ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CA Technologies」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

旧 Computer Associates:コンピュータ・アソシエイツ

Facebook、不正の疑いのある約200本のアプリを停止 CAスキャンダル後の進行中の審査で
Facebookが、アプリで収集した個人情報不正利用問題対策として進めているアプリ審査の進捗状況を発表した。数千本のアプリを審査して約200本を停止した。さらなる調査で、不正が確定すれば削除してユーザーに告知する計画。(2018/5/15)

英当局、Cambridge Analytica(CA)に米国民に対する個人情報開示を命令
英情報保護当局のICOがFacebookスキャンダルの渦中にある英調査会社CAの親会社SCLに対し、米国民である個人からの情報開示請求に応じるよう命じた。拒否すれば刑事犯罪とみなすとしている。(2018/5/7)

Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請
Facebookの個人情報を不正に入手して大統領選でのトランプ陣営活動に流用したとして公的調査を受けている英調査会社Cambridge Analytica(CA)が破産申請した。(2018/5/7)

Facebook、予測を上回る増収増益 CAスキャンダルの影響はまだなし
個人情報不正流用スキャンダルの渦中にあるFacebookの1〜3月期の決算は、アナリスト予測を大きく上回る増収増益だった。DAUも13%増で、MAUは約22億人に上った。(2018/4/26)

「定刻9時発 ジェットスターGK107便は〜」 JOYSOUNDに「なりきり飛行機カラオケ」爆誕! 早速機長と副操縦士になりきってみた
鉄に続いて空も。憧れのCAやパイロット、グランドスタッフになりきれるー!(2018/4/25)

FacebookのCEO、下院公聴会で「自分のデータもCAに売却されていた」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは11日、下院委員会の公聴会に出席した。いずれの質問にも当たり障りのなり回答で応じた。CAに不正流用された個人情報に自分のデータも含まれていたのかという質問には「イエス」と答えたが、「プライバシー保護のためにビジネスモデルを変える意向はあるか」には「質問の意味がよく分からない」と答えた。(2018/4/12)

Facebook、「自分の情報がCAに共有されたかどうかの確認方法」ページを開設
Facebookが、ユーザーが自分の個人情報が調査会社Cambridge Analytica(CA)に違法に流用されたかどうか確認できるWebページを公開した。既に削除された診断系アプリ「」にログインしたユーザーとその友達、約8700万人はこのページで「共有された可能性があります」と表示される。(2018/4/11)

Facebook、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅制限へ
FacebookがCAスキャンダル対策として、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅に制限する。予告していたユーザー向けのアプリリストへのリンクは4月9日からニュースフィードのトップに表示される。(2018/4/5)

Facebook、「CAが集めた個人情報は5000万人ではなく8700万人」 下院もCEOを公聴会に招請
Facebookが、トランプ陣営が雇ったCambridge Analyticaが収集した個人情報件数は、当初報じられた5000万人分より多い、8700万人分だったと発表した。(2018/4/5)

FAニュース:
熱に強い母材やコーティングで耐摩耗性を高めた切削工具の新材種
京セラは、鋼加工用チップの新材種「CA025P」を発表した。母材や母材のコーティングに熱に強い素材を採用することで、耐欠損性、耐摩耗性を向上させた。チップ交換頻度が低減する他、歩留まりの改善にも貢献する。(2018/3/27)

総フォロワー数300万超のネットワークを活用:
バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品、サイバーエージェント子会社が提供開始
サイバーエージェント子会社のCA Young Labは、バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品「バーチャルクリップ」の提供を開始した。(2018/3/26)

米大統領選でのトランプ陣営のCAによる違法キャンペーン、英メディアの覆面取材で明らかに
Facebookユーザー5000万人の個人情報を不正に入手して2016年の米大統領選でトランプ氏当選のために利用したとみられるデータ解析企業Cambridge Analytica(CA)を覆面取材してきた英Channel 4 Newが、CEOが選挙活動について語る動画を公開した。(2018/3/21)

水平線の向こう側を叩く:
新鋭ステルス戦闘機F−35の“真の力” 「NIFC-CA」の威力
最新鋭ステルス戦闘機「F35AライトニングII」の航空自衛隊配備分の最初の1機が26日、空自三沢基地(青森県)に配備された。(2018/2/28)

「どこの空港で会えますか?」 最上もが、赤エナメルのCA風コスでファンにアテンションプリーズ
搭乗手続きしたくなる。(2018/2/11)

JAEPO2018:
チームで戦う銃撃戦 全身で楽しむ、VR eスポーツ「TOWER TAG」
CAセガジョイポリスが、「JAEPO2018」でVR対戦型シューティングゲーム「TOWER TAG」の展示をしている。(2018/2/9)

人材に広がり:
国内YouTuber市場は219億円 1年で2.2倍に
国内YouTuberの市場規模は前年比約2.2倍の219億円――CA Young Lab調べ。(2018/1/30)

ドコモの「Xperia XZ Premium SO-04J」がAndroid 8.0へ
NTTドコモは、12月18日にソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」をAndroid 8.0へアップデートした。「ピクチャー イン ピクチャー」への対応や3D撮影機能の追加、4CAの利用などが可能となる。(2017/12/18)

JR東海が在来線に「駅ナンバリング」導入 訪日外国人に向けて路線記号・路線カラー・駅番号でわかりやすく
TOICAエリアや訪日観光で人気の駅に導入されます。(2017/12/13)

CA World '17:
機械学習で異常発生を予測して自動解決――CA、メインフレーム向けのシステム管理ソリューション3製品を発表
CA Technologiesは、年次カンファレンス「CA World '17」で、メインフレーム向けのシステム管理ソリューション3製品を発表した。(2017/11/20)

ASUS、3K液晶を備えたCore m3/i5搭載12.6型Windowsタブレット「TransBook 3 T305CA」
ASUS JAPANは、3K表示対応の高解像度液晶ディスプレイを搭載したWindowsタブレットPC「ASUS TransBook 3 T305CA」を発表した。(2017/9/13)

アンリツ MT8821C:
LTE-Advanced 6CAの最大スループット試験に成功
アンリツは、同社のラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」とSamsung ElectronicsのLTEチップセットを用いて接続検証を実施し、LTE-Advanced 6CAで256QAMを使用した際の最大スループットとなる1.2Gビット/秒での試験に成功した。(2017/9/4)

下り最大300Mbps SIMフリーLTEホームルーター「novas HOME+CA FREE」発売
シンセイコーポレーションは、SIMロックフリーのLTEホームルーター「novas HOME+CA FREE」を8月9日に発売。キャリアアグリゲーションで下り最大300Mbpsを実現し、回線工事不要ですぐに利用できる。(2017/8/4)

サッカー本田圭佑選手が「Makuake」に出資 CA傘下のクラウドファンディング企業
「Makuake」にサッカー本田圭佑選手出資。「クラウドファンディングの可能性に関心を寄せ、Makuakeのコンセプトに共感した」という。(2017/8/2)

Facebook動画広告が対象:
電通と電通デジタル、Kaizen Platformと提携して動画広告のクリエイティブ改善ソリューションを提供
電通デジタルと電通は、Kaizen Platformと業務提携し、Facebook動画広告のクリエイティブを改善するソリューション「P動CA(ピー・ドウ・シー・エー)」の提供を開始する。(2017/6/23)

「総額30億円」 サイバーエージェントとCygamesが「アニメファンド」組成
サイバーエージェントがCygamesとアニメ領域へ投資する「CA-Cygamesアニメファンド」の組成を発表。6月中に組成し、「AbemaTV」のアニメコンテンツ拡充やゲーム化を目指す。(2017/6/8)

ブランド毀損防止と広告効果最大化へ新サービス:
24時間365日ブランドセーフティを人的に監視、サイバーエージェントが専門組織を設立
サイバーエージェントは「ブランドセキュリティセンター」を設立。広告出稿に伴うブランド毀損防止と広告効果の最大化を図るサービス「CAブランドセキュリティ」を6月中に提供開始する。(2017/6/6)

「APIがビジネスに与える影響」を多くの企業が認識するも……:
日本企業は「API活用」が出遅れている CA調査
CA Technologiesが「企業のAPI活用」に関するグローバル調査の結果を公表。多くの企業が「APIの活用と高度な管理は競合他社との差別化に有効である」と回答したものの、日本企業は「API活用率」が世界平均より低く、「出遅れている」と評された。(2017/5/25)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第4回:
「AbemaTV」に学ぶ、前例のない取り組みにおけるKPI設定の考え方
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、Webサイト改善の実例について「AbemaTV」を運営するサイバーエージェントの須磨守一氏に対談形式でお話を聞きます。(2017/5/25)

「先進企業が語る、API活用最前線」レポート(前編):
みずほFinTechは、API活用でIoT決済プラットフォームの研究開発を推進する
2017年3月15日に開催された@IT API活用セミナー「先進企業が語る、API活用最前線」の中から、みずほフィナンシャルグループ、日本CA、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジの講演模様をお届けする。(2017/4/11)

Google Chromeチーム、Symantec証明書の段階的失効を提案
大手認証局(CA)を傘下に持つSymantecが証明書発行の不手際を繰り返しているとして、GoogleはChromeブラウザでSymantecが発行した証明書の有効期間を短縮するなどの措置を提案した。(2017/3/27)

動画広告に説明文などの付加が可能に:
サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」において、ネイティブ動画フォーマットの対応を開始したと発表した。(2017/2/21)

Tech TIPS:
ThunderbirdでプライベートCA発行の証明書がエラーになる場合の対策方法(Windows)
Mozilla Thunderbirdは、Windows OSから独立して証明書を保存・格納して管理しているため、証明書に起因するエラーが発生することがある。Thunderbirdが正しく証明書を扱えるように、証明書のインポート方法を紹介する。(2017/2/9)

ANA、3月21日からC-3PO仕様の国内線就航 特別塗装機にはCA専用エプロンに専用ヘッドレストカバーなど
CAさん着用のエプロンがめちゃくちゃかわいい。(2017/1/20)

CES 2017:
ASUS、360度ヒンジでAndroidアプリも(もうすぐ)使える「Chromebook Flip C302CA」
ASUSがGoogleのChrome OS搭載ノートPC「Chromebook Flip C302CA」を発表した。360度ヒンジでタブレットのようにして使うこともできる。12.5インチディスプレイはタッチ対応で、将来はAndroidアプリも使えるようになる。(2017/1/4)

「CA World'16」レポート:
企業の勝敗を分けるのは「ソフトウェア」――CAが唱える”モダンな”ソフトウェア開発の在り方とは
2016年11月14〜18日(米国時間)にかけて開催されたCA Technologiesの年次カンファレンス「CA World'16」。本稿では、11月18日に行われた基調講演のレポートをお届けする。(2016/12/1)

「CA World'16」レポート:
CA、「変化を常とする」企業を後押しするソリューション群を発表
CA Technologiesは2016年11月14〜18日(米国時間)、同社の年次イベント「CA World'16」を開催。11月16日の基調講演にはCEOのMike Gregoire氏が登壇した。(2016/11/17)

LCCのピーチ・アビエーション、初の新卒採用
格安航空会社のピーチ・アビエーションが創業以来初めての新卒採用を実施する。職種はCA。好調な業績が背景にある。(2016/11/8)

日本企業の課題は「市場投入速度」:
「デジタルトランスフォーメーション」と企業成長の相関関係が明らかに CAが調査
CA Technologiesが、「デジタルトランスフォーメーションが企業に与える影響」に関する調査結果を発表。日本企業も、多くが「アジャイルやDevOpsなどのベストプラクティスの採用を徹底していくことで、ビジネスへの影響が高まる」と回答した一方で、「市場投入スピード」が世界平均より遅い結果だった。(2016/11/7)

NECプラットフォームズ、LTE-Advanced 3CAにも対応したモバイルルータ最新モデル「Aterm MR05LN」
NECプラットフォームズは、同社製モバイルルータ最新モデル「Aterm MR05LN」を発表。新たに、3つの周波数帯を束ねて高速通信を実現できる3CAもサポートした。(2016/8/30)

オンライン学習で巧妙化する手口にも対応:
CAリワード、成果報酬型広告の不正検知にAIを導入
サイバーエージェント アドテクスタジオは、CAリワードの成果報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper」において、AIの活用を開始した。(2016/8/29)

広告枠の買い付けから配信後の効果測定までワンストップで提供:
サイバーエージェント、ブランド効果に特化した運用型広告「CA本部DSP」を提供開始
サイバーエージェントはブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図るブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」を提供開始した。(2016/7/20)

オムロン E3S-DC/E3NX-CA:
独自センシング技術とアルゴリズムを搭載し、カラーマークを確実に検出
オムロンは、包装材に印刷されたカラーマークを検出するためのカラーマーク光電センサー「E3S-DC」シリーズと、カラーファイバーアンプ「E3NX-CA」シリーズを発売した。(2016/6/23)

顧客データからセグメントを作成:
サイバーエージェント、「LINE公式アカウント」からお薦め商品情報をメッセージ配信
サイバーエージェント アドテクスタジオは、「LINE ビジネスコネクト」向け配信ツール「CA Link」に、リアルタイムレコメンド機能を追加したと発表した。(2016/6/22)

炎天下の作業を安全に! 着るエアコン「クールアーマーCA2」がクラウドファンディング実施中
ゆるキャラの中の人にもおすすめです。(2016/5/17)

ドコモ、「Xperia X Performance SO-04H」を発表 375Mbps通信+より高音質なVoLTEに対応
“Xperiaの第3章”の幕開けを飾る「Xperia X Performance」のドコモ版が登場。3波キャリアグリゲーション(3CA)に対応し、対応エリアでは下り最大375Mbpsで通信できる。(2016/5/11)

3.5GHz帯に初対応 3波CAで下り最大370MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」【画像追加】
3.5GHz帯のTDD-LTEに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」。容量4750mAhのバッテリーを内蔵し、スマホへの充電機能も備えた。(2016/5/11)

In Win、変形してベンチ台にもなる大型タワーケース「IW-CA06」
CFD販売は、側面パネルを展開してベンチ台として利用することも可能なE-ATXマザー対応フルタワーケース「IW-CA06」シリーズの取り扱いを開始する。(2016/2/19)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(12):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(3)
前回は「Active Directory証明書サービス(AD CS)」のルートCA(スタンドアロンCA)の構築方法を解説した。今回は、発行CAの構築手順を解説する。(2015/12/2)

FAニュース:
発生・測定精度が向上した単機能プロセスキャリブレータ3機種を発売
横河メータ&インスツルメンツは、単機能プロセスキャリブレータ「CA300」シリーズ3機種を発売した。差圧・圧力伝送器、信号変換器、調節計、温度伝送器、温度センサーなど、各種計装機器の校正・点検に対応する。(2015/11/16)

アンリツ MX882112C-041など:
LTE-Advancedの評価を可能にするソフトウェア
アンリツは、携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」の機能を強化し、1台の無線テスタでLTE-Advanced DL CA 4CCsの評価を可能にするソフトウェアを発売した。(2015/10/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。