ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dビデオ」最新記事一覧

「VIDEOストア」から名称変更

専用STBも発売:
なるほど確かにテレビっぽい。リニューアルした「dTV」の“ザッピングUI”を試す
ドコモとエイベックスの「dTV」は、「dビデオ」からリニューアルしたスマホ向けのVODサービスだ。テレビっぽさを狙った新しいザッピングUIと、専用STBの「dTVターミナル」を使ってみた。(2015/6/23)

ドコモ以外でも使える:
「dビデオ」から「dTV」へ――リニューアルで語られた3つのポイント
「dビデオ」から「dTV」へのリニューアルを発表したドコモとエイベックス。UIの刷新や専用STBの発表、そして独自コンテンツへの取り組みなど、3つのポイントでサービスを強化する。(2015/4/3)

対象30万人のキャンペーンも:
dビデオが「dTV」にリニューアル Android搭載の専用STBも発売
ドコモとエイベックスは4月22日、「dビデオ powered by BeeTV」を「dTV」にリニューアルする。またdTVとdアニメストアに対応するAndroid搭載のSTB「dTVターミナル」も発売する。(2015/4/2)

「進撃の巨人」が実写ドラマに 実写映画と連動、主演はハンジ役石原さとみ
ドコモの「dビデオ」で配信する。(2015/4/2)

定額制動画配信「dビデオ」、「dTV」に刷新 テレビ視聴できる専用端末発売
ドコモとエイベックスによる定額制動画配信「dビデオ」がサービス名を「dTV」に改める。オリジナルコンテンツの充実やテレビとの連携に力を入れる。(2015/4/2)

仮面ライダーの歴史を塗り替える「仮面ライダー4号」誕生! dビデオで3月28日より独占配信
映画「仮面ライダー3号」からつながるオリジナルストーリー。(2015/2/14)

ドコモの「dマーケット」、月額制5サービスの契約数が1000万を突破
ドコモがdマーケットで提供している「dマガジン」「dヒッツ」「dビデオ」「dアニメストア」「dキッズ」の契約数が1000万を突破した。(2015/1/13)

ドコモ「dマーケット」1000万契約突破 最多は「dビデオ」
「dマガジン」「dビデオ」など「dマーケット」の合計契約者数が1000万を突破。半数近くが「dビデオ」の契約者だ。(2015/1/13)

R25スマホ情報局:
スマホで観られる!人気アニメTOP10
スマホでアニメ見ていますか? 国内最大級の会員数とコンテンツ数を誇るドコモの動画配信サービス「dビデオ」と、おなじみの「ニコニコ生放送」で人気のアニメタイトルを聞いてみました。(2014/10/17)

やっぱり大画面好きなあなたに朗報:
dビデオ、AppleTVの「AirPlay」に対応
定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」は、AppleTVの「AirPlay」に対応した。(2014/8/20)

NTTドコモ、dビデオ会員限定「Chromecast」1万台プレゼントキャンペーンを実施
テレビ画面で「dビデオ」を楽しめる「Chromecast」を抽選で1万人にプレゼント。応募受付は8月31日まで(2014/6/27)

「妖怪ウォッチ」がdビデオで配信――見逃し配信にも対応
6月6日、NTTドコモの定額制動画配信サービス「dビデオ」にて、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」の配信が始まった。(2014/6/6)

「dビデオ」がGoogleの新デバイス「Chromecast」に対応――クーポンのプレゼントキャンペーンも
定額制動画配信サービス「dビデオ」が、Googleの新デバイス「Chromecast」に対応。新作1作品をレンタルできる先着のクーポンキャンペーンも実施する。(2014/5/27)

ドコモの2014夏モデル、4K動画の記録・再生とH.265/HEVCに対応――「dビデオ」はHD化
NTTドコモが発売する2014夏モデルが4K動画の記録・再生と動画圧縮規格「H.265/HEVC」に対応。dアニメストアでもH.265/HEVC対応コンテンツを配信する。(2014/5/14)

ドコモの「dブック」「dミュージック」など、他社スマホでも利用可能に
ドコモはdマーケット上の「dブック」「dミュージック」「dショッピング」「d fashion」をキャリアフリー化し、他社ユーザーでも利用できるようにした。今後は「dビデオ」も対応する。(2014/2/26)

「dビデオ」を7日間無料で利用できるお試し登録が2月1日にスタート
スマホ向け定額制動画配信サービス「dビデオ」を7日間無料で利用できるお試し登録が2月1日にスタートする。(2014/2/3)

ドコモ、学生と家族の基本料を3年間無料にする「学割2014」を発表
ドコモは1月から、学生とその家族を対象にした「学割2014」キャンペーンを実施する。XiとFOMAの基本料が3年間無料になるほか、dビデオなどに加入するとパケット通信量を1Gバイト増やす得点も用意した。(2013/12/26)

「dビデオ」で映画1本420円のレンタルサービスを開始――新作お試し体験キャンペーンも
ドコモが、「dビデオ」で映画1本あたり420円の個別課金サービスをスタート。また、dビデオに登録すると新作映画を1本視聴できるキャンペーンも実施する。(2013/12/18)

ドコモの「GALAXY Note SC-05D」、「dビデオ」再生時の不具合を改善するアップデート
ドコモは、「GALAXY Note SC-05D」のソフトウェア更新を開始した。「dビデオ」再生時の不具合を改善する。事前にAndroid 4.1にバージョンアップしておく必要がある。(2013/12/9)

アニメでも実写でもない、スマホ向け“見るマンガ”――新たな映像化のかたち「Beeマンガ」
マンガ原作の絵柄やコマ割りをそのまま生かし、キャラクターの声を吹き込んだ新しい映像化の形、“見るマンガ”。NTTドコモのスマートフォン向け動画配信サービス「dビデオ」内の1メニュー「Beeマンガ」に迫る。(2013/10/28)

定額制動画配信サービス「dビデオ」、iPhoneでの視聴に対応――10月10日から
Android搭載スマートフォン向けの定額制動画配信サービス「dビデオ」が、10月10日よりNTTドコモのiPhoneでも視聴可能となる。(2013/10/10)

ドコモ、TBSに70億円出資 スマホ向けコンテンツやイベント事業で提携
ドコモがTBSホールディングスに70億円出資。業務提携も行い、「dビデオ」「dアニメストア」「NOTTV」などのコンテンツ拡充を進める。(2013/8/29)

ドコモの「dビデオ」がPCでも利用可能に 一部のWi-Fiタブレットもサポート
NTTドコモのスマートフォン向け定額制動画配信サービス「dビデオ」が、マルチデバイス機能拡張によりPCや一部Wi-Fiタブレットからも利用可能になる。(2013/5/8)

スマホを映画館に 「dビデオ」ヒットのエイベックス、見放題サービスに取り組む狙い
スマホ向け動画定額配信サービス「dビデオ」が好調だ。会員数は右肩上がりで伸び続け、収益も黒字化を達成。運営するエイベックスの担当者は「ライバル視しているサービスは特にない。まずは自社のサービス向上に努めていく」と話す。(2013/4/8)

ドコモの「dビデオ」、400万会員を突破
ドコモのスマホ向け定額配信動画サービス「dビデオ」の会員数が、3月15日に400万を突破した。(2013/3/19)

7万台を無償配布:
スマホ向け映像サービスをテレビでも、ドコモ「dstick」を見てきた
NTTドコモが発表した「dstick」は、テレビのHDMI端子に挿して「dビデオ」「dアニメストア」「dヒッツ」などを楽しめるスティック型端末だ。一見、よくあるAndroidスティックに見えるが、実はかなり違う。(2013/1/22)

ドコモ、「VIDEOストア」の月額525円を誤って月々サポートの割引対象に
2012年5月から11月請求分まで、ドコモ「VIDEOストア」の月額料金525円が、誤って「月々サポート」の割引対象に含まれていたことが判明した。(2012/12/10)

ドコモの「VIDEOストア」、300万会員を突破
月額525円で映像や音楽などを試聴できるドコモの「dマーケット VIDEOストア」の会員数が、11月25日で300万を突破した。(2012/11/27)

ドコモ、「GALAXY S II LTE SC-03D」のソフト更新を一時中断
ドコモは、24日に開始した「GALAXY S II LTE SC-03D」のソフト更新を一時中断した。VIDEOストア/MUSICストア/アニメストアの一部コンテンツが再生できなくなる場合があるため。(2012/7/26)

8月にマルチデバイス化:
ドコモの「VIDEOストア」が200万契約を突破
ドコモのスマホ向けVODサービス「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」の会員数が200万を突破した。8月からは複数の端末からアクセスできる、マルチデバイスに対応する。(2012/7/24)

スマホ向け動画配信サービス「dマーケット VIDEOストア」が会員数100万を突破
NTTドコモが提供するスマートフォン向けの定額制動画配信サービス「dマーケット VIDEOストア」の会員数が、サービス開始5カ月で100万を突破した。(2012/4/25)

意外に楽しい映像配信 「dマーケット VIDEOストア」を使ってみた
2012年2月から、多くのドコモスマートフォンやタブレットで利用可能になった「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」。アニメや特撮ヒーロードラマなどをよく見る筆者が、実際に加入してサービスを体験してみたところ、思った以上に楽しめた。1カ月だけでも試しに加入してみる価値がある。(2012/3/16)

11年ぶり:
ヒロスエがドコモのCMに帰ってくる――「dマーケット VIDEOストア」新CM
ドコモが2月18日から放映する「dマーケット VIDEOストア」の新CMに、広末涼子さんが起用された。広末さんがドコモのCMに出演するのは、11年ぶり。ポケベルやiモードに続き、スマートフォンと3世代のCMに登場する。(2012/2/16)

「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」のAndroidアプリ配信開始
ドコモのスマートフォン向け動画サービス「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」に、専用アプリが登場。これまで同サービスは「dマーケット」アプリを搭載したスマートフォン限定のサービスだったが、Android OS 2.3以上を搭載したドコモの端末でも利用可能になる。(2012/2/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。