ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商業施設」最新記事一覧

日本テイストの商業施設輸出、不動産大手で活発化 訪日客も後押し「帰国後も同じ体験を」
多くの訪日外国人が買い物をしたり、文化・芸術や娯楽を楽しんだりするために訪れた超高層複合ビルや大型商業施設などを輸出する動きが、不動産大手で活発化してきた。(2017/10/20)

個性を生かした街へ:
「東京ミッドタウン日比谷」18年春に誕生
三井不動産が、東京・日比谷に建設中の大規模複合ビルの名称を「東京ミッドタウン日比谷」に決定した。地下4階・地上35階建てで、商業施設、映画館、オフィスなどが入居予定。(2017/9/4)

仏ブランド「ロンシャン」入居:
三菱地所、「エムズクロス表参道」9月開業
三菱地所が東京・表参道に建設を進めている商業施設ビルの名称が「エムズクロス表参道」に決定。オープンは9月を予定している。【訂正】(2017/8/15)

動来店誘導から館内行動解析まで:
東急エージェンシー、商業施設向けにジオターゲティング広告連動O2Oソリューションを提供
東急エージェンシーは、商業施設向けの顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager」にジオターゲティング広告連携機能を強化し、販売を開始した。(2017/7/11)

鹿島、シンガポールで複合開発 総事業費1000億円超、アジア最大規模
鹿島建設は、シンガポール・ビダダリにある約2.5ヘクタールの国有地の借地権を約900億円で落札し、来年にも住宅と商業施設の複合開発事業に乗り出す。(2017/6/27)

PUX Softsensor Analytics Edge:
既存カメラで作業員の動線を分析、ヘルメット着用でもAIが高精度に検出
一般的なカメラ映像から、現場の人物動線を計測するシステムをPUXが提供開始した。ヘルメットを装着した人物の検出もAI利用で高精度にこなし、既に大手自動車メーカー工場や商業施設へ導入されているという。(2017/5/15)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
ギンザ シックスが「規格外」である理由
東京・銀座6丁目にオープンしたばかりの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。さっそく大行列ができるなど、早くも人気の商業施設になりそうです。実はギンザ シックスにはほかの商業施設にはない特徴がいくつかあるのです。(2017/4/22)

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」開業
松坂屋銀座店の跡地にオープン。高級ブランドをはじめ241店舗が入居。(2017/4/20)

観光案内ブースなど設置:
ローソン、銀座に訪日外国人向け店舗を開店
ローソンが、都内で開業する大型商業施設の「GINZA SIX」内に、訪日外国人向け店舗を出店する。(2017/4/11)

「人気アイドルに育てたい」:
人工アイドル「アンドロイドル」は永遠の22歳
大阪大学の石黒研究室はアンドロイドとアイドルを掛け合わせた“アンドロイドル”「U」を開発した。ニコニコ生放送や商業施設での活用(実証実験)を通じて人気アイドルに育てていくという。(2017/2/15)

FM:
ワトソンが“声”で日本橋を案内、建物の「データベース化」で実現
清水建設、日本IBM、三井不動産の3社は、東京・日本橋の商業施設で音声ナビゲーションシステムの実証実験を開始する。スマートフォンとビーコン、さらにBIMモデルのような建物の空間情報データベースを活用し、一般利用者の他、車いす利用者や視覚障がい者など、ユーザーごとに最適な経路をリアルタイムに音声で案内できるシステムだ。(2017/1/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と生まれ変わった宮城県女川町を旅した
東日本大震災で市街の大半が消失し、復興の過程にある宮城県女川町。石巻線の全線復旧から1年10カ月、駅前商業施設「シーパルピア女川」のオープンから1年が過ぎた。新しい町に人々が列車で訪れる様子を見て、鉄道がある町の活気を感じた。(2017/1/13)

省エネビル:
豊洲にエネルギー供給機能を持つ大型施設、2020年完成
三井不動産は豊洲二丁目駅前地区で推進中の「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2‐1街区 AC棟計画」に着手した。オフィスや商業施設、ホテルから成る豊洲エリア最大規模の複合施設が2020年に完成する予定だ。電力と熱を供給する「エネルギーセンター」も併設し、BCP対策も強化する。(2016/12/5)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
新商業施設「中目黒高架下」の“新時代感”
11月22日、中目黒駅の高架下に新たな商業施設「中目黒高架下」がグランドオープンしました。このところ盛り上がりを見せている「ナカメ」に誕生したこのショッピングセンターは一体どんな特徴があるのでしょうか?(2016/11/26)

○○駅の拠点力(蒲田編):
2つの駅がある蒲田は、どんな街なのか?
映画『シン・ゴジラ』でゴジラが最初に上陸したのは蒲田だった――。地名を聞いたことがある人は多いと思うが、どんなところなのか。商業施設が充実していて……。(2016/11/4)

「Galaxy Studio」がKITTEに再オープン 「Gear S3」や新たなVRを体感可能
サムスン電子の「Galaxy」シリーズを“体感”できる「Galaxy Studio」が、東京の商業施設「KITTE」に再登場する。新型スマートウォッチ「Gear S3」を日本初公開するほか、新たなVRコンテンツを文字通り“体感”できる。(2016/10/18)

「玉ねぎしか売ってません」 “生ける廃墟”と話題の巨大モールがどうしてこうなったのか聞いてみた
周辺にはイオンなどの大型商業施設があるのです。(2016/9/12)

池袋サンシャイン通りに首都圏最大級のシネコン誕生へ
店舗も合わせた大型商業施設計画が始動。(2016/8/10)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

太陽光で携帯4台を同時充電 シャープ「ソーラー充電スタンド」発売 観光地や商業施設に
太陽光で携帯やスマートフォンを4台まで同時に充電できる「ソーラー充電スタンド」をシャープが発売。観光地や公共エリア、商業施設など向け。(2016/6/28)

よりパワフルになり業務を強力にサポートする「Endeavor ST180E」:
PR:デジタルサイネージ、フロントデスク――エプソンの省スペースデスクトップPCが業務の“即戦力”になる理由とは?
商業施設の案内情報や広告をディスプレイに表示するデジタルサイネージや、オフィスの管理端末など、さまざまな環境で利用されるシステムで大事なものとは? エプソンダイレクトの考える省スペースデスクトップPCについて解説しよう。(2016/6/9)

Galaxy S7 edgeやVRを体験できる「Galaxy Studio」が商業施設「KITTE」に期間限定オープン
「Galaxy S7 edge」やVRを体験できるエンターテインメントパーク「Galaxy Studio」が、5月19日から商業施設「KITTE」に期間限定でオープンする。(2016/5/12)

森や井戸もある、赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」が一部開業
5年前に閉鎖した赤坂プリンスホテルの跡地に新たな複合施設が誕生した。オフィスや商業施設、賃貸住宅などからなる「東京ガーデンテラス紀尾井町」だ。今年7月のグランドオープンに先駆けて、施設の一部を開業した。(2016/5/9)

「テラスモール湘南」実証実験をレポート:
「Pepper」がただの「客寄せ」で終わらない理由
人型ロボット「Pepper」を商業施設のポイントキャンペーンへの集客に使い、その効果を検証する実験が行われている。デジタルマーケティングの文脈でPepperに期待される役割を聞いた。(2016/5/4)

省エネ機器:
ゼロ・エネルギーを実現する日本最大の商業施設、愛知県に誕生
年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロになる「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」を実現する商業施設が愛知県津島市に完成した。大和ハウスグループのロイヤルホームセンターの新店舗で、ZEBを実現できる商業施設としては日本最大規模になるという。(2016/4/21)

自然エネルギー:
アウトレットの電力を800kWhの再生可能エネルギーに、日本最大の購入量
三菱地所・サイモンは同社が運営する国内4カ所のアウトレットモールで、使用電力の一部を再生可能エネルギーに切り替えた。グリーン電力証書を活用したもので、購入した電力量は800kWh。国内商業施設としては最大規模の購入量となるという。(2016/4/11)

スマートシティ:
横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通
横浜市で先進的なスマートシティの開発が進んでいる。港北区綱島地区にあるパナソニックの事業所跡地を活用し、Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」としてパナソニック、横浜市、野村不動産、東京ガス、米Apple社など10団体が参画して開発を進める。マンション、商業施設の他、米Apple社の研究開発施設も建設する。再生可能エネルギーや水素などの利用率を30%まで高める他、IT技術を活用したサービスも提供していく計画だ。(2016/3/29)

セブン&アイ、千葉県柏市に最大級の商業施設 来春オープン
セブン&アイ・ホールディングスは16年春に「SEVENPARK ARIO KASHIWA」(セブンパーク アリオ柏)を、千葉県柏市にオープンする。(2015/10/23)

JR大阪駅内にドンキ出店 初の駅ナカ店舗
JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」にドン・キホーテ新店舗が10月下旬にオープンする。(2015/9/4)

沖縄・瀬長島ウミカジテラスに「Airレジ」「Airウェイト」「Airリザーブ」導入
沖縄でオープン予定の商業施設「瀬長島ウミカジテラス」は、リクルートライフスタイルの「Airレジ」「Airウェイト」「Airリザーブ」を導入した。(2015/7/27)

PR:電気料金を5〜10%削減、オフィスや商業施設でLooopのサービス導入
オフィスや商業施設、公共施設はかなりの量の電力を使う。値上がりが続く電気料金をなるべく抑えたい。このような悩みに役立つのが「高圧新電力サービス」だ。2015年から同サービスを開始したLooopと契約することで、5〜10%電気料金を削減できるという。(2015/7/24)

渋谷駅南側に180m超高層ビルが2018年秋開業予定 商業施設に多目的ホール、ホテルにオフィスも
旧東横線渋谷駅の高架線や跡地、周辺敷地を利用して。(2015/7/22)

大阪の新施設で自動デマンドレスポンス実証、スマートコミュニティの構築へ
大阪府豊中市にある「よみうり文化センター」を建て替えた新たな商業施設に、自動デマンドレスポンスシステムが導入された。関西電力からの電力需要の抑制要請に応じてバックヤード部分の空調を自動調整する。(2015/7/2)

LED照明:
180lm/W超の直管形LED、消費電力69%削減
OPTILED LIGHTINGは、2015年6月1日、直管形LEDランプの新製品「REALTUBEシリーズ」13機種の販売を開始した。40形を中心に20形と110形があり、4種類の色温度を選択できる。オフィスや商業施設などに適する。(2015/6/1)

「くまモン」のICカードで地域振興、新システムが稼働
熊本県内の交通機関や商業施設で利用できる「熊本地域振興ICカード」のシステム運用が始まった。(2015/4/1)

アプリ導入済みの消費者の行動ログ記録:
ブログウォッチャー、来店者のログ分析やレポート作成サービス提供
ブログウォッチャーは2月19日、大型商業施設や小売店向けに、ビーコンを使って来店者のログ分析やレポートを作成するサービス「プロファイルパスポートANALYTIC」の提供を開始した。(2015/2/19)

蓄電・発電機器:
スマートシティに2種類の蓄電池、災害時にも1700世帯分の電力
日本で最先端のエネルギー供給体制を構築中の「柏の葉スマートシティ」で、2種類の蓄電池を組み合わせた電力融通のシステムが動き始めた。商業施設に大容量の蓄電池を新規に導入して、隣接するオフィスビルとのあいだで双方向に電力を融通できる体制が整った。(2015/1/30)

「雪ミク」の複合商業施設が新千歳空港に 「雪ミク スカイタウン」12月下旬オープン
雪ミクに会えるよ!(2014/11/18)

商業施設内のナビに特化した「LINE Maps for Indoor」Android版を先行配信――37施設で利用可能
ショッピングモールやデパートといった商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリ「LINE Maps for Indoor」のAndroid版が先行公開。渋谷ヒカリエなど37施設で利用できる。(2014/11/12)

ショッピングモールやデパート内のナビ:
LINE、商業施設内のナビゲーション地図アプリをAndroid版で先行公開
LINEは11月12日、同社の無料通話/無料メールスマートフォンアプリ「LINE」ファミリーの新たなアプリとして、ショッピングモールやデパートなどの商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリ「LINE Maps for Indoor(ライン マップス フォー インドアー)」を、Android版で先行無料公開した。(2014/11/12)

商業施設の中の地図・ナビに特化した「LINE Maps for Indoor」公開
商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリ「LINE Maps for Indoor」のAndroidアプリが公開された。「渋谷ヒカリエ」など東京都・神奈川県の37施設に対応した。(2014/11/12)

スマートシティ:
下水再生水の熱を給湯と空調に、ショッピングモールで7%の省エネ効果
大阪府の堺市は下水処理場で再生した水の熱を利用する日本で初めてのエネルギー事業に取り組む。再生水の熱を給湯に使った後に、温度が下がった水を冷房に利用する。冬は暖房だけに利用して、年間で7.2%の省エネ効果を発揮する見込みだ。イオンが2016年に開業する商業施設に導入する。(2014/10/31)

屋上にランニングトラックがある商業施設が誕生 ミニ四駆のコースみたい
日生球場の跡地らしいアイデア!(2014/10/16)

レノボ、渋谷の人気クラブ10店舗とコラボしたハロウィンイベントを開催――10月31日
レノボ・ジャパンは、渋谷の商業施設/人気クラブとのコラボレーションイベント「Lenovo Presents SHIBUYA HALLOWEEN 2014」の開催を発表した。(2014/10/10)

クールジャパン機構が投資先を決定 サブカル分野では「Tokyo Otaku Mode」に出資
そのほか、商業施設など合計4事業に投資します。(2014/9/26)

DNP&DMCが「デジタルえほんパッケージサービス」を開始――商業施設などへの導入を支援
デジタルえほんを閲覧できるタブレットの提供をはじめ、子どもが楽しめる空間作りやイベント開催をサポートする。(2014/8/27)

エネルギー管理:
コージェネと太陽光・蓄電池をセットに、工場や商業施設に役立つ
日立製作所とヤンマーエネルギーシステムはコージェネレーションシステムや太陽光発電システム、蓄電池などを組み合わせた分散型エネルギー源をシステムパッケージ化した。電気料金低減の他、二酸化炭素排出量の抑制、BCP(事業継続計画)などに役立つ。(2014/6/11)

スマートシティ:
太陽光発電と電力融通で年間1000万円を削減、平日はオフィス、休日は商業施設へ
千葉県の柏市で開発が進む「柏の葉スマートシティ」で7月から新しい試みが始まる。オフィスビルと商業施設の屋根に設置した太陽光発電システムを活用して、平日と休日の昼間に電力を融通し合う計画だ。電力需要のピークを26%カットして、年間に1000万円のコスト削減効果を見込む。(2014/4/28)

センシング技術:
看護師の動きをリアルタイムに追跡、院内業務の改善点が浮き彫りに
米フロリダ州の病院は、院内における看護師の動きをリアルタイムでトラッキングする技術を導入している。公共施設や商業施設では、利用者の行動パターンをトラッキングして、利便性などを向上する取り組みが始まっているが、この病院では、トラッキング技術によって、非効率的なワークフローなどが明らかになったという。(2014/3/28)

3月23日まで:
Pontaと東京メトロ「Echika」がコラボ――チェックインしてポイントをゲットせよ
東京メトロの構内商業施設「Echika」を訪れるとPontaポイントがもらえるキャンペーン「Echikaによりみち。」が始まった。Echika側はPontaを使い、利用者の傾向を把握したいという狙いがある。(2014/3/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。