ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「名誉毀損」最新記事一覧

関連キーワード

MVNOの深イイ話:
MVNOと本人確認の話
MVNO(格安SIM)の音声サービスを契約する際、「本人確認」が義務付けられています。これは携帯電話を使った犯罪を防止するためです。今回は、この本人確認の手続きについてご説明します。(2016/5/18)

「どうせまた猶予判決」常習盗撮犯、犯罪歴ネット表示めぐる名誉毀損訴訟の裏で“再犯”……サンダルに小型カメラ
自分の名前をネット検索すると逮捕歴が明らかになり、名誉を傷つけられたとして大手検索サイトの運営会社を提訴していた盗撮犯の男が再犯。「どうせまた執行猶予付きの判決になる」とうそぶいたという。(2016/4/8)

Weekly Access Top10:
ソードアート・オンラインの世界に“リンクスタート”
無事にログアウトできました。(2016/3/22)

「おじゃる丸」役・小西寛子の名誉を毀損する書き込みの疑い 容疑者が書類送検に
「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」などの書き込みを繰り返していた疑いで書類送検。(2016/3/19)

ネット上の人権侵害、1700件超 過去最多に
2015年の人権侵害に関わる相談/調査のうち、ネット上の投稿によるものが1736件と過去最高になった。(2016/3/18)

「くら寿司でガラス片混入」――虚偽投稿の男性を名誉毀損の疑いで逮捕
くら寿司側は投稿について「事実と異なる」と否定していました。(2016/3/16)

「くら寿司で異物」 虚偽のSNS投稿で男を逮捕 名誉毀損の疑い
「くら寿司」の商品に異物が混入していたという虚偽の内容をFacebookに書き込んだとして、香川県警が名誉毀損の疑いで高松市の男を逮捕した。(2016/3/15)

かつての存在感を失った「2ちゃんねる」の明日はどっちだ
連載「ネットは1日25時間」。今回の記事はマターリ読んでください。(2016/2/11)

異常な土下座要求にNO! 「モンスターペアレント」の“とんでもクレーム” 弁護士の大ヒット対処マニュアルは万能か
「モンスターペアレント」は学校現場の脅威であり続けている。教師たちの悲鳴を受け、近畿弁護士会連合会が実際のクレーム事例と具体的対処法を記したマニュアル本をまとめた。(2015/12/25)

LINEでリベンジポルノ拡散 全国初の逮捕
グループトークに画像を投稿。(2015/6/22)

フジのバラエティー番組がBPO審理入り 「再現ドラマで名誉毀損」の申し立てで
ストーカー事件を再現したドラマに対し、社内イジメの首謀者とされて名誉を毀損されたとの申し立てがあった。(2015/5/20)

LINEトラブルの元府議に「キモい」発言、「問題なし」とBPO 「議員として受忍すべき」
LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことについて、BPOは「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」と判断。(2015/4/14)

ネットでの人権侵害、過去最高件数に 法務省が報告
ネット上での人権侵犯事件は前年から49.3%増加した。(2015/3/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賛否両論ある楽天・大久保監督の「デーブ流儀」
東北楽天ゴールデンイーグルスに大久保博元氏が監督に就任した。過去にあったスキャンダルを記憶している人は多く、一部のファンからは反対の声があったが、彼の監督としての手腕はいかほどなのか。スポーツライター・臼北氏によると……。(2015/3/12)

ああ、絶望(前編):
エリート集団の裁判所が、「ブラック企業」と呼ばれても仕方がない理由
「裁判所」と聞いて「誠実で公平な人ばかりが集まっている」と想像する人も多だろう。しかし、本当にそうなのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏が迫ったところ、信じられない事実が……。(2015/3/2)

安倍首相が「保守速報」の記事をシェア 批判を受け削除
「民主党が小学4年生のふりしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイト開設か!? ネット炎上」という記事にリンクが付いていた。(2014/11/25)

児童ポルノをリツイートしたらアウト? 弁護士に直接聞いてみた
やっぱりアウトでした。(2014/11/21)

窪田順生の時事日想:
「言論」を力で抑え込めば「ヘイト」が生まれる
超党派の議連が今国会中に「人種差別撤廃基本法案」(仮称)を提出しようとしている。ヘイトスピーチを規制して「差別を許さない空気をつくる」そうだが、筆者の窪田氏は「『規制』などしてもそんな“空気”が生まれるとは思えない」と考える。その理由は……。(2014/11/5)

中学生になったはるかぜちゃんが問う「正しいって何だろう?」
「はるかぜちゃん」としてTwitterで話題になった春名風花さん。そんなはるかぜちゃんの著書を紹介します。(2014/10/30)

アグネス・チャンさんへの中傷書き込んだ男性が手紙で謝罪 → アグネスさんがブログで実名入り「謝罪文」全文公開
「今後も徹底して責任を追求し続けて行きます」とアグネスさん。(2014/10/24)

エド・はるみさん、ネット上の中傷に法的措置へ
弁護士事務所が発信者情報の開示など、裁判上・裁判外の法的手続き対応を行う。(2014/10/3)

杉山淳一の時事日想:
「ネットダフ屋を締め上げろ」──鉄道業界はなぜ無策なのか
運行が終了する寝台特急「トワイライトエクスプレス」をはじめ、人気列車の指定券や寝台券は入手しにくい。が、オークションサイトではこれらが高値で取引されている。こんな状態を放置してはいけない。(2014/8/1)

松岡功の時事日想:
第二のベネッセ事件を起こさないために──情報セキュリティ、10のポイント
IT社会の進展でますます深刻な問題となっている「情報セキュリティ」の脅威。複雑化するセキュリティ脅威にはどんなものがあるか、最近、注目されている脅威は何か。専門家だけでなく、ビジネスパーソンもきちんと認識しておくべき「2014年版 情報セキュリティの10大脅威」を紹介する。(2014/7/30)

ネットの心ない書き込み 名誉毀損になる可能性は?
SNSやブログ上での具体的な相談事例を基に、自分や会社を守るための知識を学べる書籍を紹介します。(2014/6/5)

ネット上の人権侵害事件、過去最高に プライバシー侵害と名誉毀損で98%
法務省によると、2013年のネット上の人権侵害に関わる相談/事件数がいずれも過去最高となった。プライバシー侵害と名誉毀損が98%を占める。(2014/3/14)

佐村河内氏の謝罪会見、ネットでも大きな注目
ゴーストライター問題が発覚した作曲家・佐村河内守氏の記者会見が3月7日午前に行われ、ネットでも大きな注目を集めている。(2014/3/7)

Twitterでのデマ・中傷は責任なし? → その気になれば訴えられます 弁護士に聞いた
アカウントの本人特定はなぜ難しく、それはどう解消されたのか?(2014/2/27)

中傷記事「転載しただけ」でも名誉毀損に 東京高裁が初認定 安易な「転載・まとめ」に警鐘
転載しただけでは名誉棄損にならない? → なります(2013/12/3)

ネットで拡散した「山本太郎の手紙全文」はデマ 事務所「法的措置も検討」
参議院議員・山本太郎氏が天皇陛下に手渡した手紙の全文としてネットで拡散しているテキストは「捏造」と同氏の公式サイトが告知した。(2013/11/5)

ネットに流れる「山本太郎の手紙全文公開」は「デマ」と事務所が否定
「名誉毀損の被害を与える事例が発生した場合、法的な対抗措置も検討中」という。(2013/11/3)

半径300メートルのIT:
ネット選挙活動解禁、だからこそ覚えておきたい「RTのタイミング」
リツイートやシェアは、1クリックで簡単に情報を広められる便利な機能です。でも、「脊髄反射」的に行うと手痛いしっぺ返しを食らうかもしれません。(2013/6/21)

「大連携!!オーディンバトル」のgloops、グラニを不正競争防止法違反などで提訴 グラニ側は「事実無根」と反論
泥沼の様相を呈してまいりました。(2013/6/14)

池田信夫氏、上杉隆氏を反訴
経済学者の池田信夫氏は、元ジャーナリストの上杉隆氏に名誉を毀損されたとして損害賠償などを求めて反訴。(2013/4/23)

窪田順生の時事日想:
「カジノ王VS. 朝日新聞」の行方が日本経済に影響するってホント?
あまり話題になっていないが、実は今、日本経済を左右する死闘が繰り広げられている。それは、パチスロ界の雄「ユニバーサルエンターテインメント」と「朝日新聞」のバトルである。両社が争っていることとは……。(2013/3/26)

PC遠隔操作事件で逮捕の男、「のまネコ」騒動で殺害予告の過去
PC遠隔操作事件で逮捕された男は、2005年に起きた「のまネコ」騒動でエイベックスに対する殺害予告を書き込んだとして逮捕された人物だったという。(2013/2/10)

上杉隆氏、池田信夫氏とNHN Japanを提訴
元ジャーナリストの上杉隆氏は、経済学者の池田信夫氏とNHN Japanを名誉毀損で提訴したことを明らかにした。(2012/11/16)

セキュリティブログクリップ(3):
驚異の読心術者のネタ元はSNS?!
今回は、利用範囲がますます広がるSNSの話題から、SNSの職場での利用の是非と、Facebookの偽アカウントに関する話題、そしてオンラインでの被害にまつわる保険の話を取り上げます。(2012/10/18)

日本の組織を狙う標的型攻撃メールは9〜17時に集中、IBM調べ
日本IBMは2012年上半期のセキュリティ動向レポートを発表、標的型メール攻撃が前期比で2倍に増加したという。(2012/8/2)

清武英利 元巨人球団代表の記者会見をライブ配信
清武英利 元読売巨人軍球団代表の記者会見をライブ配信する。文藝春秋による原監督1億円支払い報道に関して、7月24日、読売グループ本社、読売巨人軍、渡邉恒雄氏らに対し、名誉毀損に基づく損害賠償と謝罪広告請求を起訴する件について説明する。配信は7月24日15時0分〜。(2012/7/23)

相場英雄の時事日想:
「日経VS. 文春」騒動の裏にある、週刊誌の取材力
日本経済新聞社と文藝春秋の間で、トラブルがあった。新聞社トップのスキャンダルを週刊文春が報じ、新聞社側は発行する出版社を訴える方針を示した。事の真偽は別にして、今回は週刊誌の取材力にスポットを当ててみる。(2012/7/19)

今週末見るべき映画『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年度アカデミー賞5部門ノミネート。少女失踪の真相と連続殺人事件との関わり、富豪一族のおぞましい過去を解き明かしていく、ミステリー作品。(2012/2/16)

中田宏「政治家の殺し方」(4):
はぁ? オレの愛人? 政治家はこうして殺される
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。そして、「中田の愛人」と名乗る女性が全国ニュースに登場した。(2012/1/5)

中田宏「政治家の殺し方」(1):
私を奈落の底に落とした、スキャンダルとは
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。悩み苦しんで「白髪頭」となり、「死」を考えたこともあったという。そんな彼が、政界の隠れた裏側を告白した。(2011/12/20)

35.8歳の時間・烏賀陽弘道:
「朝日、オリコン、裁判所」ともあろうものが。
40歳で、朝日新聞社を退職した烏賀陽弘道氏。その後はフリージャーナリストとして活躍してきたが、雑誌にコメントしただけで損害賠償を請求されることに。彼の人生を振り返るとともに、オリコンそして裁判所に“勝利”した男の声を記録した。(2010/7/30)

首都大生の「ドブス写真集」動画が騒動に 大学は事実把握、「大変遺憾」
首都大学東京の学生が「ドブス写真集完成までの道程」と称して一般人を撮影した動画をYouTubeに投稿し、ネット上で騒ぎになっている。同大は事実を把握しており、今後処分も検討する。(2010/6/17)

「AR空間は誰のもの?」――「ARを規制する法律はない」と牧野弁護士
現実空間を電子情報で“拡張”するAR。現実の土地とひも付いたコンテンツを“表示する権利”は誰にあるのか――。現状では明確な答えはなく、サービスの盛り上がりとともに議論の必要性が高まっている。(2010/3/12)

Google幹部に伊法廷が有罪判決――いじめビデオ掲載訴訟で
この判決は、ユーザーが投稿するコンテンツに関する責任がサービス側にあることを意味し、インターネットの自由に対する攻撃だとGoogleは主張している。(2010/2/25)

どうなる? 紙メディア:
なぜ総合週刊誌は凋落したのか? 出版社を取り巻く3つの課題
「電車の中で、週刊誌を読んでいる人が少なくなったなあ」と感じている人も多いのでは。なぜ人は政治家や芸能人のスキャンダル記事を読まなくなったのだろうか。『週刊現代』などで編集長を務めた、元木昌彦氏が出版界の現状などについて語った。(2009/10/28)

高レベルの機密情報流出を遮断、日本IBMがDLPサービス
日本IBMは、企業ネットワークから機密レベルの高い情報の漏えいを防止するDLPサービスを始めた。(2009/7/13)

集中連載・週刊誌サミット:
弾圧を恐がり、“感度”が鈍い編集者たち――週刊誌が凋落した理由(後編)
週刊誌が売れない原因は、どこにあるのだろう。そのヒントを見つけ出そうと、“週刊誌サミット”が5月15日、東京の上智大学で開かれた。第1部の座談会に登壇した、田原総一朗氏や佐野眞一氏らは何を語ったのだろうか?(2009/5/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。