ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「折りたたみ」最新記事一覧

FAニュース:
折りたたみ式スリムアームを採用した可搬重量2.5kgの小型6軸ロボット
セイコーエプソンは、折りたたみ式スリムアームを採用した、可搬重量2.5kgの小型6軸ロボット「N2-A450」を商品化した。同社従来機に比べ、装置の設置占有面積を約40%削減している。(2016/7/6)

UPQ、1万3800円の折りたたみ式Bluetoothヘッドフォン「HDP5」を発売
UPQ(アップ・キュー)から初の密閉型ワイヤレスヘッドフォンQ-musicシリーズ「HDP5」が登場。Bluetooth 4.0、apt-X対応。(2016/6/23)

エプソン N2-A450:
設置占有面積を従来比40%削減、折り畳み式スリムアーム採用の小型6軸ロボット
エプソンは、新開発の折り畳み式スリムアームを採用した小型6軸ロボット「N2-A450」を製品化し、日本国内での受注開始を発表した。併せて、同製品に対応したロボットオプション力覚センサー「S250H」の受注も開始する。(2016/6/21)

太陽光:
リュックで運べる折りたたみ太陽光パネル、蓄電池付き
蛇腹製造メーカーのナベルと三重大学は折りたたんで持ち運べる太陽パネル「nanoGrid(ナノグリッド)」を開発した。蓄電池とセットでリュックサックで運べるのが特徴の製品で、災害時に携帯電話やPCなどの充電に利用できる。(2016/6/17)

Samsung、ディスプレイを畳めるスマートフォンを2017年に発売か
Samsungが、早ければ2017年2月のMWCで2種類の折り畳み式OLEDディスプレイ搭載スマートフォンを披露するとBloombergが報じた。Samsungは2013年のCESで、既に折り畳み式スマートフォンのプロトタイプをデモしている。(2016/6/7)

持ち運び可能な折りたたみ式グランドピアノ 「大人の紙鍵盤」がクラウドファンディング中
めっちゃ省スペース。(2016/5/19)

夢のグランドピアノをこの手に 折り畳みできるモバイルピアノ「大人の紙鍵盤」
スマホやタブレットと連携する折り畳み式のグランドピアノ「大人の紙鍵盤」がクラウドファンディングで開発資金を募っている。(2016/5/17)

手軽にVR:
上海問屋、999円のスマホ用VRグラスなど2モデル
ヘッドマウントタイプと折りたたみタイプを発売。(2016/5/12)

折り畳み電動バイク「UPQ BIKE」、今夏登場 原付免許で公道を走れる
家電ブランドUPQが折り畳めるモバイル電動バイク「UPQ BIKE」を発表。発売は今夏を予定する。(2016/4/21)

SIM通:
FREETEL新スマホはガラケー?待望の通話かけ放題プラン登場
FREETELは、2画面搭載の折りたたみ式スマホ「MUSASHI」の予約販売を開始。また、LINEなどのデータ通信料が無料になるサービスや、かけ放題サービスも発表した。(2016/3/30)

全自動洗濯物折り畳み機「laundroid」投入に向け新会社設立
2015年秋に“全自動洗濯物折り畳み機”「laundroid」を発表したセブンドリーマーズとパナソニック、大和ハウス工業が合弁会社を設立。laundroidの早期市場投入を目指す。(2016/3/29)

Mobile Weekly Top10:
2画面スマホ「MUSASHI」を発表したFREETEL、一部ユーザーが原因で速度低下 法的措置も
折りたたみ式2画面スマホ「MUSASHI」が話題のFREETEL。一部ユーザーが原因で通信速度が低下したことから、法的措置も辞さない姿勢です。(2016/3/14)

長時間移動でも足が楽チン! 折りたたみ可能な足用ハンモックを旅行や出張のおともにしたい
足のむくみも低減されますよ。(2016/2/25)

「カメラなしケータイ」シャープが発売 なぜ今?
シャープが従来型携帯電話「SH-03」をNTTドコモ向けに納入すると発表した。カメラ機能を搭載していない、シンプルな折り畳み式ケータイだ。(2016/2/23)

KDDI、4G LTE対応のauケータイ「GRATINA 4G」を2月19日に発売
KDDIは、4G LTE対応の折りたたみ式のauケータイ「GRATINA 4G」を2月19日に発売。「LINE」アプリも利用できる。(2016/2/15)

360度回転する折りたたみプラグを採用――オウルテックのACアダプター新製品
オウルテックは、360度回転する折りたたみプラグを採用したACアダプター「OWL-ACU2A1F24」シリーズを発売。合計出力が2.4AのUSBポートを2つ備る。スリムな設計のため、隣のコンセントを邪魔せず利用できる。(2016/2/5)

上海問屋、80センチ角サイズの折りたたみ式撮影ボックス
ドスパラは、小物の撮影などを綺麗に行える折りたたみ式撮影ボックスの販売を開始した。(2016/1/26)

持ち運びにも:
見えづらいスマートフォン、タブレットの画面を大きく――「スタンド式 拡大鏡」
上海問屋が、スマートフォンやタブレットで使える折り畳み式の拡大鏡を発売した。価格は1299円。(2015/12/28)

スター・ウォーズの“折りたたみコンテナ”や切手、全国の郵便局で販売決定!
スター・ウォーズグッズの収納にも。(2015/12/13)

キングジム、A5手帳サイズPC「ポータブック」 Windows 10搭載、キーボードは折りたたみ式
キングジムが、Windows 10を搭載したPC「ポータブック XMC10」を発売。折りたたみ式のキーボードを採用し、持ち歩き時はA5サイズになる。(2015/12/8)

「壁ドン自撮り棒」ならず! キングジムの「7つのボツと1つのリアル」キャンペーンは「折りたたみ傘のカサ立て」に決定
壁ドン自撮りしたかったなー(チラッ)。(2015/11/26)

折り畳み傘専用の傘立て、キングジムが発売
オフィスなどの傘立てに取り付けられる折り畳み傘専用の傘立てをキングジムが発売。(2015/11/25)

産業用ロボット:
6軸産業用ロボットにおいて「折り畳み式」を実現、セイコーエプソンが開発
セイコーエプソンは折り畳み式新型アーム構造を採用した省スペースでの設置が可能な6軸の垂直多関節型産業用ロボットを開発。その第1弾製品を2016年5月に全世界で発売する。(2015/11/20)

「Apple Pencil」をiFixitが解剖──折りたたみ式ロジックボードなどの工夫が随所に
iFixitがiPad Pro専用スタイラス「Apple Pencil」の分解リポートを公開した。ロジックボードが2つに折りたたんであるなど省スペースの工夫があるが、バッテリーの交換はほぼ不可能なことが明らかになった。(2015/11/20)

駅で見かける「JR貨物コンテナ」が折りたたみコンテナとなって登場! これは収納が捗る
実用性も折り紙つきなニクいやつ。(2015/11/12)

SamsungとLG、“折り畳み式スマホ”を数年内に発表か iPhoneに技術提供も?
韓国のSamsungとLGが“折り畳み式スマホ”の開発を進めており、実用化の検討を始める段階まで来ているようだ。(2015/10/20)

CEATEC JAPAN 2015:
全自動洗濯物折りたたみ機「ランドロイド」を発表したセブンドリーマーズって一体どんな会社?
今年のCEATECで注目を集めている全自動洗濯物折りたたみ機「laundroid」(ランドロイド)。セブンドリーマーズという、あまり聞き覚えのない会社名ですが、どのようなバックボーンを持っているのでしょう。(2015/10/8)

人生における9000時間が開放されるぞ! 全自動洗濯物折り畳み機「laundroid(ランドロイド)」の共同開発スタート
洗濯物を自動で折りたたみ、仕分けまでしてくれる。(2015/10/7)

全自動洗濯物折り畳み機、パナソニックなどが開発へ 「折り畳みにかかる手間から解放」
洗濯物を全自動で折り畳むマシン「laundroid」をパナソニックなどが共同開発する。(2015/10/7)

CEATEC 2015:
家庭の洗濯物“折り畳み”をロボット技術で自動化、2016年度内に予約開始
seven dreamers laboratoriesとパナソニック、大和ハウス工業は、“全自動洗濯物折り畳み機”「laundroid」(ランドロイド)の開発を発表。2016年度中の先行予約を開始する。(2015/10/7)

1万5100円から:
エレコム、ハイレゾ対応ヘッドフォン「EHP-R/OH1000シリーズ」を10月中旬に発売
エレコムがハイレゾ対応ヘッドフォン2機種を10月中旬に発売する。価格は1万5100円(税別)から。43ミリ径ダイナミックドライバーを採用し、折りたたみが可能なコンパクト設計だ。(2015/10/6)

日本マイクロソフト、二つ折り式Bluetoothキーボード「Universal Foldable Keyboard」など4製品
日本マイクロソフトは、折りたたみ式デザイン筐体を採用したBluetoothキーボード「Universal Foldable Keyboard」など計4製品の発表を行った。(2015/9/8)

On Earも:
ゼンハイザー、第2世代「MOMENTUM」のiOS対応版2機種5モデルを発売
ゼンハイザージャパンは、ヘッドフォンの新製品として「MOMENTUM i」および「MOMENTUM On-Ear i」を9月に発売する。折りたたみが可能になった第2世代モデルのiOS対応版だ。(2015/8/18)

重さ2.3キロのタブレットは「かなり使いづらい」
徹底レビュー:15インチのノートPCがタブレットになる 「ThinkPad Yoga 15」の“振り切り”がスゴイ
折り畳みデザインという多用途性に関心がある場合、Lenovoの「ThinkPad Yoga 15」は、他の15.6インチのビジネスモデルのノートPCに代わる選択肢となるだろう。(2015/8/16)

医療技術ニュース:
DNAから染色体を作るための重要な過程を発見
東京大学は、ひも状のDNA分子が折り畳まれて染色体が形成される際に重要な役割をもつ反応を発見し、遺伝情報の源であるDNAが細胞の中で安全に保管される仕組みの一端を明らかにしたと発表した。(2015/8/14)

折りたたみ傘をよく使うのはどこの人
あなたがよく使う傘は? 長傘、折りたたみ傘、ビニール傘、その他の中から答えてもらったところ……。ウェザーニューズ調べ。(2015/7/23)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
荷物を少なくできる折りたたみ式サイクルヘルメット「Overade Plixi」
今回紹介するのは、折りたたみが可能な自転車用ヘルメット「Overade Plixi」。独自の折りたたみ機構でコンパクトに折りたためるため、ビジネスバッグやデイパックなどにも簡単に収納できる。(2015/7/9)

Spigen、折り畳みできる「モバイル車載スタンド ステルス」をAmazon限定発売
車のダッシュボードに簡単に貼り付けられる「モバイル車載スタンド ステルス」がAmazon限定で登場。利用しない時は平たく畳めるため、視界を妨げない。(2015/6/11)

雨が楽しくなりそうだニャ フェリシモ猫部が猫モチーフの「猫まみれの雨の日グッズ」を販売
折り畳み傘ケースやレインポンチョ、かわいいニャ〜。(2015/3/13)

360度くるくる回る:
持ち運びに便利な折りたたみ式――「タブレットスタンド」
上海問屋が、自由な角度で固定できるタブレットスタンドを発売した。価格は1499円。(2015/3/9)

Microsoft、iPhone/Androidでも使える折りたたみキーボードを約100ドルで発売へ
マルチプラットフォーム戦略を進めるMicrosoftが、iPhone/iPad/Android/Windows端末で切り替えて使える折りたたみ式のBluetoothキーボードを7月に99.95ドルで発売する。(2015/3/3)

スマホから置き忘れを通知してくれるBluetooth対応折りたたみ傘 Kickstarterに登場
iOS、Androidアプリでスマホと連携し、約9メートル離れると置き忘れ防止の通知をしてくれます。(2015/3/3)

パソコン工房、アウトドアでも使える折りたたみ式USBソーラー充電器
ユニットコムは、USB出力に対応した汎用タイプのソーラー充電器計2製品の取り扱いを開始した。(2014/11/25)

全長43センチ! リュックにも入る折りたたみ電動スクーターがKickstarterで支援募集中
コンパクトすぎる……!(2014/11/23)

サンコー、タブレット固定用の「ゴロ寝」スタンドを発売
サンコーは、スマートフォン/タブレット固定の折りたたみ式スタンド「GOROT54S」の販売を開始した。(2014/11/6)

Display Innovation 2014:
3つに折り畳める有機ELディスプレイ、半導体エネルギー研究所が展示
半導体エネルギー研究所は、「Display Innovation 2014」において、4枚の13.5型のパネルを組み合わせて、つなぎ目が目立たないようにした27型ディスプレイや、1058ppiの解像度を実現した2.78型ディスプレイ、タッチパネル機能を付けた折り畳み可能な「Foldable Display」などを展示した。(2014/10/30)

リュックが椅子に変形する「どこでも座れるリュック」登場
座りたくなった時に折りたたみ椅子としても使えるリュック「どこでも座れるリュック」をサンコーが発売した。(2014/10/23)

待ち時間が楽になる? 折り畳みイスつきリュック発売
リュックの背面パッドを開けるとイスが。(2014/10/23)

秋のヘッドフォン祭で試聴可能!:
シュア、5000円台からの折りたたみ可能なヘッドフォン3機種「SRH145」「SRH145m+」「SRH144」
シュア・ジャパンは、SRHシリーズにエントリーモデル3機種を追加投入する。密閉型オンイヤータイプの「SRH145」と「SRH145m+」、セミオープン型「SRH144」。11月下旬に発売予定。(2014/10/21)

希望ヶ峰学園の購買部仕様! 「ダンガンロンパ」折り畳みコンテナ
「ダンガンロンパ」グッズの収納にどうぞ。(2014/10/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。