ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハロ」最新記事一覧

みたらし団子×かき氷×ソフトクリーム 「ハロハロみたらし団子」登場
のりとあられをトッピング。(2017/4/26)

アイストリーム、通信料で社会貢献できる「ファンダム支援SIM」発売、支援先NPOも追加
アイストリームは、サービス収益の一部をNPO法人に寄付する「ファンダム支援SIM」の販売を開始。新たに「ハロハロ」「TSUBASA」「防災のことば研究会」が追加が支援先として加わった。(2015/7/14)

2015年夏のハロハロは「黒蜜きなこ」! 黒蜜シロップともちもちわらびもちがおいしそう
ヒンヤリ。(2015/4/20)

ミニストップのかき氷デザート「ハロハロ」に「しろくま」フレーバーが130万食限定で登場
フィリピンデザート「ハロハロ」と鹿児島名物「しろくま」がフュージョンした!(2014/5/18)

ハロの絵入り冷たいどら焼き「ハロドラ」 GUNDAM Caféで発売
なんだこれかわいいぞ。(2013/7/9)

ガンダムの「ハロ」が肉まんに GUNDAM Cafeに「ハロまん」登場
「ハロまん」はGUNDAM Cafeでテイクアウト専用で販売する。(2012/10/3)

デジタルコンテンツEXPO 2011:
ボールがフワフワ空を飛ぶ 防衛省の「球形飛行体」を見てきた
ボールが転がるように着陸できる画期的な球形飛行体。フワフワと浮く姿はガンダムに登場するハロのようだ。(2011/10/20)

今日も元気だね:
“春のハロ祭り”開催中
ガンダム公式カフェ「ガンダムカフェ」が“春のハロ祭り”を開催中。ハロをメインキャラクターにした期間限定メニューをそろえた。(2011/3/4)

「ハロのマウスが作りたかった」 変わり種USBメモリ作るアクテブライズ
わら人形型や猫耳型など、変わり種USBメモリを開発する群馬のベンチャー・アクテブライズは、「ハロのマウスを作るために立ち上げた」会社だった。(2009/7/21)

ねとらぼ:
「初音ミク」があなたに話しかけてくる――auケータイにエージェント機能
「初音ミク」や「ハロ」などキャラが待受画面に現れ、話しかけてきたり、おすすめ情報を教えてくれるエージェントサービスが、auケータイ向けに始まる。(2008/10/28)

「大佐モード」って何だ?:
バンダイ、卓上ロボ「ハロ」の“OOバージョン”を発売
バンダイは「機動戦士ガンダムOO マスコットロボ ハロ」を3月下旬に発売する。価格は4800円。(2008/2/26)

史上初! 公認ガンダムコメディゲームはオチゲー「機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ」
バンダイがあのガンダムで、なんとも脱力ぎみな新機軸を打ち立てた。その名も「機動劇団はろ一座」! その第一弾は、不朽の名作「ぷよぷよ」をベースに、デフォルメされたガンダムの登場人物が爆笑対決する!(2005/7/12)

秋の夜長、ハロマテラピーに癒される
ハロ型芳香器「ハロマテラピー」は、一人暮らしで寂しい独身女性をメインターゲットとしているという――って私のことやん!と思い当たった記者が早速、使ってみました。動画あり。(2004/11/12)

花王にはガンダム好きが集まる?
花王でハロ型芳香器「ハロマテラピー」を発案した部長と、専用芳香剤を開発した担当者は、2人ともガンダム好きだった。(2004/11/8)

ハロで芳香剤革命――「ハロマテラピー」誕生秘話
「ハロ以外考えられなかった」――電動芳香器「ハロマテラピー」を発案した花王の西口部長は、ハロが芳香剤市場の革命児になると期待する。(2004/11/1)

動くハロからいい香り――「ハロマテラピー」発売
ハロが左右に揺れながら耳をパタパタ動かし、芳香剤の香りを振りまく。(2004/10/14)

前代未聞の原寸大「ハロ」PCケース――バンダイネットワークス
バンダイネットワークスは、1/1原寸スケールとなるハロフィギュア「リアルサイズ ハロ PCケース」を発表、予約受け付けを8月12日より開始する。限定台数は1000台、価格は9万9800円。(2004/8/11)

子供の日、ハロと戯れる
「アムロ気分」から幾歳月……。ITmediaガンダム取材班は、「ハロの新型発売」という情報を得て都内某所に飛んだ。(2004/5/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。