ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットいじめ」最新記事一覧

関連キーワード

「太ってる」ネット中傷にふっくら体形モデルが反撃、ポテチを食べる動画を投稿
「自分の価値を決めるのは自分だけ」というメッセージも。(2016/4/13)

LINE・Twitterの“見えない”いじめ防止 千葉県柏市、監視アプリの実証実験へ
子どものSNS投稿内容を監視し、危険を感知すると保護者に連絡――千葉県柏市が中学生の保護者向けにいじめ防止アプリの実証実験を実施する。(2016/4/4)

「トカゲのおっさん」を殺す「ネットいじめ」の深刻さ
「ノリ」という怪物にならないために。連載「ネットは1日25時間」。(2016/3/28)

危うくデマ発生? 中学生が体験した災害時スマホ活用の難しさ
KDDIが兵庫県たつの市の中学校でスマホを使った避難訓練を開催。メッセンジャーのやりとりを通じて、情報を入手し、安全な避難所を目指した。(2016/3/9)

はるかぜちゃんが「芸能人卒業宣言」 公式LINEスタート
はるかぜちゃんが所属事務所のワタナベエンターテイメントを「卒業」したことを明かした。公式LINEアカウントも開設した。(2016/3/1)

ネットいじめを止めよう! 手の甲にキスマークをつけて投稿する「KissAndMakeup」がSNSで流行中
ちょっとオシャレ。でも大切な撲滅運動。(2016/2/28)

13歳の少年が「ネットいじめ」の啓発動画を制作 リアルなメッセージにネットで称賛の声
子どもたちがネットでコミュニケーションを取る時代だからこそ。(2016/2/10)

Twitter、いじめ対策で「Trust and Safety Council」立ち上げ
「いじめとの戦い」と「表現の自由」との最適なバランスを模索するTwitterが、この問題を解決するために人権やいじめに関する外部の専門組織と協力する評議会「Trust and Safety Council」を立ち上げた。(2016/2/10)

Weekly Access Top10:
あなたの“犯罪係数”は?
IoT通信モジュールの組み込みもある?(2016/2/8)

自殺した高1息子のスマホ ロックを解除した母親が見た「いじめ」の痕跡 学校側の調査は適切だったのか?
列車に飛び込み自殺した高校1年の男子生徒。母親が執念でロックを解除した息子の携帯電話には、いじめを疑わせるやりとりが残されていた。(2016/2/1)

小6の7割がスマホ利用 LINEのやりとりはまるで高校生 「指導せねば1人で歌舞伎町に行かせるのと同じ」
東京都の調査では小6の4人に1人が自分用のスマホ端末を持ち、家族の端末も含めると普段スマホを使用している小6は実に7割。小学生にも適切な使用方法の指導が急務となっている。(2015/12/1)

生徒がいつでも匿名でいじめを通報できるサービス「Kids' Sign」登場 スマホで顕在化するいじめの早期発見に
小〜高校生のスマホ所持率は約6割で、いじめの場もスマホ上に広がりつつあるそう。(2015/10/29)

作者を当ててサイン本をゲット 三省堂書店の「誰本(だれぼん)」第3弾
9月18日に発売する朝日新聞出版のアンソロジー集『「いじめ」をめぐる物語』から出題。(2015/9/7)

お笑い芸人のスマイリーキクチさんがネット誹謗中傷への対策動画を公開 10年間誹謗中傷を受け続けた経験をもとに
「リベンジポルノの対処法」「ストーカー被害の対処法」「警察に行く際の手順と注意点」など、テーマ別に10本。(2015/9/1)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【前編】
“目隠し型セキュリティ”は子どもをダメにする
学習者がネット犯罪に巻き込まれる事件が多発している。だが、むやみにネットの利用を制限することは、問題の先送りにしかならない。教育機関が認識すべきセキュリティの課題を整理する。(2015/8/4)

はるかぜちゃん、Twitterからアメブロに移行 「あきらめずなにかを伝えることのできる人になりたい」
はるかぜちゃんのTwitterアカウントで、本人によるツイートが終了したようだ。表現の場はアメブロに移行している。(2015/7/30)

LINE、ネット上のコミュニケーショントラブル根絶目指す 児童のネット利用実態調査やマンガ教材提供
ネットリテラシーについてのマンガ教材や新たなワークショップ教材も提供する。(2015/7/28)

フジテレビの「彼氏いらない女子」特集に批判集まる 「断ってるのに無理やり放送された」との声も
「一人でも楽しい女子と彼氏いらない女子はちがう」などの声も。(2015/7/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
夏休みに注意するセキュリティの脅威、傾向と対策は(前編)
夏休みに入り、いつもとは違う環境ではネット犯罪など様々な危険に遭いやすい。保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介しよう。(2015/7/17)

KDDI、産官学連携のケータイ教室を実施――兵庫県内4市で順次開催
KDDIとソーシャルメディア研究会 、兵庫県警察、兵庫県内4市の教育委員会と連携した地域一体の啓発活動を実施する。(2015/6/15)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
途上国に必要なのは寄付ではなく「もの作り」――バングラデシュから始まったマザーハウスの挑戦
途上国を発展させるのは寄付だけではない。マザーハウスはもの作りにより、途上国から世界に通用するブランドづくりを目指している。(2015/4/8)

R25スマホ情報局:
子どものスマホ利用、「法律で制限」に過半数が賛成
子どものスマホ利用によるいじめやSNS炎上などのトラブルも頻発する中、日本の大人たちはどう考えているのだろう? 独身者と、小学生の子どもを持つ既婚者にそれぞれアンケート調査を行った。(2015/4/3)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第53回:
自分の子どもがバカッターになるまえに……、「親向け」のソーシャルメディア学習サイトが公開
みなさんは自分の子どもに、スマートフォンやソーシャルメディアを使わせているだろうか。もしそうだとしたら、もしくはそう検討しているとしたら、そのまえにこのサイトを見たほうがいいかもしれない。デジタルネイティブな子どもを持つ親、必見。(2015/2/9)

はるかぜちゃんTwitterが再開
「はるかぜちゃん」ことタレントの春名風花さん(14)が、休止していたTwitterを2週間ぶりに復活させた。事務所を移籍し、ワタナベエンターテインメントに移籍したことも報告している。(2015/2/5)

Google検索の2014年まとめ 世界のトップは「ロビン・ウィリアムス」
Googleが年末恒例の検索語まとめを発表した。今年はランキングの他、「ロゼッタ」や「セルフィー」など幾つかの人気のキーワードにまつわる詳解ページも公開された。(2014/12/17)

zenmono通信:
会社を辞めないで起業する方法
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、「チーム・0→1(チーム・ゼロイチ)」代表の赤木優理さんにお話を伺った。(2014/11/17)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(7):
「いじめ」「お通夜」の設計審査を回避するには「3秒ルール」を押さえろ!
ちくちく責められてばかりの「いじめ」、みんなだんまりの「お通夜」。そんな設計審査を回避する手掛かりは、「3秒ルール」にあった。(2014/4/18)

「さとり世代」ってどんな世代? 4つの特徴
以前は「ゆとり世代」と呼ばれていた現在入社3〜4年目から下の若者達。「ゆとり世代」ではなく「さとり世代」だというその世代の若者たちについて語った書籍を紹介します。(2014/3/6)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その8)「いじめ撲滅作戦ポスターを貼りまくって、いじめがなくなるわけないじゃん」
中学生の娘と本気で話し合うシリーズ、今回のテーマは「いじめ」です。わが子にはいじめと無縁の生活を過ごしてほしいと願ってはいるものの、親ではコントロールしきれない要因が複雑に絡み合うのが悩ましいところです。(2014/1/10)

小寺信良「ケータイの力学」:
バイト炎上(2)
社会的なリスクになりつつある不適切投稿による炎上事件。解決するにはどうすればいいのか? 3つの視点から適切な行動を考えてみたい。(2013/9/2)

4つのトラブルを疑似体験:
デジタルアーツ、情報モラルが身につく未成年者向け教育アプリをリリース
デジタルアーツが情報モラルを身につけることを目的とした未成年者向け教育アプリをリリースした。「出会い系被害」「個人情報漏えい」「高額請求」「ネットいじめ」という4つのトラブルを疑似体験できる。(2013/8/22)

今話題の「Twitter炎上」もカバー スマホの情報モラル学べるアプリが登場
ストーリーが妙にリアルなんですが……。(2013/8/21)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
TOEICを斬る(前編) 〜悪魔のような試験は、誰が生み出したのか〜
2年にわたる米国赴任の前後で、自分の英語力は全く変わっていない――。その事実を私に冷酷に突き付けたのが、“TOEIC”でした。あの血も涙もない試験は、いったい誰が生み出したのでしょうか。そして、その中身にどれほどの意味があるのでしょうか。(2013/7/26)

ゆとり世代が問う「好きなことをやって何が悪い!」(2):
スーパー女子中学生エンジニアが、日本の教育を斬る
2月17日、Life is Tech ! 主催「Edu×Tech Fes 2013 U-18」が開催された。そこで行われた「驚異のプレゼンテーション」をレポートする。(2013/3/15)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
ソーシャル普及でクレーマー化する個人と風評リスク
今回は、TwitterなどのSNSを悪用している一部の人たちの問題についてお話したい。ひょっとして、「気が付かないうちに自分自身もそういう行動をとっていないか?」と振り返っていただければ幸いである。(2013/3/15)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(30):
デジタル業界、2013年の行方は見えた?
2013年も半ばだが、デジタル十大ニュースを振り返ってみよう。ビッグデータからスマートテレビ、LINEは成長市場となるか?(2013/4/25)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
いじめ報道とパワハラの共通点
職場などで問題となるパワハラと、昨今の「いじめ事件」の報道には根本的なところで重なる部分が少なくない。それは一体なにか――。(2013/3/1)

小寺信良「ケータイの力学」:
“ネットいじめ”の真実(2)
ネットいじめとリアルいじめにはどんな関連性があるのか。中高生の被害経験をまとめた調査結果をもとに、その本質に迫る。(2013/2/18)

小寺信良「ケータイの力学」:
“ネットいじめ”の真実(1)
進級・進学を機会にケータイやスマートフォンを持つ中学生や高校生は多い。そこで保護者たちが懸念するのが、“ネットいじめ”に巻き込まれないか? という点だ。(2013/2/4)

「いじめ」がテーマ:
西原理恵子による描き下ろし絵本「いきのびる魔法 いじめられている君へ」
漫画家・西原理恵子による「いきのびる魔法 いじめられている君へ」が発売。朝日新聞掲載のリレーエッセイをベースに、まんが絵本として描き下ろした。(2013/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
お金のお片づけで今年はスッキリ「毎日○×チェックするだけ なぜかお金が貯まる手帳術」
昼ごはんを買いにコンビニに行く人、「今日のランチは、あの店のカレー」と決めている人。あなたはどちらでしょうか?(2013/1/24)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺の原因は「体罰」ではない
大阪市立桜宮高校で、バスケ部の顧問の教師に暴力を受けていた男子生徒が自殺した。この問題を受け、マスコミは連日のように「体罰」として取り上げているが、どうもしっくりこない。この教師がやったことは「体罰」ではないからだ。(2013/1/15)

「バラエティーがいじめ助長」に水道橋博士が反論
お笑いとは? という根本的な”お笑いへの哲学”にまでふみ込んだ水道橋博士著『藝人春秋』をレビュー。(2013/1/7)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

「誠 ビジネスショートショート大賞」清田いちる&渡辺聡賞受賞作:
不完全エスパー―積極的傾聴と文化祭―
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。清田いちる&渡辺聡賞を受賞した作品が、鈴木ユキトさんの「不完全エスパー―積極的傾聴と文化祭―」です。ふとしたことからいじめを受けるようになった主人公の友人。その状況を打開するため、主人公は思い切った方法でアプローチします。(2012/11/16)

激論・最終審査会:
誠 ビジネスショートショート大賞、応募129作品の頂点はこう決まった
「ビジネスがテーマの短編小説を募集します!」。そんな誠 ビジネスショートショート大賞の呼びかけに応じて、129もの作品をご応募いただきました。この記事では応募作品の頂点を決めた審査会の模様を詳しくお伝えします。(2012/11/16)

大津いじめ事件の関係者として写真を載せられた女性がデヴィ夫人に怒り心頭 ネットでも呆れる声続出
デヴィ夫人が、無関係の女性を大津市いじめ事件の加害者の母親としてブログに掲載した件で、訴訟の第1回口頭弁論が行われた。(2012/11/2)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/10/25)

ねとらぼ知ったかぶり:
ニコニコチャンネルに特撮カテゴリ新設 長編を多数配信
やったー!(2012/10/19)

ネットいじめで亡くなったカナダの少女 YouTubeでいじめ被害語る
先週亡くなった少女がYouTubeにネットいじめの被害を語る動画を投稿していた。引っ越しても追いかけてくるいじめの被害をつづっている。(2012/10/14)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。