ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「偽造」最新記事一覧

「ハリー・ポッター」のネタバレ、英情報機関が監視していた ネット流出を警告、偽物と判明
「ハリー・ポッター」の発売前の「情報流出」を英通信傍受機関「政府通信本部」(GCHQ)が監視していたことが明らかになった。(2016/4/13)

「ペヤングの偽物、真剣に作った」 その名も「ペヨング」 一体何が違う?
「ペヤングソース焼きそば」の姉妹品「ペヨングソース焼きそば」が発売。メーカー側は「真剣に“偽物”を作った」と自信を見せている。(2016/4/5)

真剣に“偽物”を作った:
「ペヤングソース焼きそば」の偽物? 「ペヨング」、一体何が違うのか
「ペヤングソース焼きそば」で有名なまるか食品が、姉妹品となる「ペヨングソース焼きそば」を3月14日に発売。ペヤングより価格は50円ほど安く、内容量もわずかに違う。メーカー側は「真剣に“偽物”を作った」と自信を見せている。(2016/4/4)

問題作「ようじょあつめ」にまたもやトラブル 今度は偽物が先行リリースされる
話題作がリリースされる前に、便乗してしまおうというもくろみか。(2016/3/23)

紙幣や有価証券、ブランド品の偽造を防止:
セキュリティータグ、有機デバイスで実現
産業技術総合研究所(以下、産総研)の吉田学氏らは、製造時に生じる有機デバイス特有のばらつきを利用して、偽造を困難にするセキュリティータグ回路を開発した。同回路は柔らかいプラスチック基板上に作成することが可能である。(2016/1/27)

「エヴァンゲリオン劇場版の最新予告」YouTube動画はニセモノ カラーが内容を否定
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の最新予告としてYouTubeにアップロードされていた動画が話題になったが、カラーは偽物だと否定している。(2016/1/26)

電子ブックレット:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、米国の新興企業が開発に取り組む偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術を紹介します。同技術の要は、直径数ミクロンという非常に小さな粒子です。(2016/1/3)

「ローマ法王初の自撮り」が話題に→偽物でした
公式を名乗るInstagramアカウントに投稿されていました。(2015/12/15)

レプリカだけの展示にもかかわらず、日本一高い入館料(?)といわれる美術館がすごい
訪れた人は「納得の料金」「それ以上の価値がある」「偽物なのにすごい!」などと大絶賛だそう。(2015/12/12)

「弁護士を名乗る悪質な詐欺電話に注意」――警察庁かたる偽造文書、内容を信じて拡散してしまうケースも
特定の弁護士へのいたずら、嫌がらせではないかと見られています。(2015/12/5)

郵便局員のマイナンバー受け取りサイン偽造、高市総務相が「厳重注意」
マイナンバー通知の不適切な配達が全国で相次いでいるのを受け、高市総務相が日本郵便に対し厳重注意した。(2015/11/10)

光を当てて識別:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
米国の新興企業が、偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術の開発に取り組んでいる。同技術の要となっているのが、直径数ミクロンという非常に小さな粒子だ。(2015/11/10)

「AAAの直筆サイン」スタッフがまねて書いて景品に 所属事務所が謝罪、メンバーも「ショック」
人気グループ「AAA」のキャンペーンで景品として発送したメンバーの直筆サインのうち、一部にスタッフが書いていた偽物があったとして、所属事務所が謝罪した。(2015/10/19)

きゃりーぱみゅぱみゅvs最上もが 最高レベルの偽物対決がTwitterで繰り広げられる
どっちがどっち!(2015/10/5)

画像認識:
“モノの指紋”でニセモノを判定できる技術が登場
NECは、工業製品・部品の表面に自然発生する微細な紋様(物体指紋)をもとに個体を識別し、真贋(しんがん)判定が可能な「物体指紋認証技術」を強化。従来の金属だけでなくプラスチックや塗装物などの判定が可能となった。偽装品排除やトレーサビリティ確保に貢献することが期待されている。(2015/9/24)

政府広報「家族みんなで防ごう!高齢者詐欺!」に似せたチラシで偽の相談窓口に誘導する手口 消費者庁が注意を呼びかけ
「会社の内容を教える」というのは偽物です!(2015/9/2)

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」、フェイク女性会員の報道を否定 Gizmodoも応酬
不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が、「女性会員のほとんどは偽物」との報道を否定し、先週だけでも8万7596人の新規女性会員が登録したと発表した。これに対しGizmodoは、ハッカーが公開した内部データをさらに解析したところ、7万人の「ボット」女性会員が数百万件のメッセージを投稿したことが分かったと報じた。(2015/9/1)

「ユーザー重視」が重要に
「モバイルファースト」のほとんどが“偽物”であるこれだけの理由
好みの端末を使えるようにしたり、モバイルアプリを優先して導入したりするだけで「モバイルファースト実践企業」を名乗ってはいないだろうか。見落としがちな観点を整理する。(2015/7/23)

OpenSSL、深刻な脆弱性を修正した更新版公開
攻撃者が代替チェーン証明書を偽造できてしまう恐れがあり、通信の傍受やデータの改ざんなどの攻撃に利用される可能性がある。(2015/7/10)

Google、ニュースキュレーション「YouTube Newswire」立ち上げ
Google傘下のYouTubeが、ニュース価値の高い(偽物ではない)新着動画を出来事別にキューレーションして提供する新サイト「YouTube Newswire」を立ち上げた。(2015/6/19)

ディルバート(392):
ニセモノのWindows
「何だかPCの調子が悪い……」とサポートセンターに電話しても、すんなり解決しないのが世の常ですが、ドッグバートの場合は一味違うようです。(2015/4/9)

「レイバン」スパムにブランドがコメント 「リンク先は正規取扱店ではない」
リンク先は偽造品販売サイトの可能性があるとして注意を呼びかけています。(2015/3/18)

偽物だった中島みゆきさんからの卒業式祝辞 高校も校長名義でコメント
本人からと信じてしまい卒業式で読み上げる。(2015/3/5)

Mobile World Congress 2015:
富士通、「虹彩認証システム」搭載スマホを開発――画面を見てロックを解除
富士通は、虹彩認証システムを搭載したスマホ試作機を開発した。虹彩は偽造などが難しいため安全性が高いほか、画面を見るだけでロックを解除できるなど利便性も向上する。(2015/3/2)

ニセモノぞくぞくの「大ニセモノ博覧会」 案内役はギャラ子に!
柴咲コウさんの声をもとにした「ギャラ子Talk」が音声ナビゲーターに採用された。(2015/2/27)

ぱないの! アニメ「〈物語〉シリーズ」全62話 年末にニコ生で一挙放送
「化物語」「偽物語」「猫物語」「傾物語」「花物語」「囮物語」「鬼物語」「恋物語」「憑物語」をまとめてチェック!(2014/12/22)

ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」を並べる「大ニセモノ博覧会」 国立歴史民俗博物館が開催
贋作や複製物など「ニセモノ」が人々の暮らしでどのような役割を果たしてきたのかに迫る。(2014/12/20)

「ニセiPhone」は卒業、「世界初」スマホ競争へ 「中国メーカーは悪くない」変わる意識
「iPhone 6S」も登場する中国だが、ニセモノに以前ほどの勢いはなく、躍進する中国メーカーからは数々の「世界初」端末が登場している。中国メーカー製端末は「悪くない」と中国人にも受け入れられてきている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/3)

MozillaのNSSライブラリに脆弱性、FirefoxやGoogle Chromeのアップデート公開
FirefoxやGoogle Chromeに使われているNSSライブラリに、SSL証明書などのRSA署名を偽造できてしまう脆弱性が見つかった。(2014/9/26)

INSIGHT NOW!:
自分のニセモノが「LinkedIn」で“暴れている”かもしれない
国内だと詐欺の主な狙いは高齢者。しかしネット上では事情は別だ。現役バリバリ? LinkedInやってる? 英語得意? ならば、あなたも狙われているかもしれない。(2014/8/28)

AmazonのAndroidアプリストアに偽物出現でゲーム会社が注意呼びかけ 無料ゲームを勝手に有料販売
ゲーム会社・サマータイムスタジオが、自社のゲームアプリがAmazonで勝手に販売されていると注意を呼びかけています。(2014/8/26)

伝説のムリゲー「コンボイの謎」リメイク、偽物じゃないかと疑われてiOS版の公開延期
まさかのリジェクト。さすがというべきか……。(2014/8/8)

ディルバート(353):
知ったふりをする最新マネジメント手法
ボスの振る舞いを見ていると、本当に情熱的なリーダーと偽物のリーダーの違いがよく分かりますね……。(2014/5/15)

人気カメラアプリ「OneCam」の偽物出現 アイコンや説明文まで酷似、開発者が注意呼びかけ
本家と間違えないよう注意しましょー。(2014/4/28)

究極の衣類開発に一役? 電子部品いらずの縫い付け型RFIDタグ
電子繊維を使った伸縮性のあるチップレスRFIDタグが実現可能であることが発表された。電子部品を用いないため安価に製造でき、健康管理やスポーツ、偽造防止などの応用が考えられる。(2014/4/24)

チケット詐欺にNo!──チケット仲介「チケットストリート」とヤフオク!が連携
チケット売買仲介サイトとヤフオク!が連携。チケット詐欺の対策が課題となる個人売買手段において、偽造チケット返金保証などの安心サービスを設けて展開する。(2014/3/28)

人気ゲーム「Flappy Bird」の偽物続出 利用で高額料金請求も 本物はストアから削除済み
作者によって削除された人気スマートフォン向けゲーム「Flappy Bird」の偽Androidアプリが海外の一部ストアで出回っており、利用すると高額の料金が請求される場合もあるとして、トレンドマイクロが注意を呼びかけている。(2014/2/13)

ATM内部データを不正取得、預金引き出し 保守委託先の元社員逮捕
横浜銀行のATMの内部情報を取得し、キャッシュカードを偽造して預金を不正に引き出していた疑いがあるとして、保守管理を委託されていた富士通フロンテックの元社員が逮捕されていたことが分かった。(2014/2/5)

「ローゼンメイデン」「咲-Saki-」「化物語」ニコ生で一挙配信 年末年始ニコニコアニメスペシャル
「偽物語」「猫物語」「サーバント×サービス」などなど人気作品をニコ生で配信する。(2013/12/6)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第391話 メニュー偽装
偽物だらけの中国と一緒にしないでくれ。ここは「お・も・て・な・し」の国日本だぞ! えっ? ほんとに真正直にやってますよ、信じてくださいよ。(2013/11/19)

なもり先生「に、にせものー!!」 「ゆるゆり」サイン色紙の偽物がヤフオク!に出品される
ニセモノ、ダメ、ゼッタイ。(2013/11/13)

「ほこ×たて」放送終了をフジテレビ発表 「信頼を裏切る行為確認」と調査結果報告
偽造編集発覚で放送を休止していたバラエティ番組「ほこ×たて」はこのまま終了することになりました……。(2013/11/1)

“偽造編集”発覚で炎上中の「ほこ×たて」 当面の間放送休止へ 
10月27日分は急きょ「美川・はるな愛のぶらり旅」へ差し替えに。(2013/10/24)

Adobe製品になりすましたマルウェア、デジタル署名を偽造
Adobeが発行したというデジタル署名を持った不審な実行形式のファイルが発見された。(2013/6/18)

窪田順生の時事日想:
偽装は食品だけではない! “中国産ニセED薬”には鉄粉やインクが混ざっている
中国でネズミやキツネの肉を「羊肉」と偽って販売した業者が摘発された。日本にもたくさんの偽造食品が流入しているので、用心している人も多いはず。しかし警戒しなければいけないのは食品だけではない。実は「薬」の世界でも大変なことが起きているのだ。(2013/5/28)

ヤフオク!に出品された漫画家のサイン色紙を、本人が偽物と断定
「よつばと!」の作者あずまきよひこ氏のサイン色紙と称するものがヤフオク!に出品されたが……。(2013/5/22)

「アゴハイタッチは今年も健在」 WBC戦士・内川選手のTwitterアカウントは偽物だった
WBCで健闘した内川聖一選手の偽Twitterアカウントが出現した。(2013/3/21)

人工DNA入り印刷用インク開発 「模倣ほぼ不可能」で偽札防止に
人工DNAを含有し、第三者による模倣が「ほぼ不可能」でなインクをDNPなどが開発。紙幣や金券などの偽造防止に活用できるとしている。(2013/2/12)

複製困難、人工DNAを含有した偽造防止印刷用インク開発
塩基配列を人工的に設計。(2013/2/12)

障害調査/復旧作業用のデータから暗証番号を取得:
NTTデータ、取引情報不正取得事件の調査結果を報告
NTTデータは1月17日、同社が運営する「地銀共同センター」で業務委託を受けていた技術者が取引情報を不正に取得し、それを元にキャッシュカードを偽造して現金を引き出した事件に関して、調査結果ならびに再発防止策を報告した。(2013/1/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。