ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クールジャパン」最新記事一覧

関連キーワード

富野監督も“巡礼”呼び掛け 「アニメ聖地」全国88カ所を選定、集客に活用「アニメツーリズム協会」設立
アニメの舞台になった「アニメ聖地」全国88カ所を選んで観光客の呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。(2016/9/16)

“美しすぎるロシア人コスプレイヤーのメイドカフェ”が新宿にオープン ちょっとボルシチ食べてくる
メイドは全員オタクのロシア人女性、メニューは手作りのロシア料理。(2016/9/15)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
インドネシアで日本の電子コミックは普及するのか
電子書籍の販売サイト「eBookJapan」を運営しているイーブックイニシアティブジャパンが、インドネシアでも展開している。人口増などで経済発展が見込まれるインドネシアで、日本の漫画は受け入れられるのか。同社の担当者に、勝算などを聞いた。(2016/9/5)

USJに「シン・ゴジラ」上陸 圧倒的存在感と対峙するアトラクション登場
2017年1月13日より開催される「ユニバーサル・クールジャパン2017」の第1弾企画。(2016/8/2)

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が調査:
最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結果を発表した。(2016/7/26)

日本企業の植物工場、海外に本格進出 水不足に悩む中東などで受注見込む
日本企業が植物工場ビジネスで海外展開を加速している。(2016/7/19)

エロはアートだ! “秘宝”だらけの展覧会「都築響一 presents エロトピア・ジャパン展」に潜入してきた
「無駄な方向に努力をしていくのが日本のエロクリエイティブ」(都築さん)(2016/6/13)

寿司に野菜に楽器……リアルすぎる「おもしろ消しゴム」ってなんだ?
集めたい。(2016/5/16)

紳士のPCタイムにどうぞ 極柔で等身大な「DEAD OR ALIVE Xtreme3」マウスパッド登場
これがクールジャパンか……。(2016/4/23)

「1度着てみたかった」という人向け“部屋着用セーラー服”が登場 今度はちゃんと女性用です
50代用に「スケバン型」まで取りそろえる守備範囲の広さ。(2016/4/19)

海上自衛隊が護衛艦「かが」のロゴマークを募集 艦これは関係ないからな! ないからな!!
レディ・ガガも関係ないからな!(2016/3/8)

スピン経済の歩き方:
安売りをしない「大人ランドセル」が、海外セレブを虜にする理由
海外で「大人用のランドセル」が注目されていることをご存じだろうか。ハリウッド女優が肩にかけて歩く姿が話題になり、人気に火がついた……という報道もあるが、本当にそうなのか。調べていくと、ある日本メーカーの存在が大きいことが分かった。(2016/3/8)

ついに顔文字だけの川柳も参戦 第11回「あなたが選ぶオタク川柳大賞」投票開始
「(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`) (´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`) (´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)」(2016/2/8)

ドラえもんやラオウになりきれる「クールジャパン」フェイスパック登場
ドロンジョ様や「ちびまる子ちゃん」の永沢君もあるよ。(2015/12/7)

やっぱり寒い日は暖かい妹に限るな! 「妹を抱ける着る毛布」で全国のお兄ちゃんたちは冬を元気に乗り越えよう
コタツとミカン、そして妹。(2015/11/18)

「日本eスポーツ選手権大会」初開催へ プロゲーマー育成、JOC加盟目指す
来年3月にゲームの競技大会「第1回 日本eスポーツ選手権大会」が開催される。国際大会でも通用するプロゲーマーを育成し、eスポーツの地位向上につなげる考えだ。(2015/10/26)

「忍者」を観光資源に 伊賀と甲賀も協力、ゆかりの自治体ら「日本忍者協議会」発足
「忍者」を観光資源として国内外の観光客誘致などに活用しようと、ゆかりの自治体が集まり「日本忍者協議会」が発足した。(2015/10/9)

三重県志摩市の萌えキャラの公認撤回を求めた署名は、表現手法に対する無理解と差別にもとづく偏見だと署名活動開始
これからも「碧志摩メグ」を市のPRに使っていくと志摩市は説明していますが……。(2015/8/29)

その名も「プライバシーバイザー」:
顔検出を防ぐ眼鏡、地域に根差す企業で商品化へ
国立情報学研究所は、カメラなどによる顔認識を不能にして着用者のプライバシーを守る眼鏡型装着具「プライバシーバイザー」が、「めがねのまち」を掲げる福井県鯖江市の企業によって商品化されると発表した。地域に根差した企業への技術協力を通じて地場産業の振興に貢献するとしている。(2015/8/13)

三重県志摩市の萌えキャラに「海女を侮辱」と反対署名 市は今後もPR活動に使用する予定
海女の萌えキャラ「碧志摩メグ」に反対する署名が来週提出される見込み。好意的な声も多く、市は公認撤回などの対応を行わない予定です。(2015/8/7)

KADOKAWA、書籍の新工場を所沢市に 製版から印刷・製本、出荷まで一体化
KADOKAWAが製造・物流拠点を埼玉県所沢市に建設。書籍生産と物流を一体化し、返本率の改善などを見込む。(2015/8/6)

「艦これ」で艦娘たちに水着衣装が追加 天龍と龍田がかなりの紳士向けへ
提督たちの紳士度がバーニングラアアアブ!(2015/8/1)

シュシュを外したらパンツになった! その名も「パンツシュシュ」爆誕
パンツは宇宙だ!(2015/7/24)

コンテンツ東京2015リポート:
Netflixは第2の黒船? KADOKAWA角川歴彦会長が思う「21世紀型企業」の姿
当日になって急きょ「Netflixの台頭とコンテンツ産業の未来」と講演内容が変更されたコンテンツ東京2015の基調講演。KADOKAWA取締役会長、KADOKAWA・DWANGO取締役相談役の角川歴彦氏がコンテンツ産業とこれからの企業の姿について論じた。(2015/7/3)

日本人に与えてはいけなかった! 「鳥獣戯画制作キット」でTwitterに鳥獣旋風が吹き荒れる
はいくおりてぃさくひんのばあげんせえるだ。(2015/7/1)

伝統文化、食、自然:
外国人が好きな日本は? 電通が「ジャパンブランド調査2015」を実施
電通は2015年6月22日、「クールジャパン」関連事業で今年4月に実施した「ジャパンブランド調査2015」の結果を発表した。(2015/6/22)

初ドライブは新橋で焼き鳥:
シャープ、「AQUOS 4K」のプロモーションに「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんを起用
シャープは、4Kテレビ「AQUOS 4K」のプロモーションにタレントのきゃりーぱみゅぱみゅさんを起用すると発表した。同日の記者会見にはきゃりーぱみゅぱみゅさん本人も登場。「立体感がすごいですね」と感嘆した。(2015/6/9)

スピン経済の歩き方:
「日本は世界で人気」なのに、外国人観光客数ランキングが「26位」の理由
日本政府観光局によると、2014年に日本を訪れた外国人観光客は2年連続で過去最高を更新した。テレビを見ると「日本はスゴい」などと報じているが、国別ランキングをみると、日本は「26位」。なぜ外国人たちは日本に訪れないのか。その理由は……。(2015/6/9)

“クールジャパンの総本山”を所沢に KADOKAWAと市が構想 図書館・美術館・博物館を融合
KADOKAWAの製造・物流拠点と、図書館・美術館・博物館を融合した施設を所沢市内に建設する「COOL JAPAN FOREST構想」が始動した。(2015/6/5)

KADOKAWA「COOL JAPAN FOREST構想」発表 物流拠点や美術館が融合した複合施設建設
埼玉県所沢市に文化コンプレックス(複合施設)を建設する。(2015/6/4)

Weekly Access Top10:
キラキラを浴びたい
少女漫画リテラシーはいつ身についたのでしょうか。(2015/4/6)

2次創作同人誌も「クールジャパン」に──政府が公式答弁
政府は、いわゆる「2次創作」が「クールジャパン」戦略が目指す海外へ波及効果を及ぼすコンテンツに該当しうるとの見解を示した。(2015/4/3)

窪田順生の時事日想:
なぜ元経産官僚の古賀さんは「報ステ」降板に腹をたてたのか
報道ステーションの放映中に元経済産業省の官僚・古賀茂明さんがコメンテーター降板をめぐって古館伊知郎さんにかみついた。映像を見た人はびっくりしたかもしれないが、筆者の窪田氏は特に驚かなかったという。その理由は……。(2015/3/31)

ものになるモノ、ならないモノ(62):
ニコ動のコミック版? 動いてしゃべってアフレコできる「モーションコミック」を追う
クリエイターを育てるためのプラットフォームにしたい――声優やコミッククリエイターのための「モーションコミック」や「SAY-U」、そして「ENSOKU」を展開しているシフトワンの動きに注目してみた。(2015/3/31)

オライリー本の表紙が「侍(サムライ)」 なぜ「サムライ」なのか聞いてみた
クールジャパン!(2015/3/20)

スカパーJSATとクールジャパン機構、日本のコンテンツを海外に発信する「WAKUWAKU JAPAN株式会社」設立
スカパーJSATは、現在インドネシアとミャンマーで放送している日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」の事業拡大を目指して新会社を設立する。クールジャパン機構の出資参画も決定。(2015/3/4)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

連載・クラウドファンディング「成立」のその後:
腕時計から「リストファッション」へ 1万円台の国産カスタム腕時計「Knot」の狙い
クラウドファンディングサイトで注目を集めたプロジェクトの“資金調達のその後”を追いかける本連載。第2回は、日本製ながら1万円台の低価格を実現したカスタムオーダー腕時計「Knot」の開発プロジェクトに迫る。(2015/1/20)

視点:
日本発のグローバルブランドを増やそう
日本発のブランドがグローバルで成功するために必要なポイントは3つ。戦い方、鮮度、そして組織。(2015/1/19)

タイムアウト東京のオススメ:
2014年をラーメンで振り返る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/1/7)

赤丸バリカタ全部入り:
「博多一風堂」の海外進出を支える新ネットワーク基盤
ラーメン店「博多 一風堂」を運営する力の源カンパニーが、海外進出を加速するその原動力とは。5年後、10年後の成長を見据え、新たなネットワーク基盤を整備した。(2015/1/6)

官民それぞれの視点で「クールジャパンの現場に迫る」生放送討論 スクー、経産省と共同で
オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」で、「クールジャパンの現場に迫る」をテーマに官僚や企業、専門家が討論する生放送が経産省と共同で行われる。(2015/1/6)

タップ or クリック!!:
OTOTOYの最新アルバム・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「OTOTOY」の最新ランキングを調べてみた。第1位は女性ユニットのPopアルバムが獲得した。(2014/12/26)

タップ or クリック!!:
e-onkyo musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「e-onkyo music」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップは、ピアノ・トリオによるジャズアルバムだった。(2014/12/26)

日本人特有のハイコンテクスト:
伝統×挑戦で現代仕様に――「Rethink」されたクールジャパンなものたち
盛り上がりを見せるクールジャパン発信事業。概念が分かりづらいといった問題意識から、今夏発表された「クールジャパン提言」も話題になった。そんな中、2014年12月から期間限定でオープンした「クールジャパンショップ」の取り組みを取材した。(2014/12/26)

海外に年賀状送れるの?→差額分の切手を貼れば送れます その切手がかわいいと話題
海外へ送る際の注意点もチェック!(2014/12/16)

コスプレ姿で中野を歩ける「Mag Festa」、11月30日に 「世界最大のクールジャパンの祭りに」
コスプレ姿で東京・中野の街を歩けるイベント「MAG Festa」が、11月30日にJR中野駅周辺エリアで開催される。「コスプレで中野をマンガ・アニメ・ゲームの世界へと一変させる」としている。(2014/11/5)

デザインの力も:
海外の友達に教えたい「日本文化を発信する英語メディア」5選
すてきな日本文化を世界に紹介。日本の良さを再発見することもできそう。(2014/10/28)

なぜ人は“動く”のか:
ユーザー数4億7000万人を達成――10億人を目指す「LINE」
世界の人口は約72億人。つまり、10億人を動かすとなると、世界の人々のうち、7人に1人の心をつかむ必要がある。そんな究極の状況を生み出すために必要不可欠な条件とは?(2014/9/19)

プロジェクトの成否を決定づける“プロデューサーの仕事術”
「独自の着想と技で新しい価値を創り出す」という方法論を持つ空間メディアプロデューサーの平野暁臣氏。今回は、氏の著書からクリエイティブな仕事に欠かせない「アイデア」の育み方について紹介します。(2014/8/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。