ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)」最新記事一覧

通信速度定点観測:
FREETEL、Wonderlink、DTIが安定の御三家――「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線4月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年4月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2016/5/2)

SIM通:
「DTI SIM」ユーザーにiPhone 6sのレンタル開始。そのメリットは?
DTIは、「DTI SIM スマホレンタルオプション」の会員向け先行予約受付を開始した。1年ごとにレンタル継続、新しい端末へ変更、端末を買い取りするかを選択できる。(2016/4/28)

DTI SIM、通信速度制限の緩和とデータ容量繰り越しサービスを提供開始
DTI SIMは、4月29日から制限基準にあたる連続する3日間のデータ通信量を緩和。5月1日から使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越す「データ容量繰り越しサービス」も提供する。(2016/4/22)

DTI SIM、3GB/10GBプランが半年間キャンペーン料金になるキャンペーン
DTI SIMは、専用ページから対象プランに申し込むと半年間キャンペーン月額基本料金が適用される「どっちもおトク!キャンペーン」を実施。受付は6月30日まで。(2016/4/4)

「DTI SIM」でスマホのレンタルサービスを開始――第1弾は「iPhone 6s」(予定)
MVNOサービス「DTI SIM」とスマホのレンタルをセットにしたサービスが、4月下旬から提供される。通信に必要な設定を行った状態で配送する。第1弾端末は「iPhone 6s」の予定。(2016/3/30)

「DTI SIM」、音声プランのMNP即日開通を開始
モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」の音声プランが、番号ポータビリティ(MNP)の即日開通を開始した。(2016/3/22)

通信速度定点観測:
Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年2月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。(2016/3/14)

「DTI SIM」の3GB半年無料のキャンペーンが再延長――募集枠を1万人追加
「DTI SIM 半年タダでお試し!キャンペーン」が対象人数をさらに1万人拡大。月間データ容量3GBの各プランを最大6カ月間無料で試せるラストチャンスとなる。(2016/2/16)

MVNOに聞く:
半年無料、業界最安でも利益は残せる――DTI SIMがレッドオーシャンにあえて挑む理由
競争の激化でレッドオーシャンと化した格安SIM市場に“業界最安”路線で挑むDTI SIM。そこにはどのような戦略があるのか。DTIを率いる田中伸明氏に聞いた。(2016/1/29)

DTI SIMの3GBプランが月額無料になるキャンペーン、対象者を5000人拡大
月間データ容量3GBの各プランを最大6カ月間無料で試せる「DTI SIM 半年タダでお試し!キャンペーン」が対象人数を拡大。さらに5000人を募集する。(2016/1/13)

「DTI SIM」に月額840円〜の3GBプランが登場――最長6カ月間無料のお試しキャンペーンも
月額料金はデータプランが840円、データSMSプランが990円、音声プランが1490円で、業界最安値を実現した(同社調べ)。(2015/12/18)

月額840円〜の3GBプランも登場:
PR:このチャンスを逃すな!――「DTI SIM」で最長6カ月無料のお試しキャンペーン開始
格安SIMサービス「DTI SIM」の「3GBプラン」に新規契約をすると、最大6カ月間に渡って月額料金を無料にするキャンペーンを実施する。この大盤振る舞いのキャンペーンを、ぜひチェックしておきたい。(2015/12/18)

「DTI 光」の料金が毎月150円割引になる「DTI 光×SIMセット割」提供開始
ドリーム・トレイン・インターネットは、光インターネットサービス「DTI 光」の月額料金が毎月150円割引になる「DTI 光×SIMセット割」の提供を開始した。(2015/12/14)

PR:安い、速い、簡単――格安SIMサービス「DTI SIM」を使うべき理由
ドリーム・トレイン・インターネットが提供している格安SIMサービス「DTI SIM」は、安い料金で高品質の格安SIMを手軽に利用できるのが特徴だ。サービスの全容をチェックしていこう。(2015/12/9)

格安SIM定点観測:
DTI SIMが「最安値」を引っさげて音声対応 DMM mobileは月内に追随できず――2015年10月音声通話編
10月は、ケーブルテレビ界の“巨人”がMVNOに参入したことや、ほぼ完全な通話定額が登場したことが大きなトピックだったが、あの「全プラン業界最安値」のMVNOが追随できずに月を終えたことにも注目だ。(2015/11/16)

「DTI SIM」に音声プランが登場――5Gバイトと10Gバイトプランは“業界最安”に
ドリーム・トレイン・インターネットは、モバイル高速通信サービス「DTI SIM」で音声通話機能付きSIMカードと「音声プラン」を提供開始。11月2日からは「容量チャージ機能」も追加する。(2015/10/29)

DMM mobile、データSIMの1/5/10Gバイトプランを値下げ
DTI SIMから“業界最安”の座を奪還した。(2015/9/25)

5Gバイト・10Gバイトプランは業界最安値:
月額600円・1Gバイトから――DTI、新たなモバイル高速通信サービス「DTI SIM」を提供開始
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が、新たなモバイル高速通信サービス「DTI SIM」を開始した。フリービットグループ内の連携により実現した低廉な料金が特徴で、3Gプランと5Gプランでは“業界最安値”を達成した。(2015/9/17)

フリービット、光回線サービス「DTI 光」を提供 「freebit mobile」とのセット割も視野
フリービットグループのDTIが、NTT東西の光回線(FTTH)を利用した固定通信サービス「DTI 光」を提供する。モバイル通信サービス「freebit mobile」とのセット割も検討しているという。(2015/2/2)

シグネチャで防げないマルウェアは、独自の仮想実行環境で検知:
PR:未知の脆弱性を悪用した標的型攻撃を確実に防御するファイア・アイのテクノロジ
サイバー攻撃には、最先端の技術で対応すべし。これまでの製品では回避されてしまうような攻撃も、ファイア・アイの「MVXエンジン」と「DTIクラウド」なら止められるのだ。(2014/10/1)

フリービットの「ServersMan SIM LTE」がサービス拡充――iPhone完全対応&品質向上
フリービットとドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、SIMサービス「ServersMan SIM LTE」のデータ通信速度アップや品質向上、iPhone完全対応といったバージョンアップを実施。(2014/4/16)

DTI、「ServersMan SIM LTE 100」の通信速度を最大150kbpsへ増速
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が運営するLTE SIMサービス「ServersMan SIM LTE 100」で初のメジャーバージョンアップを実施。月額490円の料金据え置きで、通信速度を従来比1.5倍の最大150kbpsへと増速した。(2013/11/25)

フリービットとDTI、モバイル料金プランを自分で決められる「Semantic Switch」技術を開発――本日より第1弾サービスを提供開始
フリービットとDTIは、ユーザー自身がモバイル料金プランを自由に組み立てられる「Semantic Switch」技術を開発したと発表した。(2013/10/25)

DTI、月額490円のLTE+3Gサービス「ServersMan SIM LTE 100」
ドリーム・トレイン・インターネットは、同社提供通信サービス「ServersMan SIM 3G 100」のリニューアルを発表、LTEにも対応し「ServersMan SIM LTE 100」としてサービスを開始する。(2013/7/22)

DTI、スマホ向けIP電話アプリ「ServersMan 050」をバージョンアップ
DTIのAndroid向けIP電話サービス「ServersMan 050」に、圏外着信通知やBluetoothヘッドセット通話、無料通話の発信前確認などの新機能が追加された。(2013/6/4)

DTI、490円SIMプランで使えるスマホサポートサービス「DTI telecom」開始
490円/月の3G SIMカードサービスを展開するDTIが、同サービスで使える推奨スマートフォンのサポートサービスを開始。低価格SIMサービスはよいが、どの端末を用意すればいいか分からないという層に向け展開する。(2013/1/9)

DTI、月額490円の3G SIMサービスにSMSオプションを追加──月額150円
DTIが展開する月額490円の3G SIMサービス「ServersMan SIM 3G 100」に、SMSを利用できるようにする「SMSオプション」が加わる。(2012/12/7)

DTI、490円/月からの仮想サーバサービス「ServersMan@VPS」を刷新
DTIが、仮想サーバサービス「ServersMan@VPS」のバージョンアップを実施。490円/月で利用できる低廉プランも従来比2倍/512Mバイトのメモリを利用でき、稼働可能なソフトウェアの幅が広がった。(2012/9/12)

月額490円のドコモ3Gサービス、DTIから 100Kbpsに抑えて低価格に
月額490円の“ワンコイン”で利用できるドコモ3Gサービス「ServersMan SIM 3G 100」をDTIが始めた。(2012/8/8)

速度は100kbps、SIMのみ契約もOK:
DTI、490円/月の定額3Gサービス「ServersMan SIM 3G 100」開始
DTIが、FOMA網を用いる月額490円の3Gデータ通信サービスを開始。速度は100kbpsまでだが、その分低価格を実現する。(2012/8/8)

DTI、LTEサービス「DTI LTE イー・モバイルプラン」を開始
DTIが、イー・アクセスのMVNOとして「DTI LTE イー・モバイルプラン」を開始。2年契約で月額3880円/端末実質0円。(2012/4/27)

DTI、WiMAXプランで「Mobile Cube」の取り扱い開始──機器代金0円キャンペーンも
DTI WiMAXモバイルプランで、軽量+長時間動作のWiMAXルータ「Mobile Cube」が選択可能に。サービス加入で機器代金0円+キャッシュバック特典のあるキャンペーンも実施する。(2011/12/9)

AndroidからServersManのオンラインストレージを使える――スマホ向けアプリ登場
DTIのオンラインストレージサービス「ServersMan@Disk」にスマートデバイス専用クライアントが登場。iOS端末やAndroid端末から写真や動画をアップロードできる。(2011/9/8)

DTI、仮想専用サーバサービス「ServersMan@VPS Perfectプラン」のオプションを拡充
ドリーム・トレイン・インターネットは、仮想専用サーバサービス「ServersMan@VPS」の最上位プラン「ServersMan@VPS Perfectプラン」のオプション拡充を発表した。(2011/7/12)

DTI、高速モバイルサービス「DTI ハイブリッドモバイルプラン」がNTT「光ポータブル」に対応
ドリーム・トレイン・インターネットは、同社提供の高速モバイルサービス「DTI ハイブリッドモバイルプラン」の第2回アップデートを実施した。(2011/7/4)

DTIのモバイルデータ通信サービスに無料の10Gバイトオンラインストレージ
DTIは、同社のモバイルデータ通信サービス向けに、10Gバイトの無料オンラインストレージサービスを提供する。(2011/5/30)

DTI、「DTIハイブリッドモバイルプラン」に10Gバイトのオンラインストレージを無料付与
DTIのモバイルデータ通信サービスに、10Gバイト分のオンラインストレージ利用権が無料で付与される。既存ユーザーも対象。(2011/5/30)

DTI、WiMAXサービス「DTI WiMAXモバイルプラン」開始──24カ月利用条件・定額3880円/月から
DTIは、ルータ機器をセットにしたWiMAXサービスを開始。月額利用料は3880円、キャンペーン適用により機器代金0円とする。(2011/4/1)

月額2980円、下り7.2Mbpsで転送量制限なし──DTI、ドコモ3G+無線LANのデータ通信サービス開始
DTIは、月額2980円のモバイルデータ通信サービス「DTIハイブリッドモバイルプラン」を開始。定額でFOMA 3G網+ホットスポット公衆無線LANを定額・転送量制限なしで使え、ルータ機器をプラス月額630円でレンタルできる。(2011/3/8)

転送量無制限のドコモ3G+無線LANで月額2980円 DTIがモバイル接続サービス参入
ドコモ3G回線とNTTコムの無線LANが月額2980円のモバイルデータ通信サービスをDTIが開始。(2011/3/8)

DTI、YASHICA製品を加入者に提供
DTIが、YASHICAブランドのデジカメなどを新規フレッツ加入者にプレゼントするキャンペーンを実施。既存ユーザー向けに販売も行う。(2009/4/2)

DTIが月額790円からの7.2Mbps対応高速モバイル通信サービス
(2008/8/4)

国内ダイジェスト(8月4日)
DTIがイー・モバイルMVNOで月額790円からの接続サービス、日本IBMが国内初のクラウドコンピューティングセンターを開設、凸版印刷が次世代機能性フィルム新工場建設など。(2008/8/4)

月額790円:
DTI、モバイルデータ通信サービスを開始
イー・モバイルの通信インフラを利用してサービスを提供する。(2008/8/1)

DTI、ISAOのISP事業を吸収
DTIがISAOの個人向け・マンション向けISP事業を吸収する。(2008/7/30)

自宅PCをセキュアにネット公開 DTI「SemantiqNode」β公開
自宅PCを安全にネットに公開し、外出先などからアクセスできるようにする新サービス「Dream SemantiqNode」β版をDTIが公開した。API化したことでマッシュアップが容易なのが特徴。(2007/12/17)

DTI「ユビキタス家電サービス」開始、第1弾は携帯連携のセキュリティサービス
DTIがユビキタス家電サービスブランド「Dream×Style」を立ち上げ、第1弾として携帯電話と連携したセキュリティサービス「Dream Home Security Style」を提供する。(2007/12/10)

イー・アクセス、NECビッグローブら6社「MVNOコンソーシアム」を結成──朝日ネット、OpenWinも参加
イー・アクセス、NECビッグローブ、ソネットエンタテインメント、ドリーム・トレイン・インターネット、ニフティ、ハイホーの6社が「MVNOコンソーシアム」を結成。ASAHIネットやオープンワイヤレスネットワークも会合に参加する。(2007/11/12)

新生DTIは「ドリーム」 料金はシンプルに、新サービス「Dream HUB」公開
フリービットが子会社化したDTI。シンプルな料金プランを導入するほか、Wiiでも使えるWebメール、個人向けVPNなどのサービスなどを会員に無料提供。ドメインとロゴも変更し、変化を印象づける。(2007/10/24)

DTIがフリービット完全子会社に 東電が売却
フリービットはDTIの完全子会社化を目指してTOBを行う。親会社の東京電力はTOBに合意しており、全株(発行済み株式の96.19%)を応募する。(2007/7/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。