ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電動自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電動自転車」に関する情報が集まったページです。

大阪北部地震の被災地にシェアサイクルを無償提供 ソフトバンク系列の「HELLO CYCLING」
大阪府北部で発生した地震を受け、シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」が関西の一部エリアで無償提供される。(2018/6/18)

帰ってきた「ナショナル坊や」 創業100周年のパナ、「脱家電」で抱くジレンマの表れか
懐かしの「ナショナル坊や」が帰ってきた。松下電器産業のイメージキャラクターとして人気者になったが、次第に出番が減少。ブランド名をパナソニックに統一して以降は完全に使われなくなっていたが、創業100周年を記念し、復活したのだ。(2018/6/1)

2018国際医用画像総合展レポート:
医療機器のAI活用で期待される画像診断支援、国のゴーサインはいつ出るのか
パシフィコ横浜で2018年4月13〜15日に開催された「2018 国際医用画像総合展(ITEM2018)」。今回は、医療分野におけるAI(人工知能)技術に関する同イベントでの展示内容を中心に主要各社の取り組み状況を紹介する。(2018/6/1)

これかっこいいぃぃ! パナソニックの電動アシストスポーツ車に新型 「都市型ユーザー向け」の新分野クロスタイプを追加
電アシ車もスポーツ型はかっこいいなー。(写真17枚)(2018/5/22)

エネルギー×イノベーションのシナリオ(1):
エネルギーが都市にもたらすイノベーション、3つのモデルから考える
電力・ガスの自由化が始まった日本。今後、エネルギーを基軸に社会に対してどういったイノベーションを創出していくかに注目が集まっている。本連載ではこうしたイノベーションの創出に向け、エネルギー供給の前提となる現在の社会インフラの課題、さらには配電・小売り領域の将来シナリオについて解説する。(2018/5/21)

TechFactory通信 編集後記:
オートバイ販売動向に見る「MaaS」のヒント
昨今話題の「MaaS(Mobility as a Service:サービスとしてのモビリティ)」をより理解するためのヒントは、オートバイにある……かもしれません。(2018/5/12)

富士通のMobility Solution:
PR:EVの課題解決から車載カメラ画像の活用まで、富士通が打ち出すモビリティ戦略
コネクテッドカーによって、モビリティは単なる移動手段にとどまらず、都市計画や交通管制、マルチモーダルサービス、隊列走行、カーシェアリング、自動バレーパーキングなどといったさまざまなサービスを創出し、社会にイノベーションに起こしていく。そこで求められるのが、多様なモビリティから獲得したデータを収集し、「分析」「最適化」「実行」のサイクルを一貫してサポートするIoTプラットフォームとモビリティサービスである。(2018/4/27)

製造マネジメントニュース:
“軍艦”のような子乗せ電動自転車をファッショナブルに――パナとコンビが協業
パナソニック サイクルテックとコンビは子乗せ電動アシスト自転車関連事業で業務提携することに合意したと発表。両社は、子育て市場の変化への柔軟に対応するとともに、より付加価値の高い子乗せ電動アシスト自転車や周辺アクセサリー、Webサイトなども含むサービスの開発と提供を目指す。ファッショナブルな子乗せ電動アシスト自転車を実現したいという。(2018/3/30)

STマイクロ X-CUBE-MCSDK:
モーター制御の設計を迅速、簡略化するSDK
STマイクロエレクトロニクスは、32ビットマイクロコントローラー「STM32」向けに、モーター制御の設計を迅速、簡略化するソフトウェア開発キット「STM32 PMSM FOC SDK v5.0(X-CUBE-MCSDK)」を発表した。(2018/3/29)

昭和すごかった “やり過ぎ”上等「スーパーカー自転車」はいかに少年の心をつかんだのか
昭和少年を熱狂させたゴテゴテフル装備とダブルフロントライト。スーパーカー自転車ブームを支えた「レジェンド開発者」に聞きました。(画像80枚)(2018/3/27)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

懐かしい! パナソニック100周年を記念して、あの「ナショナル坊や」CMが復活
昭和を知る「ナショナル坊や」が今の家電を見たら……?(2018/3/2)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
ポルシェやVANSのノウハウが詰まった「URB-E」がラストワンマイルを埋める
米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のプロダクトショーケースにて、自転車のような手軽さと電動スクーターのような移動体験、そして所有する喜びを併せ持った、折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」が展示されていた。(2018/2/27)

こんなタイプもあるのか! 三輪車からスポーツ型まで、電動アシスト自転車「PAS」がモデルチェンジ
スポーツタイプかっこいい。(2018/2/23)

百花繚乱、自転車シェア メルカリの1分4円自転車シェア「メルチャリ」は何が違う?
個人宅やお店の軒先も「ポート」にできる。まずは福岡で2月27日に開始。(2018/2/14)

配達が3時間繰り上がる:
和歌山電鐵とヤマト運輸、電車で宅急便輸送
和歌山電鐵とヤマト運輸は、貴志川線の田中口駅〜神前駅間で客貨混載を開始する。配達開始時刻が早まるなど、住民の利便性が向上するという。(2018/2/5)

ローカル線が宅配便を運ぶ「客貨混載」 ヤマト運輸と和歌山電鉄
ヤマト運輸と和歌山電鉄が、電車が乗客と一緒に宅配便を運ぶ「客貨混載」を始める。物流を効率よくする他、ローカル線の新たな収益源とし、路線の維持につなげる。(2018/2/5)

「ミッション20ミニッツ」:
ドミノ・ピザ、「20分保証」の宅配サービス
ドミノ・ピザ ジャパンが注文から20分でピザを届けるデリバリーサービス「ミッション20ミニッツ」を発表。時間内に届けられない場合無料クーポンをプレゼントする。(2018/1/18)

「眩しい夕日の中から突然自転車が……」 交通ヒヤリ体験を投稿する「危なかッター」キャンペーン、入賞作品がどれも怖い……
こんな体験したくないですね。(2017/12/20)

セブン-イレブンで自転車シェアリングを展開 2018年度には全国主要エリア1000店舗
すでに展開中の「HELLO CYCLING」がセブン-イレブンでも利用できるようになる仕組み。(2017/11/22)

「餃子の王将」がデリバリーサービスを開始 11月15日から注文受付
まずは道玄坂店のみで検証。(2017/11/15)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機で社長交代、2030年の成長に向けて若返り図る
ヤマハ発動機は、取締役会において代表取締役の異動を決定した。2018年1月1日付で代表取締役社長 社長執行役員に日高祥博氏(ヤマハ発動機 取締役 上席執行役員 企画・財務本部長)が就任し、社長の柳弘之氏は代表権のある会長を務める。(2017/11/6)

「未来ののりもの」「楽しいのりもの」「限定トミカ」も 東京モーターショー2017の見どころまとめ
注目の新車種からコンセプトカー、ミニカーまで、楽しいのりもの、未来ののりものたくさん。(2017/10/27)

あら、かわいい 最大60キロ走れるEVスクーター「notte」が登場、14万7000円から
お手ごろ価格の“ちょい街乗り”対応。(2017/10/23)

寄り道テック:
筋肉を模倣した電動アシスト付き義足「SuKnee」
「BionicM」が開発した「SuKnee」は、ロボット技術を応用した電動アシスト付きの義足だ。膝の筋肉を模したアクチュエーターと歩行に合わせた制御により、安全かつ効率的な動きを実現する。(2017/10/21)

東京モーターショー 2017:
ヤマハ発動機の共響するパーソナルモビリティ「MOTOROiD」とは、四輪のLMWも
ヤマハ発動機は「第45回東京モーターショー 2017」において、6モデルを世界初公開すると発表した。(2017/10/13)

車両デザイン:
気遣いと工夫が勝負の福祉車両開発、「高齢者を支える人の負担を減らしたい」
高齢者の介護だけでなく身体の不自由な人にも向けてさまざまなタイプがある福祉車両。量産モデルのような目新しい派手な新技術はないが、具体的な困り事や苦労を踏まえた配慮が光る。(2017/10/2)

経産省「電動大型ベビーカーは軽車両」に釈明 「発表に言葉足らずの部分あった」
どうして誤解が広まったのか、経緯をまとめました。(2017/9/15)

「ベビーカーは歩道を通行できる」改めて告知 経産省、「一部で誤解招いた」
「ベビーカーは歩道を通行できる」と経産省が広報誌で改めて告知。特定の大型ベビーカーについて車道を走るよう求めた見解が誤解・批判を浴びていた。(2017/9/15)

製造マネジメントニュース:
電動モビリティ開発と産業用ロボットの事業展開を強化、ヤマハ発動機が組織変更
ヤマハ発動機が組織変更と人事異動を発表。電動モビリティの技術開発と商品開発機能の強化、事業拡大に伴うIM事業部の再編が主な目的となっている。(2017/7/19)

新宿西口本店に:
ヨドバシに自転車専門フロア 200メートルの試乗コースも
ヨドバシカメラが新宿西口本店に自転車専門フロアをオープン。全長約200メートルの試乗コースも用意し、自転車ファンの来客を狙う。(2017/7/13)

街乗りも楽しめる:
パナ、33万円の電動マウンテンバイク「XM1」9月発売 
パナソニックが、電動マウンテンバイク「XM1」を9月1日に発売する。高い走行性能と機能美を持ち、野山や林道だけでなく街中や公道の走行も楽しめる点が特徴。(2017/7/5)

アシストしすぎな電動自転車に消費者庁が注意喚起 こいでいないのにモーターだけで走り出すケースも
国民生活センターが9銘柄をテストしたところ、2銘柄が道交法基準の上限値をオーバーしていたとのこと。(2017/7/1)

紗栄子、チャリティーフリマの売上450万円を全額寄付 “現場主義”な慈善活動の信念明かす
売上金分の必要物資を寄贈しています。(2017/6/2)

AEC-Q101準拠GaNでいよいよ自動車にも:
PR:GaNで魅力をプラス! GaNパワートランジスタで差異化を図った製品が続々登場
GaNパワーデバイスを用いた機器の製品化が相次いでいる。先日開催された展示会「TECHNO-FRONTIER 2017」でも、GaNのメリットを生かした革新的な製品が披露され大きな注目を集めた。そこで本稿では、車載向け信頼性基準AEC-Q101準拠品なども登場しているGaNパワートランジスタを搭載した製品を詳しく見ていきながら、GaNの魅力や、GaNは本当に使えるデバイスなのかを確かめていく。(2017/4/24)

テクノフロンティア 2017:
GaNで効率90%、電動自転車用無線給電システム
Transphorm(トランスフォーム)は2017年4月19〜21日の会期で開催されている展示会「TECHNO-FRONTIER 2017」で、電動自転車用ワイヤレス充電システムなど自社製GaN HEMTの採用事例を紹介している。(2017/4/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
廃線観光で地域おこし 「日本ロストライン協議会」の使命
全国で廃線利活用事業を営む団体の連携組織「日本ロストライン協議会」が設立総会を開いた。4月9日の時点で15団体が参加している。廃止された鉄道施設を観光や町おこしに使おうという取り組みは、鉄道趣味を超えた新しい観光資源を作り出す。(2017/4/14)

軽量コンパクト! シニアのための電動アシスト自転車が登場
(2017/4/4)

Li電池の安全な動作を確保:
バッテリーパックモニターIC、最大8セルに対応
Intersil(インターシル)は、最大8個のバッテリーセルに対応するバッテリーパックモニターIC「ISL94202」を発売した。(2017/3/17)

ヤマハ発動機 ISO13485:
ヤマハの車いす事業時部門がISO 13485を取得
電動アシスト車いす「JWスウィング」などを手掛ける、ヤマハ発動機のJWビジネス部が国際標準規格「ISO13485:2003」の認証を取得した。(2017/3/13)

リニアテクノロジー LTC2944:
1%の精度で測定できる60V バッテリー・モニター
リニアテクノロジーは2017年2月、3.6〜60Vのバッテリースタックを直接測定可能なマルチセル・バッテリー・モニター「LTC2944」を発売した。バッテリーの充電状態(SoC)評価に必要となる電荷量、電圧、電流、温度を1%の精度で測定できるという。(2017/2/16)

ルネサス RAJ240090:
マイコンを内蔵した電池管理IC製品
ルネサス エレクトロニクスは2016年12月、3〜10セル構成の産業向けリチウムイオン電池管理ICとして「業界で初めてマイコンを内蔵した」という新製品(2種)を発表した。(2017/2/16)

太陽誘電 社長 登坂正一氏インタビュー:
売上高3000億円超の世界へ「野武士を組織化する」
太陽誘電は、主力のコンデンサー、インダクター、通信用フィルターを中心にスマートフォン向けが好調で、2016年3月期に過去最高となる売上高2403億円を達成した。今後も中期的には売上高3000億円の大台突破を狙う方針。事業規模拡大に向けた経営戦略を同社社長の登坂正一氏に聞いた。(2017/1/16)

水曜インタビュー劇場(駒公演):
売れない時代に、UPQのバイクが好調な理由
家電ベンチャー「UPQ」が発売したバイクが、よく売れている。折り畳むことができる電動の原付バイクは、なぜ消費者に支持されたのか。同社の中澤CEOに、その理由を聞いたところ……。(2017/1/11)

電動工具、自転車、ドローン:
ルネサス、マイコンを内蔵した電池管理IC製品化
ルネサス エレクトロニクスは2016年12月、3〜10セル構成の産業向けリチウムイオン電池管理ICとして「業界で初めてマイコンを内蔵した」という新製品(2種)を発表した。(2016/12/14)

個人でも購入可能、指紋センサーを搭載した4.7型「TOUGHPAD」が登場
パナソニック システムネットワークスがタフネススマホ「TOUGHPAD」の新機種を発売する。ドコモとKDDIの法人向けだが、パナソニックストアでは個人でも購入できる。従来機からバーコードリーダーを省き、指紋センサーを搭載した。(2016/11/24)

水曜インタビュー劇場(赤い自転車公演):
なぜ「自転車シェアリング」が、倍々ゲームのように増えているのか
都内の中心部で「赤い自転車」をよく見かけるようになった。サドルの後方には、ボタンとICカードをかざせるカードリーダーが設置されている。なぜ、このような自転車が増えているのか。調べてみると、利用回数がものすごい勢いで伸びていて……。(2016/11/9)

150米ドルで即時に動作検証:
ヘルスケア/ウェルネス機器の開発期間を短縮
Maxim Integrated Productsは、ウェアラブルタイプのヘルスケア/ウェルネス機器の開発期間を大幅に短縮できる開発プラットフォーム「hSensor Platform」を発表した。(2016/11/1)

電動自転車の一部製品、「アシスト力」基準値オーバー 警察庁「使用控えて」
電動アシスト自転車7製品で、人がこぐ力をサポートするアシスト力が基準値を超えていたと警察庁などが発表。製品名を公表し、注意を呼び掛けている。(2016/10/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。