ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Haswell」最新記事一覧

限定1台:
クリエイター注目!? 約28万円引きのQuadro搭載デスクトップが「訳ありセール」に登場
マウスコンピューターが7月23日に開催する飯山工場での「訳ありセール」で、ハイアマ写真家向けモデルを限定1台で放出。40万円超のモデルが12万9800円!!(2016/7/19)

PR:知らない企業は損をする? 「Windows 7/8.1」搭載PCを買っておくなら「今」な理由
Windows 10への無償アップグレードが世間を騒がせているが、OSにまつわる問題は企業にとっても無視できない。来年度の新入社員に備えてWindows 7/8.1マシンを導入しておくなら「今」が適切な理由とは……?(2016/7/4)

NVIDIA、AMD、Intelが三つどもえの戦い
今更聞けない「GPU仮想化」の真実、なぜ価格破壊が止まらないのか?
複雑なグラフィック処理が必要な仮想デスクトップユーザーに役立つ「GPU仮想化」。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/6/29)

よりパワフルになり業務を強力にサポートする「Endeavor ST180E」:
PR:デジタルサイネージ、フロントデスク――エプソンの省スペースデスクトップPCが業務の“即戦力”になる理由とは?
商業施設の案内情報や広告をディスプレイに表示するデジタルサイネージや、オフィスの管理端末など、さまざまな環境で利用されるシステムで大事なものとは? エプソンダイレクトの考える省スペースデスクトップPCについて解説しよう。(2016/6/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
品薄GTX 1080カード、アキバの反応はいつも以上
登場直後のハイエンドGPUが品薄になるのは珍しくないが、GeForce GTX 1080はちょっと空気が違う様子だ。また、ハイエンドCPU「Broadwell-E」も販売開始。20万円でも売れている。(2016/6/6)

大型連休で自作PCを強化したいなら:
第6世代Coreの買い得感アップ GWに狙いたいCPUは?
5月の大型連休にPCの自作やアップグレードを考えている方は少なくないだろう。ハイエンド、ミドルレンジ、エントリーの3つのカテゴリーでおすすめのCPUを挙げる。(2016/5/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
メモリ価格の下落が続く――1枚16GBのDDR4メモリが7980円で衝撃デビュー!
Kingstonから1枚16GBのDDR4メモリが8000円切りで2種類登場。8GB×2枚のDDR4キットでも滅多にない水準の安さに衝撃が走っている。(2016/4/4)

STMicroelectronics STRG02/STRG04/STRG06:
Googleが提唱する次世代48Vアーキテクチャの要件に応える電力変換用IC
STマイクロエレクトロニクスは、48V電源アーキテクチャ向け電力変換用ICの新製品ファミリー3品種を発表。既に新製品ファミリー3品種は入手可能な状態にあり、48Vアーキテクチャとこれらの製品の優位性を示すデモボードも提供している。(2016/3/17)

サイコム、Core i7/SSDが割引価格で選択できる「春の新生活応援キャンペーン」
サイコムは、BTO対応PC購入時に各種割引が適用される「春の新生活応援キャンペーン」を開始した。(2016/3/10)

Surface Pro 4やライバルと比較:
「Surface Book」徹底検証――37万円の最上位機はどれだけ速い?
ボディーもスペックも、そして価格も最上級の2in1ノートPC「Surface Book」。37万2384円(税込)のハイエンドモデルが持つ性能をSurface Pro 4やライバルと比較する。(2016/3/9)

サイコムの歩き方:
自作ユーザーにこそオススメしたいBTOパソコンの魅力
昔は自作でブイブイ言わせていた人も、最近はケースを持つと腰が痛い、組み立てが億劫になってきたという方も多いのではないだろうか。よろしい、ならばサイコムだ。(2016/3/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
次世代プロセッサはWindows 10のみ対応、SkylakeのWindows 7/8.1サポート終了は2017年7月という衝撃
Windows 10への移行を強く推し進めようとするMicrosoft。今度は新型プロセッサのサポート対象OSをWindows 10に絞り込むことで、その普及を半ば強制的に促す構えだ。(2016/1/18)

Surface Pro 4完全検証(1):
「Surface Pro 4」の性能をSurface Pro 3/Surface 3と徹底比較する
正統進化を遂げた「Surface Pro 4」はパフォーマンス面でどれだけ進化したのか? 性能、動作音、発熱を「Surface Pro 3」「Surface 3」と横並びでじっくり比較する。(2015/12/6)

Skylake、侵略完了(2):
「ALIENWARE 15」の実力を解剖する 〜ベンチマークテスト編〜
最新の第6世代Coreプロセッサ“Skylake”を搭載して新登場したデル製ゲーミングノートPC「ALIENWARE」シリーズ。前回は「ALIENWARE 15」の外観を紹介したが、今回は肝心のパフォーマンスについて検証しよう。新プロセッサでエイリアンはどんな力を手に入れた……?(2015/12/3)

Skylake、侵略完了(1):
「ALIENWARE 15」の実力を解剖する 〜外観編〜
 エイリアンマークでおなじみのデル製ゲーミングノートPC「ALIENWARE」シリーズが、最新の第6世代Coreプロセッサ“Skylake”を搭載して新登場した。今回は15.6型ディスプレイを搭載する「ALIENWARE 15」にスポットを当ててレビューをお送りする。見せてもらおうか……宇宙最強ゲーミングPCの実力とやらを……!(2015/12/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
6年保証にバックプレート付き――アキバで注目される“長持ちパーツ”
堅牢性をうたっていたり、メーカーによる長期保証がついていたりする注目株が先週は多く登場した。数年後のマシンに思いを馳せて選ぶのもまた楽しい。(2015/11/9)

大きいiMacとすごく大きいiMac:
4K/5Kの新型iMacはどのくらい速くなった?
21.5インチiMac 4K Retinaと27インチiMac 5K Retinaを並べて評価。第1回はOS X環境下で簡単なベンチマークテストを実行し、システムパフォーマンスを見ていく。(2015/11/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
136万円の8TバイトSSDがアキバに登場
コスパ度外視、ワクワク感のみで購入を決めることを“ロマン買い”という。そのロマン買い枠すら超えた超超高価なSSDが登場した。なお、10Tバイトモデルも204万円で買える。(2015/10/26)

レイン、X99マザー採用のミドルタワー型BTOデスクトップ「CustomBTO-X99」など2製品
レインは、Haswell-E世代Coreプロセッサの搭載に対応したミドルタワー型BTOデスクトップPC「CustomBTO-X99」など2製品の販売を開始する。(2015/10/9)

Windows 10搭載モデルは出たが……:
「VAIO Z」が第6世代Coreの採用を見送った理由
Windows 10モデルを一斉に発表したVAIOだが、ハードウェアは既存製品のままだった。「VAIO Z」や「VAIO Z Canvas」は第6世代Coreの採用が見送られている。(2015/10/6)

サイコムの白いヤツ:
高性能で超静音! 北欧デザインが美しい――オトナのためのぜいたくなPC「Premium-Line」徹底レビュー
サイコムが立ち上げた新PCブランド「Premium-Line」は、高品質なパーツで定評のある北欧メーカー、Fractal Designの全面協力のもと実現したPCだ。性能、機能、信頼性、そして独自のサポートサービス、そのすべてがプレミアム!(2015/9/30)

集結! 栄誉ある人柱たち:
PR:マスターたちが考えた「さいきょうのZ170A GAMING M5しすてむ」はこれだ!
インテルの最新CPUアーキテクチャを採用した“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーが登場。対応する最新マザーボードを使い倒してもらった!(2015/9/30)

最高峰システムが新BTOでさらなる高みへ:
PR:クリエイティビティを加速するフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」徹底解剖
とにかく速いマシンが欲しいユーザーに朗報だ。エプソンダイレクトが誇るフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」が新BTOメニュー追加でパワーアップ。さらにハイエンドなタワー型PCへと進化した。(2015/9/29)

iPhone 6s/iPhone 6s Plus:
「A9」「A9X」は14nm/16nm FinFETを採用?
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」「iPad Pro」などを発表したばかりのApple。搭載されているプロセッサ「A9」「A9X」は、Samsung Electronicsの14nm FinFETあるいはTSMCの16nm FinFETを採用しているとみられている。(2015/9/10)

2015年PC冬モデル:
日本HP、Windows 10全面導入の個人向けノートPC4シリーズ発表
ただし、ボディデザインとシステム構成はほぼ共通。(2015/9/9)

「電源ユニットは“ぜいたく”してください」:
現地潜入測定! ヨドバシカメラ「スペシャリスト」の“PC DIYスキル”を試す
秋葉原のヨドバシカメラ2階には「売り場にCPUグリスがたくさんあると楽しいですよね、フフッ」と口走ってしまう変人、いや、スペシャリストがいた。(2015/9/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
早速売り切れが目立つSkylakeに「まだこんなもんじゃない」の声
お盆まっただ中の店頭にSkyalakeとWindows 10の2大目玉が並んだアキバ。しかし、現時点の反響に関して満足しているショップは少ない様子だ。(2015/8/17)

週末アキバ特価リポート:
4K出力ができる激安「650 Ti」などレア特価品に注目!
普段PCパーツショップで売られている商品の特価とは別に、法人向けから流れてきたカスタム仕様のアイテムがスポット入荷で安く売られることがある。レアでお得な宝物を見つけよう!(2015/8/15)

ThinkPadシリーズは対象外:
Lenovo、BIOSにオーバーフロー攻撃ができる問題
対象となるのはYOGA 3シリーズやFLEX 3シリーズ、HORIZON 2シリーズなどコンシューマ向けモデル。レノボ・ジャパンの対応は未定。(2015/8/13)

酷暑の夏だから空と湖に癒されたい:
Skylake「Core i7-6700K」の性能をMSIの「Z170A GAMING M7」で確かめる
動作クロックは定格でDevil's Canyonと同じ、ターボでやや低め。統合グラフィックスコアはBroardwellのIris Proにあらず。その微妙な構成の実力やいかに。(2015/8/5)

動画編集も大量のRAW現像も:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(後編)
ゲームユーザーだけでなくクリエイターにも注目してもらいたいHPのタワー型最上位モデル。今回は、“Haswell-E”世代CPUと内蔵水冷ユニットの実力に迫る。(2015/8/5)

極冷対策のギミックも:
MSI、“Z170”搭載マザーボードの機能概要を公開
GAMINGシリーズでは一挙8モデルが登場。有線LANと無線LANを連動して高速転送を可能にする機能やDDR4、サウンド関連機能を強化した。(2015/8/2)

メーカー別のサポート情報:
「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ
今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?(2015/7/27)

この時期に「省電力とグラフィックスの重視」は正解か:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(前編)
6月のCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせてデスクトップPC向けBroadwellが登場。インテルが「KではなくC」と説明するその理由をベンチマークテスト結果で考える。(2015/7/23)

GTX 960でFF14がサクサク:
イシュガルドはこれで遊びたい! 上質なFF14推奨モデル「G-Master Spear Z97-FFXIV2」を試す
「G-Master Spear Z97-FFXIV2」は、単なるFF14推奨認定PCにとどまらない“サイコムらしいこだわり”が魅力。これはいいものだー。(2015/7/10)

2015年PC夏モデル:
日本HP、色が変わってCPU温度を合図する「HP ENVY Phoenix 850」などデスクトップPC新モデル発表
手の平サイズのコンパクトPCでは、CPUにCore i5シリーズを採用したハイパフォーマンス構成モデルも登場した。(2015/7/8)

Corsair、X99マザー対応の8枚組“計128Gバイト”DDR4メモリ3製品を発売
リンクスインターナショナルは、Corsair製となるDDR4メモリ計3製品の取り扱いを発表。いずれも16Gバイト×8枚組の計128Gバイトモデルとなっている。(2015/6/26)

G-Tune、ミニタワーPC「NEXTGEAR-MICRO」にRadeon R9 Fury X搭載のハイエンド構成モデル
マウスコンピューターは、AMD製最新GPUとなるRadeon R9 Fury X採用カードを搭載したミニタワーゲーミングPCの販売を開始する。(2015/6/25)

Kはもっと高クロックで高性能でなければならぬ:
インテル、デスクトップPC向け“Broadwell”の概要を紹介
BroadwellのHなのかKなのかCなのか。その疑問に答えが出た。(2015/6/24)

13インチモデルと比較:
新しい15インチMacBook Proはどのくらい速い?
外部GPUにRadeon R9 M370Xを採用した新型15インチMacBook Proの性能をベンチマークテストでチェック。SSDはえー……。(2015/6/24)

G-Tune、ゲーミングPC「NEXTGEAR」にGTX 980 Ti搭載のハイエンドモデルを追加
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製のミドルタワー型ゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズにGeForce GTX 980 Tiを標準搭載したハイエンド構成モデルを追加した。(2015/6/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Radeon 300」シリーズ搭載グラフィックスカードが一斉に登場!!
Radeon R9 390Xや390、380などを搭載するグラフィックスカードがアキバで一斉に売り出された。また、Broadwell版Core iシリーズの発売もスタートし、PCパーツショップを賑わせている。(2015/6/22)

G-Tune、GTX 960Mを装備した13.3型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i3500」
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」シリーズの新モデル「NEXTGEAR-NOTE i3500」を発表。GPUとしてGeForce GTX 960Mを標準装備している。(2015/6/16)

ビジネスを加速するフラッグシップマシン:
PR:最新GPUで生まれ変わった高性能“お仕事ノート”の決定版――「Endeavor NJ5970E」徹底分析
エプソンダイレクトの「Endeavor NJ5970E」は、通常のオフィス系ソフトだけでなく、クリエイティブワークやエンジニアリングまでをカバーするフラッグシップビジネスノートだ。(2015/6/9)

週末アキバ特価リポート:
反響が読めない「Broadwell」の予約状況
今週から多くのショップがデスクトップ版「Broadwell」の販売予約を受け付けている。6月18日発売とのことだが、反響は……?(2015/6/6)

第5世代Core×M.2 SSD×IGZO液晶:
クラシカルなスタイルと最新テクノロジーが同居する高コスパモバイル――「LuvBook J」を駆る
「LuvBook J」は、第5世代CoreやM.2 SSDといった最新技術を盛り込みつつ、薄型化・軽量化よりも使いやすさにこだわった13.3型モバイルノートだ。(2015/6/5)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
緊急現地検証! “Hでくせの強い”Broadwellの実力を「Core i7-5775C」で試す
「ええ! ここでいまやるの? きーてないなぁー」と人気番組で定番のセリフを口にしつつ、台北にあるホテルの一室でベンチマークテストを走らせるのであった。(2015/6/4)

低電力消費とハイパフォーマンスコンピューティングの両立に向けて:
PR:早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由
低消費電力かつハイパフォーマンスコンピューティング環境を――いま、早稲田大学笠原研究室が取り組む技術に産業界の注目が集まっている。この取り組みの中で笠原研究室は、IBM Power Systemsに搭載されているプロセッサーである「POWER」に注目し、POWERを用いたオープンな開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」に加入したという。編集部では、笠原氏の研究の狙いと、コンピューティング環境の将来像について直接取材する機会を得た。(2015/6/1)

G-Tune、A10-7870K搭載ゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO am510SA8」
税別7万9800円から。(2015/5/29)

VAIOが強くて何が悪い:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“タフモバイル”への路線変更は英断か?
人気モバイルノートPC「VAIO Pro 13」が約2年ぶりにフルモデルチェンジ。第2世代となった「VAIO Pro 13 | mk2」は、ある意味で先代機の美しさを捨て、ビジネス向けの実用性にフォーカスした進化を遂げている。その実力をじっくり試してみた。(2015/5/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。