ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「牛」最新記事一覧

3種類そろう:
湖池屋、休止していた高級ポテチの販売再開
湖池屋は、ポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」の販売を29日に再開する。(2017/5/24)

「牛には酷だが串に刺す」ハイセンスな牛串屋に注目集まる 「逃げ恥」原作者も反応
「このタイミングで、来たか!」と意表を突く会心のネーミング。(2017/5/21)

1冊まるまる『うしおととら』の藤田和日郎さんを特集した『藤田和日郎本』 島本和彦さん描き下ろし漫画も収録
『漫画家本』シリーズとして今後刊行されていく予定です。(2017/5/19)

ポテトチップス「岩下の新生姜味」登場 わさビーフの山芳製菓と岩下食品がコラボ
興味深い組み合わせ。(2017/5/18)

UNiCASE、iPhone 7/7 Plus向けハンドメイドケース「COWSKIN Diary」発売
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」は、5月下旬に「COWSKIN Diary for iPhone 7/7 Plus」を発売。キメが細かく柔らかい仔牛の皮「カウスキン」を使用し、職人がハンドメイドで美しく仕上げている。(2017/5/15)

肉にあうビールは肉の香りがするビール 「肉厚エール」はローストビーフ風味
このビール飲めばお酒も飲めるしお肉も味わった感を得られるの?(2017/5/4)

ヤンチャでかわいい! 牛さんの気を引きたい構ってちゃんなワンコ
牛さんたちがワンコに付き合ってあげてるように見えます。(2017/4/22)

松屋が牛めしと同じ肉を使った「牛まん」を販売 中華の巨匠・金萬福氏監修
ミンチではなくスライス肉を使用。(2017/4/18)

じゃがいも不足のポテチ市場 「わさビーフ」は休売予定なし、山芳製菓「じゃがいもの量は大丈夫」
「わさビーフ、お前もか……」とはなりません!!!(2017/4/10)

アナグマが自分より大きい子牛を埋める動画が完全にプロの犯行 貯蔵して数カ月食べ続ける
偶然、初めて観察されました。(2017/4/9)

マクドナルドのレギュラーバーガーに「グラン」シリーズ3種登場! ふわふわ食感のバンズと肉厚なビーフパテ
ビーフパテを採用したレギュラー商品は、「おてごろマック」を除くと8年ぶり。(2017/4/3)

ビーフは8年ぶり:
マクドナルド、新レギュラーバーガー「グラン」発売
日本マクドナルドはビーフのハンバーガーとしては8年ぶりとなる新レギュラー「グラン」3メニューを4月5日に発売する。(2017/4/3)

クォーターパウンダーと入れ替わり:
マクドナルド、肉厚の新レギュラーバーガー「グラン」
マクドナルドがビーフとしては8年ぶりというレギュラーメニューの新商品「グラン」を発表した。(2017/3/29)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

外食チェーン初:
すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。(2017/3/28)

味の決め手は100%ビーフ:
マクドナルドのパティ生産の現場を徹底取材
ファストフードの代表「マクドナルド」。身近な存在であるだけに、使われている食材の品質も気になる。今回、マクドナルドの「ハンバーガー」や「ビッグマック」に使用されるビーフパティを生産する工場を取材、工程のすべてを見せてもらった。(2017/3/28)

モーっと成長目指す:
西友、牛カルビ肉を安価に販売 「毎日低価格」強化
西友が2017年の生鮮食品の戦略を発表。「どこにも負けない価格と確かな品質」という方針を継続。新たに、人気の高い牛カルビ肉を100グラム197円の低価格で投入する。(2017/3/27)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作る バイオガス発電 −Part7−
日々大量に発生する廃棄物から作ったバイオガスで発電事業に取り組む動きが全国に広がってきた。北海道の鹿追町では牛の糞尿を発酵させたバイオガスを使って電力のほかに水素を製造する。JR東日本は首都圏の駅ビルなどで発生する食品廃棄物でバイオガス発電を開始した。(2017/3/27)

肉の花が咲いてる…… 秋葉原に皿が肉で埋まった「1ポンドメガローストビーフ丼」登場
肉の暴力。(2017/3/24)

吉野家で4週連続のディスカウントセール開催 牛丼並盛や辛子明太子定食が300円に
第1弾は3月31日・4月1日。(2017/3/23)

「春の300円まつり!」:
吉野家、牛丼300円など4週連続セール
吉野家が4週連続で金・土曜日を対象にしたセール「春の300円まつり!」を実施する。(2017/3/23)

1食当たり347円:
“介護食”のヨシギュウを食べてみた!
牛丼チェーン「吉野家」は高齢者向け「吉野家のやさしいごはん」を開発した。東京ビッグサイトで開かれた介護用品などの展示会「CareTEX 2017」での試食会で、早速、記者も食べてみた。(2017/3/17)

牛角から“肉ブーケ”登場 入学や卒業を美しい肉の花で祝おう
見た目はちゃんとブーケ。(2017/3/3)

自然エネルギー:
バイオガス事業を拡大する北海道・鹿追町、水素を作りマンゴーも栽培
牛の飼育数が2万頭を超える北海道の鹿追町ではバイオガス事業が活発だ。大量の牛ふんから精製したバイオガスで日本初の水素ステーションが稼働、燃料電池で走る自動車やフォークリフトに供給を開始した。バイオガスの余剰熱を生かしてマンゴーやチョウザメの育成にも取り組んでいる。(2017/3/1)

まさにかゆいところに手が届いた? 牛の背中をかける装置が原始的だけど気持ち良さそう
自分で背中をかけない牛さんに朗報?(2017/2/27)

健康的にカルピスが飲めるぞ! 牛乳割り専用カルピス「なめらかミックスベリー」「まろやかバナナ」新登場
どっちにするか迷って両方買うヤツ。(2017/2/23)

「魅惑の炙り和牛」味に続いて:
湖池屋の高級ポテトチップス、さらに1種類の販売休止
湖池屋は、新ブランド「KOIKEYA PRIDE POTATO」の「魅惑の炙り和牛」味に続き、「松茸香る極みだし塩」味の販売も一時休止すると発表した。(2017/2/20)

マンゴー風味なのにビーフカレーにしか見えない そっくりに作ったチョコが再現度高すぎて脳が追いつかない
まったく味が想像できない。(2017/2/16)

電子ブックレット/自然エネルギー:
CO2フリーの水素を再生可能エネルギーで作る −Part8−
再生可能エネルギーの電力や熱を使ってCO2フリーの水素を製造する取り組みが活発になっている。福岡県では海水と下水処理水から水素を製造する実証プロジェクトが始まった。北海道では牛のふん尿からCO2フリーの水素を作って燃料電池自動車に供給する「水素ファーム」が稼働した。(2017/2/15)

湖池屋の新ポテチ、売れすぎで和牛味を一時販売休止
「秘伝濃厚のり塩」「松茸香る極みだし塩」に生産を集中するために「魅惑の炙り和牛」の販売を一時休止に。(2017/2/14)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作る バイオガス発電 −Part6−
日々大量に発生する廃棄物から作ったバイオガスで発電事業に取り組む動きが全国に広がってきた。宮城県・愛知県・大阪府の下水処理場では、下水の汚泥を処理する工程で発生するバイオガスを利用して電力を供給する。静岡県の富士宮市では牛の糞尿を発酵させたバイオガスで発電事業に挑む。(2017/2/13)

闘会議2017:
モー! 牛になって女の子に乳を搾られてきた(VRで)
味わってしまったのだ、乳を搾られる感覚を(25歳男性)。(2017/2/11)

牛丼と豚丼が同時に味わえる! 吉野家が半分ずつ盛り付けた「牛豚 半丼(はんどん)」、2月24日限定で販売
「プレミアムフライデー限定」と、同日から始まる政策を意識した限定メニュー。(2017/2/9)

半ドンの日に半丼:
吉野家、プレミアムフライデー限定で「半丼」発売
吉野家が2月24日のプレミアムフライデー限定商品「牛豚 半丼」を販売。(2017/2/9)

吉野家をかたる“なりすまし”キャンペーンに注意 「牛丼15,000円分食べ放題」でポイントサイトへ誘導
牛角に続いて吉野家も。(2017/2/7)

「牛カルビ」の新メニュー:
吉野家、「牛カルビ生姜焼き」シリーズ発売
吉野家が、新メニュー「牛カルビ生姜焼き丼」「牛カルビ生姜焼き定食」を2月9日から販売する。(2017/2/6)

牛角の偽キャンペーンがTwitterで出回る 「食べ放題が無料」「タダで食える」広告に公式が注意喚起
タイムラインに表示されるプロモーションツイートから拡散されています。(2017/2/5)

290円で黒毛和牛すき焼きが食べ放題だと……! 「しゃぶしゃぶ温野菜」2店舗限定で2月9日”肉の日”抽選キャンペーンを実施
六本木店・梅田北店にて抽選で8組を招待。(2017/2/3)

自然エネルギー:
牛ふんで作った水素を燃料電池車へ、日本初の「水素ファーム」が稼働
酪農が盛んな北海道の鹿追町に日本初の「水素ファーム」が誕生する。牛ふんを発酵させたバイオガスで水素を製造して燃料電池車に供給するほか、定置型の燃料電池で電力と温水を作ってチョウザメの飼育にも利用できる。CO2フリーの水素エネルギーを生かして循環型の地域社会を目指す。(2017/1/19)

坂本ラヂヲ、クロコダイル型押しのiPhone 7/7 Plus向けフルレザーケース発売
表地裏地すべてに高品質な牛本革を使用した、クロコダイル型押しのiPhone 7/7 Plus向けフルレザーケース「GRAMAS Croco Patterned Full Leather Case for iPhone 7/7 Plus」が登場。(2017/1/11)

トングで“牛丼混ぜ男”に、「とくダネ!」が直撃「ネットが騒ぎ立ててる」と主張し迷惑行為を否定
「すき家」で、客の男性が紅しょうが用のトングを丼に入れたまま牛丼を食べる姿をネットで中継した問題で、「とくダネ!」が男性に直接取材した。(2016/12/20)

今度は「しょうがトングで牛丼混ぜ男」がネットで炎上 すき家「撮影者を特定し、警察に通報・相談しています」
ネット上では「不衛生だ」など批判が殺到していました。(2016/12/16)

Twitterで話題の「パイの実」ビーフシチューアレンジ ロッテ「人によっては好みが分かれるかも」
クリームシチュー版もあるよ!(2016/12/5)

坂本ラヂヲ、シボ打ち牛皮革のスリムなiPhone 7/7 Plus向けバックカバーケースを発売
坂本ラヂヲは、12月5日にiPhone 7/7 Plus向けケース「Embossed Grain Leather Case」を発売する。柔らかさと発色にこだわったシボ打ち牛皮革を使用した、バックカバータイプのスリムなケースだ。(2016/11/28)

マクドナルドの復活メニュー第4弾は「かるびマック」 ビーフ・オン・ビーフのジューシーな味わい!
15年ぶりの復活です。(2016/11/17)

お値段は強気の1080円 すき家で厳選素材を使用した「黒毛和牛弁当」が限定発売
17日から。(2016/11/16)

サイドメニュー拡充の裏側:
牛丼も好調! くら寿司、“外食の何でも屋”を目指す
60〜70種類の本格的なサイドメニューを提供するくら寿司。「何屋さんか分からない」と言われることが多くなったが、実際同社は“外食の何でも屋”を目指しているという。(2016/11/14)

坂本ラヂヲ、iPhone 7/7 Plus用フルレザーケースのバイカラーモデルを数量限定販売
坂本ラヂヲは、すべてに高品質な牛本革を使用したiPhone 7/7 Plus用フルレザーケースのバイカラーモデルを数量限定で発売。カラーは4タイプで、うち2タイプは直営店でのみ取り扱う。(2016/11/10)

お値段なんと2000円! ロッテリア「いい肉の日」のご褒美バーガーは松阪牛! 11月27〜29日の3日間限定
オニオンソース+生わさびの味わい。(2016/11/4)

くら寿司、サイドメニューに「牛丼」 「専門店にも負けない」
くらコーポレーションはサイドメニューの新商品「牛丼を超えた『牛丼』」を4日から販売する。「牛丼専門店にも負けない牛丼」を目指したという。(2016/11/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。