ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「偽造」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「偽造」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造IT導入事例:
高級ワインの偽造防止に貢献、脆性加工を施したNFC対応ICタグ
凸版印刷のNFC対応ICタグ「Cachet-Tag」が、フランスの高級ワインメーカーであるドメーヌ・ポンソのグラン・クリュクラスの全製品に採用された。一度剥がすとデータの読み取りができなくなるため、ラベルの不正な貼り替えを防止する。(2018/12/11)

110時間の処理を1時間半で完了:
ヤフオク!の偽物出品対策を強化、スパコンで検知精度が3.1倍に向上
ヤフーはヤフオク!における偽物出品の対策として、スーパーコンピュータを活用したディープラーニングを新たに導入する。従来のサービスで活用していたGPUサーバと比べて、処理速度が約70倍に高まり、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上したという。(2018/12/3)

「ヤフオク!」偽物対策にスパコン「kukai」のディープラーニング活用、検知精度3.1倍に
「ヤフオク!」の偽物出品対策に11月から、スーパーコンピュータ「kukai」を活用したディープラーニングを導入。従来と比べ、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上すると見込んでいるという。(2018/11/30)

Rochester Electronicsに聞く:
偽物じゃないの!? EOL品再生産の裏側
半導体メーカーが生産を打ち切ったEOL品を、再生産するメーカーが存在する。そうした再生産品は、信頼のおけるものなのだろうか? EOL品を再生産し、販売するRochester Electronicsの日本法人に聞いた。(2018/11/30)

ドメーヌ・ポンソの高級ワイン、不正開栓を見破るICタグで真贋証明――凸版印刷の「Cachet-Tag」を採用
仏ワインの名門ドメーヌ・ポンソは、2018年10月から出荷されたグラン・クリュクラスの製品に、凸版印刷のICタグ「Cachet-Tag」を採用。一度はがすとデータが読み取れなくなり、ワインの真贋判定や偽造対策に有効だという。(2018/11/19)

「ポケモン GO Plus」通販で偽物が横行 任天堂に見解聞いた
「モンスターボール Plus」を待った方がよさそうです。(2018/11/13)

IBMとSeagate、HDDの偽造防止で提携:
1.7兆ドルの偽造品に効果があるか、ブロックチェーン技術
IBMとSeagate Technologyはブロックチェーンとセキュリティ技術を使用して、HDDの偽造防止などに共同で取り組むことを発表した。IBM Blockchain PlatformにSeagateのID情報を登録することで運用する。(2018/11/13)

本物じゃねーよ! ガリットチュウ福島、ハリセン近藤のものまねが偽物と見抜けないレベル
水卜アナの次は近藤さんまでも……。(2018/10/23)

オークションに『ガラスの仮面』美内すずえ幼少期の絵日記の偽物出品 本人の指摘により取り下げられる
サイト内で公表・周知するとのこと。(2018/10/23)

ドワンゴのアプリ「カスタムキャスト」の偽物がストアに出現 古い端末だと本物が表示されないことを悪用
古い端末を使用している場合はご注意。(2018/10/7)

9月28日午後6時ごろ放送:
【番組告知】AIを使ってブランド品のニセモノ判定を実演、「物体指紋認証技術」とは?
(2018/9/28)

「カンペンケース」製造元とは別:
ダイソーの「ドッキリ!カッター」問題、本物の刃は中国の工場で混入か
100円ショップ「ザ・ダイソー」を運営する大創産業は9月4日、指が切れたように見せかけるため、偽物の刃を取り付けている玩具「ドッキリ!カッター」(税込108円)に、本物のカッターが混入していた問題について、3店舗で19個の不良品が確認されたと発表した。(2018/9/4)

半径300メートルのIT:
“注意力”だけではもう見破れない? 日本企業を狙うメール詐欺の進化
あなたが取引先や同僚とやりとりしているメールの中に、精巧に作られた“偽物”が隠れている――そう言われたら、素直に信じられますか? 日本の企業をターゲットにじわじわと広がりつつあるBEC攻撃を紹介します。(2018/9/4)

筆箱でけがが起きたばかり:
「ドッキリ!カッター」自主回収のダイソー、出回っている本物のカッターの数は「把握していない」
100円ショップ「ザ・ダイソー」を運営する大創産業は9月3日、指が切れたように見せかけるため、偽物の刃を取り付けている玩具「ドッキリ!カッター」(税込108円)を自主回収すると発表した。(2018/9/3)

完全に一致……! ハイヒールリンゴが「くっきーがマネする自分」を完全再現、そのクオリティにファンざわつく
本家が偽物に寄せるという謎展開。(2018/8/17)

DEF CON 2018で発表:
macOSに未解決の脆弱性、クリック操作偽造の恐れ
クリック操作を合成してさまざまなセキュリティの仕組みをかわし、サードパーティーのカーネル拡張機能をロードするなどの操作ができてしまう脆弱性が発見された。(2018/8/14)

今日のリサーチ:
中国人が越境ECでなく来日して買う理由は「偽物でないことが確認できるから」――バイドゥ調査
バイドゥは、訪日中国人観光客の買物実態に関するアンケート調査を実施しました。(2018/8/9)

マキシム DS28E83:
医療機器などに対応する耐放射線セキュア認証用IC
Maxim Integrated Productsは、DeepCoverセキュア認証用ICの「DS28E83」を発表した。滅菌時に使用するガンマ線や電子線の照射から手術器具のデータを保護し、安全な器具使用管理機能や偽造防止機能など器具のセキュリティを提供する。(2018/7/20)

一部は出荷:
日本通運、政府米の保管で不正 包装破れを隠して出荷、検印も偽造
日本通運の社員が政府米の保管業務中に不正を行っていたことが発覚。包装破れを隠して出荷し、検印も偽造していた。関係者からの指摘で発覚したという。(2018/7/4)

セキュリティ機能搭載のQRコードを用いた「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」 デンソーウェーブとNECソリューションイノベータから
デンソーウェーブとNECソリューションイノベータは、セキュリティ性が高く、偽造や改ざんに強いQRコード「SQRC」を用いた「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を発表。SQRC対応のハンディーターミナルを使うため、ネットワーク環境がなくても、顔認証システムを利用できるようになる。(2018/6/15)

「本物のフィギュアが欲しい」海外のオタクの声受け:
オタクグッズ、海を越えて「おつかい」します
海外のオタクがほしいアニメやゲームのグッズをリクエストし、日本のユーザーが買ってきて取引するサイトが登場した。日本のオタクグッズは海外で買えず偽物も流通していることが背景にある。(2018/5/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
まるで本物 「ディープフェイク」動画の危険性
欧米で新たなテクノロジーを使ったフェイクニュースが出現している。それは、実在の有名人を使って偽物の動画を作成する「ディープフェイク」だ。その危険性とは……(2018/5/10)

「汗が出る穴」で指紋認証、精度アップ スマホ向け、東大など世界初
スマホに組み込める高解像度の小型センサーで、指紋の細かい特徴を捉え、認証できるアルゴリズムを東大などが開発。偽造対策につながるという。(2018/3/19)

偽物じゃないの!? 橋本マナミ、本物のワニとの添い寝ショットがある意味危険な香りを漂わせる
ワニになりたい。(2018/3/14)

入国審査シミュレーション「Papers, Please」短編実写映画が日本字幕対応で無料配信開始 原作の魅力を約11分に凝縮
みんな大好き「パスポート偽造おじさん」も。(2018/2/25)

パスワード詐取に悪用の恐れ:
iOSアプリでのフィッシング詐欺、ダイアログ偽造で簡単に? 開発者が警告
アプリによってシステムダイアログに見せかけたポップアップを表示し、Apple IDのパスワード入力を求めることは、極めて簡単だという。(2017/10/11)

「ちょう〜〜〜〜ど良いニセモノ感」 ブルゾンちえみwith Bのものまねが絶妙な仕上がり
特徴捉えてる。(2017/9/27)

物体表面のパターンを識別する画像処理技術、真贋判定などに活用 富士ゼロックスから
富士ゼロックスが、物体表面のパターンを識別する技術「Yoctrace(ヨクトレース)」を開発。真贋(しんがん)判定や偽造防止、ブロックチェーン技術と組み合わせた仮想通貨のセキュリティ強化などに利用できるという。(2017/7/28)

書面は「偽造鑑定あり」:
“中国のウルトラマン”騒動 円谷プロ「無許諾」と再度反論
中国の制作会社が新しい「ウルトラマン」の映画を発表した問題で、円谷プロダクションが改めて「無許諾の映像である」と経緯説明。公開されている許諾に関する書面は「偽造であるという結論が出ている」という。(2017/7/21)

世界最大の闇市場、国際捜査で摘発 禁止薬物やマルウェアを大量売買
AlphaBayは、約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。(2017/7/21)

Google Playストアで公開された「偽物」のWannaCry対策アプリ マカフィーが注意を喚起
マカフィーは、Google Playストアに出現した「偽物のWannaCry対策アプリ」についての情報を公開した。(2017/5/26)

乃木坂46のライブに転売チケットで入ろうとしたファンが通報され警察に連れて行かれる 身分証明書の偽造で
身分証明偽造での通報は初とのこと。(追記)(2017/5/15)

auをかたる「緊急速報」メール出回る 送信元が「KDDI@ezweb.ne.jp」でも偽物
メール本文記載のURLをクリックさせ、実在するメールアドレスかを確認しようとする狙いがあるとみられる。(2017/5/12)

アンカーが偽造品に注意呼びかけ モバイルバッテリー本体とケーブルの偽物流通を確認
偽物は当然サポート対象外。(2017/5/10)

モバイルバッテリーやLightningケーブルに偽造品 アンカーが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品の取り扱いをAmazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で確認。購入時に注意するよう呼び掛けている。(2017/5/8)

偽造品に気をつけて! モバイルバッテリーのAnkerが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品が市場に出回っていることについての告知を行った。(2017/5/8)

マストドンに「Twitter公式」名乗るアカウント大量発生 もちろん偽物
歴史は繰り返す。(2017/4/21)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
医療機関がスマートウォッチのデータを使ったりはしない。脈拍測定には誤差がありすぎて、プロスポーツ選手を失望させる。これでも「スマート」と言えるのか? 他に、Dockerで永続ストレージを実現する方法、他者のクラウドを「偽物」と批判するMicrosoftなどをお届けする。(2017/3/13)

真偽論争に発展した「なんでも鑑定団」の茶碗を奈良大学が分析 偽物に使われる釉薬の成分は検出されず
釉薬(うわぐすり)などで再現した偽物ではないかと指摘されていました。(2017/3/3)

「テレビで話題になってしまった茶碗」奈良大が分析 「実物を見ず真贋云々に疑問」
「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定された後、視聴者から「偽物では」と疑問が出ていた茶碗の成分を分析した結果を、奈良大学が発表した。(2017/3/3)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(77):
「応答なし」のウィンドウなのに“応答する”のはなぜなのか?
Windowsで何かのアプリの作業中、ウィンドウタイトルに「応答なし」と表示され、マウスやキーボードの入力に全く反応しないという状況は、誰もが経験したことがあるでしょう。この「応答なし」ウィンドウ、実は“偽物”だって知っていましたか?(2017/2/22)

APファクトチェック:
「トランプはレーガンのように偉大に」とビル・ゲイツはツイートしていない
AP通信では虚偽ニュースのファクトチェックを実施している。今回はビル・ゲイツのツイートを偽造したニュース。(2017/2/18)

米Yahoo!のアカウントに不正侵入の可能性、ユーザーに通知
2016年に発覚したユーザー情報の大量流出に関連して、偽造cookieを使ってアカウントが不正アクセスされた可能性があることが分かった。(2017/2/16)

流出したチケット用紙が悪用 偽造チケット問題でファミリーマートが謝罪
流出したチケット用紙は今後も悪用されるおそれがあるとして、偽造に用いられる可能性のある管理番号を公開しています。(2017/2/9)

ファミリーマート、都内3店舗でチケット用紙盗難か オークションサイトで偽造券流通
ファミリーマートの都内3店舗に納品されたチケット用紙が不正利用されていることが分かった。(2017/2/9)

3店舗から用紙がなくなる:
ファミマでチケット用紙盗難か 偽造チケットに悪用
ファミマ店舗から印字前のチケット用紙がなくなり、偽造ライブチケットとして出回っていたことが分かった。(2017/2/9)

組み込み採用事例:
ワインの不正開栓を検知するICタグを開発、ドメーヌ・エマニュエル・ルジェで採用
凸版印刷は、ワインのコルク栓引き抜きや不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag」を開発した。偽造ワインや不正な詰め替えからのブランドプロテクション用途として販売する。(2017/1/30)

偽物のApple充電器、99%が安全テストに不合格 イギリスの非営利団体が調査結果を発表
命の危険もあるので信頼できる製品を。(2016/12/3)

「ラブライブ!」偽物グッズを景品に ゲームセンターが著作権法違反で摘発
アニメ「ラブライブ!」の偽物グッズを景品に使ったとして、秋葉原のゲームセンターが著作権法違反の疑いで書類送検された。(2016/11/29)

声優・内田真礼が公式Twitterを開設 「ホンモノだよ! よろしくねー!」
弟で声優の内田雄馬さんのTwitterアカウントは“ニセモノ”だよ!(2016/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。