ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンジン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンジン」に関する情報が集まったページです。

こいつぁタダの高級車じゃない レクサス、ガツンと過激な骨太クーペ「RC F」デトロイトショーで初公開
5リッターV8エンジン+リアウイングが過激っ。(2019/1/17)

Appleの「マップ」をプライバシー重視の検索サービスDuckDuckGoが採用
「あなたを追跡しない検索エンジン」を謳うDuckDuckGoが、モバイルアプリとWeb検索の検索結果で表示する地図としてAppleの「マップ」を採用した。Appleの「MapKit JS」(β)で地図を表示している。(2019/1/16)

環境性能、走り両立:
マツダの次世代エンジン 「ガソリンエンジン技術とディーゼルエンジン技術の良い部分を併せ持つ」
マツダは次世代エンジン「SKYACTIV−X(スカイアクティブX)」を開発した。既存のエンジンと比べて低燃費、二酸化炭素(CO2)排出量削減といった環境性能を高めながら、走りの良さを体感できるトルクを向上させたのが特徴だ。次世代エンジンの開発に当たったパワートレイン開発本部PTシステム開発部第1制御システム開発グループの江角圭太郎マネージャーは「ガソリンエンジン(GE)技術とディーゼルエンジン(DE)技術の良い部分を併せ持つ夢のエンジンだ」と力を込める。(2019/1/16)

深層学習で日中翻訳:
プロ翻訳者並みの精度を達成した日中機械翻訳エンジン、みらい翻訳とNICTが共同開発
みらい翻訳は情報通信研究機構(NICT)と共同で、日中機械翻訳エンジンの精度を向上させた。プロの翻訳者と同等の翻訳精度を備えるという。企業向けに提供している機械翻訳クラウドサービスのエンジンに採用する。(2019/1/15)

350台限定、513万円:
トヨタ、2代目「マークX“GRMN”」発表 6速MT×V6自然吸気エンジンで“思いのままの操作性”
トヨタが「マークX“GRMN”」の新型を発表。3月11日から全国の「GRガレージ」で販売する。350台限定で、希望小売価格は513万円(税込)。(2019/1/11)

やっぱりランボはかっこえぇぇ 過激版「ウラカンEVO」登場、5倍ダウンフォースと強烈エンジンで武装
お値段たったの2984万円。(2019/1/9)

「投資が先行する」:
マツダ、新世代商品で攻勢へ 高効率エンジン、年内に2モデル
マツダは2019年から、新型エンジン「スカイアクティブX(エックス)」などの新世代技術を搭載した商品群で攻勢に出る。年内に第1弾の新型「マツダ3」を投入し、第2弾となるスポーツ用多目的車(SUV)の生産を国内で始める。足元の業績は振るわず、投資先行の厳しい局面が続くが、新商品でブランド力を大幅に引き上げ、将来の本格的な成長に向けて足場を固めたい考えだ。(2019/1/9)

残された難題とは:
見えてきた次期国産戦闘機F−3「ここまで“出来て”いる」
航空自衛隊の「次の主役」を担う新鋭戦闘機F−3の姿が見えてきた。米国や英国との共同開発案もささやかれる中、日本主導で開発できるだけの技術力があるのか疑問を呈する声もある。しかし最も重要な大出力エンジンと高性能レーダー、そしてステルス技術の核心でもあるウエポン・ベイなどがすでに完成の域に達している。だが、F−3誕生にはまだ難題が残されている。(岡田敏彦)(2019/1/9)

“AI×IoT”で豚の健康や発情兆候を判定 複数豚舎も一括監視――日本ハム、NTTデータらが「スマート養豚プロジェクト」を開始
日本ハムは、NTTデータらと共同で、豚舎にカメラやセンサーを設置し、豚の飼育状況などを把握できる仕組みを構築するプロジェクトを開始。子豚の健康状態や繁殖豚の発情兆候などは、カメラ映像からAIが判定。養豚業向けAIエンジンとして実用化も視野に入れる。(2018/12/21)

電話機2万6000台の通話データを高精度にテキスト化 分析基盤と連携活用も――野村證券、日立の音声テキスト化システムを導入
野村證券は、日立の音声認識技術を活用した音声テキスト化システムを導入。営業店と本社で利用する電話機約2万6000台分の通話録音データを、雑音に強い音声認識エンジンによって高精度かつ高速にテキスト化する。テキスト化したデータは、対応品質の向上やサービス改善に活用する。(2018/12/20)

モノづくり最前線レポート:
世界の空を翔けるホンダの夢、ホンダジェットのエンジン開発
航空、宇宙関係の技術を紹介する展示会「国際航空宇宙展2018東京」のセミナーにホンダの航空エンジン事業子会社であるHonda Aero 社長の藁谷篤邦氏が登壇。「ホンダの夢を世界の空に」をテーマとし、ホンダにおけるジェットエンジン開発について講演した。(2018/12/19)

7割以上の部門で活用:
3年でユーザーが10倍に 三菱重工航空エンジンがTableau導入に成功した理由
航空旅客数が今後20年で倍増するという予測もある中、世界的に航空機の供給が追い付いていない。この状況に対し、三菱重工航空エンジンはIoTやデータ分析で生産性を高めようとしており、Tableauの導入に踏み切った。年を追うごとに利用者数が増えており、着実な成果が出ているという。(2018/12/19)

エンドユーザーが自由にレポート作成
三菱重工航空エンジンはTableauでどのようにIT部門の負担を減らしたか
データ活用を進める企業で、データ抽出や分析レポートのカスタマイズに対するエンドユーザーの要望が、IT部門の負担になるケースもある。三菱重工航空エンジンは「Tableau」を導入して上記の課題を解決した。(2018/12/19)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
新生東芝はなぜ「CPSテクノロジー企業」を目指すのか、その勝ち筋
経営危機から脱し新たな道を歩もうとする東芝が新たな成長エンジンと位置付けているのが「CPS」である。東芝はなぜこのCPSを基軸としたCPSテクノロジー企業を目指すのか。キーマンに狙いと勝算について聞いた。(2018/12/12)

製造IT導入事例:
将来の需要倍増に備える三菱重工航空エンジン、生産性向上を支えるシステムとは
BI(ビシネスインテリジェンス)ツールを提供する米Tableau Softwareの日本法人であるTableau Japanは2018年12月11日、三菱重工航空エンジンに同社製BIツール「Tableau Software」が全社的に導入されたと発表した。(2018/12/12)

ITはみ出しコラム:
EdgeブラウザがついにChromiumを採用へ Mozillaは「独占は危険」と警告
「Edge」が「Chromium」ベースのブラウザになる――ウワサは本当でした。Googleの「Chrome」と同じエンジンになることで、警戒を強めているのが「Firefox」のMozillaです。(2018/12/9)

ラインイベントゼロを目指し:
オムロンとエイシングが提携、「次世代AI搭載コントローラー」などの開発を強化
オムロンは、組み込み型AIを手掛けるエイシングと提携し、制御機器用AIエンジンを共同開発したことを発表した。(2018/12/7)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2018:
5G初対応の「Snapdragon 855」発表、Qualcommは「ミリ波」対応の技術力をアピール
Qualcommがハワイで開催された「Snapdragon Tech Summit 2018」で、5Gに対応したプロセッサ「Snapdragon 855」を発表。第4世代のAIエンジンを搭載し、845との比較で3倍のパフォーマンスを実現するという。5Gで使われる「ミリ波」に対応するのもポイントだ。(2018/12/6)

BMWが大型アドベンチャーバイク「R1250GS/RT」発売 自慢のボクサーエンジンを全面改良
こういうので旅したいなー。(2018/12/5)

Microsoft、ブラウザエンジンEdgeHTMLを捨てChromiumに移行か
MicrosoftがWindows 10の標準Webブラウザ「Edge」のレンダリングエンジンをEdgeHTMLからGoogleのChromeと同じBlinkに変更すると米メディアが報じた。(2018/12/5)

日本航空電子工業 MX60Aシリーズ:
177極まで対応可能な車載用防水多極コネクター
日本航空電子工業は、エンジンルーム内で使用可能な車載用防水多極コネクター「MX60A」シリーズを発表した。IP69K相当の防水性能を持ち、用途に合わせて最大68極+109極の2ブロック177極まで対応できる。(2018/12/5)

Android 9 Pieもサポート:
「ATOK for Android [Professional]」がバージョンアップ 推測変換の効率を向上
ジャストシステムの「ATOK Passport プレミアム」ユーザー向けの日本語入力アプリがバージョンアップ。PC版に導入済みの「ATOKディープコアエンジン」を組み込み、予測変換の効率を約30%向上した。(2018/12/4)

スマートファクトリー:
“ラインイベントゼロ”実現へ、オムロンが機械制御向けAIベンチャーと提携
オムロンは2018年11月29日、製造ラインで発生する不具合などをゼロにする“ラインイベントゼロ”を目指し、AIベンチャーのエイシングと提携し、制御機器向けAIエンジンを共同開発することを発表した。(2018/11/30)

建設現場の騒音防止技術:
建設車両の騒音を防止する「アクティブ消音システム」を改良、エンジン音を8dBまで低減
奥村組は、建設機械などから発生する騒音の低減を目的として開発した「アクティブ消音システム」を改良し、走行する建設車両のエンジン音へ適用することを実現した。中部横断自動車道 森山トンネル工事で適用し、騒音を確実に低減する効果が実証された。(2018/11/30)

車両デザイン:
圧縮着火の新型エンジンが「アクセラ」で採用、デザインや車両構造も新世代に
マツダは2018年11月28日、ロサンゼルスオートショー2018(プレスデー:2018年11月28〜29日、一般公開日:同月30日〜12月9日)において、「Mazda3(日本名アクセラ)」の新モデルを世界初公開したと発表した。(2018/11/29)

金属3Dプリンタ:
H3ロケット開発にも活躍? 積層造形へ取り組むIHI
IHIは、「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28〜30日、東京ビッグサイト)に出展し、航空機用ジェットエンジンやH-IIAロケットなどに用いられる各種部品の展示や、金属積層造形(AM:Additive Manufacturing)に対する取り組みを紹介した。(2018/11/29)

「魂動デザイン」が深化:
マツダ、新型「アクセラ」世界初公開 デザイン一新、「SKYACTIV-X」搭載
マツダが新型「Mazda3」を世界初公開。セダンとハッチバックの2種類で、2019年初頭から北米で順次発売予定。圧縮着火の実用化に成功したガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載している。(2018/11/28)

「Wエンジン」チャンカワイに第2子誕生 念願の立ち会い出産は「奥さんが、愛おしくて仕方がなくなる」
おめでとうございます!(2018/11/21)

背景には世界的な環境規制強:
5台に1台、ハイブリッド車は「普通の車」になった
モーターとエンジンを併用するハイブリッド車(HV)の保有台数が右肩上がりで増え、国内の乗用車(軽自動車を除く)のほぼ5台に1台を占めるまでになった。エンジンによる駆動をモーターで助ける「マイルドHV」や、エンジンで発電してモーターを動かす日産自動車の「eパワー」など、多様化も進む。背景には世界的な環境規制強化があり、「特別な車」ではなくなってきたHVが電動車の普及を牽引(けんいん)する構図は、当面続きそうだ。(2018/11/21)

寒い時期はとくに気を付けてニャ! 車のエンジンルームで暖を取っていたネコが猫バンバンで救われる
こうしたネコちゃんを助けるために乗車前の「猫バンバン」が重要です。(2018/11/21)

エンジニア、コンサル、BPOが人気:
人手不足で「RPA人材」の需要拡大 求人数は前年比6倍、年収3000万円の案件も
RPA人材の需要が急拡大していることが、ビズリーチの調査で判明。同社の求人検索エンジンを調べたところ、「RPA」の単語を含む求人は前年同月比6.4倍の1961件、最高提示年収は3000万円だった。(2018/11/20)

唸りをあげる620馬力「GT-R」エンジン 魔改造ハイエースでレジェンド「のむけん」がドリフトに挑む
あぁー(車体が)ぴょんぴょんするんじゃー。(2018/11/16)

「モコ」などOEM車種も:
スズキ、「ワゴンR」「アルト」など約78万台リコール エンジン停止などの恐れ
スズキが「ワゴンR」「アルト」「スイフト」など計約78万台をリコール。操舵力の増大やエンジン停止が起きる恐れがあるため。「モコ」などOEM車種も含まれる。(2018/11/15)

ついに来るよぉぉ 超絶カッコイイ新型「アクセラ」、マツダがLAモーターショーで世界初公開
「魁 CONCEPT」譲りの“美尻”デザイン、新型エンジンにも期待。【写真38枚】(2018/11/12)

バルブスプリングなどに不具合:
マツダ、「CX-5」など23万台リコール エンジン停止の恐れ
マツダは、エンジン部品に問題があるとして、「CX-5」など計4車種23万5293台をリコール。エンジンが停止する恐れがある。(2018/11/9)

エコカー技術:
マツダがディーゼル車23万台でリコール、バルブスプリングと制御ソフトに不具合
マツダは2018年11月8日、「アクセラ」「アテンザ」「CX-5」「CX8」のディーゼルエンジンモデルのリコールを国土交通省に届け出た。エンジンの吸気側バルブスプリングとエンジン制御コンピュータに不具合がある。対象となるのは、2012年2月〜2018年7月の期間に生産された4車種23万5293台だ。2017年2月23日に届け出たリコールの改善措置が不十分だったため、エンジンの吸気側バルブスプリングのリコールを実施する。(2018/11/9)

“言葉”がセンサーデータに:
人の機微を活用するAI、フロンテオが強化版を発表
FRONTEO(フロンテオ)は2018年11月5日、都内で記者説明会を開催し、同社のAI(人工知能)エンジン「KIBIT(キビット)」を強化した「KIBIT G2」を発表した。KIBITは、画像やセンサーからのアナログデータではなく、日報などの報告書やメールなど、自然言語(テキスト)の解析に特化している点が最大の特長である。(2018/11/7)

AI検知エンジン搭載 BBソフトが「詐欺ウォール」新バージョンをリリース
BBソフトサービスは、新たにAI検知エンジンを搭載した「詐欺ウォール/Internet SagiWall」をリリース。専門家による解析を機械学習で自動化し、変化のスピードが速いネット詐欺手口にも対応する。また、主要SNSのアプリ内ブラウザや標準ブラウザからのアクセスでも詐欺サイトを検知・ブロックをサポートする。(2018/11/7)

マッチョすぎるぜ 1000馬力超の1968年製「ダッジ・チャージャー」爆誕、荒ぶる地獄(?)のハイパワー
マジな60年代のモンスターが新型HEMIエンジンでよみがえる。(2018/11/5)

製造マネジメントニュース:
エンジンのバルブスプリングが折れる可能性、スバルが国内外で41万台リコール
SUBARU(スバル)は2018年11月1日、エンジン部品のバルブスプリングに関するリコールを国土交通省に届け出た。(2018/11/2)

関連費用が業績圧迫:
スバル、「インプレッサ」など10万台リコール エンジン停止の恐れ
SUBARU(スバル)は、エンジン部品に問題があるとして、「インプレッサ」など計4車種10万1153台をリコール。(2018/11/1)

米司法省、中国情報当局者らの訴追を発表 航空機エンジン情報狙ったハッキングの疑い
米司法省は、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国国家安全省の江蘇省支部職員などを訴追したと発表した。(2018/11/1)

「私はロボットではありません」選ぶ必要なし 新「reCAPTCHA」Googleが公開、ユーザーは何もしなくてOK
人間とbotを識別するための新API「reCAPTCHA v3」を公開。リスク分析エンジンでユーザーのアクティビティを分析し、どれぐらい不審かをスコア化して示す。ゆがんだ文字を読み取るなどの操作は一切不要だ。(2018/10/30)

医療機器ニュース:
酔いや疲労を軽減し、長時間使用できるヘッドマウントディスプレイ
凸版印刷は、長時間使用に適したヘッドマウントディスプレイ「TransRay」と描画エンジンを発表した。特殊ディスプレイで自然な見え方に近くなるため、ヘッドマウントディスプレイ特有の酔いや疲労を軽減する。(2018/10/30)

AIシステムのブラックボックス化を解消
人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始
日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。(2018/10/19)

超最高にイカれてやがるぜ 航空機用の星型9気筒エンジンを搭載した3600ccバイク「レッドバロン」がやばい
頭おかしい(褒め言葉)。(2018/10/18)

エンジン全開! 本田翼、YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」の登録者数が100万人突破
本当にスゴイな。(2018/10/10)

モデルベース開発:
モデルベース開発は単なる手法でなくモノの考え方、マツダ流の取り組みとは
マツダは2021年に向けて、エンジンや電動パワートレイン、プラットフォーム、デザインなど、さまざまな分野の取り組みを同時並行で市場投入する。「今後の研究開発計画を、今の人数でなんとかこなせるのはモデルベース開発を取り入れているから。単なる開発手法ではなく、ものの考え方だ」と同社 常務執行役員 シニア技術開発フェローの人見光夫氏は説明する。(2018/10/9)

自転車の前輪を履帯にしてエンジン載せたろ! 1930年代に作られた珍バイク「メルシエ モト・シェニール」がロマンの塊すぎる
まるで意味がわからんが、それがいい。(2018/10/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。