割引プランは、2月からの総務省の携帯販売新指針で予想されるガラケー顧客争奪戦に備えるものだ。ガラケーからスマホへの乗り換えをめぐって新たなサービス競争が始まりそうだ。(2017/1/26)

ドコモ、スマホ乗り換えにシニア割引 ガラケー利用者争奪戦 低容量料金プランも
NTTドコモが、ガラケーからスマートフォンへ乗り換える60歳以上向けの料金割引キャンペーンを始めることが分かった。(2017/1/25)

シニア市場を開拓するための第一歩
シニア向け自社ポータルを、今、低コストかつスピーディに構築すべき理由
シニア向けサービスが成功するか分からぬまま、シニア用のUI設計に大規模投資するのは難しい。そこに手軽かつスピーディに開発できるサービスがあればどうなるだろうか?(2017/1/27)

アクティブシニアコンシューマーを囲い込む
なぜ自社ポータル構築サービスを採用すると市場開拓につながるのか
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。(2017/1/17)

足が凍って鉄パイプにはりついた小鳥さん、優しいおじいさんに助けられる
無事で良かった!(2017/1/15)

日本人はなぜ命がけで餅を食べるのか 高齢者の搬送高水準……緊急時の対処法は
高齢者がお餅をのどに詰まらせ、救急搬送されるニュースが後を絶たない。なぜ危険を冒してまで日本人は餅を食べるのだろうか。(2017/1/5)

相次ぐ高齢者の交通事故:
団塊世代、来年で70代に 交通事故対策は?
高齢者による交通事故が相次いでおり、社会問題となっている。関係省庁が対策に頭を悩ませる一方で、自治体や民間にも動きが出始めているが、果たして活路は見いだせるのか。(2016/12/22)

フランスベッド ロボットアシスト スマートウォーカー RW-01:
高齢者をサポートする自動制御機能付き歩行器、介護保険も利用できる
フランスベッドは、自動制御機能付き歩行器「ロボットアシスト スマートウォーカー RW-01」を発売した。パワーアシスト機能やアラーム機能により、高齢者の安全な歩行をサポートする。月額レンタルが可能で、介護保険も利用できる。(2016/12/22)

大同生命保険、アバイアのコールセンターシステムを導入 高齢者には自動応答をやめてサービス向上
大同生命保険が、アバイアのコールセンターソリューションを更新し、ルーティングの高度化と統計情報を活用しアデータ分析の強化を実現した。高齢者からの電話には自動応答システムでの対応をやめ、オペレーターが直接対応するなど、品質向上を図っている。(2016/12/20)

路線バス、完全自動運転へ ソフトバンク子会社が18年にも公道実験
高齢化や過疎化で地方の公共交通が衰退する中、自動運転バスにより高齢者の“生活の足”を確保する狙いだ。(2016/12/19)

医療技術ニュース:
微弱なノイズ電流で高齢者の身体バランスが改善
東京大学は、微弱なノイズ電流によって、高齢者の身体バランスが持続的に改善することが分かったと発表した。寝たきりや認知症の原因となる身体のバランス障害を改善する、新しい治療法開発につながる研究成果だ。(2016/12/13)

人工知能ニュース:
「ガシャン」などの音から事故や犯罪の状況を検知する技術を開発
NECは、音から今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発した。公共の場での犯罪および事故の検知や、生活音から高齢者を見守るといった活用が期待される。(2016/12/13)

自信過剰? 80代の6割「自分は運転大丈夫」……老いるほど強気になるワケ
高齢ドライバーによる事故が相次ぎ、社会問題となる中で、「自分は大丈夫だ」と自信を持つ高齢者が、年を重ねるごとに増えるとする衝撃のデータがある。(2016/12/12)

医療機器ニュース:
高齢者をサポートする自動制御機能付き歩行器
フランスベッドは、自動制御機能付き歩行器「ロボットアシスト スマートウォーカー RW-01」を発売した。パワーアシスト機能やアラーム機能により、高齢者の安全な歩行をサポートする。月額レンタルが可能で、介護保険も利用できる。(2016/12/8)

先端AI技術群「NEC the WISE」:
AIで、周囲の“音”から起きている状況を認識する「音状況認識技術」、NECが開発
NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016/11/29)

“暴走高齢者”どう防ぐ 認知症、運動能力低下……交通死亡事故の3割に65歳以上
80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故が増えており、社会全体での対策が急務となっている。(2016/11/22)

競技人口60万人:
「ボルダリング」人気急上昇 歌って登れるカラオケ店も
2020年東京五輪の追加種目の1つにスポーツクライミングが初採用され、その一種である「ボルダリング」が人気を集めている。仕事帰りのサラリーマンや子供、高齢者らにも愛好者が増え、街のボルダリングジムは大盛況だ。(2016/11/22)

移動スーパー、全国に拡大 「買い物弱者」増加、コンビニや流通大手も参入
過疎地や郊外に住む高齢者が普段の買い物に困る「買い物弱者」の増加で、移動販売車が全国で拡大している。(2016/11/14)

SIM通:
SIMフリースマホ、54歳以下の層での需要が拡大
コムスコアがリリースした、携帯電話使用動向に関するレポートによると、SIMフリー携帯使用者の8割を54歳以下が占めていることがわかった。また、シニア層にも一定の利用者がいる半面、24歳以下の利用者数が少なくなっている。(2016/10/26)

ドコモ、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始
NTTドコモ、MIKAWAYA21、エンルートは、11月にセルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を福岡市内の離島で実施。シニア&子育て世帯を対象とし、電話で依頼を受けた商品を自宅まで配達する。(2016/10/19)

太っていても「低栄養」? 問題点と対策 
今、高齢者の間で「低栄養」が問題になっています。高じると、死亡リスクが高まるといわれています。まだ30〜40代であっても、低栄養予備軍である可能性が! ぜひチェックしてみましょう。(2016/10/16)

電力供給サービス:
HEMSを使ったクーポン配信や見守りを容易に、事業者向け情報基盤を提供
クーポン配信や高齢者の見守りなど、HEMSで取得した家庭の電力利用情報を活用する新しいサービスに注目が集まっている。NTT東日本は、サービス事業者向けのプラットフォームサービス「HEMS情報コネクト」の提供を開始する。サービス事業者がHMES情報を活用した新サービスの開発をしやすくする狙いだ。(2016/10/5)

LED照明:
LED電球で高齢者を見守る、IoTを活用した新サービス
IoT関連機器開発のペイイーストはこのほど、LED電球を使って行う、高齢者向けの見守りサービスの販売を開始した。(2016/9/21)

“おじいちゃん”なのに18歳? 若い女性と老人が思い出を振り返る動画、不思議な展開にほっこり
ケンカでボロボロになって帰ってくるおじいちゃんの正体は……?(2016/9/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。