ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「偽造」最新記事一覧

Google Playストアで公開された「偽物」のWannaCry対策アプリ マカフィーが注意を喚起
マカフィーは、Google Playストアに出現した「偽物のWannaCry対策アプリ」についての情報を公開した。(2017/5/26)

乃木坂46のライブに転売チケットで入ろうとしたファンが通報され警察に連れて行かれる 身分証明書の偽造で
身分証明偽造での通報は初とのこと。(追記)(2017/5/15)

auをかたる「緊急速報」メール出回る 送信元が「KDDI@ezweb.ne.jp」でも偽物
メール本文記載のURLをクリックさせ、実在するメールアドレスかを確認しようとする狙いがあるとみられる。(2017/5/12)

アンカーが偽造品に注意呼びかけ モバイルバッテリー本体とケーブルの偽物流通を確認
偽物は当然サポート対象外。(2017/5/10)

モバイルバッテリーやLightningケーブルに偽造品 アンカーが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品の取り扱いをAmazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で確認。購入時に注意するよう呼び掛けている。(2017/5/8)

偽造品に気をつけて! モバイルバッテリーのAnkerが注意喚起
アンカー・ジャパンは、同社製品を模倣した偽造品が市場に出回っていることについての告知を行った。(2017/5/8)

マストドンに「Twitter公式」名乗るアカウント大量発生 もちろん偽物
歴史は繰り返す。(2017/4/21)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
医療機関がスマートウォッチのデータを使ったりはしない。脈拍測定には誤差がありすぎて、プロスポーツ選手を失望させる。これでも「スマート」と言えるのか? 他に、Dockerで永続ストレージを実現する方法、他者のクラウドを「偽物」と批判するMicrosoftなどをお届けする。(2017/3/13)

真偽論争に発展した「なんでも鑑定団」の茶碗を奈良大学が分析 偽物に使われる釉薬の成分は検出されず
釉薬(うわぐすり)などで再現した偽物ではないかと指摘されていました。(2017/3/3)

「テレビで話題になってしまった茶碗」奈良大が分析 「実物を見ず真贋云々に疑問」
「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定された後、視聴者から「偽物では」と疑問が出ていた茶碗の成分を分析した結果を、奈良大学が発表した。(2017/3/3)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(77):
「応答なし」のウィンドウなのに“応答する”のはなぜなのか?
Windowsで何かのアプリの作業中、ウィンドウタイトルに「応答なし」と表示され、マウスやキーボードの入力に全く反応しないという状況は、誰もが経験したことがあるでしょう。この「応答なし」ウィンドウ、実は“偽物”だって知っていましたか?(2017/2/22)

使用済み切手かき集めて「本物」偽造 57歳銀行員のセコい“内職”
使用済み切手をかき集め、貼り合わせて「リサイクル」し、本物と交換していた銀行員が逮捕された。作製の苦労の割に実入りの少ない“内職”の実態とは。(2017/2/20)

APファクトチェック:
「トランプはレーガンのように偉大に」とビル・ゲイツはツイートしていない
AP通信では虚偽ニュースのファクトチェックを実施している。今回はビル・ゲイツのツイートを偽造したニュース。(2017/2/18)

米Yahoo!のアカウントに不正侵入の可能性、ユーザーに通知
2016年に発覚したユーザー情報の大量流出に関連して、偽造cookieを使ってアカウントが不正アクセスされた可能性があることが分かった。(2017/2/16)

流出したチケット用紙が悪用 偽造チケット問題でファミリーマートが謝罪
流出したチケット用紙は今後も悪用されるおそれがあるとして、偽造に用いられる可能性のある管理番号を公開しています。(2017/2/9)

ファミリーマート、都内3店舗でチケット用紙盗難か オークションサイトで偽造券流通
ファミリーマートの都内3店舗に納品されたチケット用紙が不正利用されていることが分かった。(2017/2/9)

3店舗から用紙がなくなる:
ファミマでチケット用紙盗難か 偽造チケットに悪用
ファミマ店舗から印字前のチケット用紙がなくなり、偽造ライブチケットとして出回っていたことが分かった。(2017/2/9)

ネット販売のED薬、4割ニセ物 ゴミ溜めで製造、プリンタのインクで着色……飲むと死の危険も
ネット通販にはバイアグラなどED治療薬の偽造品が蔓延。製薬会社の調査によると4割を占めるという。偽造品の服用には死を招くリスクさえある。(2017/2/1)

組み込み採用事例:
ワインの不正開栓を検知するICタグを開発、ドメーヌ・エマニュエル・ルジェで採用
凸版印刷は、ワインのコルク栓引き抜きや不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag」を開発した。偽造ワインや不正な詰め替えからのブランドプロテクション用途として販売する。(2017/1/30)

ED薬ネット入手→偽物4割→下痢に吐き気……○○○が入っていたとの噂まで 製薬4社の合同調査
「バイアグラ」に代表される勃起障害(ED)治療薬だが、ネット経由のED治療薬の4割が偽造品だったという調査結果が出た。(2017/1/24)

偽物のApple充電器、99%が安全テストに不合格 イギリスの非営利団体が調査結果を発表
命の危険もあるので信頼できる製品を。(2016/12/3)

「ラブライブ!」偽物グッズを景品に ゲームセンターが著作権法違反で摘発
アニメ「ラブライブ!」の偽物グッズを景品に使ったとして、秋葉原のゲームセンターが著作権法違反の疑いで書類送検された。(2016/11/29)

声優・内田真礼が公式Twitterを開設 「ホンモノだよ! よろしくねー!」
弟で声優の内田雄馬さんのTwitterアカウントは“ニセモノ”だよ!(2016/11/7)

ジブラルタ生命社員が約2億円をだまし取っていた 保険契約を装い偽造保険証券を渡す
約10年間で26人が被害にあっていました。(2016/9/8)

「鷹がBBQ中の家族にヘビを落っことす」話題の衝撃映像 実はニセモノ
よかった……バーベキュー中にヘビを落とされた家族はいなかったんだ。(2016/9/5)

「スレイヤーズ」漫画家の偽サイン色紙が「ヤフオク!」に? 本人が注意喚起
「スレイヤーズ」の漫画家・あらいずみるいさんが、「ヤフオク!」に偽物のサイン色紙が出品されたとTwitterで注意喚起。入札しないように呼び掛けている。(2016/8/17)

モルフォチョウの色を忠実に:
瑠璃色を再現した発色シートを開発、色素使わず
凸版印刷は2016年8月、顔料や染料などの色素を使わずに、モルフォチョウの瑠璃色を再現した構造発色シート「モルフォシート」を開発したと発表した。偽造防止などのセキュリティや、屋内外でのプロモーションツール向けの製品として、2017年度中の実用化を目指す。(2016/8/15)

有村架純が公式Instagramを開始 「よろしくお願いします」と大空の下に立つ写真を披露
190万人のフォロワーがいたアカウント「kasumi_arimura」は偽物であったもよう。(2016/8/1)

俳優だってアイドルだって「ポケモンGO」で遊びたい! 仕事中にもポケモンをGETしちゃう芸能人が続出
一方で偽物をつかまされた悲しい人も。(2016/7/22)

ラベルとしても使える:
印刷できる不揮発メモリ、IoT市場に成長機会
プラスチックなどの超薄型基板に印刷して製造できる不揮発メモリが登場した。ラベルとして製品などに貼れば、物流や、偽造品判断、製造過程での何らかのデータ保存など、さまざまな用途に使うことができそうだ。(2016/6/17)

パスポート番号漏えい、偽造のリスクは? 外務省に聞いた
JTBが標的型メール攻撃を受け、約4300件のパスポート番号が漏えいした可能性。漏れた番号を悪用し、パスポートが偽造されるリスクはあるのか――。(2016/6/15)

ファミリーマート、元店員がチケット盗み出し偽造した容疑で逮捕 偽造の恐れあるチケット番号を公表
店舗で働いていた男子大学生が、偽造チケットをネットオークションで売買した疑いが。(2016/6/1)

問題作「ようじょあつめ」にまたもやトラブル 今度は偽物が先行リリースされる
話題作がリリースされる前に、便乗してしまおうというもくろみか。(2016/3/23)

紙幣や有価証券、ブランド品の偽造を防止:
セキュリティータグ、有機デバイスで実現
産業技術総合研究所(以下、産総研)の吉田学氏らは、製造時に生じる有機デバイス特有のばらつきを利用して、偽造を困難にするセキュリティータグ回路を開発した。同回路は柔らかいプラスチック基板上に作成することが可能である。(2016/1/27)

「エヴァンゲリオン劇場版の最新予告」YouTube動画はニセモノ カラーが内容を否定
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の最新予告としてYouTubeにアップロードされていた動画が話題になったが、カラーは偽物だと否定している。(2016/1/26)

電子ブックレット:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、米国の新興企業が開発に取り組む偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術を紹介します。同技術の要は、直径数ミクロンという非常に小さな粒子です。(2016/1/3)

「ローマ法王初の自撮り」が話題に→偽物でした
公式を名乗るInstagramアカウントに投稿されていました。(2015/12/15)

レプリカだけの展示にもかかわらず、日本一高い入館料(?)といわれる美術館がすごい
訪れた人は「納得の料金」「それ以上の価値がある」「偽物なのにすごい!」などと大絶賛だそう。(2015/12/12)

「弁護士を名乗る悪質な詐欺電話に注意」――警察庁かたる偽造文書、内容を信じて拡散してしまうケースも
特定の弁護士へのいたずら、嫌がらせではないかと見られています。(2015/12/5)

郵便局員のマイナンバー受け取りサイン偽造、高市総務相が「厳重注意」
マイナンバー通知の不適切な配達が全国で相次いでいるのを受け、高市総務相が日本郵便に対し厳重注意した。(2015/11/10)

光を当てて識別:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
米国の新興企業が、偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術の開発に取り組んでいる。同技術の要となっているのが、直径数ミクロンという非常に小さな粒子だ。(2015/11/10)

「AAAの直筆サイン」スタッフがまねて書いて景品に 所属事務所が謝罪、メンバーも「ショック」
人気グループ「AAA」のキャンペーンで景品として発送したメンバーの直筆サインのうち、一部にスタッフが書いていた偽物があったとして、所属事務所が謝罪した。(2015/10/19)

きゃりーぱみゅぱみゅvs最上もが 最高レベルの偽物対決がTwitterで繰り広げられる
どっちがどっち!(2015/10/5)

画像認識:
“モノの指紋”でニセモノを判定できる技術が登場
NECは、工業製品・部品の表面に自然発生する微細な紋様(物体指紋)をもとに個体を識別し、真贋(しんがん)判定が可能な「物体指紋認証技術」を強化。従来の金属だけでなくプラスチックや塗装物などの判定が可能となった。偽装品排除やトレーサビリティ確保に貢献することが期待されている。(2015/9/24)

政府広報「家族みんなで防ごう!高齢者詐欺!」に似せたチラシで偽の相談窓口に誘導する手口 消費者庁が注意を呼びかけ
「会社の内容を教える」というのは偽物です!(2015/9/2)

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」、フェイク女性会員の報道を否定 Gizmodoも応酬
不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が、「女性会員のほとんどは偽物」との報道を否定し、先週だけでも8万7596人の新規女性会員が登録したと発表した。これに対しGizmodoは、ハッカーが公開した内部データをさらに解析したところ、7万人の「ボット」女性会員が数百万件のメッセージを投稿したことが分かったと報じた。(2015/9/1)

「ユーザー重視」が重要に
「モバイルファースト」のほとんどが“偽物”であるこれだけの理由
好みの端末を使えるようにしたり、モバイルアプリを優先して導入したりするだけで「モバイルファースト実践企業」を名乗ってはいないだろうか。見落としがちな観点を整理する。(2015/7/23)

OpenSSL、深刻な脆弱性を修正した更新版公開
攻撃者が代替チェーン証明書を偽造できてしまう恐れがあり、通信の傍受やデータの改ざんなどの攻撃に利用される可能性がある。(2015/7/10)

Google、ニュースキュレーション「YouTube Newswire」立ち上げ
Google傘下のYouTubeが、ニュース価値の高い(偽物ではない)新着動画を出来事別にキューレーションして提供する新サイト「YouTube Newswire」を立ち上げた。(2015/6/19)

ディルバート(392):
ニセモノのWindows
「何だかPCの調子が悪い……」とサポートセンターに電話しても、すんなり解決しないのが世の常ですが、ドッグバートの場合は一味違うようです。(2015/4/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。