ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「わが社のコスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

100年に1度といわれる不況のただ中で、企業がコスト削減による生き残りを賭けている。だが実態は単なる削減ではなく、企業としての無駄を削ぎ落とし、未来に飛躍するための構造改革であることが分かる。

わが社のコスト削減:
世界の事例にみるBPO成功の鍵――アクセンチュアに聞く
アウトソーシング大手のアクセンチュアにビジネスプロセスアウトソーシングを成功させる方法について話してもらう寄稿の2回目。(2009/9/8)

わが社のコスト削減:
日本企業のアウトソーシング成功術――アクセンチュアに聞く
強みを持つ分野に資源を集中するために、アウトソーシングの活用を検討する企業が増えている。日本企業がアウトソーシングを成功させるためにはどうしたらいいのか。アクセンチュアに、自社の事例なども交えて3回にわたって話してもらう。(2009/9/3)

わが社のコスト削減:
インフラ最適化の第一歩は「棚卸し」――EMCジャパンに聞く
EMCジャパンの執行役員でマーケティング本部長の高橋俊之氏に、企業における情報インフラ最適化のトレンドについて聞いた。(2009/8/14)

わが社のコスト削減:
中古のルータやスイッチを使う選択肢
ネットワーク機器は信頼性が優先されるだけに、維持や保守のコストも必要になる。最近、中古の機器を再利用してコストを抑制するという新たな選択肢が登場した。(2009/8/7)

わが社のコスト削減:
開発コストを下げ“NGNの裾野”を広げる
ソフトフロントは5月よりNGNアプリケーション開発キットの無償提供を開始した。同社取締役の佐藤和紀氏にその経緯と特徴について聞いた。(2009/7/16)

わが社のコスト削減:
やはりツールの導入が不可欠――J-SOX 2年目の知恵
J-SOX対応を効率的に行うために、初年度から積極的にITツールの導入を行った企業も多い。当初の文書化作業も重要だが、その後についてもやはり工夫しながらツールを使うことが必要である。(2009/7/10)

わが社のコスト削減:
内部監査を現場に任せてコストを削減――J-SOX 2年目の知恵
J-SOX対応に向けてコスト削減を図るために各社が取り組んできたこと、われわれコンサルタントが支援してきたことを3回にわたって紹介する。2回目は内部統制状況の「自己評価」について、事例を交えて紹介する。(2009/6/30)

わが社のコスト削減:
現場のコンサルタントが語る――J-SOX 2年目の知恵
日本の上場企業の大半が2009年3月に向けて対応に追われたのが、いわゆる「J-SOX」だ。コンサルタントから見ても企業の対応の仕方はさまざまだった。2年目をどう迎えるべきなのか。プロティビティジャパンの嶋田英樹氏に語ってもらう。(2009/6/25)

わが社のコスト削減:
社員のコスト意識を根底から変えた「箱崎可視化計画」
環境保護とコスト削減――。この相反する課題解決をIBMは38年間にわたり続けている。その実体はプリンタの出力制御や電気の消灯など「爪に火をともすような」ものではある。だがこの全社的な取り組みが、毎年3.5%ものエネルギー消費量削減をもたらしている。(2009/6/18)

わが社のコスト削減:
定時に一斉消灯、省エネと就業意識の変革を狙うNEC
経済危機の直撃によって一層のコスト削減を迫られている日本の製造業。NECは「ちりも積もれば」を合言葉に日常的な節約にも余念がない。(2009/6/3)

わが社のコスト削減:
「8時間の使い方」を変えよう
EMCジャパンの鈴木信彦常務執行役員は、「個々のスタッフが自分の働き方を見直していくことが、最大のコスト削減につながる」と話す。(2009/6/2)

わが社のコスト削減:
クラウドは万能か――富士ソフトの苦悩と解
クラウドの台頭に伴い、情報システムを「利用」する動きが広がりつつある。Google Appsの本格運用を4月に開始した富士ソフトもその潮流に乗った1社だ。だがクラウドは万能ではない。同社が運用までに体験した経緯、そして導きだした最適解を追う。(2009/5/19)

わが社のコスト削減:
内線電話を社外に持ち出す――通話料を下げるPHSの新たな利用
PHSで内線通話ができるサービスをウィルコムが始めたのに続き、携帯電話各社も同様のサービスを今年から始める。通話料金の削減と業務効率の改善がメリットというが実際の効果はどうか。ウィルコムとユーザー企業に聞いた。(2009/4/23)

わが社のコスト削減:
生体認証が広げるコスト削減の可能性
銀行ATMや企業の入退室管理などのセキュリティ対策ツールとして生体(バイオメトリクス)認証の採用が増えている。高度なセキュリティの実現に加えて、コスト削減策としても注目を集めている。(2009/4/8)

わが社のコスト削減:
外資ソフトが攻勢、「国策」定額給付金の支給管理にも
山梨県甲府市は3月、定額給付金支給管理システムにセールスフォース・ドットコムのサービスを採用した。SAPや新興BIの新たな動きが出てくるなど、ここにきて外資系ソフトウェアベンダーの攻勢が目立つ。(2009/4/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。