ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファストフード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コンビニ・ファーストフード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコンビニ・ファーストフード関連の質問をチェック

マクドナルド「たまごダブルマック」「てりやきチキンフィレオ」「マックリブ」が復活 投票で1つがレギュラーに
懐かしいバーガー3種。(2018/5/8)

エビ、チーズ、野菜の3種:
ロッテリア、「アボカドバーガー」期間限定販売 クリーミーな夏メニュー
ロッテリアが、定番バーガーにアボカドをトッピングした商品を全国で期間限定販売する。「アボカドエビバーガー」、「アボカド絶品チーズバーガー」、「アボカドロッテリア野菜ハンバーガー」の3種類。濃厚でクリーミーなおいしさが特徴という。(2018/5/1)

4月25日〜5月15日:
マクドナルド、ナゲット15ピース入りを390円に期間限定値下げ 限定ソースも
日本マクドナルドが期間限定で「チキンマックナゲット 15ピース」を180円値下げする。4月25日〜5月15日は、通常の570円(税込、以下同)から390円となる。2種類のソースも限定発売する。(2018/4/20)

ドコモの25歳以下ユーザー向け「ハピチャン」特典、5月は「マック」、6月は「ローソン」
NTTドコモは、25歳以下のユーザーを対象とする特典プログラム「ハピチャン」の特典を発表。5月はマクドナルドの「グラン クラブハウスを1つ、6月はローソンの「ウチカフェ 濃厚ミルクワッフルコーン」が2つもらえる。(2018/4/19)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

50年の伝統に新味 「ビッグマックベーコン」「ビッグマックBLT」登場
まさに特盛り。まさにマクドナルド。(2018/4/11)

“グランドサイズ”のサイドメニューも:
「ビッグマック」に新風味「ベーコン」「BLT」登場 生誕50周年を記念
日本マクドナルドが、特別メニュー「ビッグマック ベーコン」「ビッグマック BLT」を発売する。「ビッグマック」の生誕50周年を記念した企画の一環で、販売期間は4月18日〜5月上旬。日本市場で同商品が風味を変更するのは初。(2018/4/11)

マクドナルド「ビッグマックソース」待望の再販決定! 前回は開始わずか3分で売り切れのプラチナソース
今回は1000個限定で、追いソースし放題。(2018/4/11)

マクドナルドの「朝マック」リニューアル 250円のコンビ登場
エッグマックマフィンは50円値下げに、ホットケーキなどは20円値上げに。(2018/4/8)

健康志向のチェーン目指す:
モスバーガー、全店舗を「禁煙」に 20年までに店舗改装
モスフードサービスが、2020年3月末までに同チェーンの全店舗を全面禁煙化する方針を決めたと明らかにした。顧客とスタッフの健康面に配慮したためという。現時点では約700店舗で喫煙が可能だが、順次改装し禁煙席のみとする。(2018/3/30)

昆虫や藻が原料のファストフード IKEAのラボが提案する食の未来がイノベーティブすぎる
未来志向のファストフード。(2018/3/28)

混ぜると青→紫→ピンクに色が変化するドリンク モスバーガー「ラベンダーレモネード」を3月27日から全国発売
酸性のものを加えることで色が変化する「バタフライピー」というハーブをブレンド。(2018/3/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
マクドナルドとモスバーガーを比較できない理由
マクドナルドが完全復活を果たす一方、モスバーガーは業績の伸び悩みに直面している。同じハンバーガー店なので、どうしても比較対象となってしまうのだが、経営学的に見ると両社はまったく異なるビジネスをしているのだ。(2018/3/22)

訪日外国人も便利に支払い:
モスバーガー、クレジットカード払いが可能に 銀聯などに対応
モスフードサービスは3月14日から、「モスバーガー」(全国1344店舗)でクレジットカードによる決済に対応する。(2018/3/13)

モスバーガーでカード決済可能に iDにも対応へ
全国の「モスバーガー」1344店舗で3月14日から、クレジットカード決済に対応する。今後「iD」決済にも対応する予定だ。(2018/3/13)

ビッグマックはパティ4枚に:
マクドナルド、夜だけ100円プラスでパティ2倍 「夜マック」開催へ
マクドナルドが、夕方5時〜閉店時に限り、定価プラス100円で定番バーガーのパティを2倍にできる「夜マック」を開催。対象は、「ハンバーガー」「チーズバーガー」「ビッグマック」など16商品。「もっと、おいしさ向上宣言」の一環。(2018/3/12)

マクドナルドでNFC決済が可能に
3月13日から、全国のマクドナルド店舗でNFCによる決済に対応した。NFCに対応するスマートフォンやクレジットカードで“かざして支払い”が可能になる。特に訪日外国人が支払いしやすくなる。(2018/3/9)

マクドナルドがNFC決済導入 かざすだけでカード決済
マクドナルドがNFCによる非接触決済サービスに対応する。NFC対応の携帯電話やクレジットカードをかざすだけで、代金をカード決済できる。(2018/3/9)

NFCスマホで支払いOKに:
マクドナルド、NFC決済に対応 非接触決済を拡大
日本マクドナルドは3月8日、NFCによる非接触決済に13日から全国の店舗で対応すると発表した。NFC対応スマートフォンなどで商品代金を支払えるようになる。(2018/3/8)

日本マクドナルド、採用の質問をTwitterで受け付け 匿名サービス「Peing-質問箱-」活用
日本マクドナルドが、Twitterと連携して使える匿名質問サービス「Peing-質問箱-」を活用し、店舗で働きたい人からの質問を受け付け。(2018/3/7)

デジタル化を戦略の柱に:
マクドナルド、スマホで事前注文・支払い検討 待ち時間改善
日本マクドナルドが、スマホで商品の事前注文・決済ができるシステムの導入を検討していると明らかにした。待ち時間を解消して顧客満足度を高める狙い。効果が得られた場合は本格導入を検討する。(2018/2/23)

「疑問を持つ人に試してほしい」:
マクドナルド、ホットコーヒーを無料提供 2月26日から5日間
日本マクドナルドが、プレミアムローストコーヒーを無料提供すると発表。実施期間は2月26日〜3月2日の午前7時〜午後10時。1回の来店につき1人当たり1杯限定で提供する。(2018/2/20)

3月は「マック」で4月は「ローソン」――ドコモの「ハピチャン」特典
ドコモの25歳以下ユーザー向け特典プログラムの3月・4月分の特典が決定した。3月はマクドナルドの「グラン ベーコンチーズ」を1個、4月はローソンの「プレミアムロールケーキ」を2個プレゼントする。(2018/2/19)

「SUPER FRIDAY」の二の舞防ぐ:
ドコモ「ハピチャン」、マクドナルドなどの商品クーポン 実施日設けず混雑緩和
NTTドコモが、ユーザー優待キャンペーン「ハピチャン」の詳細を発表。3月は日本マクドナルド、4月はローソンの商品を提供する。キャンペーン期間中は日時を問わず特典を受け取れる点が特徴。(2018/2/19)

米マクドナルドが「ハッピーセット」見直し 日本は「現時点では未定」
米国では「ハッピーセット」のメニューにチーズバーガーが載らなくなるなどの変更が予定されています。(2018/2/16)

超盛り! 超ザックザク食感! マクドナルドが新商品「マックフルーリー超オレオ」を発表
どストレートなネーミングがいい感じ。(2018/2/15)

マクドナルドのハンバーガーが59円で買えたの、いったい何だったんだろう?
「59円時代」や「65円時代」、ありましたよね。(2018/2/4)

「ネット中立性」がないとどうなるか ハンバーガーで例える動画をバーガーキングが公開
追加料金を払わないとバーガーが早く出てこない世界。(2018/1/31)

盛りすぎぃ! マクドナルドがビーフ4枚の「ダブルビーフダブルチーズバーガー」を期間限定販売
まさに物量作戦。(2018/1/25)

スピン経済の歩き方:
モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由
業界第2位のモスバーガーが苦戦している。「創業以来2度目の絶不調」とも言われ、あれが悪い、これが悪いとさまざまな敗因が取り沙汰されている。どれも納得のいく話であるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/1/16)

マクドナルドのカフェラテ値下げ Sサイズ150円に
ビッグマックとえびフィレオは値上げに。(2018/1/12)

チーズ祭りだ! マクドナルドが「チーズチーズダブルチーズバーガー」など発売
「トリプルチーズバーガー」もあるよ。(2018/1/9)

「残念ですが、今日でおしまいです」 マクドナルド公式LINEアカウントが突然終了してしまった理由を聞いてみた
ネット上では「なんでやめるんや」など戸惑いの声が。(2018/1/5)

接客中ボケっぱなしじゃねえか! 注文できる気が全くしないファストフード店のギャグ漫画が秀逸
テンポが良い。(2017/12/22)

英語の会議は減った:
3期連続赤字に追い込まれたマクドナルドが「V字回復」成し遂げたワケ
3期連続の最終赤字に陥ったマクドナルド。問題発生から1年余りで販売減に歯止めを掛け、17年12月期の最終損益は上場以来最高となる200億円の黒字を見込む。(2017/12/14)

なんてバブリー! フレッシュネスバーガー、1キロ120万円相当の白トリュフを使用した超高級バーガーを限定販売
1個1万円のところ……なんと1992円。(2017/12/13)

「ビーフシチュー」:
マクドナルド「グラコロ」、今年は2種類 朝も販売
マクドナルドの冬恒例「グラコロ」が12月13日から販売。(2017/12/7)

顔がハンバーガーに! リアルすぎるファストフードなメイクが未知の世界
メイクのなんでもできる感。(2017/11/24)

スピン経済の歩き方:
ハッピーセットの「人生ゲーム」をみればマック復活の理由が分かる
日本マクドナルドの業績が急回復している。期限切れ鶏肉や異物混入問題の発生から約3年が経ったが、本当に復活したのか。筆者の窪田氏は同社のあるところに着目し、V字回復の要因を分析している。それは……。(2017/11/21)

ロッテリア、バンズにお肉がおさまらない「はみだしステーキバーガー」を発売 “いい肉の日”にあわせたご褒美バーガー
ステーキを2枚使用した「はみだしダブルステーキバーガー」も同時発売。(2017/11/19)

「ドナルド危機一発」にゴールが気になる「マクドナルド クルー人生ゲーム」、新しいハッピーセットに登場
マクドナルドのハッピーセットに定番のパーティーゲーム6種が登場。しかもすべて“マクドナルドバージョン”になっている。(2017/11/14)

マクドナルド、クレジットカード決済を新たに導入
利便性を高めるために。11月20日から。(2017/11/14)

日本マクドナルド、クレジットカード決済を導入 11月20日から
日本マクドナルドがクレジットカードによる決済サービスを始める。「Visa」「Mastercard」「JCB」「JCB PREMO」「ダイナース」「ディスカバー」「アメリカン・エキスプレス」に対応する。(2017/11/13)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

野菜好きなら試したい ビーガン向けバーガーがフィンランドのマクドナルドでテスト販売
フィンランドのタンペレという街でのみ、11月21日までテスト販売されています(2017/10/27)

「どんなジュニアもいじめられるべきではない」 バーガーキングがワッパージュニアを使ったいじめ撲滅の問題提起
ちょっと考えさせられるドッキリ。(2017/10/22)

万引き件数も減少:
置くだけの防犯カメラが、どんどん増えているワケ
置くだけの防犯カメラが増えているのをご存じだろうか。大手アパレル専門店やファストフード、ゼネコンなどさまざまな業界で導入が進んでいる。なぜ置くだけの防犯カメラが注目を浴びているのか。その理由は……。(2017/10/19)

マクドナルドの「シナモンメルツ」が7年ぶりに復活! 甘くとろけるあの味が帰ってきた
コーヒー無料キャンペーンも実施。(2017/10/11)

「Adobe Symposium 2017」レポート:
日本マクドナルド 足立 光氏が語る、成功するデジタルマーケティングへの3つのポイント
「Adobe Symposium 2017」より、日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長 足立 光氏の講演の概要をお伝えする。【訂正】(2017/10/4)

マクドナルド、「ヘーホンホヘホハイ」発売 中身はホクホクハフハフな“あのパイ”
「ベーコンポテトパイ」を頬張った感じで発音。(2017/10/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。