ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「G-SHOCK」最新記事一覧

G-SHOCKを使ってた頃を思い出す カシオのスマートウォッチとアウトドアを楽しむ
カシオ計算機が満を持して開発したAndroid Wear搭載の「Smart Outdoor Watch WSD-F10」。個性的なこのスマートウォッチの使い勝手はどんなものか、カシオのフリースタイルデジカメ「Outdoor Recorder EX-FR100」と一緒に遊ぶとどう楽しいか、いろいろ試してみた。(2016/4/24)

水深計を初めて搭載した「G-SHOCK FROGMAN」、その特徴は?
カシオ計算機は6月10日に、過酷な水中でのミッションを支える3つのセンサーを搭載したダイバーズウオッチ「G-SHOCK FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000」を発売する。(2016/3/18)

水曜インタビュー劇場(G-SHOCK公演):
この機能って必要? そう感じても「G-SHOCK」が欲しくなる理由
カシオ計算機のG-SHOCKが売れている。パンフレットをみると、さまざまな機能が搭載されているが、スーツを着ているサラリーマンには「これ必要なの?」と思えるようなものばかり。それでも、売れている理由を探っていくと……。(2015/9/9)

過酷なシーンで活躍する、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER GWG-1000」
カシオ計算機は8月7日、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER(マッドマスター)GWG-1000」を発売した。(2015/8/7)

消防局コラボのG-SHOCK発売 オレンジのカラーリングがカッコよくて燃える!
タフな男に似合うやつ。(2015/7/2)

軽量化と堅牢性を実現:
ベゼルに64チタンを採用した、G-SHOCK「GPW-1000T」を発売
カシオ計算機は6月12日に、G-SHOCKの新製品「GPW-1000T」を発売する。(2015/5/21)

カシオ計算機の2015年度時計事業戦略:
今のスマートウオッチは「スマート」じゃない――デジタルだからこそ実現できる針の表現力とは?
GPSハイブリッド電波ソーラー搭載のOCEANUSやG-SHOCK、スマートフォン連携機能を持つEDIFICEなど、高機能アナログクロノグラフをリリースするカシオ。2015シーズンの新作のキーワードは、デジタルで駆動される針が見せる“表情”にあるという。(2015/3/31)

カシオ2015年春夏新作ウオッチ展示会:
高機能ハイエンドのバリエーションが多彩に――最新G-SHOCK & OCEANUS
G-SHOCK+OCEANUSで「GPS+標準電波」のハイブリッド時刻取得機能を、G-SHOCK+EDIFICEで「スマートフォン連携」というコンセプトを推し進めるカシオの腕時計。2015年春夏モデルは何に力を入れているのか? 新作発表会で見かけた注目モデルを紹介しよう。(2015/3/30)

BASEL WORLD 2015:
カシオ、GPS対応のG-SHOCKや最上位モデル「MR-G」のバーゼルスペシャルを発表
スイス・バーゼルで開かれた世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」。カシオはG-SHOCKやOCEANUSのバーゼルスペシャルモデルを出品した。(2015/3/24)

「シャア専用G-SHOCK」発売――見せてもらおうか、カシオのGのタフネス性能とやらを
赤い彗星のG-SHOCK。(2014/12/17)

見せてもらおうか、その性能とやらを!:
「シャア専用 G-SHOCK」抽選販売受付開始――機動戦士ガンダム35周年記念商品
「G-SHOCK」と「機動戦士ガンダム」のコラボモデルとして「シャア専用 G-SHOCK」が登場。今回は、抽選販売だ。申込み期間は2014年12月17日〜2015年1月7日、価格は1万9800円(税別)。(2014/12/17)

深紅の「シャア専用 G-SHOCK」 数量限定販売
“赤い彗星のG-SHOCK”をコンセプトに、モビルスーツをイメージした「シャア専用 G-SHOCK」が数量限定で抽選販売される。(2014/12/17)

カシオ2014年秋冬新作ウオッチ展示会:
iPhone連携、“メタルアナログ”をプッシュ──カシオ、2014年秋冬新作ウオッチを公開
G-SHOCK新作、iPhone連携、GPS+電波ハイブリッド、英国海軍タイアップ、新色登山特化ウオッチ──。注目モデルが多数登場する、2014年秋冬発売予定のカシオ腕時計最新モデルを写真で紹介する。(2014/10/1)

「スマートウオッチ」って何だろう:
iPhoneとつながるスマートウオッチ、GPS+電波――カシオはなぜ「アナログ」に力を入れるのか
10万円のアナログG-SHOCK「GPW-1000」が売れている。デジタルのイメージが強いカシオの腕時計だが、最近のハイエンドモデルはアナログウオッチが主流。その理由はなぜなのか、最新モデルからひもといていこう。(2014/9/11)

“G-SHOCKスゲー”を再確認:
超過酷「G-SHOCK GPW-1000の品質試験」に潜入
耐衝撃、耐遠心重力、耐振動、3つの重力加速度に耐えるタフネス構造を持つ最新G-SHOCK「GPW-1000」。なぜG-SHOCKがスゲーのかを再確認できる、その過酷な品質試験を動画でお届けする。(2014/8/9)

カシオ、スマホの音楽操作や楽曲検索ができる「G-SHOCK」を9月に発売
カシオの耐衝撃ウォッチ“G-SHOCK”に新製品が登場。専用のアプリを利用することで、スマホの音楽プレーヤーを操作したり、流れている音楽を検索したりできる。(2014/7/31)

海の男がマジで使う:
頼れる“航海機器”か? 船乗りのためのG-SHOCK「GULFMASTER」を船乗りが着けてみた
“海の男”を対象にした海洋コンセプトのG-SHOCK「GULFMASTER」。釣りでもダイビングでもなく、船乗り向けと聞いて、真っ先に顔が思い浮かんだのは「船乗り編集者・キャプテン ナガハマ」。そこで今回は、海の男による船乗り向けG-SHOCKのレビューをお送りします!(2014/7/25)

製品開発インタビュー:
基板変更を繰り返して高めた感度、GPS+電波「GPW-1000」誕生までの苦労
世界で初めてGPS電波受信と標準電波受信を組み合わせた時刻取得システムを搭載した腕時計「G-SHOCK GPW-1000」が発売される。GPS電波受信の腕時計を実用的なモノとするため、開発陣が重ねた苦労とは。(2014/7/23)

製品開発インタビュー:
「だって、カッコイイでしょう?」 G-SHOCKっぽいタフ電卓はこうして生まれた
「電卓」という成熟した市場に現れた、G-SHOCKっぽいカシオ計算機のタフネス電卓「fx-FD10 Pro」。土木測量に役立つプログラムを搭載し、屋外の操作でも安心なタフネス性能を備える製品はどのようにして生まれたか。(2014/7/22)

地球上どこでも正しい時刻が分かる:
ソニー×カシオで実現! 世界初「GPS+電波時計」G-SHOCKの秘密とは?
世界で初めて「GPS+電波時計」を実現した腕時計、G-SHOCK「GPW-1000」。製品の心臓部ともいえるGPSチップは、ソニーとカシオの共同開発で実現したもの。密接に連携を取って開発したという、両社のエンジニアに取材した。(2014/6/28)

地球上どこでも自動で時刻合わせ:
世界初の「GPS+電波受信」、ハイブリッドG-SHOCK発表――カシオ
バーゼルワールドで参考出品されていた、世界で初めてGPS+標準電波を受信できるハイブリッドウオッチが製品化。G-SHOCKのハイエンドモデルとして7月26日に発売される。(2014/6/25)

身に着けるガンダム:
G‐SHOCK「機動戦士ガンダムモデル」第2弾を数量限定発売――「G-SHOCK×GUNDAM」
「G-SHOCK」と「機動戦士ガンダム」のコラボモデルの第2弾「G-SHOCK×GUNDAM」が登場した。数量限定販売だ。(2014/6/24)

ガンダムモデルのG-SHOCK登場 「機動戦士ガンダム」35周年記念
ガンダムの機体イメージを再現した「G-SHOCK×GUNDAM」が発売される。(2014/6/24)

ちょっと欲しいぞ、この電卓:
カシオがG-SHOCKっぽいタフネス仕様の電卓を発売――土木測量向けに
カシオ計算機は、土木測量専業電卓「fx-FD10 Pro」を2014年4月25日に発売すると発表した。測量に役立つプログラムを搭載するとともに、屋外の操作でも安心なタフネス性能を備えるのが特徴だ。(2014/4/16)

BASEL WORLD 2014:
カシオ、世界初「GPS+電波時計」G-SHOCKやスマホ連携アナログウオッチをバーゼルで参考出展
スイスで開催中のバーゼルワールド2014。カシオ計算機は、世界初のGPS+電波受信機能の両方を搭載したG-SHOCKや、Bluetoothでスマートフォンと連携するEDIFICEなど注目モデルを多数出品している。(2014/4/2)

製品開発インタビュー:
iPhoneとつながるスポーツウオッチ、カシオ「STB-1000」はこうして生まれた
iPhoneの通知を受け取ったり、フィットネス系アプリと連携したりできる、Bluetooth Low Energy対応スポーツウオッチ「STB-1000」。スマートフォンとの連携という点で、Bluetooth LE対応G-SHOCKとそっくりな兄弟のようにも思えるが、実はさまざまな違いがある。STB-1000とはどのような製品なのか、カシオ計算機に話を聞いた。(2014/3/12)

“タフな海の男”向け:
天候の変化を予測──海洋コンセプトのG-SHOCK「GULFMASTER」
“海の男”を対象にした海洋コンセプトのG-SHOCK「GULFMASTER」が登場。天候の変化を予測する「気圧測定機能」と、艦船のハッチを表現したタフネスデザインを採用した。価格は5万7000円。(2014/3/7)

カシオ、ネイビーのG-SHOCKや針逃げ機能搭載のPRO TREKなど
カシオ計算機は、カラーリングを統一したネイビーのG-SHOCKや、針逃げ機能などを搭載したPROTREK(プロトレック)のハイエンドモデルなどを発表した。(2014/2/26)

ドコモ、「MEDIAS PP N-01D」の不具合を改善するアップデートを実施
ドコモは、「MEDIAS PP N-01D」のソフトウェア更新を開始した。端末本体とG-SHOCKのBluetooth連携不具合を改善する。(2013/11/28)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
転換点となったG-SHOCK、カシオはスマートウオッチを作るのか――増田裕一さん
G-SHOCKインタビュー連載、最終回は、初代G-SHOCKの商品企画を担当し、以来ずっとカシオの時計事業を中から見続けてきた事業部長、増田裕一氏だ。30年間のG-SHOCKの歴史でターニングポイントとなったモデルとは? ブームの終わりをどう乗り越えたのか? 1万2000字以上のロングインタビューをお届けする。(2013/11/27)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
なぜ私たちはG-SHOCKにハマったのか――G-SHOCKマニア座談会
G-SHOCKが大好き!という「マニア」は、何がきっかけでハマったのか? G-SHOCKのどこがツボ? カシオに言いたいことは? 2時間以上盛り上がった“G-SHOCK愛”満載の座談会の模様を、写真多めでお送りします。(2013/11/6)

カシオ秋冬新作ウオッチ展示会2013:
iPhone、Androidスマホと「もっと」つながるG-SHOCK
30年前に壊れない時計として生まれ、「スマートフォンとつながる」「耐衝撃・耐遠心重力・耐振動」「ファッション・スポーツブランドとのコラボ」などの展開を見せるG-SHOCK。この秋冬に発売される、最新モデルのラインアップを紹介する。(2013/10/16)

トリプルセンサー初搭載:
生き残るためのタフネス、G-SHOCK「RANGEMAN」
カシオ計算機は、ジャングルや山岳地域など、極限の環境で活躍するレンジャーたちの使用に耐えることを想定したG-SHOCK「RANGEMAN GW-9400」を9月21日に発売する。価格は5万400円〜。(2013/9/11)

コアガード構造でもっとタフに:
G-SHOCKの新「MT-G」、メタルで挟んで耐久性アップ
カシオ計算機は、メタルと樹脂を組み合わが特徴のG-SHOCK「MT-G」シリーズの新製品「MTG-S1000」2モデルを発売する。価格は9万9750円と12万750円。(2013/9/3)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
ファンに聞く「G-SHOCKの魅力とは?」――『腕時計王』柿原孝好編集長
初めて買った腕時計はG-SHOCKだったと話す『腕時計王』編集長の柿原孝好さん。90年代後半のブームの時にもハマっていた柿原さんはしばらくG-SHOCKから離れていたが、5年位前からまた熱が復活したという。その理由は……?(2013/8/21)

今度のG-SHOCKはスマホの音楽プレーヤーを操作できる
カシオ計算機は、スマートフォンと連携するG-SHOCK「GB-6900B」「GB-X6900B」を9月21日に発売する。時計のボタンでスマホの音楽プレーヤーの操作ができるようになった。(2013/8/8)

G-SHOCK30周年モデル:
カーボンファイバーバンドのG-SHOCK「Thirty Stars」
2013年に30周年を迎えたG-SHOCK。記念モデルとして新たにカーボンファイバーインサートバンドを採用した「Thirty Stars(サーティスターズ)」が登場する。(2013/7/22)

週末散歩:
7月13〜14日、湘南でG-SHOCK30周年記念のリアルタフネスイベント開催
G-SHOCKの30周年を記念したイベントが鵠沼海浜公園スケートパークで行われる。BMX、スケートボード、ダンスなどのハイレベルな競技が行われるほか、さまざまなアーティストのライブも。観覧無料。(2013/7/11)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
G-SHOCKは今や、ハイエンドも、売れ筋もアナログが主力――斉藤慎司さん
G-SHOCKブームから15年。実はここ4〜5年、海外市場でG-SHOCKの販売数が急増しており、2013年は過去最高の出荷本数となる見込みだ。好調を支えるアナログモデルについて、SKY COCKPIT最新作「GW-A1100」を中心に話を聞いた。(2013/6/26)

「30歳」の男性社会人に聞く、自分を漢字一文字で例えると?
カシオ計算機が、「G-SHOCK」の30周年を記念して、現在30歳の社会人男性と、30年前に30歳だった社会人男性を対象にした意識調査を実施した。(2013/6/6)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW(番外編):
ロンドンでクチコミを使ってG-SHOCKブームを仕掛ける男――ティム・グールドさん
英国は欧州の中でも特にG-SHOCK人気が高い国の1つ。世界観を表現した直営店、トレンドリーダー、そしてSNSを活用したクチコミマーケティングを駆使して、G-SHOCKブームを仕掛ける英国のマーケティング責任者に聞く。(2013/5/27)

BASEL WORLD 2013:
30周年を迎えたG-SHOCK、バーゼルでも存在感を放つ
バーゼルワールド2013のカシオブースリポート。第1弾は、今年30周年を迎えるG-SHOCKにフォーカスする。(2013/5/7)

あの洪水から1年半:
G-SHOCKタイ工場が復興できたのは、従業員たちのおかげ――カシオタイ社長インタビュー
2011年の大洪水で被災したカシオのG-SHOCKタイ工場。壊滅的な被害をどう乗り越えたのか? カシオタイ代表取締役社長の狩佐須完夫氏に話を聞いた。(2013/5/1)

BASEL WORLD2013:
G-SHOCK 30周年モデル、バーゼルスペシャルはメタリックシルバー
バーゼルワールドのカシオブースの入り口には、高さ7メートルのG-SHOCKが鎮座している。これをモチーフにしたメタリックシルバーのG-SHOCK 30周年モデルが5月に登場する。(2013/4/26)

BASEL WORLD2013:
G-SHOCK最高峰「MR-G」、バーゼルスペシャルは甲冑がモチーフ
バーゼルワールドのカシオブースで毎年恒例となったMR-Gのバーゼルスペシャルが発表。日本古来の甲冑をイメージして、日本ブランドの誇りを世界に発信する「MRG-8130」だ。(2013/4/26)

あの洪水から1年半:
G-SHOCKのふるさとを訪ねる――カシオタイ工場フォトレポート
2011年10月に、タイ中部で起きた大洪水を覚えているだろうか。アユタヤの工場団地が冠水し、操業停止に追い込まれた日本企業の工場も多かった。カシオもその1つだ。あれから1年半。タイのカシオ時計工場はどうなったのだろうか?(2013/4/24)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
ブームが終わり、若者の時計離れが進む中でG-SHOCKはどうなった?――田中秀和さん
1990年代後半の一大ブームが去ったあと、20世紀の終わりと共にG-SHOCKに大きな転機が訪れる。21世紀のG-SHOCKをどうすれば? 出した答えは「ものづくりの原点回帰」だった。(2013/3/29)

懐かしの角形デザインも!――カシオ、「G-SHOCK」30周年記念モデルを4月19日発売
「G-SHOCK」を代表する3タイプのフォルムをモチーフにした、シリーズ30周年記念モデルが4月に発売。いずれも1万500本の限定発売となる。(2013/3/14)

G-SHOCK 30周年モデル第3弾「Resist Black」はビンテージ感を演出
カシオ計算機は、G-SHOCK 30年の歴史を代表する3機種をベースとした記念モデル「Resist Black(レジストブラック)」シリーズを4月19日に発売する。価格は1万5750円〜2万6250円。(2013/3/14)

カシオ、G-SHOCK「SKY COCKPIT」に方位計測機能を搭載
パイロット仕様のG-SHOCK「SKY COCKPIT」シリーズに新たなフラッグシップが登場。第3世代に進化した磁気センサーを搭載し、高精度の方位計測が可能になった。価格は6万8250円。(2013/3/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。