ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コスト削減」最新記事一覧

“いま”が分かるビジネス塾:
テスラのEVトレーラー コスト削減効果はどのくらい? 試算してみた
EVメーカーのテスラがバッテリーで動く大型トレーラーを投入する。ディーゼルエンジンで動く既存車両と比較した場合、EVトレーラーはコストが安いという特徴がある。次世代の大型車両には燃料電池車が最適と言われてきたが、こうした常識も変わってしまう可能性が出てきた。(2017/12/7)

FAニュース:
計装制御と安全制御を統合し、国際安全規格に適合した二重化PLC
三菱電機は、汎用PLC「MELSEC iQ-Rシリーズ 二重化シーケンサー」の新製品として、「IEC61508 SIL2対応 二重化シーケンサー」を発売した。計装制御と安全制御を統合し、管理維持に関わるコスト削減に貢献する。(2017/11/22)

【12月6日開催】Webセミナー
Watsonを活用したセキュリティプラットフォーム最前線
手軽なSaaS版でコスト削減へ!(2017/11/27)

パブリッククラウドの真のコストに注意
パブリック対プライベートのクラウド費用比較で勝ち組企業が見えてきた
パブリッククラウドに移行してもコスト削減効果を得られない企業は多い。しかしそんな中、社内に構築したプライベートクラウドがより大きな費用節減効果を挙げていると報告する企業が現れた。(2017/11/15)

“コールセンターに音声認識”で時短とコスト削減を レオパレス21が導入へ
応対品質の向上とオペレーター業務の支援を目的に、全国5拠点のコールセンターに「AmiVoice Communication Suite3」を導入。年間で約2633時間の作業時間削減を見込む。(2017/11/9)

製造ITニュース:
新材料開発の期間やコスト削減を支援するソリューション
日立製作所は、素材メーカー向けに新材料開発の期間やコスト削減を支援する「材料開発ソリューション」の提供を開始する。分析システム環境をクラウド形態で提供するサービスや、AIを活用した材料分析代行サービスが含まれる。(2017/11/2)

ITとそれ以外の業種で課題が異なる傾向も:
きっかけは「ITライフサイクルの効率化」――IDC Japan、国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表
IDC Japanは、国内企業によるDevOpsの状況について「5社に1社がDevOpsを実践」との調査結果を発表した。「ITライフサイクルの効率化とITコスト削減」が最多の実践理由で、最も実践率の高い業界はサービス業だった。(2017/11/2)

城南信用金庫、富士通の勘定系システム向けクラウド基盤「FSPS」で運用コストを削減
地域金融機関の勘定系システムの運用コスト削減と、事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応する体制づくりを目指し、富士通の勘定系システム向けクラウドサービス「FSPS」を導入する。(2017/10/30)

省エネ機器:
エネルギー消費急増のデータセンター、AI技術で運用最適化へ
IoTやビッグデータ活用が進み、エネルギー消費量の増加が課題となっているデータセンター。ICT機器から設備まで含めた連携制御により、運用コストの削減を目指す。(2017/10/30)

液晶が好調:
シャープが利益予想を上方修正、液晶関連回復で
シャープが2018年3月期の利益予想を上方修正。業績をけん引する中小型液晶パネルや液晶テレビで売価ダウンの影響はあるものの、コスト削減や販売増が利益を押し上げる見通し。(2017/10/27)

太陽光:
メガソーラー用の直流1500V対応パワコン、ABBが日本市場に投入
メガソーラーの機器コストを削減できるとして注目されている、1500V対応パワコン。ABBが日本市場での販売を開始した。(2017/10/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
三菱UFJ「約1万人削減」 銀行員受難の時代がくる
銀行員が再び受難の時代を迎えようとしている。各行は低金利による収益低下とフィンテックの普及(異業種の参入)という2つの課題に直面しており、大幅なコスト削減が必至の状況だ。銀行業界は近い将来、大量の人員削減を余儀なくされる可能性が高いだろう。(2017/10/25)

ビジネスに、エコタンク搭載モデル:
PR:圧倒的な低印刷コストでレーザープリンタの不満を解決!! エコタンク搭載モデル「EW-M5071FT」無料モニター募集
エプソンのエコタンク搭載モデルのモニター企画の第4弾は「EW-M5071FT」。同シリーズで唯一、A3ノビに対応し、ファクス機能も搭載。さらには高い耐久性も実現した本格的なビジネス機だ。圧倒的な低印刷コストによる経費の削減や業務の効率化を図りたい企業は必見!(2017/10/18)

電力供給サービス:
日清オイリオが全工場のエネルギー利用を抜本改革、JFEエンジが一括管理
JFEエンジニアリングが日清オイリオの生産拠点にコージェネシステムを導入。燃料調達から発電、余剰電力の管理までを一括で管理し、エネルギーの有効利用とコスト削減を図る。(2017/10/17)

エネルギー管理:
IoTでEV用充電器の運用コストを削減、IKEAで実証開始
日東工業と豊田自動織機は、電気自動車やプラグインハイブリッド車用の充電スタンドの充電電力を制御する実証を開始。複数台同時に充電する場合でも、店舗の既存電力設備や電気料金の制約内で充電できるようにする。(2017/10/17)

なぜストレージ変更でコストが下がるのか
SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減
HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?(2017/10/17)

これは「ガラケーからスマホへ」と同じレベルの変革だ:
PR:なぜ「FPGA」が必要なのか? そもそも「FPGA」はITインフラにどんなメリットをもたらすのか?
あらゆるモノがネットワークにつながり、データを生成し、それを解析して新たな知見を生み出す「データ中心型社会」が到来している。ITに求められる役割も、既存システムの効率化やコスト削減だけではなく、「新たな事業を創造し、ビジネスを躍進させるため」の役割が期待される。そのカギとなるのが「FPGA」だ。データセンターの革新になぜ「FPGAが必要」なのか。技術者にとって、「そもそもFPGAはどんなメリットをもたらす」のか。キーパーソンに聞いた。(2017/10/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:システム導入を阻む反対派への対処法
システム導入の成否はユーザーの受け入れ体制にある。懐疑派や反対派への対処を誤ると大変なことになる。他に、ブルームバーグのデータサイエンス担当者インタビューや経営再建中の英HMVが断行したITコスト削減事例などをお届けする。(2017/10/2)

トヨタ、米でHV基幹部品 現地化加速でコスト削減 20年から生産
トヨタ自動車は27日、2020年から米国でハイブリッド車の基幹部品の生産を始めると発表した。(2017/9/28)

自由度が高いのに総コストは削減
間接材調達はシステム選びでコスト削減効果も業務効率も変わる
リスクなく短期間で導入可能な「クラウド型間接材調達支援サービス」。間接材調達に関わる業務コストや調達コストだけでなく、ITコストまで削減できる仕掛けがあるという。その手法を取材した。(2017/9/28)

“脱Excel”か“活Excel”か
脱Excelすべき理由を「コスト削減」と考えていると見落とす、大事な価値とは
一般的に、ITツール導入に期待する効果は「コスト削減」「付加価値」「新技術への追随」でしょう。しかし、脱Excelを目的に何らかのシステム導入を検討しようとする際には、別のアプローチが必要かもしれません。(2017/9/25)

PR:地方銀行も注目する第三者保守 IT戦略を左右する“次”への打ち手
ITコスト削減、ひいてはコスト最適化策として、業界を問わず利用が進められてきた第三者保守。裾野はシステムに高い信頼性を求める都銀、さらに地銀にも広がりを見せている。そのリーダーと言えるのが、第三者保守事業者の先駆けであるデータライブだ。(2017/9/22)

「高い」の一言で製品選定やり直し
“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント
HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。(2017/9/21)

音で異変を察知 介護老人ホーム、IoT活用で夜間の運営コストを削減へ
介護付き老人ホームを運営するわたぼうしの家が、富士通の「居住者の見守りソリューション」を導入。富士通によれば、夜間の施設運営コストの大幅削減が見込めるという。(2017/9/15)

コスト削減やリソースの有効利用に効果的
「モバイルアプリ開発プラットフォーム」(MADP)がきっと欲しくなる5つのメリット
「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム」(MADP)を適切に選び、効果的に活用すれば、コスト削減やリソースの有効利用につながる。MADPの主要な5つの用途を紹介しよう。(2017/9/15)

コスト削減の観点からVMwareは除外
ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実現
英国の慈善団体は、HPEのサーバからHyperGridに移行したことにより、95万ポンド(1億3700万円)のコスト削減と大幅な処理速度向上を実現した。選定の条件は、「VMwareを除外すること」だった。(2017/9/13)

KDDIが沖縄に“IoTごみ箱”を設置 LTE-Mを活用
KDDIは、沖縄セルラー協力のもとでIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用した屋外実証実験を実施。ごみ箱のごみ量の遠隔監視を行い、集積量をリアルタイムに把握することで回収の効率化やコスト削減などを実現する。(2017/9/8)

特集・暮らしを変えるブロックチェーン:
ブロックチェーンでコスト削減、必要なのは「業務をシンプルにすること」
ビットコインを実現するために生まれた「ブロックチェーン」だが、その汎用性の高さから、現在さまざまな分野で活用が見込まれている。ただし、そこには期待と実態のすれ違いもあるかもしれない。(2017/9/6)

自然エネルギー:
小水力発電のコストを削減、マイクロ水車と太陽光で独立電源を構築
東京電力ホールディングス、関電工、コスモスウェブ、NTNの4社は、太陽光パネルと水力発電機を組み合わせた独立電源システムの開発を進めている。送電線がない山中の設備に電力供給を行えるようにすることで、小水力発電の初期投資コストの削減などに貢献できるという。(2017/9/6)

製造ITニュース:
生産現場と業務システムをつなぐIoTプラットフォームを提供開始
TISは、工場や倉庫内の設備機器、センサーなどからデータを収集・分析し、異常の早期発見や稼働状況確認コストの削減に貢献するIoTプラットフォームを2017年9月から提供開始する。(2017/9/6)

ホワイトペーパー:
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求められる。慎重に、リスクを理解した上で導入する必要がある。(2017/9/4)

包括的なハイブリッドITの知見から推奨
HPE専門チームが推奨するDCテクノロジーはどれだけコストを削減するか
企業ITを全方位でカバーするHPEの専門チームは、なぜいま、フレキシブルキャパシティを推奨するのか。利用モデルの違いとコスト削減効果を探る。(2017/8/23)

クラウド導入でベンダーに最も期待するのは「セキュリティの強化」――IDC Japan調べ
IDC Japanが実施した国内クラウド市場におけるユーザー動向調査よると、国内企業がクラウド導入に期待する効果は、コスト削減より、セキュリティの強化が上回ることが判明した。(2017/8/18)

太陽光:
“3次元架台”でコスト削減、北海道に蓄電池付きメガソーラー
北海道釧路町で大型の蓄電池併設型メガソーラーの建設が始まった。スマートソーラーとリサ・パートナーズが実施するプロジェクトで、発電所の出力は34MW(メガワット)、14.4MWh(メガワット時)の蓄電池を併設する。独自開発の架台を導入し、最小限の造成で建設を進める計画だ。(2017/8/8)

ホワイトペーパー:
ネットワーク機能仮想化製品導入戦略ガイド
固定されたネットワークアーキテクチャでは、現代のネットワークニーズに適した柔軟性は実現できない。そこでネットワーク機能仮想化(NFV)の人気が上昇している。本稿ではOpenStack Neutronの進展と、NFVによるネットワークの柔軟性増大、通信事業者によるWAN機能のコスト削減について紹介する。(2017/8/7)

東芝三菱電機産業システム SOLAR WARE:
1500V対応パワコンで変わる太陽光発電、コスト削減にメリット
太陽光発電のコスト削減に向けて、国内でも直流1500V対応パワコンの導入に注目が集まり始めている。国内メーカーでいち早く1500V対応パワコンを投入した東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は「PVJapan2017」でその実機を披露した。(2017/8/1)

サントリー、エコペットボトル開発に挑む 「植物由来100%」実用化目指す
ペットボトルの軽量化をはじめ、ペットボトルに使用する樹脂の使用量を削減や、再生樹脂の活用などに取り組むことで、省エネ化、コスト削減にもつなげたい考えだ。(2017/7/31)

JCU/島津製作所/きもと/関東学院大学 ELTRAコート:
ミリ波レーダーに対応する自動車エンブレムの電磁波透過膜の成膜が低コストに
インジウムを用いて電磁波透過膜の成膜を行う従来手法と比較し、最大50%のコスト削減を実現しながら同程度の電磁波減衰率を実現する、新しい電磁波透過膜の成膜技術を、JCU、島津製作所、きもとの3社と、関東学院大学が共同開発。ミリ波レーダーに対応する自動車エンブレム分野での展開を狙う。(2017/7/31)

CAEニュース:
流体解析の技術支援サービスに対応した解析ソフトウェア
ヴァイナスは、同社が取り扱う解析ソフトウェア「HELYX」が、海洋研究開発機構の技術支援サービス「風と流れのプラットフォーム」に対応したと発表した。スーパーコンピュータの最適化計算や大規模CFD計算の時間/コスト削減が可能になる。(2017/7/26)

太陽光:
1500V対応パワコンで変わる太陽光発電、コスト削減にメリット
太陽光発電のコスト削減に向けて、国内でも直流1500V(ボルト)対応パワコンの導入に注目が集まり始めている。国内メーカーでいち早く1500V対応パワコンを投入した東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、「PVJapan2017」でその実機を披露した。(2017/7/19)

自然エネルギー:
風力で作るCO2フリー水素チェーン、大型実証が本格始動
製造から利用まで、再生可能エネルギーを活用したCO2フリー水素サプライチェーンの構築を目指す実証が、神奈川県で本格的に始動した。風力発電の電力で製造した水素を、物流倉庫や卸売市場に導入した燃料電池フォークリフトで利用する。約1年かけて、システムとともに実用化に必要なコストの削減余地などを検証していく。(2017/7/14)

Microsoft、販売部門の1割弱に当たる最大3000人対象のリストラへ
Microsoftがうわさされていたリストラを認めた。主に米国外の販売担当の従業員が対象で、最大3000人がリストラされる見込みだ。目的はコスト削減ではなく、販売業務の改革としている。(2017/7/7)

サッポロドラッグストアー、Cisco Sparkで業務効率化 出張経費も削減
働き方改革を推進するサッポロドラッグストアーは、「Cisco Spark」を導入して全体会議をWeb会議に変更するなど、業務効率化とコスト削減を実現した。(2017/7/3)

@IT読者調査に見る:
PR:IT部門が2010年ごろからコスト削減策とした「サーバ仮想化」。その導入後の課題とは? 解決のための現実解とは?
運用管理者がサーバ仮想化の課題を解決し、デジタル変革を支えるITインフラを構築するにはどうすればいいのだろうか――本稿では、@ITが2017年初頭に行った読者調査「Techno Graphics 2017 システム運用編」のデータを基に、真に運用管理者の悩みを解決するITインフラの要件を探る。(2017/7/7)

「攻めのIT」が、クラウドを使っても実現できない本当の理由
収益向上・コスト削減を実現できる「ビジネスに寄与する」ハイブリッド環境の使い方
IT活用がビジネスに直結する現在、パブリッククラウドとオンプレミスを使い分けるハイブリッド環境を導入する企業が増えつつある。期待する効果を引き出す上での必須要件とは何か?(2017/6/30)

自然エネルギー:
地中熱利用を低コストに、騒音も少ない新型ボーリングマシン
東亜利根ボーリングはNEDOプロジェクトで、地中熱利用システム導入時に必要となる掘削機(ボーリングマシン)の自動化・低騒音化技術を開発した。地中熱利用システムの施工コストを削減できるという。2017年7月に商品化する計画だ。(2017/6/29)

デジタル変革前夜のSoRインフラ再定義(1):
仮想化、クラウドが当たり前の今でもインフラのコスト削減が大きな課題であり続ける理由
デジタル変革を起こすには、まずSoRを中心とした従来型のインフラを見直す必要があるのではないだろうか。さまざまな企業のシステムを構築・運用し、運用負荷やコストの削減に詳しいSIerに聞いた。(2017/6/29)

Oculus VRの元CEO、パルマー・ラッキー氏がニュータイプの軍需企業を立ち上げか
VR HMD「Oculus Rift」の生みの親とされる元Facebookのパルマー・ラッキー氏が、「新しいタイプの軍需企業」を立ち上げたことを認めた。New York Timesによると、国境警備のコストを削減できる“バーチャル国境の壁”を開発しているという。(2017/6/6)

日本経済新聞社が「AWS Lambda」採用 日経IDのAPI基盤をサーバレス運用へ
日本経済新聞社は、日経グループのWeb会員サービス「日経ID」のAPI基盤を「AWS Lambda」で刷新。サーバレスで運用コストを削減しながら、開発や運用効率の向上を図る。(2017/6/1)

「攻めのIT」が、クラウドを使っても実現できない本当の理由:
PR:収益向上・コスト削減を実現できる「ビジネスに寄与する」ハイブリッド環境の使い方
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ビジネス展開のスピード、柔軟性、コスト効率を担保する上で、パブリッククラウドとオンプレミスを使い分けるハイブリッド環境を導入する企業が急速に増えつつある。だが多くの企業では、期待する効果を得られていないのが現実だ。ではハイブリッド環境のビジネスメリットを引き出す上での必須要件とは何か? クラウドやネットワークを主軸にさまざまなサービスを提供しているソフトバンクに話を聞いた。(2017/6/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。