ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネスユース」最新記事一覧

関連キーワード

特選ブックレットガイド:
日本におけるAR/VRのビジネス利用は「草創期」、欧米との差が顕著に
IDC Japanが発表した「2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」を基に、日本国内におけるAR/VR市場およびそのビジネス利用動向について、世界の動きと比較しながら詳しく解説する。(2018/3/23)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
スマートスピーカー戦国時代を前に、プライバシー問題よりも注意すべきこととは
@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、特別講演「お子様も戯れるスマートスピーカー戦国時代突入〜ビジネス利用のセキュリティリスクはいかに?」の内容をお伝えする。(2018/3/9)

IDC Japan|市場動向:
“わがこと化”できない日本の現場――AR/VRのビジネス利用で世界と大きな差
IDC Japanは「2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査」に関する記者説明会を開催。国内におけるAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の市場およびビジネス利用動向を、世界と比較しながら詳しく解説した。(2018/2/7)

VRは立ち上がり時期、ARは揺りかご期:
ベンダーは「AR/VRで何ができるか」を明確にすべき――IDC Japan、国内企業を対象にしたAR/VRビジネス利用意向調査結果を発表
IDC Japanは、「2017年 AR/VR市場 企業ユーザー調査」の結果について発表した。VRのビジネス利用はマーケティングが先行し、ARはコンテンツの開発などが多い。いずれもビジネス利用は、まだ黎明期にある。(2018/2/5)

VRニュース:
「個人で体験すれば、ビジネスでも使いたくなる」――AR/VRにおけるビジネス利用調査より
IDC Japanは国内企業を対象にしたAR/VRにおけるビジネス利用に関する意向調査の結果を発表。「欧米と比較して、日本におけるAR/VRのビジネス利用状況は明らかに低調である」という結果が見えた一方で、普及へのヒントも見えた。(2018/2/2)

国内AR、VR市場は「世界より遅れている」 拡大の鍵は「ビジネス利用」と「体験」
IDC JapanがAR/VR市場の予測を発表。世界的には大きく市場が成長するものの、日本は遅れており、伸び悩むという。(2018/2/1)

iPhoneアプリ開発にはSwift? Objective-C?
モバイルアプリ開発言語をどう選ぶ? ビジネスユーザーも知るべきその違い
モバイルアプリを開発する際には、ビジネス要件と機能要件に基づき、最も適した開発言語を選ぶ。本稿では、ビジネスユーザーも参考になる主要な開発言語の特徴を紹介する。(2018/1/29)

VRニュース:
VRやAR、IoTの普及を目指す企業間コミュニティー設立、8社が参加
ホロラボは、企業間コミュニティー「IoTビジネス共創ラボ」において「xRワーキンググループ」を立ち上げた。8社の企業が参加し、VRやARとIoTのビジネス利用の促進を目指す。(2018/1/26)

PR:クアッドコアCPUでモバイル戦闘力を強化 一新された「レッツノート CF-SV7」徹底分析
多くのビジネスユーザーに支持されてきた「SZ」シリーズの後継として、最新の第8世代Coreを採用しクアッドコアCPUの性能を手に入れた「レッツノート CF-SV7」が登場。その「モバイル戦闘力」はいかほどか。(2018/1/26)

2017年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
恒例の年末企画。2017年に使ってみた製品の中から、ビジネスユースでも十分に実用的に使えると判断した、「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」のベスト5を選んでみた。(2017/12/27)

「インスタ映え」だけじゃない:
キリンとメルカリに学ぶInstagramマーケティング
「インスタ映え」が社会現象となるほど浸透したInstagram。ビジネス利用もますます盛んになっている。キリンとメルカリはInstagramを使ってどのようにマーケティングしているのか?(2017/12/15)

音楽を再生することはできても……
「Alexa」「Google Home」「Siri」をビジネス利用できないかと考える人々
「Amazon Alexa」「Google Home」「Siri」などの仮想アシスタントは、消費者の間では人気が高いが、企業導入は進んでいない。しかしITプロフェッショナルたちは、これらを企業向けに利用できないかと考えている。(2017/11/10)

人工知能ニュース:
人工知能「Watson」の無期限試用が可能に、日本IBMがビジネス利用の拡大を強化
日本IBMは、AIの活用に関するユーザーイベント「AI Business Forum TOKYO」を開催し、同社が展開する人工知能「Watson」の価値と先進事例について紹介。同時に「Watson」を含むクラウドサービスを無期限で試用できる「IBM Cloud ライト・アカウント」の開始についても発表した。(2017/10/30)

日常にさらに浸透:
Instagram、国内月間ユーザー2000万人突破 ビジネス利用も活発
Facebook傘下の写真SNS「Instagram」の国内月間アクティブユーザーが2000万人を突破した。(2017/10/3)

HP Z VR Backpack:
自動車設計の現場など、VRシステムのビジネス利用に最適化したバックパックPC
HPは、「世界初」(同社)をうたうプロフェッショナルVR向けバックパックPC「HP Z VR Backpack」を発表した。(2017/9/11)

VRニュース:
製造業や建設業のVR活用に最適なバックパックPC、GPUは「Quadro P5200」
HPは「世界初」(同社)とするプロフェッショナルVR(仮想現実)向けバックパックPC「HP Z VR Backpack」を発表した。PC本体や電池などを背負えるように一体化したバックパックPCの1種だが、VRシステムをビジネス利用する上で最適な仕様に仕上げている。(2017/8/17)

モノづくり業界の活用には期待が集まるが……
「Amazon Echo」のような音声操作技術、ビジネスで失敗する理由と成功する条件
「Amazon Echo」や「Siri」のような音声インタフェースのビジネス利用については、製造業での活用に期待が集まっている。しかし多くの企業では、音声操作技術の普及は進んでいない。その理由は。(2017/7/14)

ネットギア、ビジネスユーザーに適した2ベイ/4ベイ搭載デスクトップNAS
ネットギアジャパンは、同社製NAS「ReadyNAS」シリーズのラインアップに4TB HDDを2基/4基標準搭載したデスクトップNAS計2モデルを追加した。(2017/5/26)

Microsoft Officeとペイントも3D対応に
3D画像技術が“iPhone 8”に魔法をかける
ビジネスユーザーは、Microsoftの「Windows 10 Creators Update」と、発表がうわさされているAppleの次期スマートフォン“iPhone 8”で3D画像技術を活用できるようになるだろう。(2017/4/2)

Windows優位とは限らない
徹底比較:「Surface Pro 4」 vs. 「iPad Pro」 ビジネスユーザーの理想はどちら?
Microsoftの「Surface Pro 4」は「Windows 10」を搭載している。Appleの「iPad Pro」は優れた操作性を実現している。企業にとって最適なのはどちらだろうか。(2017/1/22)

AWSと比べて何が足りない?
Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるか
Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。(2016/12/5)

「分析“過程”の共有」「テキスト/音声によるデータビジュアル化」も可能に:
PR:アナリティクスがもっと簡単に 業務ユーザーの身近なツールになる──Oracle Analytics Cloud Service
「アナリティクスをビジネスユーザーの身近なツールに」というかけ声の下、オラクルは関連クラウドサービスの拡充を急ピッチで進めている。今後、「熟練者が持つ分析ノウハウの共有」、「テキスト/音声操作によるデータビジュアル化」などを可能にする新機能も登場するという。[ビッグデータ][Big Data](2016/11/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
まだ終わらんよ 見えてきたWindows 10 Mobileの次期アップデート
日本以外でいまいち盛り上がっていない「Windows 10 Mobile」。iOSとAndroidの壁は厚いが、ビジネスユース向けに機能強化やサポートは続けていく方針だ。(2016/10/26)

コストパフォーマンスが良いのはどちら?
徹底比較:「Surface Pro 4」vs.「MacBook」、最高の持ち運び用PCを決める
処理能力と持ち運びやすさを兼ね備えた「Surface Pro 4」と、スペックとデザイン性に優れた2016年モデルの「MacBook」。ビジネスユーザーにとって、どちらが優れたデバイスなのかを徹底比較する。(2016/7/3)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「空間をデータ化するIoTデバイス“ドローン”」
ビジネス利用の機運が高まっているドローン。空飛ぶIoTデバイスとしての可能性を踏まえつつ、活躍の場面を整理します。(2016/6/25)

ほとんど無敵の「Windows10」搭載2-in-1デバイス
Surface Proユーザーの嫉妬が怖い? 「ThinkPad X1 Tablet」に熱視線が集まるワケ
「ThinkPad X1 Tablet」は、構造、パフォーマンス、ユーティリティーのどれもビジネスユーザー向けにぴったりな2-in-1だ。(2016/6/12)

ホワイトペーパー:
オンラインストレージ&ファイル転送のビジネス利用、7つの必須ポイント
外部と大容量のファイルを共有するニーズは高まっているが、無料のオンラインストレージやファイル転送サービスを利用しているケースが多い。だが、ビジネス利用にはセキュリティなどの対策が必要だ。(2016/6/8)

Enterprise IT Kaleidoscope:
低シェアのWindows 10 Mobile、ビジネス利用で大化けするのか
市場シェアの低いWindows 10 Mobileは、個人ユーザーの間に広まるとは考えにくいが、逆にその状況が企業ユーザーの心を掴んで大化けするだろう。その理由を示してみたい。(2016/6/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
Windowsの「Cortana」やAppleの「Siri」など、音声アシスタントは、個人利用で人気を博しているが、ビジネス利用はどうなのだろうか。その可能性について紹介する。(2016/5/27)

ビッグデータから未知のトレンドを見いだした3つの事例
問題はなぜ起きた? さまざまな角度で分析する対話型データ探索と予測分析の力
ビジネスユーザーが自分で使いこなせる高度な分析ツールがあれば、日々の問題の解決で参考になるデータを収集して、将来発生する問題を防止できるような重要な意思決定の助けになるはずだ。ヒントは対話型のデータ探索と予測分析にある。(2016/5/30)

炎上の火種:
公式SNSはなぜ炎上するのか 要因は3つ
Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのビジネス利用が拡大している。一方で、炎上するケースも増えている。なぜ公式SNSは炎上するのか。要因を探ってみると……。(2016/4/13)

Windows 10の「Continuum」機能を利用
徹底レビュー:ノートPCとして使えるWindowsスマホ「HP Elite X3」、その意欲は買いだ
HPが2年ぶりに発表した「Windows 10 Mobile」搭載のスマホ「Elite X3」は、スマホだけでなくノートPCの代替機という顔も持つ。果たしてビジネスユーザーに受け入れられるのか。(2016/3/5)

Bootstrap、jQuery Mobile、AngularJS、iOS、Androidにも対応:
PR:Web APIとコンポーネントのブレンド――ビジネスユーザーには生産性を、プログラマーには自由度を、高レベルで提供する開発プラットフォームとは
ビジネスユーザーからの注目度が高かったセールスフォース・ドットコムだが、少し前から開発者からもにわかに熱い視線が向けられるようになってきた。同社のプラットフォームに特化したPaaS「Force.com」について、最新版の特長をあらためて整理しておきたい。(2016/2/29)

アイデアはあるのに使えないもどかしさ
Apple Watch、仕事で使いたいアプリが一向に登場しない理由は?
ウェアラブルデバイスのビジネス利用について多くのユーザーが将来性のあるアイデアを数多く提案しているのに、ユーザーが使いたいと思えるビジネスアプリが一向に登場しない。その理由と解決策を考える。(2016/2/17)

欲しくなるのは仕方ない
「iPad Pro」をビジネスユーザーが手にすべき“もってこい”の理由
米Appleが法人市場を狙って投入した新タブレット「iPad Pro」は、64ビットの「A9X」チップセットと4GBのメモリなど、この市場での競争で際立つ数々のスペックを備えている。(2016/1/23)

デザイン上の問題点もある
徹底レビュー:iPad Proがさらに輝きを増す「Smart Keyboard」、辛口評価の理由は
米Appleの「iPad Pro」は、ビジネスユーザーのために作られた最初のタブレットだ。その一環として、今までにない試みも行われている。それは、iPadを2-in-1ノートPCに変えるキーボードの設計である。(2015/12/26)

クラウドメールは“みんな同じ”じゃない
「クラウドを使って大丈夫?」という企業に教えたい、クラウドメールサービスの新条件
今後急増するメール転送量に耐え得るソリューションとして注目のクラウドメール。ビジネスでの利用に耐えうるために必要な条件を考える。(2015/12/15)

PR:上質さを追求したデザインが魅力――ビジネスユーザー向け機能が充実の「HUAWEI Mate S」
「格安SIMを使えるスマートフォン」というと、デザインも安っぽく、機能も抑えられたという印象があるが、そんなイメージを吹き飛ばしてくれるのが、「HUAWEI Mate S」。ビジネスシーンの高級スマホとして活躍すること間違いなしだ。(提供:HUAWEI JAPAN)(2015/12/11)

今後は「MAM」に注目?
iPhone/iPadでの“やんちゃ”を防ぐ「構成プロファイル」「MDM」を復習する
米Appleの「iPhone」「iPad」の管理や利用制限に役立つのが、「構成プロファイル」「MDM」という2大要素だ。iPhone/iPadのビジネス利用では当たり前となった両者について、あらためて確認しよう。(2015/12/7)

大画面か、携帯性か、それが問題だ
徹底比較:高くても「iPad Pro」か、カジュアルに「iPad Air 2」か、選択の決め手は?
ノートPCの代替にもなると期待されている12.9型「iPad Pro」だが、9.7型「iPad Air 2」に比べると、高性能な分だけ価格も高い。ビジネスユースかカジュアルユースか、タブレットの使用目的ごとに性能を比較した。(2015/12/6)

Microsoft Azureで提供:
米マイクロソフトがPowerAppsを発表、業務アプリをノンプログラミングで作成
米マイクロソフトは2015年11月30日、一般ビジネスユーザーが、モバイル対応の業務アプリケーションをノンプログラミングで作成、共有できるMicrosoft Azure上のサービス、「Microsoft PowerApps」を発表した。複雑なアプリケーションの作成も可能。(2015/12/1)

部門間の協業が鍵
米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則
ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。(2015/11/24)

デル株式会社提供Webキャスト
ビジネス・教育・作業現場、3つのシーンから探る、タブレットを選ぶべき理由
コンシューマー向け製品とは異なり、ビジネス利用のタブレット端末にはそれ相応の高い機能性が求められる。ビジネス・教育・作業現場の3つの利用シーンごとにタブレット端末を選択すべき理由を探ってみたい。(2015/9/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(23):
クラウド時代のセキュリティ担保にはActive Directoryフェデレーションサービスが必須となる?
Windows Server 2003 R2で初めて登場した「Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)」。Windows Server 2012 R2以降は、スマートフォンやタブレット、クラウドアプリのビジネス利用を促進する重要な役割を担うようになりました。(2015/8/19)

バードストライクのリスクを低減
ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用
変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。(2015/8/14)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)
次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は
ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。(2015/8/13)

マルチタスクにも対応
新「iPad」はどうなる? 「iOS 9」が実現する“最強のビジネスマシン”とは
iOSの最新バージョンは、新しいマルチタスクと生産性の高い機能を「iPad」ユーザーにもたらすだろう。特にビジネスユーザーは注目したい。(2015/7/21)

【連載】ドローンという体験 第2回:
人々の体験を拡張させる「メディア」としてのドローン
ドローンのビジネス利用が現実味を帯びてきたといわれるが、ことマーケティングに関わるところではどのような用途が考えられるのか。現時点での事例を解説する。(2015/6/23)

全ての人が自在に使えるわけではない
次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か
ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析の分野において、セルフサービス型のツールが人気を集めている。だが、ビジネスユーザーに受け入れてもらうには、入念な導入計画が必要になる。(2015/6/9)

モバイル端末に無頓着は許されない
タブレット/スマホとPCを一体管理、ビジネスユースなら夢物語ではない
ここ数年で、モバイル端末とクライアントPCが対等になってきている。デスクトップアプリとモバイルアプリの管理を統合する時期がきているのかもしれない。(2015/6/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。