ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「au + 1 collection」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「au + 1 collection」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「BlackBerry KEY2」が9月7日に発売 SIMロックなしでauも取り扱い
BlackBerryの最新モデル「BlackBerry KEY2」(TCLコミュニケーション製)が9月7日に発売される。今回はKDDIも取り扱い、SIMロックはかけていない。価格(税込)はシルバーが7万9800円、ブラックが8万9800円。(2018/8/31)

auで「Google Home」を買うと「うたパス」を2カ月間試せるキャンペーン
auで「Google Home」または「Google Home Mini」を購入すると、「うたパス」の「聴き放題プラン Myうたプラス」を無料で2カ月間試せるキャンペーンが始まる。期間は9月1日から11月30日まで。(2018/8/27)

KDDI、スピーカー搭載の卓上ホルダー付き「かんたんケータイ」7月27日発売
KDDIは、7月27日に京セラ製フィーチャーフォン「かんたんケータイ KYF38」を発売する。通話中に卓上ホルダーへ設置すると、スピーカーフォンで通話ができる「みんなde通話」に対応。分かりやすく大きなメニュー表示を行い、振動するディスプレイ部に耳を当てて相手の声を聞ける「スマートソニックレシーバー」を採用している。(2018/7/24)

auの「Xperia XZ2 Premium SOV38」が8月10日発売 価格は10万円
au向けの「Xperia XZ2 Premium」が8月10日に発売する。一定の条件を満たすことで「au WALLETプリペイドカード」のチャージをプレゼントするキャンペーンも実施する。(2018/7/23)

KDDI、関西エリア初のカフェ併設直営店「au KYOTO」7月20日にオープン 
7月20日にKDDI直営店「au KYOTO」がオープンする。「au OSAKA」に次ぐ関西エリア2店舗目で、カフェ「BLUE LEAF CAFE」を併設。来店や成約記念品プレゼントを行うオープニングキャンペーンも実施する。(2018/7/18)

ドコモとau、広角撮影可能な動画専用カメラを搭載した「AQUOS R2」を6月8日に発売
シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS R2」が、NTTドコモとau(KDDI・沖縄セルラー電話)から6月8日に発売される。約135度の広角動画専用カメラを搭載し、動画撮影中にAIが自動でおすすめの写真を撮影する機能も備えている。(2018/6/4)

auの2018年夏モデル登場 「Xperia XZ2/XZ2 Premium」「Galaxy S9/S9+」など7機種
auが2018年夏商戦に向けた新機種を7機種投入する。合わせて、2017年冬モデルとして登場した「AQUOS sense」の新色や、公式アクセサリー「au +1 collection」を投入する。(2018/5/14)

Rollbahnコラボのミドルレンジスマホ「Qua phone QZ」順次発売 価格は3万円台前半
auオリジナルブランド「Qua(キュア)」の最新スマートフォンが順次発売される。デルフォニックスの「Rollbahn(ロルバーン)」とコラボしたデザインが特徴で、同ブランドとコラボしたフラップケースも純正アクセサリーとして用意する。(2018/2/19)

auケータイ「GRATINA KYF37」の一部カラーが12月23日発売 税込販売価格は3万円台後半
auケータイ「GRATINA KYF37」のホワイト、ネイビーブラックが12月23日に発売される。高音質通話「VoLTE」や「スマートソニックレシーバー」搭載など快適な通話を実現している。販売価格は3万円台後半となる。(2017/12/21)

auの折りたたみケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日発売 一括4万円台前半
auのシャープ製折りたたみ型ケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日に発売する。ワンプッシュオープンボタンや1800mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水・防塵・耐衝撃性能も備えている。(2017/12/11)

auの「AQUOS sense」が11月2日発売 直営店価格は3万2400円(税込)
auの「AQUOS sense」が11月2日に発売。IGZO液晶を搭載し、実物に近い映像を実現する「リッチカラーテクノロジーモバイル」対応など価格を抑えながら機能面の充実を図った1台だ。(2017/10/30)

一括3万円(税別)のスタンダードスマホ「AQUOS sense」、auから11月上旬に発売
KDDIは、11月上旬にシャープ製スマートフォン「AQUOS sense」を発売。シンプルなデザインに高精細ディスプレイや防水性能、サクサクした操作感など充実の性能を備えている。(2017/10/11)

約3年ぶり:
「Galaxy Note8」がauから10月26日発売 本体価格は12万円弱
9月にグローバル発表された「Galaxy Note8」が、auから発売されることになった。予約特典としてキャッシュバックをもれなくプレゼントするほか、抽選で「Gear 360」が当たるキャンペーンも実施する。(2017/10/11)

au 2017年夏モデル発表 ホームIoTサービスも開始【画像追加】
KDDIが、2017年夏モデルを発表した。スマートフォンが7機種、フィーチャーフォンが2機種。家庭内で利用するIoTサービスも開始する。(2017/5/30)

カメラ機能を強化した「Xperia XZs」がau向けにも登場 5月26日発売
KDDIが「Xperia XZs」を5月26日に発売する。デザインや基本スペックは「Xperia XZ」を継承しているが、カメラ機能を大きく強化。最大960fpsのスーパースローモーション撮影と被写体の先読み撮影が可能に。(2017/5/23)

auの「AQUOS SERIE mini SHV38」、2月3日に発売 一括4万円台後半
auのコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」が2月3日に発売される。一括価格は4万8600円。幅67mmのボディーに4.7型ディスプレイを搭載する。(2017/1/30)

G'zOne TYPE-Xとの比較も:
写真と動画で解説する 折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」
京セラはKDDI向けには、2014年夏に「TORQUE G01」、2015年夏に「TORQUE G02」のタフネススマホを開発してきたが、最新の「TORQUE X01」は折りたたみ型のLTEフィーチャーフォン。主な見どころを写真と動画でチェックする。(2017/1/13)

アウトドア向けのスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」、auから発売
KDDIが「Galaxy Gear S3 frontier」を12月上旬から取り扱う。1600万色のカラー表示に対応した1.3型円形ディスプレイを搭載。GPSに対応し、スピーカーも搭載している。(2016/11/22)

三太郎グッズのプレゼントやキャッシュバックを行う「au冬フェス」開催
KDDIは、さまざまな特典を用意した「au冬フェス」を開催。auショップ来店で三太郎グッズがもらえるほか、対象商品購入やチャージなどでキャッシュバックを行う。(2016/11/15)

新「ヒカリエモーション」やエモパー5.0を採用――auの「AQUOS U SHV37」
KDDIがシャープの新スマホ「AQUOS U」を11月下旬に発売する。ラウンド形状のボディーに5.0型IGZO液晶を搭載。画面と連動して光る「ヒカリエモーション」や、進化した「エモパー5.0」を採用する。(2016/11/7)

auの「Xperia XZ SOV34」は11月2日発売、一括7万円台前半
auの「Xperia XZ」が11月2日に発売される。auオンラインショップでの価格は一括7万3440円。au WALLETプリペイドカードへのキャッシュバックキャンペーンも行う。(2016/10/25)

KDDIも「Xperia XZ」を販売 「Xperia Ear」の取り扱いも
KDDIが「Xperia XZ」を11月上旬に発売する。カメラやバッテリーを強化した、ソニーモバイルの最上位モデル。スマホの操作や情報取得もできるイヤフォン「Xperia Ear」も扱う。(2016/10/18)

なぜ今? なぜauも? 店舗展開は?――「UQスポット」担当者に一問一答
東京と大阪にオープンしたUQ mobileとUQ WiMAXの専門ショップ「UQスポット」。担当者が報道陣との取材に応じ、UQスポットにまつわる疑問に答えた。(2016/9/21)

au +1 collectionアクセサリーも順次発売:
au、「Xperia X Performance SOV33」を6月24日発売 一括価格は約9.3万円
au版「Xperia X Performance」の発売日が決定。スリープ状態から最短0.6秒で撮影できるカメラ機能、3波キャリアグリゲーション(3CC CA)対応や米国・韓国でのVoLTE国際ローミング対応が特徴だ。(2016/6/16)

au、「HTC 10 HTV32」を6月10日発売 一括販売価格は8万円弱
HTCの新たなフラッグシップスマートフォンが、auから登場する。一括販売価格は8万円弱で、毎月割適用後の実質価格は4万円弱〜4万円台半ばとなる。(2016/6/8)

auの「AQUOS SERIE SHV34」も6月10日発売 価格は一括8万円台前半(税込)
auのハイエンドシャープスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が6月10日に発売される。価格は一括8万4240円。丸みを帯びたデザインに、ハイスピードIGZO対応の5.3型フルHDディスプレイを搭載する。カメラは「夜景シーン認識」「花火モード」が利用可能になった。(2016/6/8)

「Gear VR」プレゼントも:
防水対応の5.5型「Galaxy S7 edge」が日本でも登場――KDDIが5月19日に発売
KDDIが「Galaxy S7 edge SCV33」を発売する。より精密にAFができる「デュアルピクセルセンサー」をアウトカメラに採用。LTEは「3CA」により下り最大370Mbpsまで高速化した。期間中に予約をしたユーザーに「Gear VR」(約1万5000円)をプレゼントする特定も用意する。(2016/5/10)

ボディーは「ガラス」から「メタル」へ:
au、「Xperia X Performance SOV33」を発表 3波CAで下り最大370Mbps通信可能
Mobile World Congress 2016でお披露目された「Xperia X Performance」のau版が登場する。3波キャリアグリゲーション(3CA)に対応し、対応エリアでは下り最大370Mbpsの高速通信が可能だ。(2016/5/10)

アンカー、auコラボ第2弾のモバイルバッテリー&USB急速充電器を発売
アンカー・ジャパンは、auとのコラボレーション製品第2弾となるポータブルバッテリー2種、USB急速充電器1種を発売する。取り扱いは全国のauショップ、auオンラインショップ、KDDI直営店。(2016/5/2)

KDDI、通話も可能な子供向け腕時計型ケータイ「mamorino Watch」3月18日に発売
KDDIは、子供向け腕時計型ケータイ「mamorino Watch」を3月18日に発売。au +1 collectionから専用アクセサリーも順次取り扱う。(2016/3/16)

KDDI、4G LTE対応のauケータイ「GRATINA 4G」を2月19日に発売
KDDIは、4G LTE対応の折りたたみ式のauケータイ「GRATINA 4G」を2月19日に発売。「LINE」アプリも利用できる。(2016/2/15)

KDDI、ステレオスピーカー搭載の高精細10型タブレット「Qua tab 02」2月11日発売
KDDIは、auオリジナルブランド「Qua(キュア)」シリーズのタブレット「Qua tab 02」を2月11日に発売する。(2016/2/8)

音声操作も可能 VoLTE通話ができる子供向け腕時計型ケータイ「mamorino Watch」
もちろん見守り機能も満載。ベルトを外せば腕時計からペンダント型ケータイに早変わり。(2016/2/4)

「Xperia Z5」に新色「Pink」を追加【画像追加】
春らしい落ち着いたピンクカラーが追加された。(2016/1/12)

“ハイスピードIGZO”搭載の小型スマホ「AQUOS SERIE mini SHV33」、auから登場【画像追加】
ドコモとソフトバンクから発売されていた、高性能なコンパクトAQUOSスマホが、auからも登場する。「AQUOS SERIE mini SHV33」は、幅66ミリのボディに4.7型液晶を搭載。IGZOの省エネ性能は継承しつつ、最大120Hzの滑らかな表示が可能になった。(2016/1/12)

「Gear S2」も同時発売:
KDDI、「Galaxy A8 SCV32」を12月18日発売 スマートパス加入で実質3万円台半ば
KDDIは、サムスン電子製Androidスマホ「Galaxy A8 SCV32」を12月18日に発売する。同日には、au +1 collectionとしてサムスン電子製ウェアラブルデバイス「Gear S2」「Gear S2 classic」も発売する。(2015/12/15)

2015年冬は「ママ」のために――au発表会 for ママ
KDDI(au)が「au発表会 for ママ」を開催。発表された端末・サービスは、社内の「ママ社員」が企画・開発したものだ。(2015/12/3)

ハンドソープで洗える“ママ”向けスマホ「DIGNO rafre」――KDDIが発売
世界で初めて、ハンドソープで洗い流せるスマートフォン「DIGNO rafre」を京セラが開発。KDDIが12月11日に発売する。(2015/12/3)

ソフトバンクは「Apple TV」も:
ドコモ、KDDI、ソフトバンクが「iPad Pro」を発売――価格は一括13万円台
取り扱いはWi-Fi+Cellularモデル(128Gバイト)で、今週末から販売する。ソフトバンクは「Apple TV」も取り扱う。(2015/11/10)

au、「Xperia Z5」を10月29日発売 MNP+スマパスで実質0円に
「au Online Shop」の販売価格は一括8万4240円(税込)。実質負担額は、新規契約と機種変更が5万976円。番号ポータビリティ(MNP)利用時が7776円。スマパス加入でさらに値引き。(2015/10/21)

指紋センサー+新2300万画素カメラ搭載の「Xperia Z5」、KDDIが10月下旬以降に発売
グローバルで発表された「Xperia Z5」が、KDDIから10月下旬以降に発売される。電源キーと一体化した指紋センサーと、進化した2300万画素カメラを搭載する。(2015/9/29)

アクセサリーや格安SIMの話題も 「iPhone 6/6 Plus」の関連記事まとめ【随時更新】
iPhone 6/6 PlusとiOS 9のレビュー、各キャリアの販売価格や料金、キャンペーン、格安SIMで使う場合の注意点も。(2015/9/24)

独占&先行アイテムも:
KDDI、iPhone 6s/6s Plus向けアクセサリーを「au +1 collection」で発売
au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から、有名ブランドコラボカバーやディズニーパスの限定カバーなど100点以上のiPhone 6s/6s Plus向けアクセサリーが発売となる。(2015/9/24)

水中カメラの実力チェック:
世界初の耐海水スマホ「TORQUE G02」を沖縄の海で使い倒してきた!
海から上がった後や、汚れた後は、水道水でジャブジャブ洗えるスマホです。(2015/8/3)

LTE対応:
KDDI、実質1万円の8コアタブレット「Qua tab」発売
スマートフォンの電話着信やメール受信をタブレットに通知する機能や、スマホの画面をタブレットに表示できる「auシェアリンク」機能も利用できる。(2015/7/22)

故障率も低い:
“タフネス難民”希望の星 「TORQUE」の打たれ強さを確認してきた
KDDIと京セラが高耐久スマホ「TORQUE」の耐久試験を公開。一度途絶えたタフネスモデル復活の背景と、世界初という耐海水性能を実現するための開発経緯も説明した。(2015/7/16)

KDDI、「Xperia Z4 Tablet SOT31」を7月18日発売
10型以上で世界最薄、最軽量を実現したソニーモバイルのタブレット「Xperia Z4 Tablet SOT31」が、7月18日に発売される。(2015/7/15)

ソニーモバイル、スマホ連携でしゃべって動くBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売
ソニーモバイルは、スマホ連携で操作できるBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売する。価格は3万8000円(税別)。(2015/6/24)

いっぱいあっていいですね:
「Xperia Z4」と一緒に使いたいアクセサリーをまとめてチェック!
いよいよ国内全キャリアから発売となる「Xperia Z4」。それを記念(?)して、主にITmedia Mobileで紹介してきたアクセサリーをまとめてみました。(2015/6/11)

KDDIの「Xperia Z4」は6月11日発売 「mora」でハイレゾ音源をゲットできるキャンペーンも
KDDIはソニーモバイルの「Xperia Z4」を6月11日に発売すると発表した。下り最大220Mbpsの「au 4G LTE」と、下り最大225Mbpsの「WiMAX 2+」に対応したフラッグシップモデル。(2015/6/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。