ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ネットいじめ に関する記事 ネットいじめ に関する質問

「ネットいじめ」最新記事一覧

賛否両論:
妊婦モデルもかぶった「氷水バケツ」に非難……著名人の挑戦は売名か
難病の「ALS」の患者を支援する「アイスバケツチャレンジ」。著名人が氷水をかぶり、SNSで拡散することで急速な広がりを見せているが、否定的なスタンスを表明する人もおり、さまざまな意見が交わされている。(2014/9/8)

「制スマホ」学校お手上げ 生徒が初期化、ゲーム三昧 半年で従来型に戻す
学校指定の「制スマホ」を導入した神戸市の私立中学・高校が半年間で従来型の携帯電話に戻していた。機能制限をかいくぐってゲームに没頭する生徒が増えたためで、学校は「想定外の事態」と頭を悩ませている。(2014/7/17)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(7):
「いじめ」「お通夜」の設計審査を回避するには「3秒ルール」を押さえろ!
ちくちく責められてばかりの「いじめ」、みんなだんまりの「お通夜」。そんな設計審査を回避する手掛かりは、「3秒ルール」にあった。(2014/4/18)

「さとり世代」ってどんな世代? 4つの特徴
以前は「ゆとり世代」と呼ばれていた現在入社3〜4年目から下の若者達。「ゆとり世代」ではなく「さとり世代」だというその世代の若者たちについて語った書籍を紹介します。(2014/3/6)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その8)「いじめ撲滅作戦ポスターを貼りまくって、いじめがなくなるわけないじゃん」
中学生の娘と本気で話し合うシリーズ、今回のテーマは「いじめ」です。わが子にはいじめと無縁の生活を過ごしてほしいと願ってはいるものの、親ではコントロールしきれない要因が複雑に絡み合うのが悩ましいところです。(2014/1/10)

小寺信良「ケータイの力学」:
バイト炎上(2)
社会的なリスクになりつつある不適切投稿による炎上事件。解決するにはどうすればいいのか? 3つの視点から適切な行動を考えてみたい。(2013/9/2)

4つのトラブルを疑似体験:
デジタルアーツ、情報モラルが身につく未成年者向け教育アプリをリリース
デジタルアーツが情報モラルを身につけることを目的とした未成年者向け教育アプリをリリースした。「出会い系被害」「個人情報漏えい」「高額請求」「ネットいじめ」という4つのトラブルを疑似体験できる。(2013/8/22)

今話題の「Twitter炎上」もカバー スマホの情報モラル学べるアプリが登場
ストーリーが妙にリアルなんですが……。(2013/8/21)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
TOEICを斬る(前編) 〜悪魔のような試験は、誰が生み出したのか〜
2年にわたる米国赴任の前後で、自分の英語力は全く変わっていない――。その事実を私に冷酷に突き付けたのが、“TOEIC”でした。あの血も涙もない試験は、いったい誰が生み出したのでしょうか。そして、その中身にどれほどの意味があるのでしょうか。(2013/7/26)

ゆとり世代が問う「好きなことをやって何が悪い!」(2):
スーパー女子中学生エンジニアが、日本の教育を斬る
2月17日、Life is Tech ! 主催「Edu×Tech Fes 2013 U-18」が開催された。そこで行われた「驚異のプレゼンテーション」をレポートする。(2013/3/15)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
ソーシャル普及でクレーマー化する個人と風評リスク
今回は、TwitterなどのSNSを悪用している一部の人たちの問題についてお話したい。ひょっとして、「気が付かないうちに自分自身もそういう行動をとっていないか?」と振り返っていただければ幸いである。(2013/3/15)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(31):
デジタル業界、2013年の行方は見えた?
2013年も半ばだが、デジタル十大ニュースを振り返ってみよう。ビッグデータからスマートテレビ、LINEは成長市場となるか?(2013/4/25)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
いじめ報道とパワハラの共通点
職場などで問題となるパワハラと、昨今の「いじめ事件」の報道には根本的なところで重なる部分が少なくない。それは一体なにか――。(2013/3/1)

小寺信良「ケータイの力学」:
“ネットいじめ”の真実(2)
ネットいじめとリアルいじめにはどんな関連性があるのか。中高生の被害経験をまとめた調査結果をもとに、その本質に迫る。(2013/2/18)

小寺信良「ケータイの力学」:
“ネットいじめ”の真実(1)
進級・進学を機会にケータイやスマートフォンを持つ中学生や高校生は多い。そこで保護者たちが懸念するのが、“ネットいじめ”に巻き込まれないか? という点だ。(2013/2/4)

「いじめ」がテーマ:
西原理恵子による描き下ろし絵本「いきのびる魔法 いじめられている君へ」
漫画家・西原理恵子による「いきのびる魔法 いじめられている君へ」が発売。朝日新聞掲載のリレーエッセイをベースに、まんが絵本として描き下ろした。(2013/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
お金のお片づけで今年はスッキリ「毎日○×チェックするだけ なぜかお金が貯まる手帳術」
昼ごはんを買いにコンビニに行く人、「今日のランチは、あの店のカレー」と決めている人。あなたはどちらでしょうか?(2013/1/24)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺の原因は「体罰」ではない
大阪市立桜宮高校で、バスケ部の顧問の教師に暴力を受けていた男子生徒が自殺した。この問題を受け、マスコミは連日のように「体罰」として取り上げているが、どうもしっくりこない。この教師がやったことは「体罰」ではないからだ。(2013/1/15)

「バラエティーがいじめ助長」に水道橋博士が反論
お笑いとは? という根本的な”お笑いへの哲学”にまでふみ込んだ水道橋博士著『藝人春秋』をレビュー。(2013/1/7)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

「誠 ビジネスショートショート大賞」清田いちる&渡辺聡賞受賞作:
不完全エスパー―積極的傾聴と文化祭―
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。清田いちる&渡辺聡賞を受賞した作品が、鈴木ユキトさんの「不完全エスパー―積極的傾聴と文化祭―」です。ふとしたことからいじめを受けるようになった主人公の友人。その状況を打開するため、主人公は思い切った方法でアプローチします。(2012/11/16)

激論・最終審査会:
誠 ビジネスショートショート大賞、応募129作品の頂点はこう決まった
「ビジネスがテーマの短編小説を募集します!」。そんな誠 ビジネスショートショート大賞の呼びかけに応じて、129もの作品をご応募いただきました。この記事では応募作品の頂点を決めた審査会の模様を詳しくお伝えします。(2012/11/16)

大津いじめ事件の関係者として写真を載せられた女性がデヴィ夫人に怒り心頭 ネットでも呆れる声続出
デヴィ夫人が、無関係の女性を大津市いじめ事件の加害者の母親としてブログに掲載した件で、訴訟の第1回口頭弁論が行われた。(2012/11/2)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/10/25)

ねとらぼ知ったかぶり:
ニコニコチャンネルに特撮カテゴリ新設 長編を多数配信
やったー!(2012/10/19)

ネットいじめで亡くなったカナダの少女 YouTubeでいじめ被害語る
先週亡くなった少女がYouTubeにネットいじめの被害を語る動画を投稿していた。引っ越しても追いかけてくるいじめの被害をつづっている。(2012/10/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
いま「反論する技術」が求められている。それは「違う立場の」の人と、感情ではなく、冷静に意見交換できる力。
わたしたちの先祖が長い歴史のなかで成長を遂げてきた、いまある社会のレベルおける冷静な対応が求められている。(2012/10/11)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
「ネチケット」を賢く学べ! PCやスマホの初心者に告げたいこと
情報端末を使って気軽に誰とでもやり取りができる現代だが、その便利さの裏側にはさまざまな危険が潜んでいる。今回はメールの落とし穴をご紹介しよう。(2012/10/5)

江川紹子さん、荻上チキさんら参加 「ストップいじめプロジェクトチーム」結成会見
いじめ問題に一石を投じようと有志で集まった様々な分野の専門家らが立ち上げる「ストップいじめプロジェクトチーム(仮称)」の結成会見をライブ配信する。江川紹子さん、荻上チキさんなど、現在13人が参加している。配信は10月5日15時0分〜。(2012/10/3)

本当に必要な教育政策とは ニコ生シノドス9月号
ニコニコ生放送の番組「ニコ生シノドス」9月号は“教育”がテーマ。教育投資、留年制度、いじめ問題、非行対策……など、本当に必要な教育政策とは何かについて、荻上チキさん(評論家)と畠山勝太さん(UNICEFジンバブエ事務所教育担当官)が対談する。配信は9月10日20時0分〜。(2012/9/6)

いじめ追放のカギは“自尊感情”の育成
社会からいじめを少なくしていくためには、ありとあらゆることをしなければいけません。その方法の1つとして“自尊感情”を育むことが挙げられます。(2012/9/4)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
警戒区域の解除は南相馬市に何をもたらしたか
2012年4月1日に一部解除された警戒区域。一時帰宅もできるようになった南相馬市では、新たな日常が見られるようになっている。(2012/8/29)

「いじめ」を考える――ニコ生で連続特番 テレビが紹介しない叫び、ユーザーメールを紹介
ニコニコ生放送の連続特番「『いじめ』を考える」の第4夜は、テレビが紹介しない「叫び」に耳を傾けることがテーマ。ニコニコ動画ユーザーから届いたメールを紹介していく。配信は8月23日20時0分〜。(2012/8/18)

「いじめ」を考える――ニコ生で連続特番 きんさん・ぎんさんの娘4姉妹が登場
ニコニコ生放送の連続特番「『いじめ』を考える」の第5夜は、きんさん・ぎんさんの娘4姉妹である年子さん(98)、千多代さん(93)、百合子さん(91)、美根代さん(88)が出演。名古屋の自宅からライブ配信する。人生の酸いも甘いも知り尽くした4人がいじめ問題を徹底的に語り、ユーザーの相談に答える。配信は8月24日15時30分〜。(2012/8/17)

「いじめ」を考える――ニコ生で連続特番・第3夜 志茂田景樹さんにインタビュー
ニコニコ生放送の連続特番「『いじめ』を考える」の第3夜は、志茂田景樹さんが出演し、いじめ問題を語る。配信は8月22日21時0分〜。(2012/8/16)

「いじめ」を考える――ニコ生で連続特番・第2夜 100万人アンケートの結果を解析
ニコニコ生放送の連続特番「『いじめ』を考える」の第2夜は、ニコニコ動画ユーザー100万人に聞いたいじめに関するアンケートの結果を紹介・解析し、いじめ問題の処方箋を議論する。司会はジャーナリスト渋井哲也さん。配信は8月21日21時0分〜。(2012/8/16)

「いじめ」を考える――ニコ生で連続特番・第1夜 いじめと情報とは
ニコニコ生放送の連続特番「『いじめ』を考える」の第1夜は、いじめにおける情報、報道は誰のためのものかを考える。出演者は、ノンフィクションライターの藤井誠二さん、ジャーナリストの奥野修司さん、実際の「いじめ自殺事件」被害者の両親である前田夫妻。配信は8月20日20時0分〜。(2012/8/16)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
行方不明者はいまだ2903人、海岸で遺骨を探す人の思いは
未曽有の被害を出した東日本大震災。震災から500日以上経った今でも、3000人近くの行方不明者がいる。被災者の中には、行方不明者の手掛かりを探すため、毎日海岸を歩いている人もいるようだ。(2012/8/10)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマホで遊べるミニカー「CarBots」
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホで遊べるミニカー、ニューヨークで“アップルピッキング”が横行、飲み込める医療用センサーが米国で認可、受話器付きのiPhone/iPadスタンド など。(2012/8/3)

まことちゃんハウスに潜入:
楳図かずおさん、ニコ生初降臨 「予備は5つ用意しておけ」――鬼才が明かすプロ魂
楳図かずおさんがニコニコ生放送に降臨。視聴者数が累計1万7000人を突破し、大盛り上がりとなったその模様を、楳図さんの自宅の様子とともにお伝えしよう。(2012/7/25)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPadを凍らせたらどうなる?
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPadを凍らせて落下させたら、IBMが社内でSiri禁止、ソーラーパワーの街頭でスマホを充電、センサーとiPhoneアプリを使った植物育成サービスなど。(2012/5/24)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
それでも桜は咲くのだ。花見ができなくなろうが
富岡町にある夜ノ森の桜並木は、福島第一原発から約7キロ地点にある。原発事故前であれば、多くの人が観光で訪れていた。しかし今は、観光客はおろか、一般住民でさえ花見ができなくなった。それでも桜は咲くものだ。(2012/5/5)

えっホント!? コンプライアンスの勘所を知る:
情報漏えいの原因が職場いじめ? 2つの理由を探る
企業での情報漏えいインシデントの原因を紐解くと、そこにはコンプライアンスに関わる大きな問題が潜んでいる場合が少なくない。(2012/4/27)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
「これで風化しなければいいが……」――1年後の被災地を訪ねて
震災から1年後の被災地を訪ねた筆者。そこでは、まだ身内を失った悲しみに暮れている人々や、津波の恐ろしさを伝えるモニュメントを撤去する光景があった。(2012/3/21)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
津波で町は流されたけど……石巻市雄勝地区の成人式
震災による津波で高台にある家や施設以外はほぼ流出してしまった雄勝地区。しかし、多くの人々の努力の甲斐あって、成人式は無事行うことができた。思い出の場所がなくなってしまった新成人たちは今、どのようなことを思っているのだろうか。(2012/1/16)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
年越しを迎える被災地、改めて防災教育を振り返る
東日本大震災から9カ月。さまざまなことがあった2011年も終わろうとしている。そんな中、釜石市の東日本大震災検証委員会では、防災についての取り組みが正しかったかのかどうか議論が行われていた。(2011/12/31)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
「結婚するなら東電社員」だったけど……原発城下町住民のいま
福島第一原発の事故前、原発城下町の双相地区では安定企業であることから「結婚するなら東電社員」と言われていた。しかし、事故を経て、原発で働いていた人たちの東電に対する意識も変化しているようだ。(2011/12/2)

小寺信良「ケータイの力学」:
内閣府調査に見る青少年のネット利用実態
政府が行った青少年のネット利用に関する調査では、若年層へのスマートフォン普及が進んでいることが分かった。一方、保護者側の意識にも変化が見られる。(2011/11/21)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
原発から20〜30キロ、住み続ける決断をした人々の声を聞く
9月30日に解除された緊急時避難準備区域。原発20〜30キロ圏内で、計画的避難区域ではないこの地域。住み続ける決断をくだした人々の声を聞きに行くと、それぞれの思いがあった。(2011/11/2)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
寒さをどうしのぐか? 被災地に再び冬が来る
冬の終わりに発生した東日本大震災から8カ月、被災地では再び冬を迎えようとしている。仮説住宅の寒さ対策をどうするか、ボランティアの減少など、被災地では課題が山積しているようだ。(2011/10/31)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。