ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「方言」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「方言」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

特集・音声言語インタフェース最前線:
音声合成はアナウンサーや声優の仕事を奪うのか?
「AIアナウンサー」など、コンピュータが人間の代わりに音声の読み上げを務める機会が増えている。音声合成はどこまで人間のようにしゃべることができるのか。(2018/5/11)

平成30年史 デジタルが変えた文化(1):
全てはポケベルから デジタル化が生む「SNSムラ社会」
ポケベルが画期的だったのは、家単位で設置されていたそれまでの電話では困難だった、個人同士の即時コミュニケーションが可能になったことだ。個人間コミュニケーションは、携帯電話のメッセージやLINEなどに形を変えて進化していった。(2018/5/9)

イケメン×津軽弁 東京の今どきっぽいイケメンが津軽弁をしゃべる漫画に方言萌えが止まらない
津軽弁はフランス語っぽいらしいです。(2018/4/30)

子どものためにパパが作ったIoTプロジェクター「popIn Aladdin」 製造はVAIOが担当
3児の父親でもある社長自ら考案したという「popIn Aladdin」は、天井の引っ掛けシーリングに取り付けるプロジェクターであり、Androidベースのネット端末であり、LEDライトでもあるユニークなIoTデバイス。その開発経緯と機能の詳細を聞いた。(2018/4/25)

石原さとみ、新CMで方言女子になる カメラ目線で「なあなあ、グミちゃんいるか?」
「おっと、ちょいちょい、それ私のですのっ!」も好き。(2018/4/23)

「ちゃんとした日本語」ってなんだろう…… 漫画「私が方言を話さない理由」の実話エピソードに共感の声上がる
同じ日本人でも方言の扱いに感じる言葉の壁。(2018/4/10)

PR:美少女が宇宙に漕ぎ出して魚を獲る!? 宇宙漁捕獲アクションゲーム「ソラとウミのアイダ」、10月よりテレビアニメ放映開始
尾道の夏、宇宙漁業の季節!(2018/4/10)

特集・音声言語インタフェース最前線:
機械と対話できる日は来るのか アドバンスト・メディアに聞く、音声認識の課題と可能性
「音声認識」がクローズアップされることが増えた。音声認識が主な操作法であるスマートスピーカーやロボットも登場している。では、現在の音声認識技術は、どのレベルまで到達しているのか。アドバンスト・メディアに話を聞いた。(2018/4/6)

最初からダイヤモンド! “日本一かわいい女子高生”福田愛依がカリスマ一直線の魅力を放つ
“めいめい”と“ほのぴぴ”は覚えとかなきゃ。(2018/3/28)

六花亭、「そだねー」商標出願についてコメント 独占の意図なしと説明
六花亭は「なんもなんも」など方言を製品名に使っており、「そだねー」も愛着ある言葉として使いたいと説明。(2018/3/22)

「北海道のおやつとして親しんで」:
「そだねー」商標申請で批判続く六花亭、「独占のつもりない」と声明文発表
「そだねー」を商標申請中の六花亭製菓が声明文を発表。「独占という印象は避けにくいが、弊社が申請中の他の商標は他社にぜひ使ってほしいと伝えたところだった」という。申請を巡り、ネット上では「そこまでして独占したいのか」などの批判が集まっていた。(2018/3/22)

「最後の関西弁はんぱない」 戸田恵梨香、子どもと戯れる“素”の姿に胸キュンするファン続出
「ちゃんとくっついてよ」のところ無限リピートできる。(2018/3/17)

JKがPK(パンツ食い込む)と戦うPR動画のテンポがクセになる 食い込みにくいショーツ「non!PK」をワコールが発売
「ハイ、ノンピーケー」の響きが気持ちいい。(2018/3/1)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年1月版】:
なぜ製造業は「変わらないといけない」のか、その4つの理由と解決策
TechFactoryオリジナルコンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は世界規模で活動するティア1サプライヤー、ヒロテックが紹介した「製造業が変わらなくてはならない理由」が第1位となりました。(2018/2/26)

「ばかうけ」に方言バージョンが登場 「ばりうけ」「なまらうけ」「いぎなりうけ」など
味も方言に応じてさまざま。(2018/2/22)

どんな味なの? トビウオを使ったエナジードリンク「トゥブーエナジー」 沖縄県八重瀬町で誕生
鮮やかなブルーがきれいです。(2018/1/31)

「茨城」が「いばら“ぎ”」と誤読されてしまう理由を考える
なぜ濁るのか。(2018/1/19)

ご飯を「よそう」VS「よそる」 正しいのはどっち?
「盛る」派も「つぐ」派も。(2018/1/11)

なぜ「けものフレンズ」は2017年の“覇権アニメ”になったのか
2017年のアニメを振り返るうえで欠かせない1作が「けものフレンズ」だ。放送前は話題にほとんど上らなかった深夜アニメが、なぜインターネット上を席巻する“覇権アニメ”にまでなったのか。(2018/1/5)

特集「Connect 2018」:
好きなキャラクターが身近に? ロボットの可能性とは――ユカイ工学・青木CEO
コミュニケーションロボット「Bocco」や、しっぽの付いたクッション型セラピーロボット「Qoobo」などを開発、提供している企業ユカイ工学。2018年はロボットの活用が進むのか。青木CEOは、ロボットの可能性について、どのように考えているのかを聞いてみた。(2018/1/4)

新潟県って何地方? 県・市・NHK・市民に見解を聞いてみた
東北、関東、甲信越、関東甲信越、北陸、北信越、中部、信越、上信越など、さまざまな地域に分類されている。(2018/1/2)

東京化する大阪弁「してまう」から「しちゃう」へ……“ネオ関西弁”も拡散
大阪弁が東京弁に近づきつつある。かつて違和感があった「しちゃう」「やっちゃう」などという東京の言葉が、若者の間でごく普通に使われるようになった。(2017/12/21)

東京化する大阪弁:
「してまう」から「しちゃう」へ 府民3分の2使用「関西的思考」消滅、“ネオ関西弁”も拡散
大阪弁が東京弁に近づきつつある。かつて違和感があった「しちゃう」「やっちゃう」などという東京の言葉が、若者の間でごく普通に使われるようになった。(2017/12/21)

社運を懸けた大変革:
「うなぎパイ」の会社が和菓子に力を入れる特別な事情
年間8000万本も生産される「うなぎパイ」は、静岡・浜松を代表するお土産品だ。この菓子メーカーである春華堂が数年前から和菓子に力を注いでいる。その理由とは――。(2017/11/28)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
近未来技術で地域の課題を強みに――仙北市(秋田県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第3回。今回は、ドローンや無人運転など近未来技術に本気で取り組む秋田県仙北市を紹介する。(2017/11/24)

SQL Server対応を進める業務パッケージが急増中:
PR:独立系ソフトウェアベンダーはなぜデータベースにSQL Serverを選択するのか――対応を成功させるための数々の支援施策が決断を後押し
進化の速度でも経済性でも業界トップクラスにある「Microsoft SQL Server」――。このところ、業務パッケージソフトウェアのデータベースとしてSQL Serverを選択する独立系ソフトウェアベンダーが増えている。その理由は「業務パッケージの高付加価値化」「Microsoft Azureとの親和性」「コストメリット」の3点。アセスメントを提供するコンサルタントの存在や、日本マイクロソフトによる支援施策の効果も大きい。(2017/11/15)

Dev Basics/Keyword:
Avalonia
Avaloniaは、クロスプラットフォームで動作するXAMLベースのUIフレームワーク。Windows、macOS、Linux、iOS、Androidをサポートする。(2017/10/17)

「文字検索は面倒」も「人前での音声検索は恥ずかしい」が約7割 KDDIの音声操作に対する意識調査
KDDIは「日本人の音声操作に対する意識調査2017」の結果を発表。文字入力による検索は半数近くが「面倒」と回答するも、音声でのインターネット検索を人前で行うのは「恥ずかしい」が7割を超えている。(2017/10/5)

特集:C#正規表現チートシート:
C#で正規表現を利用するためのメソッド
C#には正規表現を利用するためのRegexクラスが標準で用意されている。Regexクラスが提供するメソッドで正規表現を使用するための基本をまずは見てみよう。(2017/9/29)

特集:Microsoftテクノロジーの現在と未来:
XAML Standardとは
XAMLはさまざまなプラットフォームでUIを記述するのに使われ、さまざまな方言を生み出してきた。これを統一しようというのが、XAML Standardが目指すところだ。(2017/8/25)

「やだらたげあずましいはんで」 “青森県民vs滑舌悪い芸人”のラップバトルに脳が溶けそう
復活の呪文かな?(2017/8/9)

弘前大学と東北電力、方言をAIで標準語に変換するなどの共同研究へ コールセンターでの方言・なまりへの対応に
通話音声の内容を自動要約する技術の実用性を検証します。(2017/7/31)

津軽弁をAIで標準語に 東北電力と弘前大が研究スタート
人工知能(AI)技術を使い、津軽弁の音声を標準語のテキストに変え、要約する――そんな共同研究を、東北電力と弘前大学が始める。(2017/7/28)

アニメ「ジョーカー・ゲーム」関東再放送のメインスポンサーが新潟市!? ガチオタ副市長とProduction I.Gが史上初の取り組み
「この番組は新潟市とご覧のスポンサーでお送りします」(2017/8/20)

「みんゴル」に続き:
「サクラ大戦」の広井王子原作 ソニーの完全新作スマホゲーム「ソラとウミのアイダ」10月登場
フォワードワークスが新作スマホゲーム「ソラとウミのアイダ」を10月上旬に配信すると発表した。(2017/7/25)

「ラジオは“気配”発生装置」――スマホと連携“IoTラジオ”「Hint」一般発売
ニッポン放送とCerevo、グッドスマイルカンパニーが共同開発するラジオ受信機「Hint」が9月初旬に一般発売。「ラジオとは何か」――ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーのそんな疑問からHintは生まれたという。(2017/7/21)

マストドンつまみ食い日記:
地域丼もモバイルアプリ? 十日町に続き大阪も
インスタンスの特徴を強く打ち出している地域インスタンスでは、モバイルアプリも独自のものを必要とするのかもしれない。(2017/7/15)

三重県志摩市の“非公認”萌えキャラ「碧志摩メグ」のアニメPV第1弾が公開 三重県出身声優の小松未可子を起用
非公認ながら、志摩市のPRはバッチリ。(2017/7/13)

ねっと用語知ったかぶり:
最近よく見る「イキる」「イキり○○」ってどういう意味?
「イキりオタク」などはよく聞きますね。(2017/7/9)

「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあで」 サントリー「コックゥ〜ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ
「女性をバカにしすぎ」という意見も。(2017/7/7)

PR:ロッテ「爽」が開発した「座るだけで気分が上向きになるイス」がポジティブ(物理)すぎる発想だった件
簡単だけど結構効果的?(2017/7/5)

マストドンつまみ食い日記:
「鎖国」から生まれた関西広域連合の行方 脱中央集権(東京)の鍵 マストドン会議4
関西のご当地インスタンス座談会は、「連合」の意味を考え直すよい機会だった。(2017/6/14)

AIによる音声入力機能を「Simeji」に提供 顔文字をレコメンド、句読点も自動で
バイドゥが、日本語入力アプリ「Simeji」に音声入力機能を提供。バイドゥのAI技術を活用しており、自動で句読点を入れてくれる。顔文字の変換にも対応している。(2017/6/14)

「じゃあね、バイビー」──音声認識で電話を切れる新機能 ドコモ2017夏モデルから
通話中の言葉を認識し、自動で電話を切る新機能を追加する。(2017/5/24)

ドコモが2017年夏モデルを発表 「Galaxy S8/S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」など8機種が新登場【画像追加】
ドコモが2017年夏商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン7機種、タブレット1機種が新たに登場するほか、既存の1機種に新色を追加する。(2017/5/24)

ドコモの「スグ電」が音声による終話に対応 “方言”も順次OKに
電話の基本操作をタップレスで操作できる「スグ電」が、2017年夏モデル(一部を除く)から音声による自動終話に対応する。端末を耳から離す5秒前の発話に「終話の合図」が含まれていると、自動的に電話を切る仕組みだ。(2017/5/24)

ITライフch:
2秒“なまって”動画を作成!方言共有アプリ「namarii」
株式会社カラフルカンパニーは、スマホアプリ「namarii(ナマリー)」を発表した。“なまり”をテーマにした動画共有サービスで、日本各地の方言を2秒間の動画にして投稿、閲覧できる。(2017/5/24)

Dev Basics/Keyword:
Microsoft Small Basic
Microsoft Small Basicは学習を目的としてマイクロソフトが提供しているBASICの処理系。シンプルな言語仕様、習得が容易、簡潔な記述がその特徴といえる。(2017/4/25)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(5):
OracleからMySQLへ 「SQL」と「DDL」の移行評価を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けた「SQL」と「DDL」の移行評価ポイントを解説します。(2017/4/18)

Microsoft Focus:
「誰にでも使えるAI」のインパクト
「みんなのAI」といった表現を使い、“AIの民主化”を進めるというMicrosoft。そこには多くの人が利用できる、より身近なAIの実現を目指す同社の姿が見て取れる。(2017/4/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。