ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CA Technologies」最新記事一覧

旧 Computer Associates:コンピュータ・アソシエイツ

NECプラットフォームズ、LTE-Advanced 3CAにも対応したモバイルルータ最新モデル「Aterm MR05LN」
NECプラットフォームズは、同社製モバイルルータ最新モデル「Aterm MR05LN」を発表。新たに、3つの周波数帯を束ねて高速通信を実現できる3CAもサポートした。(2016/8/30)

オンライン学習で巧妙化する手口にも対応:
CAリワード、成果報酬型広告の不正検知にAIを導入
サイバーエージェント アドテクスタジオは、CAリワードの成果報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper」において、AIの活用を開始した。(2016/8/29)

広告枠の買い付けから配信後の効果測定までワンストップで提供:
サイバーエージェント、ブランド効果に特化した運用型広告「CA本部DSP」を提供開始
サイバーエージェントはブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図るブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」を提供開始した。(2016/7/20)

オムロン E3S-DC/E3NX-CA:
独自センシング技術とアルゴリズムを搭載し、カラーマークを確実に検出
オムロンは、包装材に印刷されたカラーマークを検出するためのカラーマーク光電センサー「E3S-DC」シリーズと、カラーファイバーアンプ「E3NX-CA」シリーズを発売した。(2016/6/23)

顧客データからセグメントを作成:
サイバーエージェント、「LINE公式アカウント」からお薦め商品情報をメッセージ配信
サイバーエージェント アドテクスタジオは、「LINE ビジネスコネクト」向け配信ツール「CA Link」に、リアルタイムレコメンド機能を追加したと発表した。(2016/6/22)

炎天下の作業を安全に! 着るエアコン「クールアーマーCA2」がクラウドファンディング実施中
ゆるキャラの中の人にもおすすめです。(2016/5/17)

ドコモ、「Xperia X Performance SO-04H」を発表 375Mbps通信+より高音質なVoLTEに対応
“Xperiaの第3章”の幕開けを飾る「Xperia X Performance」のドコモ版が登場。3波キャリアグリゲーション(3CA)に対応し、対応エリアでは下り最大375Mbpsで通信できる。(2016/5/11)

3.5GHz帯に初対応 3波CAで下り最大370MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」【画像追加】
3.5GHz帯のTDD-LTEに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」。容量4750mAhのバッテリーを内蔵し、スマホへの充電機能も備えた。(2016/5/11)

In Win、変形してベンチ台にもなる大型タワーケース「IW-CA06」
CFD販売は、側面パネルを展開してベンチ台として利用することも可能なE-ATXマザー対応フルタワーケース「IW-CA06」シリーズの取り扱いを開始する。(2016/2/19)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(12):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(3)
前回は「Active Directory証明書サービス(AD CS)」のルートCA(スタンドアロンCA)の構築方法を解説した。今回は、発行CAの構築手順を解説する。(2015/12/2)

FAニュース:
発生・測定精度が向上した単機能プロセスキャリブレータ3機種を発売
横河メータ&インスツルメンツは、単機能プロセスキャリブレータ「CA300」シリーズ3機種を発売した。差圧・圧力伝送器、信号変換器、調節計、温度伝送器、温度センサーなど、各種計装機器の校正・点検に対応する。(2015/11/16)

アンリツ MX882112C-041など:
LTE-Advancedの評価を可能にするソフトウェア
アンリツは、携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」の機能を強化し、1台の無線テスタでLTE-Advanced DL CA 4CCsの評価を可能にするソフトウェアを発売した。(2015/10/13)

CAが考える新しい「アプリケーションエコノミー」時代:
アイデンティティとAPIがデジタルエコノミーの基盤に
2015年9月に来日した米CA Technologies アジア太平洋&日本 セキュリティ&API管理部門担当副社長のヴィック・マンコティア氏に、アイデンティティとAPIの管理を中核とした同社の戦略を聞いた。(2015/10/8)

ハイブリッドクラウド環境でのID管理を強化:
CA、特権ID管理のXceedium買収を発表
CAテクノロジーズは2015年8月4日(米国時間)、特権ID管理製品を販売するXceediumの買収を発表した。両社の製品を組み合わせることで、ハイブリッドクラウド環境でのアイデンティティ管理ソリューションの拡充を図るのが狙い。(2015/8/11)

APIポリシーの適用などを効率化:
API管理ソリューションで、企業のアプリケーション開発期間は97%短縮――米CA、調査結果を発表
 米CAは2015年6月16日(米国時間)、API管理ソリューション「CA API Management」により、企業のアプリケーション開発期間を97%短縮できるとする調査結果を発表した。(2015/7/22)

CAを待つ? 4×4 MIMOを探す?:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第3回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。今回は、いよいよ、通信速度の実測調査。決め手は、CAの爆速か? 4×4 MIMOの立地条件か? (2015/6/19)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
LTE-Advanced端末の試験を1台で、3CC CA/2×2 MIMOに対応
アンリツは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015(WTP2015)」で、3CC CA(キャリアアグリゲーション)と2×2 MIMOを搭載したLTE-Advanced対応端末の試験を1台で行える無線機テスター「MT8821C」を展示した。将来的には、4CC CAにも対応する予定だという。(2015/6/1)

テスト制約を解消し、開発スピードと品質を向上:
クオリカとCA Technologies、サービス仮想化ツール「CA Service Virtualization」の機能をサービスとして提供する「QTaaS」をスタート
連携先システムが未完成のためテストに待ち時間が生ずるなど、さまざまなテスト制約の問題を解消するサービス仮想化ツール「CA Service Virtualization」の機能と、その活用ノウハウをクラウドサービスとして提供する。(2015/4/6)

3月25日「ニコニコ超会議2015発表会」:
JAL門外不出のファーストクラス客席&現役CA最高のおもてなし体験
ステップカーも登場!(2015/3/25)

Tech TIPS:
Windowsで「不正なCAルート証明書」を確認して削除する
「Superfish」事件では一緒にインストールされたCAルート証明書のせいで、通信の暗号化などが「骨抜き」になる事態に発展してしまった。そうした「不正なCAルート証明書」の削除方法と注意点を、Windows向けに解説する。(2015/2/24)

こいつは確かにヤ倍速っす:
電測バスが走る! 下り200Mbps超のCA対応WiMAX 2+を実況解説
2月12日から栃木県真岡市で始まったWiMAX 2+のCA対応。下り最大220Mbpsにどこまで迫れるのか。現地で“すごい数値”を目撃した。(2015/2/20)

テスト/計測:
LTE-Advanced 3x CA機能を検証、ローデの無線機テスタ
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、広帯域無線機テスタ「R&S CMW500」を用いて、LTE-Advancedの3帯域キャリアアグリゲーション(3x CA)カテゴリ9のスループット試験を実施した。(2014/12/18)

ソネット、高速モバイル通信サービス「So-net モバイル」の名称変更&新プラン提供を開始
ソネットは、高速モバイル通信サービス「So-net モバイル EM」を「So-net モバイル YM」へと名称変更。同時にCA対応の最新端末「Pocket WiFi 305ZT」を提供する新プラン「4G にねんプラス」も開始する。(2014/12/1)

電子コミック・プチレビュー:
ドジなCAが放った起死回生の機内アナウンスとは?
今回取り上げる『CAとお呼びっ!』は、飛行機のキャビン・アテンダントが主人公。いつもドジをやらかしつつ、元気いっぱい、親しみの持てるキャラクターです。(2014/11/14)

Arcserve、統合型バックアップ/リカバリ製品のアップデートをリリース
CAからスピンアウトしたArcserveは、5月に発売したばかりの「Arcserve UDP」の拡張版を早くも発表した。(2014/11/5)

ワイモバイル、7Gバイト超でも追加料金なしの「305ZT」向け“使い放題”キャンペーン
ワイモバイルは、モバイルWi-Fiルーター「305ZT」の追加料金を最大2年間無料にする向け「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」を開始した。(2014/11/4)

NEWS
Facebookも採用、データセンター運用効率化ソフトを国内提供――CA
データセンターの構成要素である“ファシリティ”と“IT機器”を一元管理。視覚的な2D/3D表示、電源系統の細かい相関関係の把握などができる。(2014/10/30)

「WiMAX 2+」、CA導入で最大220Mbpsに WiMAXは最大13.3Mbpsに低速化
下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」にキャリアアグリゲーションを導入し、同220Mbpsに高速化。WiMAXを提供している周波数帯域も利用するため、WiMAXは低速化する。(2014/10/27)

アルミハウジングで振動を抑える:
マクセル、ダイナミックドライバー搭載のカナル型イヤフォン「MXH-CA220」
日立マクセルは、カナル型イヤフォン「+Fit」シリーズの新製品を発売する。(2014/8/5)

前GMマイク・クレスト氏がCEOに就任:
独立会社“arcserve”が8月1日付けで設立
CAからarcserve部門が独立起業し、CEOには前GMのマイク・クレスト(Michael Crest)氏が就任した。(2014/8/5)

スマホにタッチで音楽再生 ICカード「M-CA MUSIC」発売 第1弾は初音ミク
タッチ アンド リッスン!!(2014/7/24)

米CA、バックアップ事業を投資会社に売却
「arcserve」ブランドで展開してきたデータ保護事業をMarlin Equity Partnersに譲渡する。(2014/7/9)

メインフレームのデータをAWSにバックアップ、CAがテープレスの新方式
IBMのメインフレーム「System z」のデータをAWSのクラウドストレージにバックアップする新ソリューションをCAが発表した。(2014/6/24)

ケーブルスッキリ:
エレコム、ケーブル「巻き取りリール」を装備したカナル型イヤフォン2製品――「EHP-CS3540R」「EHP−CA3540R」
エレコムはケーブル「巻き取りリール」を装備したカナル型イヤフォン2製品を発売する。通話も可能なマイク付きモデルと、ヘッドフォン単体モデルをラインアップする。(2014/6/17)

開発と運用、もう仲が悪いとは言わせない:
DevOpsを支援する継続的デリバリー支援ツール
CA Technologiesが継続的デリバリー支援ツール「CA LISA Release Automation」を出荷。企業のDevOps推進を支援する姿勢をより強くした。(2014/6/5)

時間・手間・コストに悩むIT管理者へ:
PR:複雑化するシステムと巨大化するデータを保護できますか? 記者が「使える!」と確信した最新バックアップ
システムやデータの増大化が止まらない。業務に不可欠なシステムやデータの確実な保護はIT部門にとって至上命題だ。しかし、バックアップに伴う時間はどんどん長くなり、運用も煩雑になる一方、コストは増やせない。こうしたバックアップを取り巻く現状に対し、最適な解決策を提示したのがCA Technologiesの新製品「CA arcserve UDP」だ。(2014/5/19)

バックアップ製品:
CA ARCserveの機能オールインワン版「Unified Data Protection」
ARCServe D2Dに複数の機能を盛り込んだ新しいラインアップが登場する。(2014/5/14)

CAが統合型バックアップを投入、標準機能拡充でニーズ対応を強化
新製品の「CA arcserve UDP」では運用や仮想化、災害対策における多様なニーズに対応した各種機能を標準で提供する。(2014/5/13)

日本企業のIT支出、24%はIT部門以外から――3年後は39%に上昇
CA TechnologiesのIT担当者への調査で、日本企業ではIT支出の約4分の1がIT部門以外の部門で発生しており、IT部門の役割は大きく変化していることが明らかになった。(2014/4/24)

MITM攻撃やなりすましへの対策強化:
CA、シングルサインオン製品「SiteMinder」にリスクベース認証機能を追加
CA Technologiesは、なりすまし対策を強化するリスクベース認証機能「セッションアシュアランス」を追加したシングルサインオンソフトウェア「CA SiteMinder r12.52」を発表した。(2014/4/2)

ホワイトペーパー:
VMware環境に最適なバックアップ製品の機能比較表
VMwareの仮想化環境をバックアップできる製品の中から、VADPバックアップをサポートしている製品、そして、ストレージのコピー機能とVMware環境を連携できる製品の機能を比較した。比較対象は、CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など、主要ベンダーの製品である。(2014/2/26)

子ども向けプログラミングの現場から(3):
プログラミング教育の必要性と効果、保護者はどう感じたか―― CA Tech Kids講演会リポート
小学生向けプログラミング教育を手掛けるCA Tech Kidsが開催した保護者・教育関係者向け講演会の模様をリポートする。2人の小学生によるプレゼンも行われた。(2014/2/18)

米CA Technologies クレスト氏に聞く:
どうしたら“とことんシンプルなバックアップ”ができるのか?
複雑化した仮想化環境下でのバックアップ構築に悩む管理者は多い。どのようにしたら、シンプルで有用なバックアップ体制が築けるのか。米CA Technologiesのクレスト氏に聞いた。(2013/11/27)

Windows Server 2012 R2/System Center 2012 R2のすべて:
PR:Windows Server 2012 R2によってさらなる進化を遂げる「CA ARCserve」シリーズ
日本CAでは、企業サーバー向けバックアップソフトとして「CA ARCserve」シリーズを展開。簡単なイメージバックアップから高度なレプリケーションまで、あらゆるデータ保護のニーズに応えている。Windows Server 2012 R2にも早急に対応し、Windows Server 2012対応時の機能強化に加えて、さらに手軽で高品質な機能を追加していく予定だ。(2013/11/21)

ITインフラの監視にも変化の波、CAが新版で対応強化へ
企業や事業者のITインフラが複雑化しつつあり、CAはツール活用で効率的な運用を実現すべきと提起する。(2013/11/12)

『絶体絶命英雄』第2巻、今冬キャラアニから発売
キャラアニは、ニコニコ静画(公式)の人気コンテンツを書籍化する「ニコニコCAコミックス」で、ヒーロー活劇『絶体絶命英雄(著・今野隼史)』の第2巻を今冬発売。(2013/10/28)

青幻舎、折り紙の折り方確認に加えて色づけ・プリントもできるiPhone向けアプリ「折りCA」
青幻舎は、折り紙で遊べるiPhone向けアプリ「折りCA(おりか)」を配信開始。折り紙に色をつけたり、印刷したりして楽しめる。(2013/10/28)

CA、システム開発テストを効率化する「CA LISA 7.1」提供 SAP連携を強化
システム開発テストの効率化ソリューション「CA LISA」の最新版がリリース。SAP ERPやメインフレームへの対応を強化したという。(2013/10/22)

2013年PC秋冬モデル:
ASUS、5万円台でマルチタッチ対応のWindows 8モバイルノート「VivoBook X200CA」など秋モデル6シリーズを投入
ASUSTeKは、2013年秋モデルとなるノートPC計6モデルを発表。タッチパネル搭載ノート「VivoBook」シリーズを中心に、ゲーミングモデルや大画面モデルなども用意した。(2013/8/22)

統合型メインフレーム管理製品群「CA Chorus」を強化 CA
CA Technologiesは、統合型メインフレーム管理製品群の構成製品である「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」を発売した。(2013/8/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。