ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アクセンチュア」最新記事一覧

デジタル変革に資するヒト、技術、アイデアを社内外から集約:
アクセンチュア、デジタル変革の支援拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を新設
アクセンチュアは、企業や組織がオープンイノベーションを通じてデジタル変革を実現するための支援拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を新設したと発表した。(2016/7/13)

個人店舗の経営者が訪日外国人のスマホに情報配信――「インバウンド・キャッチャー」
アクセンチュアとワイヤ・アンド・ワイヤレスは、訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」利用者を対象とした個人向け情報配信サービス「インバウンド・キャッチャー」を提供開始した。(2016/6/1)

アクセンチュア/ダッソー・システムズ:
製造現場のダウンタイムを削減するアジャイルマニュファクチャリングの概念実証を発表
アクセンチュアとダッソー・システムズは、重機産業や航空機産業において、デジタルテクノロジーの活用による効率化やアジャイルマニュファクチャリングを実現するための概念実証について発表した。(2016/5/31)

ハノーバーメッセ2016:
生産を「アジャイル」に、ダッソーとアクセンチュアが設計・製造の統合化を実証
ダッソー・システムズとアクセンチュアは、ハノーバーメッセ2016においてデジタル技術で設計データや生産データを統合し、状況の変化に俊敏に対応する「アジャイル生産」に向けて機能検証(PoC)に取り組むことを発表した。(2016/4/28)

人間味のない対応は顧客を失う恐れも:
顧客サービスは「デジタルよりも人間に対応してもらいたい」が83%――米Accenture最新調査
Accenture Strategyのレポートによると、人間による顧客対応へのニーズが高まる中、米国企業は顧客を失う恐れがあることが判明。デジタルテクノロジーへの適切な投資によって顧客離れの回避が可能になるという。(2016/4/27)

アクセンチュア、IMJ買収 デジタル関連サービスを強化
アクセンチュアがデジタルマーケティング事業を展開するIMJを買収した。(2016/4/5)

日本でのデジタルマーケティング事業を拡大:
アクセンチュアがIMJの株式過半取得で合意
アクセンチュアは2016年4月5日、デジタルマーケティング事業を展開するアイ・エム・ジェイの株式の過半を取得することで合意したと発表した。(2016/4/5)

総合サービス開発にもいっそうの努力が必要:
IoT市場の本格化には価格面の改善に加え、セキュリティ面での「安心」が必要――アクセンチュア調べ
米アクセンチュアの調査によると、IoTデバイスの利用拡大を阻む理由として、価格の高さに加え、セキュリティ面の懸念が挙げられた。日本国内では、利便性への理解を促す取り組みが必要であることも明らかになった。(2016/1/20)

Adobe Marketing Cloudベースのソリューションとサービスを提供:
アクセンチュアとアドビ、提携拡大し北米および欧州でのデジタルマーケティング変革を推進
アクセンチュアとアドビシステムズは、北米および欧州のライフサイエンス、ヘルスケア、金融サービスの事業者向けにデジタルマーケティングソリューションを開発・提供するために提携を拡大すると発表した。(2015/12/24)

調査リポート:
Fintechの投資が拡大、ブロックチェーン技術への注目も高まる
アクセンチュアは、Fintech投資に関する最新調査結果を発表した。アジア太平洋地域でのFintech投資は、2015年1〜9月で約35億ドルに達した。日本でのFintech投資も同期間で既に約4400万ドルに達している。(2015/11/25)

ビジネスへの理解は不可欠
新米CIOが120日で必ず結果を出す方法
新任CIOがやる気を証明できる期間は短い。米Accenture Strategyのダイアナ・バーソーン氏が成功するための120日計画を語る。(2015/9/9)

電力供給サービス:
アクセンチュアとSAP、新電力の支援サービスで協業を強化
2016年4月からの電力の小売全面自由化に向け、新たに市場参入する電力事業者をターゲットにしたITベンダーの取り組みも本格化している。アクセンチュアとSAPはこのほど、新規参入事業者向けのサービス領域で協業を強化する方針を発表した。(2015/8/17)

小売・流通専門家に聞く:
オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
今スーパーマーケット業界で旬なキーワードが、すべての販売チャネルを統合する「オムニチャネル」であろう。大手を中心に各社がその推進を急いでいる。日本におけるオムニチャネルの現状や成功のポイントを小売・流通業界に詳しいアクセンチュアの山口邦成シニア・マネジャーが解説した。(2015/8/7)

IT業界で働く女性コンサルタントに聞いた
ここが甘いよ企業のモバイルアプリ対応、「iPhoneで使えれば合格」ではない
企業のモバイル対応は、ベーシックアプリからさらに先へ踏み出し、基幹業務アプリケーションへと進んでいる。その現状についてAccenture Mobilityのニッシャ・シャルマ氏に話を聞いた。(2015/7/24)

「プラットフォーム革命」が進行中
製品販売から「成果を売る経済」へ、IT活用で可能になる“次のビジネスモデル”とは
デジタル化により、製品を販売するビジネスモデルからサービスを提供するビジネスモデルへと転換しつつある。米AccentureのCTOが転換期である今を生き残る方法を語る。(2015/7/23)

Industrial Internet of Things:
日本製造業は危機感が足りない?求められる「モノ作り」から「成果」への転換
アクセンチュアが英Economistと共同で実施した、世界各国企業のCEOを対象にしたIIoT(Industrial Internet of Things)についての調査結果を発表した。モノ作りや技術力の競争から、成果(モノ+サービス)を売る事業モデルへの転換がこれからのカギとなる。(2015/7/1)

「とにかくITエンジニアが足りない」:
ファーストリテイリングがデジタル戦略を発表、他と何が違うのか
 ユニクロ、ジーユーなどを手掛けるファーストリテイリングは2015年6月15日、「緊急記者会見」を開き、アクセンチュアとの事業提携に基づく同社の新たなデジタル戦略を発表した。他の流通・小売主要企業の取り組みと、どこが異なるのか。会見後の取材への回答を含めて、これを探る。(2015/6/16)

ファーストリテイリングとアクセンチュアが合弁会社 柳井会長「今までにない体験を」
「ユニクロ」などを運営するファーストリテイリングが実店舗とデジタル店舗の融合を推進する。アクセンチュアと組み、顧客に新しい買い物体験を提供していく。(2015/6/15)

医療技術ニュース:
デジタル技術の発展が実現する“予防”医療社会
IEEEが開催したプレスセミナーで、アクセンチュア Data Science Center of Excellenceを務める工藤卓哉氏が、近年の医療分野におけるデータ活用について語った。医療分野のデジタル化が進みデータ活用の可能性が広がることで、病気の発症を未然に防ぐ予防医療の分野の発展が期待されているという。(2015/3/11)

組み込み開発ニュース:
IoTが2030年までに世界で生み出す市場規模は14兆ドル、日本では1兆ドルに
アクセンチュアは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に関する最新調査を発表。IoTの世界市場規模は2030年までの累積で14兆2000億米ドル(約1677兆円)に拡大する可能性があるという。その一方で、政府や企業が新たなデジタル技術を活用するための十分な対策を講じていないと、IoTの潜在的な利益を喪失する恐れがあると指摘した。(2015/1/23)

製造マネジメントニュース:
日本企業のM&Aは39%が失敗!? 成功に導く2つのポイントとは
アクセンチュアは、新たに日本企業がASEAN企業のM&Aを行う際に効果を最大化する支援サービスを開始する。(2014/12/16)

アクセンチュア、訪日外国人向け「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトでワイヤ・アンド・ワイヤレスと協業
アクセンチュアは、訪日外国人への無料Wi-Fiサービス提供やスマートフォンなどを活用した旅行・観光情報の配信などを行う「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトでワイヤ・アンド・ワイヤレスと協業する。(2014/12/11)

オープンデータで救急搬送も早くなる? デジタルネイティブ世代が政策提案
慶應義塾大学が「データビジネス創造コンテスト」を開催、アクセンチュアが協力した今年は、オープンデータを活用し、自治体の課題を解決する斬新な政策提案を競った。最優秀賞には、佐賀大学大学院 Team Saggestの「救急搬送プロセスの向上」が輝いた。(2014/11/11)

FAニュース:
オイル・ガスパイプライン向けの自動管理技術を提供開始――GEとアクセンチュア
Predixプラットフォームで動作するパイプラインマネジメントに、アクセンチュアのデジタルテクノロジーとシステムインテグレーション機能を採用。オイル・ガスパイプライン業界で重要な機器類に関するスムーズな判断をサポートする。(2014/10/7)

センシング技術:
脳波で家電を操作、ALS患者向けのソフトウェア
フィリップスとアクセンチュアが、脳波で家電を操作するソフトウェアを開発した。脳波測定機器とタブレット端末、ウェアラブルディスプレイを接続し、照明やテレビの操作や、メールの送信などを行う。筋肉の萎縮などが起きるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など、身体にまひを持つ患者が暮らしやすい環境の実現を目指す。(2014/8/25)

企業のモバイル投資、ROI達成における日本と世界の違いは?
アクセンチュアが13カ国の企業経営幹部を対象に実施した調査によると、モバイルに投資した金額以上のリターンを得ている企業の割合は日本と海外で大きな開きがみられた。(2014/7/30)

「デジタル化」で大企業が反転攻勢? アクセンチュアが6大ITトレンドを明らかに
アクセンチュアは「Technology Vision 2014」を明らかにし、デジタルテクノロジーによるビジネスや組織の変革を通じて、「自らデジタル化時代の創造的破壊者へシフトすべきだ」としている。また、大企業のデジタル化によってデジタル世界の構図も変わるとみている。(2014/5/16)

データサイエンティスト育成:
アクセンチュア、女性のためのアナリティクス基礎講座を期間限定で開講
データ分析を活用したい企業の助っ人となる「データサイエンティスト」に挑戦しませんか? アクセアクセンチュアは3月10日、データサイエンティストに興味があり、多様な働き方を求める女性を対象に講座を開講することを発表した。(2014/3/11)

ビジネスニュース 企業動向:
あの会社も3年で競争力復活!? アクセンチュアが国内ハイテク企業向け事業変革支援プラン
アクセンチュアは、日本のハイテク企業がこれから3年間で、高い競争力を取り戻し、世界市場で勝ち抜いていける事業体質に変革していくための支援プランを発表した。着手して1年以内には改革推進のための原資(キャッシュ)を捻出できるようにする。これによって企業は収益力を回復し、その利益を成長領域へ再投資することで、3年後にはグローバル市場で競争力を高めていくシナリオである。(2013/11/14)

O2Oソリューション:
Wi2とアクセンチュア、ビッグデータ分析と位置情報を組み合わせた新たなO2Oソリューションの提供を開始
ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは11月5日、Wi-Fiアクセスポイントから収集される位置情報データとビッグデータ分析技術を組み合わせた新たなO2Oソリューションを実現するサービス基盤の共同開発・提供開始を発表した。(2013/11/6)

製造ITニュース:
統計分析の力で欠品や在庫量を削減――アクセンチュアが在庫最適化サービスを紹介
アクセンチュアは、SCMやソーシャルメディア分析など主要7領域におけるデータ分析事業の実績を紹介。統計の力で欠品や在庫量を大幅に低減できる「在庫・補充最適化サービス」などの導入事例も紹介した。(2013/9/26)

国内のデータサイエンティスト養成機関:
SFCが「データビジネス創造・ラボ」を創設
慶應義塾大学SFC研究所は、アクセンチュア、ブレインパッドと共同でデータ分析・解析の共同研究を実施、実務に即したスキルを持つ学生も育成する。(2013/9/19)

過度な目的思考や強制利用は避けるべき 企業ソーシャル浸透のカギとは?
企業がソーシャルメディアを活用する上で注意すべきポイントなどは何か。事例を交え、その勘所について、アクセンチュア 経営コンサルティング本部 人材・組織マネジメントグループ シニア・プリンシパルの作佐部孝哉氏に聞いた。(2013/9/17)

ソニー、社内IT業務をアクセンチュアに委託
国内のソニーグループ向け情報システムの運用保守業務を行う合弁会社も設立する。(2013/9/13)

日本企業のグローバルIT戦略、アジアに比べて遅れ――アクセンチュア調査
日本企業はアジア企業と比較し、グローバルでの事業展開を支えるITインフラ整備が遅れているという調査結果をアクセンチュアが発表。(2013/7/31)

アクセンチュア、クラウドを「ビジネスエンジン」に昇華するブローカーサービス発表
アクセンチュアはハイブリッドクラウド環境を統合・管理する「Accenture Cloud Platform」を発表した。インフラだけでなく、ビッグデータ基盤や、需要予測分析のようなBPOも併せて提供、業務プロセス全体の効率化を図るのが大きな特徴だ。(2013/7/22)

お店の棚割とモバイルで売上アップを支援、アクセンチュアが新ソリューション
アクセンチュアは、消費財企業向けに特化した「Accenture CAS」を発表。店頭の商品棚の状況をモバイルで可視化し、そのデータを販売増につなげていけるという。(2013/7/17)

アクセンチュアが提唱する7つのITトレンドとは?
専門家などによる仮説立案を基に社内外の知見を交えてビジネス観点で検証した「Accenture Technology Vision 2013」をアクセンチュアが発表した。(2013/6/28)

アクセンチュアは「データサイエンスチーム」アプローチを採用:
アクセンチュアが本格的に全世界規模のデータ分析専門組織を編成
IT戦略・経営戦略支援のノウハウを多く持つアクセンチュアが、データ分析の専門家集団をグローバル直轄で組織。意思決定に結び付くデータ分析環境と各種コンサルティングを含む「データサイエンスチーム」による包括的な支援体制を整備した。(2013/6/19)

「決められないニッポン企業」の意思決定に革命を、アクセンチュアがデータサイエンティスト部隊を強化
アクセンチュアが、アナリティクスのプロ集団を大幅に拡充し、「アクセンチュア アナリティクス」を立ち上げた。程社長は、「日本企業の意思決定に革命を起こしたい」と話した。(2013/6/19)

ITで日本を元気に:
学生よ、ITで日本を元気にしてくれ!
アクセンチュアが大学生・大学院生を対象に開催した「和魂偉才塾」は、もともと社内のリーダー育成プログラムとして作成されたものだ。社外への公開に踏み切った背景と、そこに込められた「日本のITの活性化を目指す」という思いを聞いた。(2012/12/25)

Windows 8活用支援サービスを展開へ――アクセンチュアとMS、アバナード
アクセンチュアと日本マイクロソフト、アバナードは、企業でのWindows 8 タブレット端末の業務利用を支援するサービスを2013年から始める。(2012/12/11)

アクセンチュア、経営革新を支援するモビリティサービスを本格展開
「TaaS」「エンタープライズ・モビリティ」「M2M領域」の3領域に注力したモビリティサービスをアクセンチュアが国内展開していく。(2012/8/3)

アクセンチュアが提示する6つのキートレンド
今後数年の間でビジネスに影響をもたらすICTキートレンドを示した「Accenture Technology Vison 2012」をアクセンチュアが発表した。(2012/7/25)

ビジネスニュース:
今、民生機器メーカーが注目すべき3つの市場
Accentureは、今後成長が期待できる市場として、「テレビアプリ」、「新興国」、「若年層」の3つを挙げた。いずれも、民生機器メーカーにとって重要な市場になることは間違いないだろう。これらの市場に眠るチャンスを生かさない手はない。(2012/6/8)

SAPジャパン、ビッグデータ分野などでアクセンチュア、アビームと協業強化
SAPジャパンは、東京・麹町の新社屋内にアクセンチュアおよびアビームとの共同施設を設立し、ビッグデータ関連ソリューションなどの開発体制を強化する。(2012/4/26)

ビジネスニュース:
返品問題に苦悩する米家電業界、損失167億ドルを減らす対策はあるのか
米国の家電業界は、増加する一方の返品と、それに伴って発生するコストの問題と格闘している。膨大な数に上る返品は、一様には対応できない問題のため、関係者は頭を抱えている。Accentureのリポートによれば、返品された製品のうち、実際に欠陥があったものはわずか5%にすぎなかったという。(2012/2/7)

【IFRS】IFRS動向ウォッチ【第14回】
調査が示す「日本の経理財務部門が進む道」
コスト管理だけではなく、成長戦略にも貢献を。アクセンチュアが行った世界規模の調査からは経理財務部門に対するこのような期待がうかがえる。日本企業の経理財務部門にとっては同時にグローバル人材の活用も求められるようだ。(2012/1/30)

現地レポート:
IT活用の復興で産業と雇用の創出――会津若松市に「福島イノベンションセンター」を設立
福島県会津若松市と会津大学、アクセンチュアは、福島県の復興に向けてITを活用した産業や雇用の創出への取り組みに着手した。(2011/7/26)

識者が語る基幹システムのBCP:アクセンチュア 沼畑幸二氏
節電対策でCIOが仮想化とクラウドに注目すべき理由
企業の基幹システムを破壊した東日本大震災。企業は今後の基幹システムの再構築や運用をどう考えていけばいいのか。アクセンチュアのエグゼクティブ・パートナーである沼畑幸二氏に聞いた。(2011/5/31)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。