ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」」最新記事一覧

日本はITでまだ変われる─オリンピックに向けてITでできること


講師:古賀政純(こが・まさずみ)
 日本HP オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト。兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバーのSE及びスーパーコンピューターの並列計算プログラミング講師、SIを経験。2006年、米国HPからLinux技術の伝道師として「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。プリセールスMVPを4度受賞。現在は日本HPにて、Linux、FreeBSD、Hadoopなどのサーバー基盤のプリセールスSE、文書執筆を担当。趣味はレーシングカートとビリヤード。

関連キーワード

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第29回 Docker Networkingの基礎知識 標準的なネットワークを理解する
引き続きDocker環境におけるネットワーキングの基礎を解説します。今回は、Dockerでの標準的なネットワークを例に、手順を交えながらその構成がどうなっているのかを理解していきましょう。(2016/9/21)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第28回 Docker Networkingの基礎知識 ソフトウェア定義型時代の到来
今回からDocker環境のネットワーキングに迫ります。ネットワーキングと聞くと、とても難解なイメージがあるかもしれませんが要素技術は非常に重要です。従来の物理システムと異なる点もあるDockerのネットワーキングについて、まずは基本を解説します。(2016/9/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第27回 32ビット環境に迫る「2038年問題」 検証で分かった事実
ここまで32ビット環境における「2038年問題」と、その検証に向けた準備を進めてきました。今回は準備した環境で実際に検証してみます。ついでに、筆者が18年間愛用する腕時計でも試してみました。(2016/8/10)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第26回 32ビット環境に迫る「2038年問題」 検証における5つの疑問
前回は32ビット環境に忍び寄る「2038年問題」に触れました。Dockerを使った仮想環境での延命措置も期待されますが、実際のところはどうなのでしょうか。今回はその検証に向けた考察をしてみます。(2016/7/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第25回 32ビット環境に迫る「2038年問題」 時計がおかしくなると……
いまだ数多くのシステムで32ビットのOSやアプリケーションが使われていますが、実は深刻な影響が懸念される「2038年問題」を抱えています。将来どのような影響が出るのかについて、今回から「Docker」による検証を先取りしていきます。(2016/7/13)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第24回 非Linux環境のDocker FreeBSDで実際に動かしてみると……
非Linux環境におけるDockerの利用が注目されつつあります。今回はIoT時代の主役になるかもしれないBSDの環境で実際にDockerを動かし、その様子からどんなことが分かるのかについて解説します。(2016/6/15)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第23回 非Linux環境のDocker、プレステも採用する“あのOS”で動かす意味
実はLinuxではないOS環境でもDockerは動きます。でもWindowsではありません。今回はプレステにも搭載され、これからのIoT時代に主役になるかもしれない、あのOSでDockerを動かす理由を紹介します。(2016/6/1)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第22回 Dockerで3Dゲームを動かす――稼働編
ここまでDocker環境で3Dゲームを稼働させるための準備や方法などをみてきました。それでは実際に自動車や飛行機、鉄道のシミュレータを稼働させてみます。(2016/5/18)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第21回 Dockerで3Dゲームを動かす――構築編
前回はDocker環境で3Dゲームを稼働させるゴールや方法などについてご紹介しました。今回はその環境を構築していく上でのポイントや注意点を解説します。(2016/4/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第20回 Dockerで3Dゲームを動かす――準備編
非常に深い関係にあるゲームとコンピュータ。今回からDockerの環境で3Dゲームを稼働させる方法についてご紹介していきます。まずはその目的や方法、必要な環境などについてみていきましょう。(2016/4/13)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第19回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その3
Dockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介します。今回はこれまでに準備したDocker環境で実際に撮影、活用するまでの流れを取り上げます。(2016/3/30)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第18回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その2
Dockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介します。今回は環境を具体的に構築する手順を取り上げます。(2016/3/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第17回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その1
今回からDockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介していきます。Webカメラの使い方や録画データの保存、構築した環境の管理などはどうすればいいのでしょうか――まずは導入準備編です。(2016/3/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第16回 1つのDockerコンテナでサービスをたくさん動かすには?(応用編)
Dockerコンテナで複数のサービスを動かすポイントを解説しましたが、今回はその応用編として具体的に3つの方法をご紹介します。(2016/2/17)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第15回 1つのDockerコンテナでサービスをたくさん動かすには?(基礎編)
サービスを稼働させる上で、ハイパーバイザ型の仮想化環境とDockerコンテナの環境では大きな違いがあります。まずは基礎知識から解説しましょう。(2016/2/3)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第14回 「延命措置」で旧システムからDocker環境に移行する方法
古いIT資産をDocker環境へ移行するには多面的な検証が必要です。今回は「延命措置」のシナリオから、実際に古い物理サーバからDocker環境へ移行する手順を紹介します。(2016/1/20)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第13回 “根が深い”旧システムからDocker環境への移行をどうするか
いざ古い物理サーバや仮想化基盤からDocker環境に移行しようとすると、実に“根が深い”さまざまな課題に直面することになるでしょう。Dockerへの移行について知っておくべき必要最低限のポイントを解説します。(2016/1/6)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第12回 Docker環境のバックアップツール「Convoy」を試す
前回はDocker環境のデータの管理に役立つ「Convoy」を紹介しました。今回は実際にConvoyを使ってどのようなことができるのかを解説します。(2015/12/9)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第11回 Docker環境のバックアップをラクにする「Convoy」とは?
Docker環境のバックアップ/リストアは、物理サーバやハイパーバイザー型の仮想化基盤に比べて、異なる点が多くあります。今回はDockerコミュニティーの間で注目されている「Convoy(コンボイ)」を紹介します。(2015/11/25)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第10回 Docker環境におけるバックアップ/リストアの罠
“攻めのIT”を考える情シスが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回はDocker環境におけるバックアップ/リストアでの注意点をご紹介します。(2015/11/11)

PR:Docker+超高密度ストレージサーバーで実現するDevOpsの新世界
新ビジネスを一刻も早く立ち上げたい――こうした要求に応えるべく、Dockerを活用したシステムの開発・展開・運用のサイクルを迅速化するDevOpsが注目を集める。そのために実はDevOpsに最適なハードウェアも必要になることをご存じだろうか。日本ヒューレット・パッカードが提案する「Docker + 超高密度」の新たなアプローチをご紹介したい。(2015/10/29)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第9回 Dockerfileで“インフラストラクチャ・アズ・コード”を体験
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Dockerfileでインフラストラクチャ・アズ・コードを実体験」です。(2015/9/30)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第8回 “紙の手順書”をなくす!? 「Dockerfile」とは何か
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Dockerfileとその意味を知る」です。(2015/9/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第7回 Dockerに触れ、マルチOSを体験してみよう(後編)
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Webサーバ入りDockerイメージの再利用」です(2015/9/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第6回 Dockerに触れ、マルチOSを実体験してみよう(前編)
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「Docker実体験と動きの確認」です。(2015/8/19)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第5回 LinuxコンテナとDockerの違いをざっくりと比較する
“攻めのIT”を考える情シスリーダーが今後知っておくべき注目の技術「Docker」を基本から応用まで解説します。今回のテーマは「DockerコンテナをLinuxコンテナの特徴と比べながら、違いと活用のコツを理解する」です。(2015/8/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第4回 「Dockerのクジラロゴ」が意味するもの
“攻めのIT”のため、Dockerの本質を見極め、より正しくDockerを理解しましょう。今回はいよいよ本題へ。Dockerのロゴアイコンやコンテナそのものの形状から「Dockerの本質」の基本をひもといていきます。(2015/7/22)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第3回 「ファイルシステムの分離」とは? chrootで試して理解しよう
なぜ企業がDockerに着目するのか、今後の“攻めのIT”に必要と言われているのか。情シスにその知識があると“強くなる”はずです。今回は簡易テスト環境で「chrootによるファイルシステムの分離」を体験する方法を紹介します。(2015/7/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第2回 chroot/Dockerを手元のWindowsで手軽に試す方法
なぜ企業がDockerに着目するのか、今後の“攻めのIT”に必要と言われているのか。今回はこれをふまえ、簡単にざっくりと体験学習してみませんか。今回は準備編として、CentOS 7.xをお手元のWindows PCで手軽に試す方法を簡単に紹介します。(2015/6/24)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第1回 Dockerと「昭和54年」の深〜い関係
いま、欧米IT業界で特にホットな話題=「Docker」。これを正しく理解すると、これからの情シスに求められる“攻めのIT”の強い武器になる。そう強く提言するエバンジェリストが「Docker」の基本と具体的Tipsを解説していきます。(2015/6/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。