ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンジン」最新記事一覧

Microsoft、マルウェア対策エンジンの脆弱性情報を連日公開
Microsoftは12月6日から7日にかけて、マルウェア対策エンジンの脆弱性に関する情報を相次いで公開した。月例セキュリティ情報は予定通り12日(日本時間13日)に公開予定。(2017/12/11)

米Yahoo!とMozilla、2014年締結の検索契約めぐり訴訟合戦
Mozillaが「Firefox Quantum」の米国でのデフォルト検索エンジンをYahooからGoogleに一方的に切り替えたとして米Yahooとその親会社であるOathがMozillaを提訴したが、Mozillaは打ち切りは2014年の5年契約の条件に沿ったものだとして反訴した。(2017/12/8)

Microsoftのマルウェア対策エンジンに重大な脆弱性、定例外で更新プログラム公開
細工を施したファイルをマルウェア対策エンジンがスキャンすると、リモートで攻撃コードを実行される可能性がある。(2017/12/8)

組み込み開発ニュース:
高性能グラフィックス用エンジンを体系化したIPを発売
ソシオネクストは、同社の高性能グラフィックス用エンジンをIPとして体系化した「SEERIS Graphics Engine IP」を発売した。幅広い用途でSoCを短期間で開発し、市場に投入できる。(2017/12/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
テスラのEVトレーラー コスト削減効果はどのくらい? 試算してみた
EVメーカーのテスラがバッテリーで動く大型トレーラーを投入する。ディーゼルエンジンで動く既存車両と比較した場合、EVトレーラーはコストが安いという特徴がある。次世代の大型車両には燃料電池車が最適と言われてきたが、こうした常識も変わってしまう可能性が出てきた。(2017/12/7)

検索結果の60%に影響:
Google検索、信頼性高い医療情報を上位に アルゴリズム変更
Google日本法人が、検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたと発表。信頼できる医療情報が上位に表示される仕様になったという。(2017/12/6)

車両デザイン:
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」、初のターボエンジンで最高時速は305km
アウトモビリ・ランボルギーニは、高性能SUV「ウルス」を発表した。「ウラカン」「アヴェンタドール」に次ぐ第3のモデルとなる。(2017/12/6)

太陽圏外飛行中のボイジャー1号、37年ぶりにエンジン作動 地球から210億キロ先で
「まるで少しも時間など経っていないかのように」再び動き始めた。(2017/12/5)

ハイブリッド旅客機、Airbusなど共同開発 2020年の初飛行が目標
ジェットエンジンと電動ターボファンエンジンを併用する。(2017/11/30)

ロサンゼルスオートショー 2017:
日産の「世界初」可変圧縮比エンジンは新型「QX50」に、旧モデルから燃費3割改善
日産自動車は、「ロサンゼルスオートショー」において、インフィニティブランドのSUV「QX50」の新モデルを披露した。新開発のプラットフォームと、「世界初」(日産自動車)の可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載した。(2017/11/30)

高度なセキュア機能を備えた産業IoT機器向けマイコン:
PR:ルネサス最新MCU「RX65N/RX651」のHMI機能を手軽に評価できるキットを初披露
2017年11月15〜17日に開催された展示会「ET2017」のIAR社ブースで、ルネサス エレクトロニクスの新しい産業用IoT機器向けマイコン「RX65N/RX651」の評価キット「Envision Kit」が初披露された。RX65N/RX651が備えるLCDコントローラ、2D描画エンジンなどのHMI(ヒューマンマシンインタフェース)機能を手軽に試せる評価キットとして注目を集めた。(2017/11/28)

PCやサーバ、IoTプラットフォームに影響:
Intelプロセッサの管理エンジンに脆弱性、直ちにファームウェアの更新を
Intelのプロセッサを搭載したPCやサーバ、IoTプラットフォームに影響が及ぶ恐れがあり、OEMから更新版のファームウェアを入手するよう強く勧告している。(2017/11/22)

ICUキャンバスで:
幻の“ジェットエンジン”発見? 戦闘機用に開発、試作段階で終戦
国際基督教大学(ICU)のキャンパスで、先の大戦中に日本が開発を進めたジェットエンジン「ネ230」のものと推測される部品が見つかった。(2017/11/23)

エンジンの排熱などを有効活用:
未利用熱を電力に変換、多孔質熱電材料を開発
NEDOプロジェクトにおいて白山らは、多孔質p型マグネシウムシリサイド(Mg-Si-Sn)系熱電材料の創製に成功した。自動車エンジンの排熱や産業分野の未使用エネルギーを電力に変換して有効利用する熱電変換モジュールの実用化を目指す。(2017/11/22)

STマイクロ 電力線通信用チップセット:
モジュール型の電力線通信用チップセット
STマイクロエレクトロニクスは、プログラム可能なPLC(電力線通信)エンジン「ST8500」とラインドライバー「STLD1」で構成されるPLCチップセットを発表した。データのパッケージ化と変換に対応するため、電力線からの信号の送受信が行える。(2017/11/21)

ジャストシステム、新変換エンジンを採用した医療機関向け日本語入力システム「ATOK Medical 2」
ジャストシステムは、医療機関専用をうたう日本語入力システム「ATOK Medical 2 for Windows」を発表した。(2017/11/20)

マツダ、最上位セダン「アテンザ」を刷新 3回目の大型マイナーチェンジ
LAオートショーで初公開。「気筒休止」機能や「SKYACTIV-G」のターボエンジンを新設。(2017/11/16)

Microsoft、11月の月例セキュリティ更新プログラム公開 53件の脆弱性を修正
ZDIによると、今回の更新プログラムでは計53件の脆弱性が修正された。中でもEdgeとIEおよびJavaScriptエンジンのChakra Coreには深刻な脆弱性が多数ある。(2017/11/15)

「Firefox Quantum」(バージョン57)公開 高速化とUI刷新
Mozillaが「2004年のFirefox立ち上げ以来最大のアップデート」と称する「Firefox Quantum」の正式版を公開した。新ブラウザエンジン「Servo」で高速化、省メモリ化を実現したとしている。(2017/11/15)

2017年5月に発覚し、修正済み
Windows標準のマルウェア対策エンジンに「最悪」の脆弱性、どうしてこうなった?
Microsoftのウイルス対策ツール「Windows Defender」には、リモートでコードが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が含まれていた。Microsoftが2017年5月8日に緊急対応を実施した、この脆弱性の背景とは。(2017/11/7)

立ち止まらず顔認証できる入退管理ソリューション NECが発売
NECが、顔認証AIエンジンを活用した「入退管理ソリューション」を発売。歩きながら顔認証ができ、スムーズな入退と高いセキュリティーを実現するという。(2017/11/6)

東京モーターショー 2017:
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート
三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピーカーの「Amazon Echo」や「Google Home」を通じてエンジンの始動やエアコンの設定、ドアの解錠・施錠を行う様子を紹介した。スマートスピーカーの普及が先行している北米で、2018年から同様のサービスを提供する。(2017/11/2)

年表型検索エンジン「TIMEMAP」が公開 ネットニュース・行政・新書データベースなどから一律で検索が可能に
“今”ではなく、“過去”に特化した検索エンジン。(2017/10/31)

NEC、ベクトルプロセッサとx86プロセッサのハイブリッドスパコン「SX-Aurora TSUBASA」を発売
NECのベクトル型スーパーコンピュータの最新機種「SX-Aurora TSUBASA」が発表された。ベクトルプロセッサとメモリを搭載したPCIeカード形状の「ベクトルエンジン(VE)」を搭載する。(2017/10/27)

圧縮着火ガソリンエンジン:
マツダ、一球入魂が生んだ「夢のエンジン」 限られた資源をバネに
マツダが「夢のエンジン」と呼ばれる次世代エンジンの実用化にめどをつけた。GMなど世界的な大手メーカーに先駆けて中堅のマツダがなぜ「技術者の夢」を実現できたのか。(2017/10/27)

レゴで4サイクルエンジンを作るつわもの現る ピストンの動作や爆発の光まで再現
レゴで作れない物なんかない気がする。(2017/10/25)

東京モーターショー2017:
「夢のエンジン」実用化へ マツダが2台のコンセプトカーを世界初公開
マツダが「東京モーターショー2017」で世界初披露のコンセプトカー2台を展示。次世代のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載した「マツダ 魁(かい) CONCEPT」と、同社のデザイン哲学「魂動」を次のステップに“深化”させたという「マツダ VISION COUPE」だ。(2017/10/25)

人工知能ニュース:
AI市場は2021年に1兆円超えへ
ミック経済研究所は2017年8月末に「AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望」を刊行した。同調査によると、AIエンジンとAIソリューションを合わせた市場規模は、2021年には1兆円を超えると予測している。(2017/10/20)

VR技術入門:
PR:欲しいVRは自分で作れる! モノづくりのための Stingray VR 入門
今、非常に注目されているVR(Virtual Reality)だが、ゲームやエンタテインメントでの活用は急速に進んでいるものの、モノづくりへの応用においてはまだノウハウが少ない。本稿では、まだVRになじみの浅い製造業系エンジニアに向けて、まず技術の概要を分かりやすく説明し、3DデータからVRコンテンツを制作するAutodeskのゲームエンジン「Stingray」の概要について紹介する。(2017/10/18)

NEC、顔認証機能をクラウド提供 スマホアプリにも導入しやすく
NECが顔認証AIエンジン「NeoFace」の機能をクラウド上で提供するサービス「NeoFace Cloud」を始めた。(2017/10/17)

エコカー技術:
VW「パサート」ディーゼルエンジンモデルを日本導入、新エンジンで需要取り込む
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ディーゼルエンジンを搭載したセダンおよびステーションワゴンの「パサート TDI」の型式認証を取得し、日本市場向けに2018年初めから発売する。(2017/10/12)

東京モーターショー 2017:
エンジン・車両構造・デザインを刷新、マツダ次世代商品群を示すコンパクトハッチ
マツダは、「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデルと次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出品する。(2017/10/11)

Nexperia LFPAK56D:
車載規格AEC-Q101準拠の80VデュアルパワーMOSFET
Nexperiaは、LFPAK56D(デュアルパワーSO8)パッケージを採用した、車載向け80VデュアルパワーMOSFETの新製品を発表した。車載規格AEC-Q101に準拠し、エンジンマネジメントやトランスミッション制御、ABS(Antilock Brake System)などに向く。(2017/10/11)

建造途中で廃棄された原子力関連施設やロケットエンジン工場など、廃墟マニア感涙の写真集『旧ソ連遺産』発売
どっぷり浸りたい。(2017/10/6)

米国日産、一部車種の「Nissan Connect」でAmazonの「Alexa」対応
日産が米国で販売しているGT-RやMuranoなどで、遠隔からAlexaでドアロック、エンジン始動、点灯などを命令できるようになる。(2017/10/6)

コンカー、情報共有基盤にAIチャットbotを導入 年間10人分の仕事を削減へ
社内の情報共有基盤に、自然文の理解し、適切な回答を返すNTT ComのAIエンジンを活用した自動チャットを導入。間接業務の時間を短縮し、サービスと業務効率の向上を図る。(2017/10/3)

OLAPもOLTPもこれ1つで低価格に実現
超高速カラム指向型エンジンと一体化した次世代データベース登場、その実力は?
主要な商用データベースは高過ぎる。でも安いだけのデータベースにも不安がある。そんな企業に知ってほしい、コストと機能のバランスが取れたデータベースが登場した。(2017/10/2)

電子ブックレット(メカ設計):
JAXAが開発するエンジン燃焼解析ソフトウェア「HINOCA」とは
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から『メッシュ作成が不要の国産エンジン解析ツール、熱効率50%を目指す』をお届けします。(2017/9/29)

NDES/エリジオン CADデータチェッカー:
3D CADデータのやりとりで発生する形状破損などのトラブル修正から設計者を解放
NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)とエリジオンは、製造業向けの3D CADデータ品質管理サービスに関するアライアンス契約を締結。NDESのクラウドサービスにエリジオンの3D CADデータ変換/活用支援ツールのエンジンを搭載し、データ品質管理サービス「CADデータチェッカー」として提供する。(2017/9/29)

コンパクトRRスポーツ:
ルノー「トゥインゴ」にMT・ターボの「GT」登場
ルノー・ジャポンは、RRのコンパクトカー「トゥインゴ」に、マニュアルトランスミッション(MT)とターボエンジンを搭載したスポーツグレード「GT」を発売する。(2017/9/28)

SIPシンポジウム 2017:
エンジン熱効率50%が見えてきたSIP、プロジェクト終了後の産官学連携は?
内閣府が「SIPシンポジウム 2017」を東京都内で開催した。実施期間が残り1年半となった中で「革新的燃焼技術」の現状をまとめた。(2017/9/27)

想像力の欠如が可能性を閉ざす
「iPhone X」のすごさを理解できないIT幹部は職を失う?
「ARKit」「ニューラルエンジン」「Face ID」など、Appleが「iPhone X」に詰め込んだ要素は数多い。企業のCIOにとっては、それが実現する具体的な未来こそが重要だ。(2017/9/27)

宇宙航空機VBのPDエアロスペース 新型エンジン開発拠点公開
宇宙航空機の開発に取り組むベンチャー企業のPDエアロスペースは、今年2月に愛知県碧南市に開設した研究開発拠点を報道関係者に公開した。(2017/9/26)

Apple、「Siri」と「Spotlight」の検索エンジンをBingからGoogleに変更
Appleが、これまで「Bing」を採用していた「Siri」、iOSでの検索、「Spotlight」の検索エンジンを、Googleの「Google」に切り替えた。AppleがTechCrunchに送った声明文でそう認めた。Webブラウザ「Safari」のデフォルト検索エンジンと統一したとしている。(2017/9/26)

1000馬力のスーパーカー:
F1エンジン搭載 AMG「プロジェクトワン」初披露
メルセデスAMGは、F1参戦で培ったパワーユニットを搭載するスーパーカー「Project ONE」(プロジェクトワン)を世界初披露した。(2017/9/12)

PCとつないでカメラをRAW現像マシンにする「FUJIFILM X RAW STUDIO」無償提供
富士フイルムが、同社のGFXとXシリーズで使用できるPC向けRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」を開発したことを発表した。RAW現像の演算にカメラの画像処理エンジンを使用する。(2017/9/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
世界初 マツダSKYACTIV-Xをドイツで試運転してきた
マツダが先月発表した次世代エンジン「SKYACTIV-X」。その能力を体感する機会に恵まれた。しかもマツダの社員以外で、世界で初めてSKYACTIV-Xのエンジンを始動する栄誉に預かったのだ。(2017/9/7)

標準化を進めるクロノス:
VR/ARで統一プラットフォームを、市場加速に期待
グラフィックスなど向けにオープンな業界標準API(Application Programming Interface)の仕様策定を行うKhronos Group(クロノス・グループ)は、VR(仮想現実)およびAR(拡張現実)向けに、クロスベンダーのプラットフォームを構築しようとしている。独自のゲームエンジンやデバイスドライバーが乱立するVR/AR市場の障壁を取り除き、成長を加速することが狙いだ。(2017/9/5)

Wind River AXON Predict Analytics:
RTOS「VxWorks」がリアルタイム分析エンジン搭載、機械学習との連動も視野に
ウインドリバーのRTOS「VxWorks」の次期バージョンに向けたオプションとして、リアルタイム分析エンジンが提供される。RTOS稼働機器からのデータ分析を容易とすることで、IoTによるデータの爆発に対処する。(2017/9/5)

NTTコム、LINE上で格安SIMの疑問に回答 AIエンジン「COTOHA」を活用
NTTコムが、LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を活用。格安SIMやOCN モバイル ONEについてサポートする機能を8月31日から提供している。オリジナルキャラクター「リス太」と会話ができる。(2017/9/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。