ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アウトソーシング」最新記事一覧

企業が自社の業務や機能の一部または全部を、専門業者あるいは子会社などの外部に委託すること。特定の部門を人員を含めて子会社化したり、事業売却(業務委託は継続)することを指す場合もある。
アウトソーシング − @IT情報マネジメント用語事典

日東電工、クラウド化とBPOで経理・購買の業務プロセス改革 経営基盤を強化
事業成長に向けた経営基盤の強化を目指し、SAPの購買システムと、コンカーの経費精算システム、IBMのBPOサービスを導入。業務の効率化を図るとともに、経営資源を中核事業に集中させる。(2017/11/22)

人材不足時代突入……中堅・中小企業の強い味方
中堅・中小企業にも手が出せる帳票入力BPOサービス、その可能性を探る
定型なのに自動化しにくい帳票入力などの業務。効率化に踏み出したいがコストの課題で諦めざるを得ない企業も多い。中堅・中小企業でも利用できる新しい一手とは。(2017/9/15)

NECと日本マイクロソフト、Windows 10の導入から運用まで支援するBPOサービスを開始
NECと日本マイクロソフトは、Windows 10対応のPC運用サービスで協業し、Windows 10対応のPCライフサイクル運用サービス「スマートクライアント標準PCサービスG2」を開始した。(2017/8/3)

ユニアデックス、ITOサービス基盤に「ServiceNow」を導入、顧客サービス向上を目指し
ユニアデックスは、注力サービスであるITアウトソーシング(ITO)サービスのサービス基盤に「ServiceNow」のCSMを採用。社内プロセスや業務の標準化、効率化、可視化を通じ、顧客サービスの向上を目指す。(2017/7/19)

年平均成長率8.3%で推移:
CRMアウトソーシング市場、EC 関連が緩やかにけん引して2020年に1兆円規模に──ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は2017年4月27日、「CRM/フルフィル アウトソーシング市場の現状と展望2017年版」の内容を一部公開した。(2017/5/1)

Dell EMC Cloud Executive Summit 2017レポート:
PR:「包括型ITアウトソーシング」で“攻めのIT”を支援する──NSSOLの白杉氏
製鉄業システムのノンストップ稼働を50年に渡って支えてきた新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、クラウドに最適に対応した次世代型データセンターから、今日の運用課題を解決する包括的なITアウトソーシングサービスを展開する。ITアウトソーシングサービスと次世代運用サービスにはどんな特徴があり、ユーザーにどんなメリットをもたらすのか。(2017/3/15)

BPO、「NHKスペシャル」のSTAP細胞報道に勧告 小保方さんへの名誉毀損があった
放送の内容に対し「真実性・相当性が認められず、名誉毀損の人権侵害が認められる」と決定を発表した。(2017/2/10)

商談から成約までビデオ通話で:
IBS、オンライン商談システム「bellFace」を活用したインサイドセールス代行サービスを開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズはベルフェイスと共同で、オンライン商談システム「bellFace」を活用し、IBSの専門社員がインサイドセールスを行うセールスアウトソーシングサービスを開始した。(2017/2/10)

ASKAのタクシー車内映像放送で物議、テレビ局側に見解を聞いた “公益性、公共性があると判断した”
BPO審議入りすべきとする声も。(2016/12/1)

ホワイトペーパー:
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。(2016/11/7)

エンゲージメントの創出、管理機能を強化:
マーケットワン・ジャパン、「SHANON MARKETING PLATFORM」活用で「デマンドセンターBPOサービス」を拡充
マーケットワン・ジャパンは、同社の「デマンドセンターBPOサービス」において、シャノンが提供するマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」を活用したサービス拡充を行うと発表した。(2016/10/21)

製造ITニュース:
「波形特徴量抽出エンジン」で予防保全を可能に、アクセンチュアが分析事業に注力
アクセンチュアは、「波形特徴量抽出エンジン」「アクセンチュア インサイト プラットフォーム(AIP)」「分析BPOサービス」をはじめとする分析サービスに注力している。波形特徴量抽出エンジンを使えば、これまで人手で数カ月かかっていた時系列データの特徴量抽出を数時間で完了させられるという。(2016/10/18)

サントリーグループ、BPOで「ロボティック・プロセス・オートメーション」を採用
サントリーグループは、IBMとのBPO契約の更改で「ロボティック・プロセス・オートメーション」を採用し、経理業務の自動処理を進める。(2016/9/9)

Computer Weekly製品ガイド
SIAMによるアウトソーシングしたサービスの管理
現実的なサービスインテグレーションとマネジメント戦略導入の現実的な検討課題について解説する。(2016/9/2)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第14回 企業規模でみるシステム運用管理のアウトソーシング方法
ITシステムをMSPへアウトソースする際に、IT部門が考慮しなければならない点はたくさんあります。今回は自社の規模という視点からMSPに対するアプローチの方法を紹介します。(2016/8/9)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第13回 システムの運用管理を外部委託するときにIT部門がやるべきこと
ITシステムを自前で管理することは自由度や変更の俊敏さにつながりますが、日々の運用で精一杯の状況では新しい技術の習得などが難しいもの。アウトソースはIT部門の負担を減らす古くからの解決策ですが、丸投げではシステムの柔軟性が損なわれるだけです。今回はデータ爆発時代に合わせてどう変えていくべきかを紹介します。(2016/8/4)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第11回 IT管理者不足なのにデータの管理はだれがするべきか
前回までデータ管理の視点から世界のITシステムの環境を解説してきました。ここから「社内を生かす」か「社外を生かす」か、という方針の必要性を挙げましたが、実際のデータ管理はだれが行うべきでしょうか。今回はユーザー企業やシステムの規模を軸に、自社管理とアウトソーシングの適切な選択方法について解説します。(2016/7/5)

年末調整でマイナンバー利用が本格化、NECがサービス拡充
企業でのマイナンバー制度への対応を支援する「企業向けマイナンバーソリューション」を強化し、BPOサービスとコンサルティングサービスを拡充する。(2016/6/27)

AWS Lambdaによる技術進化
近い将来に消えるかもしれない“IT運用職”、サーバレスの「NoOps」が拡大
自動化と抽象化、クラウドサービスへのアウトソースによって、IT運用の必要性がなくなる――。「NoOps」と呼ばれる、こうした概念は何年も前から存在しているが、技術進化によって現実味が増してきた。(2016/6/7)

製造マネジメントニュース:
SOLIZE、インドと米国のエンジニアリングサービス・アウトソーシング会社を買収
SOLIZEは、インドと米国のESO会社であるCSMグループを買収した。両社の技術力や技術者が統合されることで、開発支援体制の多極化と技術者の多国籍化が進み、より高い技術力と高品質なサービス提供が可能になる。(2016/6/2)

営業とマーケティングの壁を崩す:
パソナとマルケト、「インサイドセールスBPO」を提供開始
パソナとマルケトは2016年5月30日、マーケティングオートメーションとインサイドセールスを組み合わせたマーケティング支援サービス「インサイドセールスBPO」の提供を開始した。(2016/5/30)

PR:マイナンバー対応のアウトソーシングサービスが注目を集めるわけ
いよいよ施行された「マイナンバー制度」。対応に追われている担当者も多いはずである。だが、いざ作業に着手したことで、いかに煩わしいのかが改めて理解できただろう。そこで注目を集めているのが、マイナンバー対応のアウトソーシングサービスだ。(2016/5/9)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】
“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?
無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。(2016/1/5)

ホワイトペーパー:
お客さまのデータから真のビジネス価値を引き出しましょう
本資料では、GartnerとHPの専門家が、情報管理、クラウド、ITアウトソーシングなどについて最新のインテリジェンスを提供しています。(2015/11/27)

TBSテレビ「アッコにおまかせ!」に人権侵害があったとしてBPOが勧告 佐村河内守さん謝罪会見に関する放送で
「聴覚障害」というテーマに対して正確な説明がなされる必要があった。(2015/11/17)

NEWS
ニフティ、中堅・中小企業向けに月額課金制のVPNサービスを開始
ニフティは中堅・中小企業向けに月額課金制VPNサービスを提供する。VPN環境の構築とセキュリティ対策をワンストップで利用でき、機器設定や遠隔拠点の管理負担の軽減に貢献するVPNアウトソーシングのサービスだ。(2015/11/9)

新日鉄住金ソリューションズ株式会社・EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
中期経営計画の下、ビジネス構造改革に取り組んだ横河電機。「IT部門をIT戦略の立案やIT企画の推進に注力」させようとした同社が、包括的ITアウトソーシングを採用し、ITインフラの刷新や運用移管をした経緯と導入効果とは。(2015/10/28)

VDIはDRに使えない?
『ジュラシックパーク』の惨事を繰り返さないためにDaaSにできること
DaaSを災害対策に利用すれば、予備PCのプロビジョニングとメンテナンスをアウトソーシングすることで、コストとリソースを節約できる。(2015/10/23)

「NHKスペシャル」STAP細胞報道がBPO審理入り 小保方さんが人権侵害申し立て
STAP細胞論文について検証した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」について、小保方さんが人権侵害、プライバシー侵害を申し立てた。(2015/8/19)

導入コンサルから運用、BPOまで CTCが一括支援型マイナンバー管理サービス
CTCが民間企業向けマイナンバー管理システムを開発。導入コンサルから運用のプロセスまでトータル支援型サービスとして体系化して展開する(2015/8/11)

マイナンバー対応「“持たず”にBPOで」続々 日立がワンストップ型サービス
マイナンバー制度開始までもう約半年。これから対応する事業者の現実解の1つは「アウトソース(BPO)」サービス。同等のサービスが矢継ぎ早に登場しているが、日立もグループの安心感とノウハウを結集したBPOサービスを開始する。(2015/7/6)

多言語対応など現地の事情に対応:
成長する東南アジア市場へ越境ECを支援、ソーシャルエージェントが「EC-PORT」を開始
ソーシャルエージェントは2015年6月23日、東南アジア向けの越境EC支援に向けた物流アウトソーシングおよび多言語販売支援サービス「EC-PORT」を発表した。(2015/6/23)

マイナンバー対応、一手におまかせ キヤノンMJグループ一体でサポート
キヤノンマーケティングジャパンが、マイナンバー対応ソリューション事業を開始。複合機、セキュリティ、コンサル、人事給与システムなどグループ各社の強みを生かし、全方位のアウトソーシング請け負い体制を構築した。(2015/6/9)

収集と管理の一連機能をセキュア環境で用意:
セコム、マイナンバー対応のアウトソーシングサービス開始
セコムが、マイナンバー対応のためのアウトソーシングサービス「あんしんマイナンバーサービス」を開始。セキュアな自社環境で安全に収集・管理する機能と、収集したマイナンバーを必要な時に安全に使用する機能を一体で提供する。初期費20万円、月額3万円から。(2015/5/7)

鈴与シンワート、人事給与アウトソーシング「S-PAYCIAL」にマイナンバー対応新サービス
人事給与アウトソーシング「S-PAYCIAL」を展開する鈴与シンワートがマイナンバー対応サービスを開始。「収集のみ」から「社労士提出まで」「出力まで」など、自社の状況や希望に応じたアウトソースメニューを用意した。(2015/4/22)

経費管理クラウド×フルアウトソーシングで間接費削減は可能か?
SaaS型の経費管理サービスを提供するコンカーとNTTデータスマートソーシングが業務提携。今後3年間で従業員数1000人以上の大企業100社にBPOサービスの提供を目指す。(2015/4/17)

マイナンバー対策などの受託を加速:
NTTコムウェア、「SOC2保証報告書 Type2」取得
NTTコムウェアの同社データセンターサービスが「SOC2保証報告書 Type2」を取得した。クラウドやBCP、マイナンバー対応などでアウトソースを考える企業が選定する基準の1つになる。(2015/4/8)

ストレスチェック義務化法対策、代行します――CTCが健康管理のBPOサービス
CTCが、健康情報をクラウドで一元管理するBPOサービス「おまかせ健康管理」を提供。ストレスチェック対策、定期健診管理業務、長時間労働に対する労務管理の適正化を代行し、人事・労務部門の負担を軽減する。(2015/4/1)

フジ「IPPONグランプリ」を佐村河内氏が申し立て BPOで審理入りへ
名誉を傷つけ、さらに「児童・青少年に対する集団いじめ」を容認・助長すると訴え。フジテレビは反論している。(2014/12/17)

富士通、国内自社データセンターを使用する地銀向けサービス
富士通が国内自社データセンターを活用し、地域金融機関の勘定系システムをアウトソースするサービスをはじめる。メインフレーム基盤を共有する運用コストの削減、セキュリティと信頼性の強化を図れる点が強み。(2014/12/8)

「スッキリ!!」など2番組がBPO審理入り 大阪府議のLINE問題めぐる「キモい」発言で
山本景・大阪府議会議員のLINE問題を取り上げた番組で、出演者による「キモい」発言があり、府議が人権侵害を申し立てていた。(2014/11/19)

仕事で使うPCやタブレットの管理、社内で手に負えなくなっていませんか
PC、スマホ、タブレットにWi-Fiルータ……。社内で管理するIT機器は増え続け、それを管理する情シススタッフの負担も増える一方だ。“もういいかげん、手におえない”という企業は、機器の調達から運用管理、不具合発生時の対応、廃棄までのライフサイクル管理をアウトソースするという選択肢もある。(2014/10/16)

ホワイトペーパー:
ネットワーク製品導入戦略ガイド
SDN、クラウドコンピューティング、アウトソーシング、仮想化によって、ネットワーク環境は大きく変わろうとしている。複雑化が進むネットワークのトレンドを把握しつつ、企業が取り組むべきネットワークの再検討を支援する。(2014/9/19)

ITアウトソーシング市場伸長、DC利用とビックデータ活用が後押し 矢野経済研究所
矢野経済研究所の調査によると、2014年のITアウトソーシングサービス市場は、前年度比3.7%増の見込みとなることが分かった。(2014/9/17)

Strutsへの脆弱性攻撃やパスワードリスト攻撃にも対応:
PR:「使い続けられるWAF」を実現、シマンテックのクラウド型WAFとは
手のかかるアプライアンスから、運用をアウトソースできるWAFへ。シマンテックがクラウド型WAFを推す理由とは。(2014/9/1)

教育ITニュースフラッシュ
立命館が会計システムを刷新、その理由と効果とは?
人事給与業務をアウトソーシングから内製へと変えた相愛学園の事例から、金沢工業大学の学生がクラウドでサッカーチームを支援する取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/8/29)

事例:プレステージ・インターナショナル
Excelベースの予算管理がぶつかった限界 先進企業の解決策とは
BPOサービスの提供で知られるプレステージ・インターナショナルでは、事業拡大で国内14社、海外14カ国17拠点に展開するグループの予算管理業務が増大。その問題解消に向けて予算管理システム導入した。(2014/8/6)

パナソニック、富士通と日本IBMへのITアウトソーシングを開始
情報システム子会社全株式を富士通に譲渡し、グループの情報システム関連業務を富士通と日本IBMの子会社に委託する。(2014/7/1)

ホワイトペーパー:
ひとり情シスのための「ITアウトソーシング」の上手な使い方
「専任スタッフが1人(もしくは兼務)」といった少人数型の情報システム部門にとって、スタッフ不足やスキル不足が招くIT活用の悪循環から抜け出すことはなかなか難しい。ITアウトソーシングサービスをうまく使ってIT運用を最適化する方法とは?(2014/6/30)

ガートナー サミット 2014リポート
上司の“むちゃ振り”が育てた「ITアウトソーシング」が今、熱い
ITインフラのアウトソーシングへの意欲が今、企業で高まっているという。それはなぜなのか。アウトソーシングをするに当たって押さえておきたい4つのベストプラクティスと共に紹介する。(2014/6/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。