世界を変える5G
ニュース
» 2020年12月07日 13時30分 公開

ドコモが5Gにおける「キャリアアグリゲーション(CA)」を世界初提供 「Xperia 5 II」など3機種が対応 通信速度は下り最大4.2Gbps

NTTドコモのSub-6帯域(3.7GHz帯/4.5GHz帯)の5Gネットワークが、キャリアアグリゲーションに対応した。米QualcommのSnapdragon X55 5Gモデムを搭載する端末のうち、3機種でソフトウェアアップデートを適用すれば利用できる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモと米Qualcomm Technologiesは12月7日、Sub-6(6GHz未満の帯域)の電波を使ったキャリアアグリゲーション(CA)をドコモの5Gネットワークにおいて世界で初めて提供することを発表した。対応端末において、同日から利用できる。

キャリアアグリゲーション

 CAは離れた周波数帯の電波を束ねて利用することで通信速度を向上する技術。今回はドコモが保有する3.7GHz帯と4.5GHz帯の電波を束ね、合計100MHzの帯域を確保することで下り最大4.2Gbps(理論値)の通信に対応した。

 Sub-6におけるCAに対応するのは、以下の機種。いずれもソフトウェア更新が必要となる。

SO-52A Xperia 5 II SO-52Aは対応開始日からSub-6帯の5GにおけるCAを利用できる。ただし、ソフトウェア更新が必要だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう