ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハロ」最新記事一覧

アイストリーム、通信料で社会貢献できる「ファンダム支援SIM」発売、支援先NPOも追加
アイストリームは、サービス収益の一部をNPO法人に寄付する「ファンダム支援SIM」の販売を開始。新たに「ハロハロ」「TSUBASA」「防災のことば研究会」が追加が支援先として加わった。(2015/7/14)

2015年夏のハロハロは「黒蜜きなこ」! 黒蜜シロップともちもちわらびもちがおいしそう
ヒンヤリ。(2015/4/20)

ミニストップのかき氷デザート「ハロハロ」に「しろくま」フレーバーが130万食限定で登場
フィリピンデザート「ハロハロ」と鹿児島名物「しろくま」がフュージョンした!(2014/5/18)

ハロの絵入り冷たいどら焼き「ハロドラ」 GUNDAM Caféで発売
なんだこれかわいいぞ。(2013/7/9)

ガンダムの「ハロ」が肉まんに GUNDAM Cafeに「ハロまん」登場
「ハロまん」はGUNDAM Cafeでテイクアウト専用で販売する。(2012/10/3)

デジタルコンテンツEXPO 2011:
ボールがフワフワ空を飛ぶ 防衛省の「球形飛行体」を見てきた
ボールが転がるように着陸できる画期的な球形飛行体。フワフワと浮く姿はガンダムに登場するハロのようだ。(2011/10/20)

今日も元気だね:
“春のハロ祭り”開催中
ガンダム公式カフェ「ガンダムカフェ」が“春のハロ祭り”を開催中。ハロをメインキャラクターにした期間限定メニューをそろえた。(2011/3/4)

「ハロのマウスが作りたかった」 変わり種USBメモリ作るアクテブライズ
わら人形型や猫耳型など、変わり種USBメモリを開発する群馬のベンチャー・アクテブライズは、「ハロのマウスを作るために立ち上げた」会社だった。(2009/7/21)

ねとらぼ:
「初音ミク」があなたに話しかけてくる――auケータイにエージェント機能
「初音ミク」や「ハロ」などキャラが待受画面に現れ、話しかけてきたり、おすすめ情報を教えてくれるエージェントサービスが、auケータイ向けに始まる。(2008/10/28)

「大佐モード」って何だ?:
バンダイ、卓上ロボ「ハロ」の“OOバージョン”を発売
バンダイは「機動戦士ガンダムOO マスコットロボ ハロ」を3月下旬に発売する。価格は4800円。(2008/2/26)

史上初! 公認ガンダムコメディゲームはオチゲー「機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ」
バンダイがあのガンダムで、なんとも脱力ぎみな新機軸を打ち立てた。その名も「機動劇団はろ一座」! その第一弾は、不朽の名作「ぷよぷよ」をベースに、デフォルメされたガンダムの登場人物が爆笑対決する!(2005/7/12)

秋の夜長、ハロマテラピーに癒される
ハロ型芳香器「ハロマテラピー」は、一人暮らしで寂しい独身女性をメインターゲットとしているという――って私のことやん!と思い当たった記者が早速、使ってみました。動画あり。(2004/11/12)

花王にはガンダム好きが集まる?
花王でハロ型芳香器「ハロマテラピー」を発案した部長と、専用芳香剤を開発した担当者は、2人ともガンダム好きだった。(2004/11/8)

ハロで芳香剤革命――「ハロマテラピー」誕生秘話
「ハロ以外考えられなかった」――電動芳香器「ハロマテラピー」を発案した花王の西口部長は、ハロが芳香剤市場の革命児になると期待する。(2004/11/1)

動くハロからいい香り――「ハロマテラピー」発売
ハロが左右に揺れながら耳をパタパタ動かし、芳香剤の香りを振りまく。(2004/10/14)

前代未聞の原寸大「ハロ」PCケース――バンダイネットワークス
バンダイネットワークスは、1/1原寸スケールとなるハロフィギュア「リアルサイズ ハロ PCケース」を発表、予約受け付けを8月12日より開始する。限定台数は1000台、価格は9万9800円。(2004/8/11)

子供の日、ハロと戯れる
「アムロ気分」から幾歳月……。ITmediaガンダム取材班は、「ハロの新型発売」という情報を得て都内某所に飛んだ。(2004/5/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。